Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

首都封鎖の経済的影響

148,934 views

Published on

新型コロナ対策のための首都封鎖の経済的影響を、サプライチェーンを通じた他地域への波及も含めて推計。元論文はこちら。https://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=3564898

Published in: Economy & Finance

首都封鎖の経済的影響

  1. 1. 新型コロナ対策のための 首都封鎖の経済的影響 ーサプライチェーンを通じた 他地域への波及も含めた推計ー 井上寛康 兵庫県立大学シミュレーション学研究科准教授 戸堂康之 早稲田大学政治経済学術院教授 2020年3月31日
  2. 2. まとめ • 首都封鎖の経済的影響は、サプライチェーンの途絶を通じて 他の地域に波及し、日本全体に大きな生産減をもたらす • 封鎖が1カ月続いた場合、東京での生産減少は9兆円なのに 対して、東京以外での生産減少はその倍の18兆円。 減少額の合計はGDPの5.3%。 東京以外 東京
  3. 3. 1. Order 2. Demand 4. Production3. Inventory renewal 3 分析手法 Nature Sustainability掲載の 井上・戸堂論文を土台に 日本企業100万社のデータを サプライチェーンを考慮した 数理モデルにあてはめて シミュレーション 柏木柚香氏(早稲田大学)作成
  4. 4. シミュレーションの設定 • 東京23区内の生活必需産業以外の 経済活動がすべてストップ – 生活必需産業:卸売・小売,郵便・運輸,出版, 電力・ガス・水道,電気通信,医療・介護 封鎖 • 封鎖の影響はサプライチェーンを 通して地方に波及 – 東京から部品・素材の供給が途絶 地方の川下企業の生産縮小 – 東京での部品・素材の需要が消滅 地方の川上企業の生産縮小 波及の仕組み
  5. 5. 結果 封鎖期間 東京での 生産減少 東京外での 生産減少 合計の 減少額 GDP比 (%) 1日 309憶円 252億円 561億円 0.11 1週間 2.2兆円 1.6兆円 3.7兆円 0.72 2週間 4.3兆円 5.0兆円 9.3兆円 1.76 1か月 9.3兆円 18.5兆円 27.8兆円 5.25 2か月 18.6兆円 50.0兆円 68.2兆円 12.9 ポイント • 影響は非常に大きい • 封鎖が長期になると、むしろ東京外での影響の方が大きい • 封鎖期間が2倍になると、総減少額は2倍以上になる
  6. 6. 結果 封鎖から1日 封鎖から14日 ●生産を8割以上 減らした企業 ポイント • 日に日に影響は全国に拡大
  7. 7. 結果 1日 あ た り の 付 加 価 値 生 産 額 ( 兆 円 ) 封鎖からの日数 封鎖から1カ月で 日本の生産日額は コロナ前の1/7に
  8. 8. 政策提言 • 大半の経済活動を停止させる首都封鎖の影響は、 東京だけではなく地方にも波及して、 莫大な経済的損失を生む。 • なので、オーバーシュートする前に早めに他の手段 でなんとか感染を抑え込むべき。 – 職場での3密をさけるための設備投資(テレワーク、 換気設備、生産ラインのレイアウト変更等)に支援を! – 3密が避けられない特定業種(飲食、イベントなど)に 休業補償を! • 首都封鎖が避けられない場合には、できるだけ 短期間で。(期間が倍になれば、倍の損失では済まない)
  9. 9. Inoue, Hiroyasu and Todo, Yasuyuki (2020), The propagation of the economic impact through supply chains: The case of a mega-city lockdown against the spread of COVID-19. SSRN. https://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=3564898 井上寛康 • 兵庫県立大学シミュレーション学研究科准教授 • 博士(情報学)(京都大学) • inoue@sim.u-hyogo.ac.jp 戸堂康之 • 早稲田大学政治経済学術院教授 • Ph.D. (economics)(スタンフォード大学) • yastodo@waseda.jp 元となった論文と著者の紹介

×