20090612 実践Redmine @ Redmine勉強会

9,028 views

Published on

Published in: Technology
1 Comment
12 Likes
Statistics
Notes



  • [Comment posted from http://d.hatena.ne.jp/yandod/20090612/1244824497]
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
No Downloads
Views
Total views
9,028
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
688
Actions
Shares
0
Downloads
128
Comments
1
Likes
12
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20090612 実践Redmine @ Redmine勉強会

  1. 1. 実践Redmine カテゴリ設計にご用心! Redmine@Tokyo 2009/06/12 yandod 1
  2. 2. Who am I ? 安藤祐介 aka, yandod PHP関連の講演や執筆などをやっています CakePHP (フレームワーク)の活動 PHP関連の技術をウォッチしてます RedmineをPHP移植版、candycaneのPM 2
  3. 3. Agenda Redmineの基礎 チケットの分類 分類の戦略 おしらせ 3
  4. 4. Redmineの基礎 Basics of Redmine. 4
  5. 5. Redmine 柔軟さがウリのバグトラッキングシステム Ruby on Rails で開発されていて拡張も可能 勢いだけなら既にナンバーワンのBTS 5
  6. 6. もっと簡単に 言うと 6
  7. 7. チケット登録 7
  8. 8. トラッカーを選ぶ 状態を選ぶ カテゴリを選ぶ バージョンを選ぶ Copyright © YusukeAndo. 2009 - . All rights reserved.
  9. 9. チケット管理 9
  10. 10. Copyright © YusukeAndo. 2009 - . All rights reserved.
  11. 11. チケット集計 11
  12. 12. Copyright © YusukeAndo. 2009 - . All rights reserved.
  13. 13. これらが出来 るソフトウェア 13
  14. 14. チケットの分類 How to manage issues. 14
  15. 15. 分類こそが肝 チケットに対する分類が複数存在 分類のレベルによって機能の振る舞いが異なる カスタマイズが出来るのが仇となるケース 作業の実態とチケットの粒度を合わせるのが肝 操作方法よりも重要なポイント 15
  16. 16. Redmineにおけるチケットの分類 プロジェクト トラッカー バージョン ステータス カテゴリ 作業 例えば「コーディング」「テスト」「レビュー」 などをどこに入れますか? 16
  17. 17. プロジェクト Copyright © YusukeAndo. 2009 - . All rights reserved.
  18. 18. プロジェクト Redmineの基本単位、複数作成できる 親プロジェクトを指定できる Wikiやリポジトリ、メンバー管理はプロジェクト毎 ヒトの概念があるのはプロジェクトのみ リポジトリ連携を使う場合はリポジトリ毎に分割 18
  19. 19. トラッカー Copyright © YusukeAndo. 2009 - . All rights reserved.
  20. 20. トラッカー 作業ごとのワークフローを定義 報告者が登録し、管理者が割り当て、作業者が 閉じる・・・など 標準では管理者・開発者・報告者・non member・anonymousが定義されている チャートの設定が面倒 プロジェクト毎に利用するトラッカーは指定でき る 20
  21. 21. バージョン Copyright © YusukeAndo. 2009 - . All rights reserved.
  22. 22. バージョン 本来的にはマイルストーン リリース日のような日付による区分 ロードマップの表示対象になる なぜかバージョンに対してWikiを設定できる 設定しないとロードマップが使えない 22
  23. 23. ステータス Copyright © YusukeAndo. 2009 - . All rights reserved.
  24. 24. ステータス トラッカーで利用されるチケットの状態 標準では 新規・担当・解決・フィードバック・終 了・却下 ステータスを増やす場合は各権限での運用を考 慮して設定しなければならない トラッカー、ステータスの設定は全プロジェクトに 反映される 24
  25. 25. カテゴリ Copyright © YusukeAndo. 2009 - . All rights reserved.
  26. 26. カテゴリ チケット登録時に選択するラベリング プロジェクト内で自由に追加できる チケット登録時に増やす事もできる ロードマップ内でも分類してカウントされる 26
  27. 27. 作業 Copyright © YusukeAndo. 2009 - . All rights reserved.
  28. 28. 作業 チケットに経過時間を登録する際の分類 設定はシステム全体かつ、管理者のみ レポートにしか現れない分類 時間に直接対応しているが、使いにくい デフォルトは設計作業・開発作業 28
  29. 29. 分類の戦略 How to manage issues. 29
  30. 30. 最初に結論 あとでどの画面でどのように作業を確認したいか? 集計、表示などの機能を一通り確認 あとで見れるように入力しないと意味がない 30
  31. 31. 概要 トラッカー Copyright © YusukeAndo. 2009 - . All rights reserved.
  32. 32. ロードマップ バージョン カテゴリ・トラッカー・ トラッカー 優先度・起票者・担当 者 Copyright © YusukeAndo. 2009 - . All rights reserved.
  33. 33. サマリ トラッカー、バージョン、優先度、 カテゴリ、担当者、起票者 Copyright © YusukeAndo. 2009 - . All rights reserved.
  34. 34. 一覧・検索 表示項目は設定で選択可能 (ただしシステム全体) Copyright © YusukeAndo. 2009 - . All rights reserved.
  35. 35. 各画面で利用できる分類まとめ 全体 概要 ロード サマリ 一覧 レポート 共通 マップ 検索 プロジェ クト ○ ○ トラッカー ○ ○ ○ ○ ○ ○ バージョ ン ◎ ○ ○ ○ ステータ ス ○ ○ カテゴリ ○ ○ ○ 作業 ○ ○ Copyright © YusukeAndo. 2009 - . All rights reserved.
  36. 36. まとめ 全プロジェクトで共有されるトラッカー、活動はダイナ ミックな運用には向いていない バージョンはプロジェクト毎に自由に設定でき、なおか つロードマップを利用する為に欠かせない分類 ステータスはあくまで状態でしかなく、後の分析には 利用不可能 カテゴリはプロジェクトごとに柔軟に運用可能 カスタムフィールドという魔法もある 36
  37. 37. まとめ プロジェクト毎の作業形態による違いはバージョンと カテゴリで吸収するのが良い トラッカーは横断的に利用できるが、ワークフローとセ ットになっている点に注意する 各種、集計画面でどのような形で確認したいのかを 意識して分類方法を計画する 37
  38. 38. 最後に おしらせ 38
  39. 39. この資料内で 使用した画像 39
  40. 40. Redmine ではなく 40
  41. 41. It’s CakePHP CakePHPのアイコンがある画像は candycane Copyright © YusukeAndo. 2009 - . All rights reserved.
  42. 42. PHP移植版 candycane でした 42
  43. 43. 今夏公開予定 43
  44. 44. 質疑応答 ご静聴ありがとうございました。 Business ninja @ shownimals http://www.shawnimals.com/characters/709 44

×