CakePHP の Cookbook に翻訳貢献する方法と vagrant

1,069 views

Published on

CakePHP の Cookbook に翻訳貢献する方法と、
vagrant を使ってビルド環境を簡単に作成する方法について紹介します。

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,069
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
31
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

CakePHP の Cookbook に翻訳貢献する方法と vagrant

  1. 1. 2013-12-23 GMOリサーチ 寺田 渉
  2. 2. 寺田 渉 寺田 渉 @wa_terada 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  3. 3.  ボードゲーム大好き! 翻訳大好き! プログラム大好き! 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  4. 4. Cookbook 使ってますか? http://book.cakephp.org/2.0/ja/index.html 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  5. 5. 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  6. 6. 有志が翻訳する ↓ github にプルリクする ↓ merge される ↓ 皆さんのもとに届きます。 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  7. 7. 「CakePHP ドキュメント翻訳」 こんな人たちが日々、翻訳をしています! 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  8. 8. 翻訳楽しいですし、 自分の翻訳が公式サイトで公開されると やっぱり感動します。 メンバーはいつでも募集中です!! ぜひぜひ、ご連絡ください!! 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  9. 9. もうビルド環境作るのに悩む必要は ありません!! 代わりに と です!! 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  10. 10. Cookbook は sphinx の文法で書くので 文章を 翻訳した後はビルドして 正常に表示されるか確認が必要です。 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  11. 11. 認証についてのフラッシュメッセージの表示 ---------------------------------------- Auth が生成するセッションエラーメッセージを表示するためには、次のコードをあなた のレイアウトに加えなければなりません。 ``app/View/Layouts/default.ctp`` ファイルに次の2行を加えてください。 content_for_layout 行の前にある body 部の中がよいでしょう:: echo $this->Session->flash(); echo $this->Session->flash('auth'); 上記のmarkdown的なやつをビルドして下記にします。 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  12. 12. このビルドには 次のソフトウェアが必要になります。 Make Python 2013/12/23 Sphinx PhpDomain for sphinx Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  13. 13. そこで !! これで誰でも Windows でも Mac でも 環境構築に煩わされることなく 翻訳に専念できます!!! 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  14. 14. 準備は下記を行うだけ! 1 2 3 4 5 $ $ $ $ $ git clone https://github.com/waterada/cakephp_docs_vagrant.git cd cakephp_docs_vagrant git submodule update --init vi forked_docs_path.conf vagrant up そしてビルド! 1 $ vagrant ssh 2 [vagrant]$ cd /forked_docs 3 [vagrant]$ make html-ja 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  15. 15. 詳しく説明します 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  16. 16. 1 2 3 4 5 $ $ $ $ $ git clone https://github.com/waterada/cakephp_docs_vagrant.git cd cakephp_docs_vagrant git submodule update --init vi forked_docs_path.conf vagrant up cakephp_docs_vagrant をcloneして submodule も取ってきます。 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  17. 17. 1 2 3 4 5 $ $ $ $ $ git clone https://github.com/waterada/cakephp_docs_vagrant.git cd cakephp_docs_vagrant git submodule update --init vi forked_docs_path.conf vagrant up clone した cookbook (docs) のパスを 設定します。 1 /Users/waterada/cakephp/docs とか 1 C:/cakephp/docs とか。 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  18. 18. 1 2 3 4 5 $ $ $ $ $ git clone https://github.com/waterada/cakephp_docs_vagrant.git cd cakephp_docs_vagrant git submodule update --init vi forked_docs_path.conf vagrant up Vagrant Up! 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  19. 19. 1 $ vagrant ssh 2 [vagrant]$ cd /forked_docs これで Virtual Box 内のマウントされた docs に移動して 3 [vagrant]$ make html-ja でビルド実行します。 ビルドが終わったら、 ローカルの docs 内に build されたものがあるので ブラウザで開いて確認することができます! 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  20. 20. 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada
  21. 21. ご清聴ありがとうございました。 2013/12/23 Facebook: 寺田渉 Twitter: @wa_terada

×