Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20170630_サイエンスデータを繋ぐ:国立極地研究所の取組み

117 views

Published on

2017.6.30 専門図書館協議会研究集会
第5分科会: オープンアクセスとオープンサイエンス
~専門図書館の役割とこれからの課題~
於 機械振興会館

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20170630_サイエンスデータを繋ぐ:国立極地研究所の取組み

  1. 1. サイエンスデータを繋ぐ: 国立極地研究所の取組み 2017.6.30 専門図書館協議会研究集会 第5分科会: オープンアクセスとオープンサイエンス ~専門図書館の役割とこれからの課題~ 於 機械振興会館 情報・システム研究機構 国立極地研究所 南山 泰之 minamiyama@nipr.ac.jp ORCiD ID:0000-0002-7280-3342
  2. 2. 目次 1. 導入 2. データの共有、公開 3. ライブラリアンに期待される役割 4. 国立極地研究所の取組み
  3. 3. 1. 導入 http://www.h2020.md/en/open-science- and-open-data-ict2015
  4. 4. オープンアクセスの歴史 https://openaccess.mpg.de/Berlin-Declarationhttp://www.budapestopenaccessinitiative.org/
  5. 5. 定義 anyone can freely access, use, modify, and share for any purpose http://opendefinition.org/
  6. 6. オープンアクセスの広がり http://www.openaccessmap.org/
  7. 7. オープンアクセスの広がり 0 50000 100000 150000 200000 250000 300000 Chart 1: Open access articles published by OASPA Members - different CC licenses in fully OA and hybrid journals Fully OA: CC BY-NC Fully OA: CC BY-NC-SA Fully OA: CC BY-NC-ND Fully OA: CC BY Hybrid: CC BY-NC Hybrid: CC BY-NC-SA Hybrid: CC BY-NC-ND Hybrid: CC BY Combined total (all articles) https://oaspa.org/steady-growth- fully-oa-journals-ccby-license/ Fully OA: CC BY- NC Fully OA: CC BY- NC-SA Fully OA: CC BY- NC-ND Fully OA: CC BY Hybrid: CC BY- NC Hybrid: CC BY- NC-SA Hybrid: CC BY- NC-ND Hybrid: CC BY Combine d total (all articles) 2000 55 55 2001 523 523 2002 931 931 2003 52 1650 1702 2004 17 3279 3296 2005 0 5265 5265 2006 11 10139 1 10152 2007 873 12434 1 14 13337 2008 912 21251 1 2 54 22276 2009 972 29164 2 134 30406 2010 943 37 41732 297 43343 2011 1375 197 60852 218 1 438 63717 2012 4101 6 266 93492 1463 105 14 607 100941 2013 4054 766 2652 124755 1494 418 498 2271 142329 2014 4463 1498 3170 145481 2423 301 247 11735 184470 2015 5001 400 1358 165155 4009 621 1341 18686 217956 2016 14328 314 1324 189529 4564 331 2837 25425 268238
  8. 8. オープンサイエンスの潮流  G8科学大臣会合における研究データのオープン化を確約する共同声明(2013.6) →日本も調印(2013.6)  内閣府「国際的動向を踏まえたオープンサイエンスに関する検討会」報告書(2015.3) →公的研究資金による研究成果のうち、論文及び論文のエビデンスとしての研究データは原則公開 →2015年度以降フォローアップ検討会を実施  第5期科学技術基本計画(2016.1) →知の基盤の強化向けてオープンサイエンスを推進  科学技術・学術審議会 学術分科会 学術情報委員会「学術情報のオープン化の推進について(審議 まとめ)」(2016.2) →研究資金配分機関、大学、NII、JST、学協会、国の役割の明確化  日本学術会議 オープンサイエンスの取組に関する検討委員会「オープンイノベーションに資する オープンサイエンスのあり方に関する提言」(2016.7) →研究データ基盤の整備、データ戦略、キャリアパス http://www.nii.ac.jp/csi/openforum2017/track/pdf/ 20170607PM_R_10_ojiro.pdf
  9. 9. JSTのオープンサイエンス方針策定 https://www.jst.go.jp/pr/intro/ope nscience/index.html
  10. 10. オープンサイエンスの系譜 https://www.slideshare.net/takeda/ss-63707802
  11. 11. 様々な利害関係者との協働 https://mtrl.net/kyoto/events /160108_open-science/ https://aurora4d.jp/
  12. 12. 成果発信の変化 “一図論文” http://f1000research.com/articles/4- 268/v1 Nature Publishing Group 2014年にデータジャーナル”Scientific Data”創刊 http://www.nature.com/sdata/
  13. 13. 2. データの共有・公開 https://researchdata.ands.org.au/theme/open-data
  14. 14. 研究データとは
  15. 15. データの取得方法
  16. 16. データの価値 Australian National Data Service (ANDS)による試算(2014年) 公的な研究データの価値 → 19億~60億$(2,030億~6,410億円) リポジトリの価値 → 18億~55億$(1,920億~5,870億円) ※円価は2014年 USD 年間平均TTSレートに より算出 http://ands.org.au/__data/assets/pdf_fi le/0019/393022/open-research-data- report.pdf
  17. 17. EUDATの事例 https://www.eudat.eu/use-cases
  18. 18. データ公開基盤
  19. 19. 再利用性の向上 http://www.codata.org/working- groups/legal-interoperability ※日本語での紹介記事↑ http://current.ndl.go.jp/e1871
  20. 20. 発見可能性の向上
  21. 21. https://www.rd-alliance.org/ データに関するコミュニティ http://japanlinkcenter .org/rduf/index.html
  22. 22. 3. ライブラリアンに期待される役割
  23. 23. 報告書「我が国におけるオープンサイエンス推進のあり方につ いて:サイエンスの新たな飛躍の時代の幕開け」 (平27.3.30)  各省庁、資金配分機関、大学・研究機関等  実施方針及びオープンサイエンスの推進計画を策定  公的研究資金による研究成果  論文及び論文のエビデンスとなる研究データ=原則公開  その他研究開発成果としての研究データ=可能な範囲で公開  公的研究資金  競争的研究資金及び公募型の研究資金  国費が投入されている独立行政法人及び国立大学法人等の運営費交付金等  ステークホルダーに求められる役割  図書館=研究成果等の収集、オープンアクセスの推進、共有されるデータの 保存・管理を行う基本機能 国際的動向を踏まえたオープンサイエンスに関する検討会 http://www8.cao.go.jp/cstp/sonota/openscience/
  24. 24. 研究データの流通 第8期学術情報委員会(第8回) 配 付資料4 オープンイノベーションに 資するオープンサイエンスのあり方 http://www.mext.go.jp/b_menu/s hingi/gijyutu/gijyutu4/036/shiryo/_ _icsFiles/afieldfile/2016/10/27/137 8712_002.pdf
  25. 25. 海外の動向 https://www.rd- alliance.org/system/files/documents/23Things_Libraries_For_Dat a_RDA%EF%BC%BFjp.pdf http://libereurope.eu/blog/2016/10/13/re search-data-services-europes- academic-research-libraries/
  26. 26. 大学図書館の動き https://jpcoar.repo.nii.ac.jp/
  27. 27. 書誌事項 国際連携 研究データ対応 助成情報 統制語彙対応 APC情報 学位情報 junii2 Ref: http://www.nii.ac.jp/csi/open forum2017/track/pdf/2017060 7PM_R_08_kagawa.pdf JPCOAR Schema
  28. 28. RDMトレーニングツール作成 http://id.nii.ac.jp/1458/00000023/
  29. 29. データレスキュー Ref: http://www.slideshare.net/amanoeriko/ss-52460500 A university B university C Institution 機関リポジト リ
  30. 30. NIMSのデータライブラリアン募集 ■図書・文献・研究データの収 集・分類 ■外部DBからの機械的な文献 収集・テキスト/データマイニ ング、データ処理 ■オンラインジャーナル等の契 約・ライセンス交渉 ■電子リソース管理・キュレー ション・データサービスデザイ ン ■サービスの評価等 http://www.nims.go.jp/employment/data/hdfqf1000008sc9m.html
  31. 31. 4. 国立極地研究所の取組み
  32. 32. 4-1. 国立極地研究所学術情報リポジトリ 2014.10.24 正式公開 ●コンテンツ:約10,000件 紀要論文、南極・北極の観測データ報告書が中心 http://irdb.nii.ac.jp/analysis/shousai.php?ir_ no=420
  33. 33. 0 1,000 2,000 3,000 4,000 5,000 6,000 ファイルダウンロード回数 南極資料 観測データ報告書 観測隊報告 紀要類 英文誌 シンポジウム ニュースレター その他 国立極地研究所学術情報リポジトリ統計 (FY2016) 0 1,000 2,000 3,000 4,000 5,000 6,000 詳細ページへのアクセス回数 南極資料 Polar Science 観測データ報告 書観測隊報告 紀要類 英文誌 南極資料, 12,659 view (25.1%) 観測データ… 観測隊報告, 2,275 view (4.5%) 紀要類, 9,399 view (18.8%) 英文誌, 17,884 view (30.9%) シンポジウム, 6,827 view (8.9%) ニュースレ ター, 2,501 view (4.6%) その他, 1,690 view (3.2%) 南極資料, 8,668 , 26% Polar Science, 1,290 , 4% 観測データ報告 書, 2,213 , 7% 観測隊報… 紀要類, 1,654 , 5% 英文誌, 3,426 , 10% シンポジウム, 3,724 , 11% ニュースレター, 1,357 , 4% その他, 8,123 , 24% 資料別の割合(アクセス 数) 資料別の割合(ダウンロード数)
  34. 34. 2005 1219 553 810 228 276 282 277 228 317 日本(外部) アメリカ合衆国 中華人民共和国 インド ウクライナ ロシア連邦 フランス 大韓民国 イギリス フィリピン 国立極地研究所学術情報リポジトリ統計 (FY2016) 48 45 26 26 84 59 72 102 105 127 106 125 0 20 40 60 80 100 120 140 【アクセスのあった国数】 国別アクセス件数 Top 10 国別アクセスの分布 0 100000 200000 300000 400000 500000 600000 700000 800000 900000 1000000 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 OPAC リポジトリ 件数
  35. 35. データの利活用促進 http://www.nipr.ac.jp/info/notice/ 20150116.html
  36. 36. データの利活用促進
  37. 37. 4-2. IUGONET紹介 サイエンス成果の創出に向けた データアーカイブと解析環境の融 合. 梅村宜生ほか 第3回オープンサイエンスデータ 推進ワークショップ@京大を一部 改変 http://search1.iugonet.org/list.jsp オーロラ 研究者 研究機関 A 観測 データ 大学 B 大学 N 観測測器 観測データ 公開サーバ 観測測器 観測測器 ・ ・ ・ オーロラデー タ はこっち。 地磁気のデータ はどこにある? 地磁気 研究者 IUGONETメタデータ・データベース メタデータ 観測データに関する情報 例: 観測開始日時、終了日時、データ詳細情報、URL, 測器情 報, 観測所情報、利用ポリシー、コンタクト先情報.. メタデータ データベース 太陽のデータと 比較したい。 メタデータ メタデータ メタデータ メタデータ メタデータ ・ ・ ・ 観測 データメタデータ 観測 データ メタデータ メタデータを集積し、検索や閲覧を可能にしたもの 様々な機関で公開されている観測データに対するメタデータ を、 横断的に検索することができる。 メタデータを介して、実際の観測データにアクセスすることが できる。 観測データ 公開サーバ 観測データ 公開サーバ メタデータ データベース
  38. 38. パイロット開始(2016年6月~) 38 No. 難易度 内容 所感 (図書) 所感 (IUG) 1 低 既存のメタデータ(XML)を機械的に修正する ◎ 容易 ◎ OK 2 中- 既存のメタデータ(XML)を新しいスキーマバージョ ンに則したものに変更する ○ 出来た ○ OK 3 中 PIにインタビューしながら新しくサイエンスメタ データを作成する ○ 出来た ○ OK 4 中 外部サーバを使って単純なデータ公開・更新を行う (予定) 5 中+ 自前サーバを使って単純なデータ公開・更新を行う (予定) 6 高 IUGONETのようなサービスのデータ公開部分を運用 する (予定) 7 高+ IUGONETのようなサービスのデータ登録部分を運用 する (予定) 図書職員とのコラボレーション サイエンス成果の創出に向けたデータアーカイブと解析環境の融合. 梅村宜生ほか 第3回オープンサイエンスデータ推進ワークショップ@京大を一部改変 ライブラリー によるサービ スの境界線
  39. 39. メタデータの作成・編集
  40. 40. 4-3. Polar Data Journalの創刊 https://pdr.repo.nii.ac.jp/ ・データ論文を扱うジャーナル → 原著論文と同じ出版プロセス(査読・審査) → 「査読」によるデータの品質保証、再利用性の 向上が目的 ・データジャーナルによって 1. データの利用者拡大 2. 検証可能性の向上 3. データ作成者、データ取得者の業績を明確に表現 ・JAIRO Cloudを使用
  41. 41. 査読プロセス 事務局 査読者著者 編集委員 (1) 原稿の投稿 (8) 原稿の受信 (10) 査読コメントを返信 (13) 査読結果の受信 (1)’ 受理されるまで(1)-(13)の繰返し 実データのアップロード URLの発行 (6) 実データの確認 (9) 実データのレビュー (3) 実データの確認 (4) 投稿時の実データの複製 (14) 受理時の実データの複製 (17) 査読レポートの発行 (16) 査読コメントの校正 (2) 投稿情報の受信 − 査読中のワークフロー:(1) ~ (13) − 受理後のワークフロー:(14) ~ (18) データリポジトリ (15) データDOI発行の要求

×