Fukushima.rb#00

1,436 views

Published on

Published in: Business, Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,436
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
52
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Fukushima.rb#00

  1. 1. ふじおか 22 Oct. 2010 Fukushima.rb#00 Yuguiさんの著書 「はじめてのRuby」より 2010年10月25日月曜日
  2. 2. Rubyの特徴 インタプリタ オブジェクト指向 全てがオブジェクト 正規表現 高階関数(ブロック構文) 言語内DSL メタプログラミング ガベージコレクション 2010年10月25日月曜日
  3. 3. 配列とハッシュ 配列とは?ハッシュとは? 要素を[]で括ったものが配列リテラル 配列に負の添字を渡すと最初に戻る 長さ付きの添字、範囲添字がある 破壊的なメソッドと非破壊的なメソッドがあ る(これらのオブジェクトに限らないが) 要素を{}で括ったものがハッシュリテラル イテレータを使うと要素を辿れる Enumerable、Enumerator(後で) 2010年10月25日月曜日
  4. 4. 数値 IntegerとFloatが組み込まれている 整数型は桁あふれしない 10、2、8、16進数をリテラル表記可能 10進数表記、指数表記で浮動小数点をリテラル表 記可能 浮動小数点の実装はシステム依存 数値演算子として、加減乗除、剰余、べき乗、符 号操作がある(メソッドとして) Mathモジュールには数学関数、数学定数がある 整数をビット列として扱える 2010年10月25日月曜日
  5. 5. 文字列 文字列はStringクラスのインスタンス 多彩なリテラル %記法 ヒアドキュメント バッククォート 正規表現 文字列の様々なメソッド 部分文字列や部分更新など sprintfや%でのフォーマット出力 マルチバイトは省略 2010年10月25日月曜日
  6. 6. 入出力 入出力はIOクラスまたはIO互換クラスの 標準入出力、File、ARGF、StringIO File.openにモード文字列を渡して、開く ファイルの読み書きモードなどを変更する ARGVを通じて引数リストにアクセス 2010年10月25日月曜日
  7. 7. 変数と式 変数はオブジェクトへの参照しかない ローカル変数、インスタンス変数、クラス変 数、グローバル変数、定数 たくさんの演算子 多くは再定義可能 一部は再定義できない 多重代入によって多値を代入できる if elsif else unless while until case (for do-while 大域脱出) イテレータによる繰り返し begin rescue else ensure 2010年10月25日月曜日
  8. 8. メソッド#1 レシーバとメソッド名を.または::で結び、引数列を続 ける レシーバ指定は省略可能で、その時はselfを呼ぶ 引数列を括るカッコは省略可能 関数的メソッドはレシーバ情報を持っていない(略) 配列を引数に流し込むことができる 引数列を受け取るには*で 2010年10月25日月曜日
  9. 9. メソッド#2 ブロックを引き渡すことができる Procを代わりに渡すこともできる(&を使う) Procとして受け取ることも出来る(&を使う) ブロックはクロージャ、メソッドはクロージャではな い デフォルト値を指定できる returnで戻る 2010年10月25日月曜日

×