Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

地球環境知オープンサイエンス・プラットフォームの形成

715 views

Published on

平成27年度総合地球環境学研究所研究プロジェクト発表会・コアプロジェクト予備研究報告

Published in: Science
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

地球環境知オープンサイエンス・プラットフォームの形成

  1. 1. オープンサイエンス時代の社会協働に基づく 地球環境研究を支援する情報サービスの実現 FS責任者 近藤康久 平成27年度研究プロジェクト発表会 コアプロジェクトFS報告 1
  2. 2. オープンサイエンス時代はすぐそこに • 今年3月、内閣府検討会の報告書によるオープンサイエンスの定義: 「公的研究資金による研究成果を社会から広く容易に 利用できるようにして、イノベーションを創出すること」 → これをうけて • JSPS、科研費成果論文のオープンアクセス化を推奨  オープンアクセス:論文を無償でオンライン公開すること。 地球研は: • 今後数年のうちに、オープンサイエンスを実行する 必要に迫られる。 • いま国の政策に即応することで、地球環境学のオー プンサイエンス化を先導することができる! 2
  3. 3. オープンサイエンスの願望がもくもくと 3 オープンリサーチデータ オープンアクセス シチズンサイエンス データ論文 データ引用
  4. 4. 近未来予想:オープンサイエンスが進むと =学知を社会と共有する習慣が定着すると • データ生産者とはバックグラウンドの異なる研究 当事者が、異なる問題意識/視点/方法でデータ を収集・分析することにより、新発見や斬新な解 釈(→イノベーション)を生み出す。 • 研究当事者= • 職業研究者 • 行政職員 • 専門技能ボランティア(プロボノ) • サイエンスコミュニケーター, etc. 4
  5. 5. 地球環境問題の特性 • 人間社会と自然環境の要因が 時間的にも空間的にも多様な スケールで絡みあって起きる。 • 実証的研究=フィールドワーク は離散的で地域色が強い。 → 離散的なデータを異なる視点 で統合・分析すると、どのような 「知の跳躍」が起きるか? 5
  6. 6. このコアプロジェクトがめざすもの コアプログラムが構築をめざす「社会との協働による地球環境 問題解決のための方法論」のうち、 地球環境知を多様な研究当事者と共有するこ とによって研究にイノベーションを起こすために、 情報資源を効果的に蓄積・共有・活用する方法 を体系化する。 6
  7. 7. FS研究会(10/2-3) オープンサイエンスの動向 • 村山泰啓:オープンサイエンスの最新動向と地球環境研究、Future Earth • 北本朝展:「巨人の肩」とデータサイテーション オープンサイエンスに向けた地球研プロジェクトの課題 • 淺野悟史:栄養循環プロジェクトにおける市民参加型科学の推進〜滋賀県 水草堆肥事業を例に〜 • 石川智士:エリアケイパビリティープロジェクトにおける社会・市民との双方 向連携に基づく研究や環境教育を実現するにあたっての課題 • 羽生淳子:小規模経済プロジェクトにおけるデータ共有・公開の課題と展望 • 寺村裕史:フィールド調査データの公開・共有に際しての課題と展望 • 安富奈津子:地球研アーカイブスにおける地球環境学際研究データの収集 と利用 人間文化研究機構、他機関の事例 • 丸川雄三:国立民族学博物館における文化資源情報公開の取り組み: フォーラム型情報ミュージアムについて 7
  8. 8. FS研究会で見いだされた方向性 このコアプロジェクトは、 1. 環境情報資源を社会と双方向的に活用して いく方法*の開発・提案 *教育が重要! 2. 地球環境学におけるオープンリサーチデー タの促進 3. 地球環境学のオープンサイエンス化を推進 する高度専門人材の育成 に取り組むべきである。 8
  9. 9. 9制作:和波里翠
  10. 10. アイディアソン:シビックテックによるサービスの共創 10 Women Who Code Tokyo × 10/3-4 プロボノ12名、地球研教職員8名が参加
  11. 11. MIX 水草
  12. 12. 滋賀県による琵琶湖の水草堆肥事業 13
  13. 13. 事業費:年間2億円
  14. 14. 朗報! 水草堆肥は 土中のバクテリアを 活性化するらしい
  15. 15. みんなで効果を調べよう! 琵琶湖MIX!プロジェクト 〜水草堆肥で琵琶湖の恵みをMIX!〜
  16. 16. ターゲット 趣味で家庭菜園をやっている人
  17. 17. ホームセンターで配布
  18. 18. 野菜を育ててレポート
  19. 19. レポート共有プラットフォーム
  20. 20. 集まったレポートを分析 さまざまな野菜の データ 新しい 効果を 発見! 地球研 プロジェクト研究員 淺野氏
  21. 21. 琵琶湖の地域資源を介して つながるコミュニティ 企業・民間団体 地域住民 滋賀県・地球研
  22. 22. Happy Life MIX!琵琶湖
  23. 23. 地球環境知オープンサイエンス・ プラットフォームの形成 PL候補者 近藤康久 平成27年度研究プロジェクト発表会 コアプロジェクトFR提案 24
  24. 24. FRの課題設定 オープンサイエンスの時代に、多様な研究当事者と協 働して地球環境学を飛躍的に発展させるために、情報 資源をいかに利活用するか? 《サブテーマ》 1. 社会との協働による地球環境問題解決を支援する ために、情報資源をどのように活用するか? 2. 地球環境研究のイノベーションを加速するために、 研究資源をどのように当事者間で共有するか? 3. オープンサイエンス・イノベーションを推進するため に、どのような人材が必要か? 25
  25. 25. • 研究方法=アクション・リサーチ(課題の共有と協働解決) • 実践プロジェクトとの連携  栄養循環プロジェクトと、水草堆肥事業を活性化するための ウェブアプリを共同開発  エリアケイパビリティー・プロジェクトと、地域資源の活用と環境 教育を地域社会と双方向的に実践する方法を共同研究  小規模経済プロジェクトと、研究成果をオープンリサーチデータ の発想で共有するための方法を共同研究 • センター&コアプロジェクトとの連携  地球研アーカイブズ、地球環境学リポジトリシステムの活用  計測・分析部門(陀安コアP)と同位体測定データの共有・公開 方法を共同研究  Future Earthの情報基盤にオープンサイエンス概念を導入 • 管理部との連携  新聞記事配信を双方向型環境情報配信サービスに発展 所内で全方位的に連携体制を構築 26
  26. 26. 連携体制図 27 オープンサイエンス・ コアプロジェクト 小規模経済 プロジェクト 自治体 学生 NPO 住民 プロボノ 研究者 研究員を 1名配置 栄養循環 プロジェクト エリアケイパビリティー プロジェクト Future Earth Asia Center 地球研 アーカイブズ 地球環境学 リポジトリ・システム オントロジー (熊澤コアP) 計測・分析部門 (陀安コアP) 学校 産業 政府 研究支援者 new! 双方向情報 ポータル 図書館 国際機関 助成機関 サイエンス コミュニケーター
  27. 27. 1%のエフォートを 28
  28. 28. 双方向型環境情報配信サービスのお手本 カレントアウェアネスポータル by 国立国会図書館関西館図書館協力課 29
  29. 29. まとめ:このコアプロジェクトは実施可能! This Core Project is feasible. • 地球研という一研究機関による、地球環境学という学 際研究分野を対象にしたボトムアップ型のオープンサ イエンスの取り組みとして、注目されている。 • いま下記の課題に取り組むと先進的:  地球環境学の離散的なデータをオープンにすることで、 研究がどのように発展するか?  オープンサイエンスを推進する人材をどう育成するか? • 実践プロジェクト、センター、所外オープンサイエンス・ コミュニティーとの連携体制を着実に構築できている。 30 説明は以上です。質疑をよろしくお願いします。

×