Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20160713E2D3Workshop

1,936 views

Published on

地理空間情報 x ビジネス x オープンソースGIS 勉強会!
プレゼン資料ダイジェスト
http://e2d3.connpass.com/event/35440/
※しゃべりメインなのですません

Published in: Data & Analytics
  • Be the first to comment

20160713E2D3Workshop

  1. 1. 位置データ x ツールの
 概況的な何か
 
 MIERUNE, LLC
 マップコンシェルジュ株式会社
 古川泰人

  2. 2. わたしだれ 地図とかって何だっけ これからどうなる?
  3. 3. なんで
 位置ギョーカイに?
  4. 4. http://costep.open-ed.hokudai.ac.jp/costep/contents/article/1385/
  5. 5. http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs11252-015-0499-8
  6. 6. http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs11252-015-0499-8
  7. 7. OpenScienceレビュー
 (2016/3)
 http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/61467
  8. 8. Code for Sapporo
 といえば保育園マップ http://www.codeforsapporo.org/ papamama/
  9. 9. http://www.codeforsapporo.org/ papamama/
  10. 10. “こどもを
 「どこに」
 預ければ
 いいんだろう?…”
  11. 11. http://wheelmap.org/ja/map
  12. 12. 多言語対応
  13. 13. https://www.facebook.com/wheelmapproject
  14. 14. Wheel mapping party in Susukino
  15. 15. FOSS4G Hokkaido
 (2012〜) https://www.facebook.com/FOSS4G.Hokkaido
  16. 16. 2016年7月9・10日
 170人が参加 https://www.facebook.com/FOSS4G.Hokkaido
  17. 17. https://www.facebook.com/FOSS4G.Hokkaido
  18. 18. https://www.facebook.com/FOSS4G.Hokkaido
  19. 19. https://www.facebook.com/FOSS4G.Hokkaido
  20. 20. https://www.facebook.com/FOSS4G.Hokkaido
  21. 21. https://www.facebook.com/FOSS4G.Hokkaido
  22. 22. https://www.facebook.com/FOSS4G.Hokkaido
  23. 23. 「地図情報とか」をいじる
 仕事をしています

  24. 24. 
 
 地図技術 学術領域 コミュニティ
  25. 25. わたしだれ 地図とかって何だっけ これからどうなる?
  26. 26. そもそも地図って
 なんだっけ?
  27. 27. 地図が好きなひと
 増えてます
  28. 28. https://commons.wikimedia.org/wiki/File: 1850_Hand_Drawn_Japaese_Map_of_Hokkaido,_Japan_-_Geographicus_- _Hokkaido-japan-1850.jpg?uselang=ja 古地図
  29. 29. そもそも地図って
 なんだっけ?
  30. 30. 道具としての「地図」
 メディアとしての「地図」
  31. 31. 昔からの地図
  32. 32. いわゆる地形図
 1800年代〜

  33. 33. 地形図(地図)は
 見る人に技術が
 必要であった
 
 →情報に「わたし」を
  合わせる必要
  34. 34. 今の地図
  35. 35. http://pictogram2.com/?p=1104 「読み解く」から
 「発信」/「行動」へ
  36. 36. 位置ゲーム+献血
  37. 37. http://wheelmap.org/ja/map
  38. 38. 道具としての「地図」
 メディアとしての「地図」
  39. 39. http://amzn.to/29wAWus
  40. 40. https://en.wikipedia.org/wiki/Map#/media/File:World_Map_1689.JPG https://en.wikipedia.org/wiki/Marco_Polo#/media/File:Marco_Polo_- _costume_tartare.jpg
  41. 41. al-Wāqwāq(ワクワク)
 倭国? https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%AF
  42. 42. こんな国あるらしいぜ! https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%AF
  43. 43. 「メディア」としての地図
 →権力者のあかし https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%AF
  44. 44. 市民もデータを
 可視化 “Data Democracy” (かなり飛ばして)
 2016年
  45. 45. http://e2d3.org/ja/2016/07/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E-%E3%80%8E%E5%8F%82%E9%99%A2%E9%81%B8%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF %E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AB%E3%82%BD/
  46. 46. http://e2d3.org/ja/2016/07/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E-%E3%80%8E%E5%8F%82%E9%99%A2%E9%81%B8%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF %E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AB%E3%82%BD/
  47. 47. 地図上では?
  48. 48. CartoDB http://goo.gl/vXWPPc
  49. 49. GoogleDocs
 CSV
 KML
 GeoJSON
 Twitter
 etc. http://goo.gl/vXWPPc
  50. 50. https://cesiumjs.org/
  51. 51. https://cesiumjs.org/
  52. 52. http://japanese.engadget.com/2014/12/15/google-earth-api-2015-12-npapi/
  53. 53. https://2016.foss4g-na.org/session/migrating-google-earth-cesium-how-begin-your-closed-open- source-success-stor
  54. 54. 大雑把にまとめると

  55. 55. 「権力者だけ」のメディア 地図は https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%AF
  56. 56. 「市民」のメディア 地図は
  57. 57. 道具としての「地図」
 メディアとしての「地図」
  58. 58. 人の行動もつかさどり
 市民メディア化
  59. 59. ビジネス的にどうよ?
  60. 60. 地図業界10兆円! http://visualizing.info/cr/market-size-map/domestic/ #m=0&cv=0&cn=13369344&cx=52224&cr=10&l=0&f=0
  61. 61. デバイスの小型化
 (GPS+net+カメラ…) Why
  62. 62. PCの高性能化 Why
  63. 63. Open Data Why
  64. 64. Open Source Software
 (OSS)
 のGISソフト Why
  65. 65. GIS? Geographical
 Information
 System
  66. 66. GIS? Geographical
 Information
 Science
  67. 67. GIS? Geographical
 Information
 Spatial media
  68. 68. GIS? Geographical
 Information
 Society
  69. 69. GISとは 
  位置の情報+属性情報
 

  70. 70. Flightradar24 http://www.flightradar24.com/
  71. 71. 井戸とコレラ患者の位置関係 80
  72. 72. 代表的な
 GISソフトウェア 商用(40万円!〜) オープンソース(0円〜)
 

  73. 73. 代表的なオープンソース
 GISソフトウェア 
 QGIS オープンソースのGISソフト(FOSS4G)。
 必要な解析に応じたさまざまなプラグインが用意され ている。
 Windows・Mac・Linuxなどで動作 GRASS オープンソースのGISソフト(FOSS4G)。
 ラスタデータの解析に強い。 
 Windows・Mac・Linuxなどで動作 

  74. 74. 
 FOSS4Gとは何か

  75. 75. これまでのGIS利用の問題点 ソフトが高い
 操作が難しい
 要求PCスペックが高い →そこでFOSS4G
  76. 76. FOSS4Gとは? Open layres Spatialite などなど…40種以上
  77. 77. 商用ソフトとFOSS4Gの
 コミュニティー http://www.geopacific.org/
  78. 78. FOSS4Gの利用 ・あたらしい雇用を生み出す 87 行政 委託先 主婦 農家 在宅
  79. 79. QGISとは?
  80. 80. 「フリーソフトのQuantumGISは ですね…
 (ドヤ)」
  81. 81. 「オープンソースのQGISは
 ですね…」
 →モテモテ
  82. 82. QGISとは? ・FOSS4Gのひとつ ・2004年開発スタート ・世界中のプログラマが
 開発に参加
  83. 83. QGISとは? ・日本で多くのユーザーが
 利用している ・最新はバージョン2.16 ・v2.0からは「QGIS」に名称統一
 (その前はQuantum GIS)
  84. 84. QGISの特徴 ・GUIによる操作 ・プラグイン(拡張機能)による機能強化
 (約655個が登録)
  85. 85. QGISの特徴 ・各OSに対応(多少古くてもOK) 
 
 
 

  86. 86. QGISの機能 基本機能 • データ表示 • データ検索及び地図の調整 • データ作成、編集、管理及び出 力
  87. 87. QGISの機能 応用機能  • データ解析 • インターネットへの地図公開 • プラグインによる拡張機能
 
 … And more
  88. 88. ちょうざっくりまとめると = FREE&OPEN
  89. 89. 使い勝手(2016年)
 (あくまで個人の感想です) (たぶん)
  90. 90. QGISの検索数
 (2016/7 日本) ArcGIS QGIS https://www.google.co.jp/trends/explore#q=ArcGIS%2C %20QGIS&geo=JP&date=7%2F2013%2037m&cmpt=q&tz=Etc%2FGMT-9
  91. 91. 実習でも大活躍
  92. 92. Open Data
 +
 FOSS4G
 (OSC)
 +
 学生ちゃん
  93. 93. 避難施設
 +
 1人暮らしの母が
 よく行く場所
 +
 pdfをメールで
 送りました!
  94. 94. 実例 お、 があるじゃないですか
 

  95. 95. 実例 いまは QGISで
 バリバリ研究活動

  96. 96. 1993〜
  97. 97. http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1007/21/news096.html
  98. 98. 道具としての「地図」
 メディアとしての「地図」 オープンソース  オープンデータ 新しい局面
  99. 99. わたしだれ 地図とかって何だっけ これからどうなる?
  100. 100. Data Democratization
 +
 Open Data
 + Open Source
  101. 101. Geo For ALL
  102. 102. 112 http://www.geoforall.org/
  103. 103. http://www.geoforall.org/
  104. 104. むかし GIS技術者
 戦闘力50000000
 xxxxxGISソフトのつるぎ
  105. 105. いま・これからのフェーズ 
 デザイナー Web技術者
 一般市民
 行政官 野生の研究者 学生
 などなど
  106. 106. ツールもデータも
 オープン 地方でもOK?

  107. 107. http://www.slideshare.net/jyuntanaka/ss-63877775
  108. 108. http://www.slideshare.net/jyuntanaka/ss-63877775
  109. 109. ツールもデータも
 オープン 地方でもOK!

  110. 110. ツールもデータも
 オープン 地方でもOK!
 マッシュアップ?
 ラスト1m?
  111. 111. https://www.facebook.com/FOSS4G.Hokkaido
  112. 112. まとめ
 
 地図化はより成長する
 
 データもツールもオープンに
 
 わたしたち
 どうガッツリいくの?


×