Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
研究・観測データを拓く
~国立極地研究所の取組み
情報・システム研究機構 国立極地研究所
南山 泰之
minamiyama@nipr.ac.jp
2016.3.21 東京工業大学博物館・百年記念館
「博物館をひらく – 東京工業大学博物館編」
目次
・自己紹介
・研究・観測データとは
・データをひらく
極地研の活動
国立極地研究所学術情報リポジトリ
2014.10.24 正式公開
●コンテンツ:約10,000件
紀要論文、南極・北極の
観測データ報告書が中心
トピック:
2015.1 紀要論文等への
CCライセンス付与
(原則 CC-BY)
2015.4 ...
研究・観測データとは
データの取得方法
海外事例:
研究データ管理への取り組み
報告書「我が国におけるオープンサイエンス推進のあり方
について:サイエンスの新たな飛躍の時代の幕開け」
(平27.3.30)
各省庁、資金配分機関、大学・研究機関等
◦ 実施方針及びオープンサイエンスの推進計画を策定
公的研究資金による研究成果...
社会的制約
個人情報の保護(被験者、犯罪歴、etc…)
国家安全保障など
知的財産の保護
その他、特に配慮を必要とするもの(ex. 絶滅危惧種の生息地情報)
参考:”Research Data Management” by Carly ...
論文との違い①
データの著作物性
著作物の定義:
「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属す
るもの」をいう(著作権法第 2 条第 1 項第 1 号)。
単なる客観的事実やデータは、著作物としての保護対...
論文との違い②
メタデータ標準
左は一般的な研究データの例
メタデータ標準だけで10、
拡張用は4つが登録
このほか、分野ごとのメタデー
タ標準も多数
http://www.dcc.ac.uk/resour
ces/subject-areas/...
図書館としてのモチベーション
リポジトリの可能性を試す
サイエンスへの貢献?
これまでの知識基盤を活かす
目録や著作権の知識、全国的なネットワークの存在
レガシーな資料との連続性担保
義務を果たす
学術情報の保存、共有、公開への社...
データをひらく
法的側面
→ ライセンスの明示
技術的側面
→ 機械可読性の向上
流通面
→ 可視性の向上
法的側面
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20150
116.html
実務上の対応と変化
投稿規程の整備
原則CC-BYとする旨の規定を盛り込む
投稿時にライセンスを記述するように
啓発活動
ライセンスに関する資料の公開
説明会開催
問い合わせ対応
変化
OAやライセンスに関する問い合わせの増加...
技術的側面
ファイル形式は投稿者に委ねる
(.doc~.xml まで様々)
流通面
0
500
1,000
1,500
2,000
2,500
3,000
3,500
4,000
所外からのアクセス
WEKOトップページ
アイテム詳細
ファイルダウンロード
年/月
件数
2015.11 Googleへ
ハーベスト依頼
...
ログ 1/3
0
50
100
150
200
250
300
件数
トップページへのアクセス
日本(外部)
中国
アメリカ
フランス
ロシア
ウクライナ
その他
月━年
ログ 2/3
0
200
400
600
800
1,000
1,200
1,400
1,600
件数
詳細画面へのアクセス
南極資料
観測データ報告書
観測隊報告
紀要類
英文誌
シンポジウム
Polar Science
その他
月━年
ログ 3/3
0
500
1,000
1,500
2,000
2,500件数
コンテンツのダウンロード数
南極資料
観測データ報告書
観測隊報告
紀要類
英文誌
シンポジウム
その他
月━年
ログの暫定評価
流通面の改善は明確に効果が現れている
(アイテムダウンロード数が伸びているが、詳細画面へのアクセスがない
→ CiNii、Google等から直接ダウンロードされている回数が多い)
法的側面の効果は(まだ)アクセス数から見えづ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20160321 東工大博物館イベント:研究・観測データを拓く

658 views

Published on

2016年3月21日(月)
「博物館をひらく - 東京工業大学博物館」話題提供2
https://www.facebook.com/events/1696765597233333/

  • Be the first to comment

20160321 東工大博物館イベント:研究・観測データを拓く

  1. 1. 研究・観測データを拓く ~国立極地研究所の取組み 情報・システム研究機構 国立極地研究所 南山 泰之 minamiyama@nipr.ac.jp 2016.3.21 東京工業大学博物館・百年記念館 「博物館をひらく – 東京工業大学博物館編」
  2. 2. 目次 ・自己紹介 ・研究・観測データとは ・データをひらく
  3. 3. 極地研の活動
  4. 4. 国立極地研究所学術情報リポジトリ 2014.10.24 正式公開 ●コンテンツ:約10,000件 紀要論文、南極・北極の 観測データ報告書が中心 トピック: 2015.1 紀要論文等への CCライセンス付与 (原則 CC-BY) 2015.4 OpenDOAR登録 2016.1~ 対象コンテンツの拡大
  5. 5. 研究・観測データとは
  6. 6. データの取得方法
  7. 7. 海外事例: 研究データ管理への取り組み
  8. 8. 報告書「我が国におけるオープンサイエンス推進のあり方 について:サイエンスの新たな飛躍の時代の幕開け」 (平27.3.30) 各省庁、資金配分機関、大学・研究機関等 ◦ 実施方針及びオープンサイエンスの推進計画を策定 公的研究資金による研究成果 ◦ 論文及び論文のエビデンスとなる研究データ=原則公開 ◦ その他研究開発成果としての研究データ=可能な範囲で公開 公的研究資金 ◦ 競争的研究資金及び公募型の研究資金 ◦ 国費が投入されている独立行政法人及び国立大学法人等の運営費交付金等 ステークホルダーに求められる役割 図書館=研究成果等の収集、オープンアクセスの推進、共有されるデータの保存・管理を行う 基本機能 参考:国際的動向を踏まえたオープンサイエンスに関する検討会 http://www8.cao.go.jp/cstp/sonota/openscience/
  9. 9. 社会的制約 個人情報の保護(被験者、犯罪歴、etc…) 国家安全保障など 知的財産の保護 その他、特に配慮を必要とするもの(ex. 絶滅危惧種の生息地情報) 参考:”Research Data Management” by Carly Strasser http://www.niso.org/apps/group_public/download.php/15375/PrimerRDM-2015-0727.pdf
  10. 10. 論文との違い① データの著作物性 著作物の定義: 「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属す るもの」をいう(著作権法第 2 条第 1 項第 1 号)。 単なる客観的事実やデータは、著作物としての保護対象にならない データを得るために高度の知識や多大な労力、資金を必要としたとしても、保護対象にならない もっとも、 一定の考え方のもとにデータを整理・分析した場合などは、「創作性」が認められる場合も ex. 論文の根拠データ? 参考:著作権法の基本的な枠組みについて(オープンデータ関連) http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/densi/rwg/dai1/siryou09.pdf
  11. 11. 論文との違い② メタデータ標準 左は一般的な研究データの例 メタデータ標準だけで10、 拡張用は4つが登録 このほか、分野ごとのメタデー タ標準も多数 http://www.dcc.ac.uk/resour ces/subject-areas/general- research-data
  12. 12. 図書館としてのモチベーション リポジトリの可能性を試す サイエンスへの貢献? これまでの知識基盤を活かす 目録や著作権の知識、全国的なネットワークの存在 レガシーな資料との連続性担保 義務を果たす 学術情報の保存、共有、公開への社会的責任
  13. 13. データをひらく 法的側面 → ライセンスの明示 技術的側面 → 機械可読性の向上 流通面 → 可視性の向上
  14. 14. 法的側面 http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20150 116.html
  15. 15. 実務上の対応と変化 投稿規程の整備 原則CC-BYとする旨の規定を盛り込む 投稿時にライセンスを記述するように 啓発活動 ライセンスに関する資料の公開 説明会開催 問い合わせ対応 変化 OAやライセンスに関する問い合わせの増加 法や規則に関する調べもの相談の増加
  16. 16. 技術的側面 ファイル形式は投稿者に委ねる (.doc~.xml まで様々)
  17. 17. 流通面 0 500 1,000 1,500 2,000 2,500 3,000 3,500 4,000 所外からのアクセス WEKOトップページ アイテム詳細 ファイルダウンロード 年/月 件数 2015.11 Googleへ ハーベスト依頼 2016.1 JAXAリポジトリ からハーベスト申請
  18. 18. ログ 1/3 0 50 100 150 200 250 300 件数 トップページへのアクセス 日本(外部) 中国 アメリカ フランス ロシア ウクライナ その他 月━年
  19. 19. ログ 2/3 0 200 400 600 800 1,000 1,200 1,400 1,600 件数 詳細画面へのアクセス 南極資料 観測データ報告書 観測隊報告 紀要類 英文誌 シンポジウム Polar Science その他 月━年
  20. 20. ログ 3/3 0 500 1,000 1,500 2,000 2,500件数 コンテンツのダウンロード数 南極資料 観測データ報告書 観測隊報告 紀要類 英文誌 シンポジウム その他 月━年
  21. 21. ログの暫定評価 流通面の改善は明確に効果が現れている (アイテムダウンロード数が伸びているが、詳細画面へのアクセスがない → CiNii、Google等から直接ダウンロードされている回数が多い) 法的側面の効果は(まだ)アクセス数から見えづらい → 海外からのアクセス(特に日本語文献への)件数上昇を期待していたが。。。 → もっとも、外部からの許諾依頼件数は減少。 → 所内へのインパクトはかなり大きかった。著作権に対する意識向上。 技術面については、リンク先のデータに関する統計があるか不明

×