Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Code for Nara 活動紹介(2017/2/26)

129 views

Published on

著作権勉強会での Code for Nara 活動紹介

Published in: Government & Nonprofit
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Code for Nara 活動紹介(2017/2/26)

  1. 1. 2017/02/22 データの著作権勉強会 Code for Nara -Code(IT)による地域活動- Code for Nara 代表 Yasushi ISHIZUKA
  2. 2. 自己紹介 Code for Nara 代表 石塚 康司 自称「旅するエンジニア」 職業:フリーのサーバ系エンジニア 趣味:旅行 特に海外逃亡すること 旅先でOSMを愛用 Yasushi ISHIZUKA Facebook: https://www.facebook.com/yasushi00 Twitter: @yasushi00j
  3. 3. Code for Nara とは Code for Nara関連イベント 主な活動内容 参考:OpenStreetMap 応用事例 内容
  4. 4. Code for Nara とは
  5. 5. Codefor Naraとは – ともに考え、ともにつくる - という考えをベースに 「奈良を知り、奈良を育む」 という理念のもと 「IT(code)の力と奈良の文化の融合」 を目指している任意団体
  6. 6. Codefor Naraの歴史 2014年 4月:準備委員会の立ち上げ 2015年10月:任意団体として活動開始 2015年 1月:正式ブリゲードとして登録 以降、アイディアソン、勉強会、 マッピングパーティ等のイベントを開 催 現在FBグループの メンバーは42名 (FBページ「いいね」は336)
  7. 7. Code for Nara のイベント紹介
  8. 8. 奈良オープンデータソン WikiPediaタウン + OpenStreetMapマッピングパーティ 2014年11月23日 於 奈良女子大奈良町セミナーハウス
  9. 9. OpenStreetMapの編集成果 https://openstreetmap.jp/map#zoom=17&lat=3 4.67857&lon=135.83375&layers=00BFF 現在 3年前
  10. 10. 2015/12/5-6 奈良オープンデータハッカソンに協 賛 大和茶取扱店、外国語メニュー対応店 を 「オープンデータ」として提供して頂 き、 他のデータや IoT技術を用いて、 新たなサービスを作り出すイベント
  11. 11. 2016/7/17 地域の課題分析ワークショップ 「奈良市内の飲食店情報 の不足」をテーマとし、 実際にツリーを作りながら 分析手法を学びました。
  12. 12. 奈良マッピングNight Vol.1 / Vol.2 夜の空いている店の情報を 自腹で飲食して現地調査し、 深夜再集合してデータ入力 夜営業している店は 1~2店しかまわれない 結局、飲みたい人が多いようだ Vol.2は、パーティ形式の マッピングナイトに!
  13. 13. 2016/12/04 車椅子×情報アイディアソン 車椅子利用者に情報を伝える方法 についてアイディア検討しました
  14. 14. 現在の主な活動
  15. 15. 奈良市の地蔵堂や小祠、石仏などを オープンデータ化するプロジェクト データはWikimedia、GeoJsonで公開 https://github.com/code4nara/JizoProject 地蔵プロジェクト
  16. 16. チーム緊急事態
  17. 17. バリアフリーマップ作成協力 調査フォーム の電子化 調査ルート表示 フリーダム21さんの観光ユニマップ作成に 協力
  18. 18. オンライン版 奈良観光ユニマップ(試作) 推奨ルート を表示 現在位置表示 車椅子用移動 ルート検索 車椅子アクセス 情報の表示 多目的トイレ 情報の表示 移動危険情報 を表示
  19. 19. 奈良市保育所マップ(試作中)
  20. 20. 告知 Code for Nara では毎月第1水曜の夜に 「定例会」を行っています。
  21. 21. 地域のCode forが行う ITを活用した地域貢献活動には 地理情報技術は必須 FOSS4Gのさらなる発展を 期待しています。 最後に
  22. 22. ご参考 OpenStreetMap関連の応用事例 のご紹介
  23. 23. Maps.me スマートフォンアプリ 地図をダウンロードしておけば 通信できなくても利用可能
  24. 24. Wheelmap.org 車いす対応情報の入力
  25. 25. Jauntful カタログマップ https://jauntful.com/yoshifuji/W194kFDYi
  26. 26. UMAP 地図に重ねて表示 https://umap.openstreetmap.fr/ja/map/gh-tsubaki_108166
  27. 27. Mappilary https://www.mapilary.com/ スマートフォンで撮影した写真をストリート ビュー としてサイト上に公開できるサービス
  28. 28. Routino ルート検索 http://www.routino.org/uk-leaflet/router.html ロンドンの例 奈良でもデータを充実すれば.....
  29. 29. NewYork 市の街路樹をデータ化 http://www.archdaily.com/800157/new-york-city-mapped-all-of-its-trees-and-calculated-the-economic-benefits-of-every-single-one
  30. 30. F4map 3D地図表示(鶴ヶ城) https://demo.f4map.com/#lat=37.4878664&lon=139.9299340&zoom=19&camera.theta=66.887
  31. 31. F4map 3D地図表示(お台場) https://demo.f4map.com/#lat=35.6247380&lon=139.7752980&zoom=21&camera.theta=78.866&camera.phi=15.366
  32. 32. F4map 3D地図表示(東大寺) https://demo.f4map.com/#lat=34.6883693&lon=135.8397788&zoom=19&camera.theta=62.418
  33. 33. OpenStreetMap応用のまとめ https://demo.f4map.com/#lat=34.6883693&lon=135.8397788&zoom=19&camera.theta=62.418 世界にはいろいろな技術があります しかし 情報(データ)がなければ使えません 自分たち自身でデータを作る オープンデータを増やす などで 皆の力で情報を活用していくことが大事

×