Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Rails解説セミナー: リリースノート解説編

616 views

Published on

Railsガイド解説セミナーのスライド資料です

Railsガイド: http://railsguides.jp/
Railsガイド解説セミナー: http://railsguides.jp/options.html#seminar


【関連リンク】
Railsチュートリアル: http://railstutorial.jp/
Railsチュートリアル解説セミナー: http://railstutorial.jp/seminars
Railsスクリーンキャスト: http://railstutorial.jp/screencasts
Railsビギナーズ倶楽部: http://coedo-rails.doorkeeper.jp/

Published in: Education
  • Be the first to comment

Rails解説セミナー: リリースノート解説編

  1. 1. リリースノート解説編 Rails解説セミナー http://railsguides.jp/
  2. 2. セミナーを 始める前に
  3. 3. 講義中に参照したリンクはコメント欄で (質問もお気軽に) 講師のターミナルは下記 URL から閲覧できます :) http://screenx.tv/yasulab
  4. 4. Slide is in SlideShare! http://www.slideshare.net/yasulab/presentations
  5. 5. 質問はいつでもお気軽に! 個別相談は休憩や終了後に :)
  6. 6. Sample App で実験 :) https://github.com/yasslab/sample_app
  7. 7. 1. $ git clone 
 https://github.com/yasslab/sample_apps.git 2. 対象のディレクトリに移動後: $ git init ;
 $ bundle exec rake db:migrate
 $ bundle exec rake db:test:prepare
 $ bundle exec rake db:populate 3. $ gem install rails --version 4.0.5 4. (Option) $ gem install rails --version 4.1.8 5. (Option) $ gem install rails --version 4.2.3 下準備
  8. 8. Ready?
  9. 9. 解説セミナーを 進めていきましょう!
  10. 10. リリースノート解説編 Rails解説セミナー http://railsguides.jp/
  11. 11. • 中級者∼上級者向けの大型リファレンス • 読み進める順番は特になく、機能毎に解説: • e.g. Active Record の基礎、バリデーション • e.g. Action View の概要、フォームヘルパー • e.g. Action Controller の概要、ルーティング • 例外: Railsをはじめよう → Rails チュートリアル • ウェブ版は全編無料! http://railsguides.jp/ Railsガイドとは?
  12. 12. • リリースノートを見ながら 4.0 の概要を知る • リリースノートを見ながら 4.1 との違いを知る • リリースノートを見ながら 4.2 との違いを知る 時間の許す限り,色々な機能を 実際に触れていきましょう :) 今日やること
  13. 13. Rails 4.0 リリースノート http://railsguides.jp/4_0_release_notes.html
  14. 14. 主要な変更点 (全体像)
  15. 15. 主要な変更点 (左半分)
  16. 16. 主要な変更点 (右半分)
  17. 17. Rails 4.0 のポイント • Ruby 2.0 が推奨 / Ruby 1.9.3 以上がサポート対象 • Strong Parameters の導入
 マスアサイメント脆弱性があるとエラーになる • Turbolinks の導入
 HTMLの一部分だけを更新する技術: ページ遷移時 にURLと、AJAXでtitleやbodyを差し替える • Russian Doll Caching の導入
 ネストしたViewの断片毎にキャッシュする。各断 片は依存関係のセットに応じて期限切れになる。
  18. 18. Sample App が 既に4.0.5なので 少し眺めるだけ
  19. 19. http://railsguides.jp/4_1_release_notes.html Rails 4.1 リリースノート
  20. 20. • Active Record がよりスマートに :)
 db:reset だけで test:db:prepare などが不要に! • アプリケーションプリローダ「Spring」の導入
 db:migrate 後などの再起動が不要に! • config/secrets.yml の導入
 外部API用のアクセスキーなどもここに保存
 Rails.application.secrets で取り出し可能 Rails 4.1 のポイント
  21. 21. 1. Gemfile の ‘ruby’ のバージョンを 2.0.0 にする 2. Gemfile の ‘rails’ のバージョンを 4.1.8 にする 3. $ bundle update
 $ bundle exec rake rails:update 4. $ bundle exec rake db:reset
 # $ bundle exec rake db:migrate
 # WARNING: db:test:prepare is deprecated. 
 # Change: User.all.limit(n) -> User.limit(n) 5. $ bundle exec spec spec/
 # Update: gem 'rspec-rails', '~> 2.14.0.rc1' Rails 4.1における大まかな手順
  22. 22. DEMO
  23. 23. http://railsguides.jp/4_2_release_notes.html Rails 4.2 リリースノート
  24. 24. • RSpec 2.x がサポート対象外になりました
 cf. https://github.com/rspec/rspec-rails/issues/1187
 cf. Transpec: http://yujinakayama.me/transpec/ • Web Console が標準デバッグ環境に
 ブラウザ上ですぐにデバッグできるようになった • Active Job の導入 (非同期処理)
 メール送信処理などを簡単に非同期化できる • Adequate Record による高速化
 find/find_byなどの呼び出しが最大2倍に向上! Rails 4.2 のポイント
  25. 25. 1. Gemfile の ‘ruby’ のバージョンを 2.2.2 にする
 # Update: gem ‘sqlite’, ‘1.3.10’ 2. Gemfile の ‘rails’ のバージョンを 4.2.3 にする
 # RSpec 2 on Rails 4.2 is NOT supported. => ‘~> 3.1’ 3. $ bundle update
 $ bundle exec rake rails:update
 # config/routes.rb はそのままで OK
 => 今回はRSpec絡みが多いので別紙参照 4. $ bundle exec rake db:reset
 $ bundle exec spec spec/ Rails 4.2における大まかな手順
  26. 26. 1. gem ‘rspec-rails’, ‘~> 3.1’
 gem 'capybara', '~> 2.4.0'
 gem 'rspec-its', '1.2.0'
 gem 'turbolinks', '~> 2.5.3' 2. $ bundle update
 $ bundle exec rails generate rspec:install
 $ mv spec/requests spec/features 3. $ find spec/ -name "*_spec.rb" | xargs gsed -i "s/require 'spec_helper'/require ‘rails_helper'/g" 4. コメントアウト in ‘rails_helper.rb’: 
 Dir[Rails.root.join(‘spec/support/**/*.rb’)].each {|f| require f} RSpec 3.1 にする
  27. 27. 1. ‘spec/features/authentication_pages_spec.rb’ を更新:
 # 追加: describe "authorization", type: :request do
 # 変更: root_url => root_path in GET request 2. ‘spec/models/user_spec.rb’ を更新:
 # 変更: be_false => be_falsy 3. $ gem install transpec
 $ rbenv rehash
 $ transept 4. $ bundle exec rspec spec/ 2>&1 RSpec 3.1 にする
  28. 28. DEMO
  29. 29. お疲れ様でした
  30. 30. • リリースノートを見ながら 4.0 の概要を知る • リリースノートを見ながら 4.1 との違いを知る • リリースノートを見ながら 4.2 との違いを知る 時間の許す限り,色々な機能を 実際に触れていきましょう :) 今日やったこと
  31. 31. 参考情報
  32. 32. Rails アップグレードガイド http://railsguides.jp/upgrading_ruby_on_rails.html
  33. 33. Rails 4.0 リリースノート http://railsguides.jp/4_0_release_notes.html
  34. 34. http://railsguides.jp/4_1_release_notes.html Rails 4.1 リリースノート
  35. 35. http://railsguides.jp/4_2_release_notes.html Rails 4.2 リリースノート
  36. 36. リリースノート解説編 Rails解説セミナー http://railsguides.jp/

×