Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
八墓ゆう
 この度わたしたちは学生主体の反表現規制団体と
してKUSAC(Kyoto University Society
Against Censorship)を立ち上げました。
 まずこれまでの歴史的経緯を学んだうえで現状を
把握しよう、というの...
 戦中(1938~45年):戦時下の言論統制
→日中全面戦争が始まると国策宣伝に漫画が取り込
まれるようになり、左翼的な立場を貫く一部の漫画
家を除いて漫画家たちは戦争に協力していくことに
なる。
 戦後(1940年代後半~60年代):漫画バッシン
グ(悪書追放運動)
→「日本子どもを守る会」「母の会連合会」「P
TA」などにより漫画を校庭に集めて「焚書」に
するといった「魔女狩り」が横行した。(※反面、
出版界、編集者も批判に抵抗。後...
 いったい、「良い漫画」とはなんなのか? それは、父兄
や教育者にとって良い漫画なのか? それとも子供にとっ
てなのか? もしくは、父兄や教育者に、それでは「真に
良い漫画」を選ぶ権利や方法論があるのか?
 「赤胴鈴之助」が良い漫画だ、と言...
 1970年代:マンガの隆盛とハレンチ漫画非難、差
別表現の「言葉狩り」
→永井豪、山上たつひこらの漫画が「女性差別」と
して問題視される。自主規制により対処。
 1980年代:エロ劇画・ロリコン漫画・成年向けコ
ミックの台頭。
 1989年:幼女連続殺人事件発生
→犯人が「おたく」であったことが喧伝されマンガ、
アニメにおける「過激な表現」が犯罪を誘発すると
いった非難が続出。
 1989~90年:「黒人差別」騒動
→市民団体「黒人差別をなくす会」が「オバケのQ
...
 1990年6月:「朝日新聞」社説「貧しい漫画が多
すぎる」掲載
→「有害」コミック騒動のきっかけとなる。
 1990年9月:「コミック本から子どもを守る会」
が和歌山県田辺市の主婦らによって結成され署名
運動、陳情を開始。その後、各地の「...
 1991年1月:「成年コミック」マークを発表。
 同年2月:警視庁、「わいせつ図画販売目的所
持」容疑で都内漫画専門店を摘発。
 同年3月:東京都、初のコミックス「不健全」指
定。
 同年7月:東京都議会、「不健全(有害)図書類
の規...
 1991年9月:条例強化反対を掲げる「『有害』コ
ミック問題を考える会」が集会開催。漫画編集者、
フェミニスト、フリーライター、子どもの人権確
立の活動家など、幅広い枠で構成される同会が、
市民レベルでのマンガ規制反対運動のさきがけと
なる...
 1996年 8月:ストックホルムで開催された「子ど
もの商業的性的搾取に反対する世界会議」で日本
側参加者から資料として写真誌「アリスクラブ」
(コアマガジン)が提出され掲載された漫画が議
論の対象となる。
 1999年11月:「児童買春...
 2000年:自民党が出版物、TV放送、ゲーム等あら
ゆるメディアを規制する「青少年有害社会環境対
策基本法案」公表。
→世論の激しい反発を受けて失敗。
 2002年6月:市民有志による「児童保護に名を借
りた創作物の規制に反対する請願署名...
 2002年9月:ビューティーヘア著「蜜室」が刑法
175条「わいせつ図画頒布」で摘発。版元の松文
館関係者、作者が逮捕される。マンガ単行本とし
ては史上はじめての「わいせつ」での逮捕。(松
文館裁判)
 2004年、東京都は青少年健全育成...
 2009年:架空のキャラクターの規制に向けての調
査と単純所持の禁止が盛り込まれた 児童ポルノ
法 の改正案が審議。後廃案。
 2010年2月:東京都青少年健全育成条例改正案に
て「文字・視覚・音声情報で未成年と認識される
創作上の架空の...
 2013年5月26日:『児童買春、児童ポルノに係る
行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律 』
改正案提出。
→「単純所持の禁止」「『児童ポルノに類する漫画
等』を調査研究対象とする」と明記された事で多く
の団体が反対声明を出しているが、...
 正直言えば、50年以上続く表現規制を巡る攻防
に我々が関わったからといって劇的に事態が好
転するとは到底思えません。ですが活動そのも
のが無駄という訳ではないです。つまり……
ということです!
 定期的ミーティング
勉強会、情報交換、イベント提言等を兼ねてのミー
ティング。月1回程度。
 他友好団体との交流
情報交換の他、何かの時に相互に手伝いあえるよう
に連携しておく。
 常態的活動
地元代議士(市議、府議、国会議員)の他落選した
人への陳情活動。直接ではなくとも手紙などでも。
 定期的活動
講演会の開催や告知、手伝いなど。主催は年1、2
回程度を目標に。
 Q.表現規制以外での活動はあるの?
A.基本的にありません。Single Issueで創作表現規制のみ扱います。その他の思
想、信条は自由です。
 Q.特定の政党に関わることはしないの?
A.上記の理由により他政策との兼ね合いもあるので特...
 色々と堅苦しいことも含めて並べてきましたが、
一番大切なのはこの活動を楽しむことです。
 無理せず、各々ができる範囲で、楽しみながら長
く続く活動にしていきましょう。
 日本でのマンガ表現規制略史(1938~2002)
http://www.picnic.to/~ami/kisei/ryakushi.htm
 同人用語の基礎知識
http://www.paradisearmy.com/doujin/ind...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

漫画表現規制と反対運動のこれまで、これからとKUSACについて(Web公開版)

5,384 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

漫画表現規制と反対運動のこれまで、これからとKUSACについて(Web公開版)

  1. 1. 八墓ゆう
  2. 2.  この度わたしたちは学生主体の反表現規制団体と してKUSAC(Kyoto University Society Against Censorship)を立ち上げました。  まずこれまでの歴史的経緯を学んだうえで現状を 把握しよう、というのがこのスライドの目的です。 (※概略史なので端折っている点は御了承下さ い)
  3. 3.  戦中(1938~45年):戦時下の言論統制 →日中全面戦争が始まると国策宣伝に漫画が取り込 まれるようになり、左翼的な立場を貫く一部の漫画 家を除いて漫画家たちは戦争に協力していくことに なる。
  4. 4.  戦後(1940年代後半~60年代):漫画バッシン グ(悪書追放運動) →「日本子どもを守る会」「母の会連合会」「P TA」などにより漫画を校庭に集めて「焚書」に するといった「魔女狩り」が横行した。(※反面、 出版界、編集者も批判に抵抗。後の自主規制への 道筋がつけられていく)
  5. 5.  いったい、「良い漫画」とはなんなのか? それは、父兄 や教育者にとって良い漫画なのか? それとも子供にとっ てなのか? もしくは、父兄や教育者に、それでは「真に 良い漫画」を選ぶ権利や方法論があるのか?  「赤胴鈴之助」が良い漫画だ、と言う奥さんが多かった。 理由を訊くと、「赤胴鈴之助」は親孝行だから、と言うの である。こんな理由で漫画をより分けられてはたまらない。 第一、そういう奥さんに訊いてみると、「『赤胴鈴之助』 以外はよく知りません」と答える。その「赤胴」すらも漫 画は読まずに、ラジオで知ったのだという。 (手塚治虫著『ぼくはマンガ家』より)
  6. 6.  1970年代:マンガの隆盛とハレンチ漫画非難、差 別表現の「言葉狩り」 →永井豪、山上たつひこらの漫画が「女性差別」と して問題視される。自主規制により対処。  1980年代:エロ劇画・ロリコン漫画・成年向けコ ミックの台頭。
  7. 7.  1989年:幼女連続殺人事件発生 →犯人が「おたく」であったことが喧伝されマンガ、 アニメにおける「過激な表現」が犯罪を誘発すると いった非難が続出。  1989~90年:「黒人差別」騒動 →市民団体「黒人差別をなくす会」が「オバケのQ 太郎」「Dr.スランプ」などを黒人差別として指 摘。(表現狩り)
  8. 8.  1990年6月:「朝日新聞」社説「貧しい漫画が多 すぎる」掲載 →「有害」コミック騒動のきっかけとなる。  1990年9月:「コミック本から子どもを守る会」 が和歌山県田辺市の主婦らによって結成され署名 運動、陳情を開始。その後、各地の「親の会」 「PTA」等が続々と陳情、抗議を繰り返す。
  9. 9.  1991年1月:「成年コミック」マークを発表。  同年2月:警視庁、「わいせつ図画販売目的所 持」容疑で都内漫画専門店を摘発。  同年3月:東京都、初のコミックス「不健全」指 定。  同年7月:東京都議会、「不健全(有害)図書類 の規制に関する決議」を採択。 →続々と、各地方自治体の青少年条例が強化される。
  10. 10.  1991年9月:条例強化反対を掲げる「『有害』コ ミック問題を考える会」が集会開催。漫画編集者、 フェミニスト、フリーライター、子どもの人権確 立の活動家など、幅広い枠で構成される同会が、 市民レベルでのマンガ規制反対運動のさきがけと なる。  1992年3月:コミック表現の自由を守る会(発起 人、石ノ森章太郎)発足。
  11. 11.  1996年 8月:ストックホルムで開催された「子ど もの商業的性的搾取に反対する世界会議」で日本 側参加者から資料として写真誌「アリスクラブ」 (コアマガジン)が提出され掲載された漫画が議 論の対象となる。  1999年11月:「児童買春・児童ポルノ禁止法」施 行。
  12. 12.  2000年:自民党が出版物、TV放送、ゲーム等あら ゆるメディアを規制する「青少年有害社会環境対 策基本法案」公表。 →世論の激しい反発を受けて失敗。  2002年6月:市民有志による「児童保護に名を借 りた創作物の規制に反対する請願署名」がはじま る。(マンガ関係者による初の政治的署名運動)
  13. 13.  2002年9月:ビューティーヘア著「蜜室」が刑法 175条「わいせつ図画頒布」で摘発。版元の松文 館関係者、作者が逮捕される。マンガ単行本とし ては史上はじめての「わいせつ」での逮捕。(松 文館裁判)  2004年、東京都は青少年健全育成条例を改定。全 ての出版物への内容規制(著しい性描写や自殺を 誘発させる内容などに限定)に踏み込む。
  14. 14.  2009年:架空のキャラクターの規制に向けての調 査と単純所持の禁止が盛り込まれた 児童ポルノ 法 の改正案が審議。後廃案。  2010年2月:東京都青少年健全育成条例改正案に て「文字・視覚・音声情報で未成年と認識される 創作上の架空のキャラクター(非実在青少年)」 を「性的対象として肯定的に描写すること」の規 制が明文化される。後却下。
  15. 15.  2013年5月26日:『児童買春、児童ポルノに係る 行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律 』 改正案提出。 →「単純所持の禁止」「『児童ポルノに類する漫画 等』を調査研究対象とする」と明記された事で多く の団体が反対声明を出しているが、9月11日現在 継続審議中である。
  16. 16.  正直言えば、50年以上続く表現規制を巡る攻防 に我々が関わったからといって劇的に事態が好 転するとは到底思えません。ですが活動そのも のが無駄という訳ではないです。つまり…… ということです!
  17. 17.  定期的ミーティング 勉強会、情報交換、イベント提言等を兼ねてのミー ティング。月1回程度。  他友好団体との交流 情報交換の他、何かの時に相互に手伝いあえるよう に連携しておく。
  18. 18.  常態的活動 地元代議士(市議、府議、国会議員)の他落選した 人への陳情活動。直接ではなくとも手紙などでも。  定期的活動 講演会の開催や告知、手伝いなど。主催は年1、2 回程度を目標に。
  19. 19.  Q.表現規制以外での活動はあるの? A.基本的にありません。Single Issueで創作表現規制のみ扱います。その他の思 想、信条は自由です。  Q.特定の政党に関わることはしないの? A.上記の理由により他政策との兼ね合いもあるので特定の政党のみに属すること はありません。  Q.反体制的な学生や組織の影響がないか心配…… A.「創作表現規制に反対する」という点以外での当会での特定思想の押し付けや 勧誘は禁止しています。また我々自身もそのような団体と同一視されないように心 掛けています。  Q.児ポ法が問題なのは分かったけど……法律とかの知 識が全然なくても参加できますか? A.むしろ歓迎します。そういった方々との勉強会という側面も併せ持った会 です。
  20. 20.  色々と堅苦しいことも含めて並べてきましたが、 一番大切なのはこの活動を楽しむことです。  無理せず、各々ができる範囲で、楽しみながら長 く続く活動にしていきましょう。
  21. 21.  日本でのマンガ表現規制略史(1938~2002) http://www.picnic.to/~ami/kisei/ryakushi.htm  同人用語の基礎知識 http://www.paradisearmy.com/doujin/index.html  STOP!今そこにある「漫画・アニメ禁止法案」 http://svcm.moemoe.gr.jp/index.html  松文館裁判の概要 http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Tone/9018/shoubun-index.html  立命館大学人文科学研究所紀要NO.81 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/hss/book/pdf/no81_05.pdf  ぼくはマンガ家(手塚治虫著)  マンガはなぜ規制されるのか - 「有害」をめぐる半世紀の攻防(長岡 義幸 著)

×