Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2014LETシンポジウム WritingMaetriXについて

1,921 views

Published on

石井雄隆・石井卓巳・草薙邦広・阿部大輔・福田純也・川口勇作(2014)「ライティング・プロダクトからライティング・プロセスへ―Writing MaetriX Corpus Project―」外国語教育メディア学会 第54回全国研究大会 公募シンポジウム. 福岡大学. にて使用されたWritingMaetriXの仕様についてのスライドです。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2014LETシンポジウム WritingMaetriXについて

  1. 1. WritingMaetriX について WritingMaetriX開発チーム 草薙邦広・阿部大輔 福田純也・川口勇作 名古屋大学大学院 公募シンポジウム 外国語教育メディア学会第54回全国大会 2014/8/5 於:福岡大学
  2. 2. https://sites.google.com/site/writingmetrix/
  3. 3. Contents • 背景 • 開発・仕様の紹介 –記録・再生・分析モード • 進捗 –ver. 1.1 の公開 –分析シートの開発 –分析用webアプリの開発
  4. 4. 研究の焦点 支援のあり方 学習のあり方 評価のあり方 測定のあり方
  5. 5. 単純に 情報量という観点
  6. 6. 2 4 6 8 10 0.20.40.60.81.0 Time %Words プロダクト Strong Son of God, immortal Love, Whom we, that have not seen thy face, By faith, and faith alone, embrace, Believing where we cannot prove; 時系列上の一点 (終点)における 情報に過ぎない
  7. 7. 2 4 6 8 10 0.20.40.60.81.0 Time %Words プロセス Strong Son of God, immortal Love, Whom we, that have not seen thy face, By faith, and faith alone, embrace, Believing where we cannot prove; ・プロダクトの累積 とも捉えられる ・系列上の遷移も対 象とする Strong Son of God, immortal Love, Whom we, that have not seen thy face, By faith, and faith alone, embrace, Believing where we cannot prove; Strong Son of God, immortal Love, Whom we, that have not seen thy face, By faith, and faith alone, embrace, Believing where we cannot prove; Strong Son of God, immortal Love, Whom we, that have not seen thy face, By faith, and faith alone, embrace, Believing where we cannot prove; Strong Son of God, immortal Love, Whom we, that have not seen thy face, By faith, and faith alone, embrace, Believing where we cannot prove; Strong Son of God, immortal Love, Whom we, that have not seen thy face, By faith, and faith alone, embrace, Believing where we canno prove; Strong Son of God, immortal Love, Whom we, that have not seen thy face, By faith, and faith alone, embrace, Believing where we cann prove; Strong Son of God, immortal Lov Whom we, that have not seen th face, By faith, and faith alone, embrace, Believing where we ca prove; Strong Son of God, immortal Lo Whom we, that have not seen face, By faith, and faith alone, embrace, Believing where we c prove; Strong Son of God, immortal Whom we, that have not see face, By faith, and faith alone embrace, Believing where we
  8. 8. 情報の「損失」 を防ぎたい
  9. 9. 背景 • キー入力記録システム –PCのキー入力を記録する手法 –心理言語学では伝統的な手法のひ とつだが,L2での研究例も近年 徐々に増えている (Matsuno et al., 2008; Miller, 2005; Miller, Lindgren, & Sullvan, 2008; New, 1999: Park & Kinginger, 2010; Sakaue & Sugiura, 2011; Sugiura & Ozeki, 1994; Sullvan & Lindgren, 2006; 尾関, 1993; 草薙・髙橋・菊池, 2012; 髙橋, 2012)
  10. 10. 背景 • プロセスの可視化 –語数の時系列推移を可視化する ことで,文章構成活動のサブプ ロセスを把握できる • 尾関(1993), Sugiura & Ozeki (1994)などの先駆的な研究 • 草薙・髙橋・菊池(2012)
  11. 11. 0 5 10 15 20 25 30 0.00.20.40.60.81.0 Time %Words
  12. 12. 0 5 10 15 20 25 30 0.00.20.40.60.81.0 Time %Words
  13. 13. 背景 • ポイント –学習者が普段は得られな い情報を得ることができ る –コンピュータを利用する ことでしか知り得ない
  14. 14. でも!
  15. 15. 分析が難しい? 手間がかかる? ツールがない? 実践的じゃない?
  16. 16. 分析が難しい? だれでも できればいいのに!
  17. 17. 手間がかかる? ある程度自動的に できたらいいのに!
  18. 18. ツールがない? 簡単な操作でできる 直感的なツールが 欲しい!
  19. 19. 実践的じゃない? 授業や自律学習で 使えたらいいのに!
  20. 20. 誰でも簡単に! 技術や知識 がなくても! 更に授業や自律学習に そのまま使える!
  21. 21. そんな ソフトウェアがあったら…
  22. 22. 開発 • ソフトウェアの開発 Hot Soup Processer 3.3で開発(約512 KB) Windows OS上で実行ファイルとして作動(.exe) ネットワーク通信を行わない その他の依存関係を持たない(ランタイム,dll等)
  23. 23. 開発 • Web Site –先日Ver. 1.1が公開されました! –資料やデモの動画も見れます! https://sites.google.com/site/ writingmetrix/
  24. 24. 開発 •三つの主な機能 –記録モード –再生モード –分析モード
  25. 25. 開発 • 記録モード –UIはテキストエディタ式 –プログラム上に打ち込んでいくこ とでキー入力をした時間や打鍵 キーを記録 –独自のファイル形式として(.klg) –もちろん最終的なエッセイの productも.txt形式で出力
  26. 26. 29
  27. 27. 30
  28. 28. 開発 • ファイル形式 – 拡張子.klg – 基本的にtxtファイルと同じタブ区切り構造 であるため,汎用性のある分析ができる 推敲マーク 記録時 課題開始時からの 絶対時間(ms) そこ時点までの プロダクト * 14:2:21:171 86718 T * 14:6:9:687 315234 Th * 14:6:9:906 315453 Thi @ 14:6:10:703 316250 Th
  29. 29. 32 書き込みが なされている部分
  30. 30. 33 削除されている部分
  31. 31. 開発 • 再生モード –.klgファイルを読み込み,動画再 生と同様の操作でライティングプ ロセスを実際に見ることができる • 一時停止・10ストローク・30スト ロークの早送り・巻き戻しが可能 –再生画面の文章はコピーが可能
  32. 32. 35
  33. 33. 開発 • 分析モード –.klgファイルを読み込み,語数の 時系列変化を図示 • 課題にかけた時間を50分割し,% 表示で各時点までの語数と推敲回 数をバーグラフで描画 –図示した結果は画像ファイル (.bmp)で保存
  34. 34. 37
  35. 35. デモ 動画
  36. 36. 進捗 • WMX ver. 1.1公開中! –リアルタイムの語数表示 –経過時間の表示 –その他諸機能を追加 –ライティング課題中に分析結果の図 示と統計指標の算出を行う機能を実 装したWMX ver. 2.0を公開予定
  37. 37. 進捗 • WMX分析シート公開 –Excelで.klgファイルの分析が行 えるシートを作成(川口・草薙, 2014) –WMXの公式サイト上で公開中 https://sites.google.com/site/ writingmetrix/ 42
  38. 38. 43 全選択して コピー
  39. 39. 44 このセルに貼り付け
  40. 40. 最終的な可視化の例 45 0 10 20 30 40 50 60 70 80 0 5 10 15 Words Time (min)
  41. 41. それもめんどう…
  42. 42. 進捗 • 分析用Webアプリの開発 –.klgファイルの中身を貼り付ける だけで語数の時系列推移を算出で きるWebアプリケーションを Shinyで開発予定 –自由度の高い可視化 –モデルフィッテイング機能
  43. 43. Webアプリの例 水本篤先生(関西大学)が開発したlangtest.jp
  44. 44. 0 5 10 15 20 25 30 0.00.20.40.60.81.0 Time %Words 可視化機能 モデルフィット機能
  45. 45. 引用文献 川口勇作・草薙邦広(2014)「WritingMaetriXによるライティングプロセス 研究の手引き―データの収集・表計算ソフトを援用した分析・今後の展望 ―」『外国語教育メディア学会中部支部外国語教育基礎研究部会2013年度 報告論集』, 43–52. 草薙邦広・高橋改太・菊池優希(2012)「キー入力記録システムを用いた英 語学習者のライティングプロセス分析―語数・推敲回数・正確さの時系列 推移―」『外国語教育メディア学会第52回全国研究大会要綱集』172–173. Matsuno, K., Murao, R., Morita, M., Sakaue, T., and Sugiura, M. (2010). Production units in English writing: A comparative study of writing fluency between native speakers and non-native speakers of English. in M.Hirakawa, et al. (Eds). Studies in Language Sciences, 9, 143- 159. Kuroshio Publishers. Miller, K. (2005). Second language writing research and pedagogy: A role for computer logging? Computers and Composition, 22, 297– 317.
  46. 46. 引用文献 Miller, K., Lindgren, E., & Sullivan, K. (2008). The psycholinguistic dimension in second language writing: Opportunities for research and pedagogy using computer keystroke logging. TESOL Quarterly, 42, 433–454. New, E. (1999). Computer–aided writing in French as a foreign language: A qualitative and quantitative look at the process of revision. The Modern Language Journal, 83, 80–97. 尾関修治(1993)「ハイパーメディアにおける学習履歴の記録とその利用」. 北尾他編『コンピュータ利用の外国語教育:CAIの動向と実践』(pp. 12- 23). 東京:英知社 Park, K., & Kinginger, C. (2010). Writing/thinking in real time: Digital video and corpus query analysis. Language Learning & Technology, 14, 31–50.
  47. 47. 引用文献 Sakaue, T. & Sugiura, M. (2011). A new learner corpus for SLA research: Dynamic Corpus of English Learners. Learner Corpus Research 2011,Louvain-la-Neuve, Belgium. Sugiura, M., & Ozeki, S. (1994). Introduction to HyperCard and Composition: HyperComp. In D. Kluge, J. Lundelius, S. McGuire, K. Nozawa, S. Ozeki, M. Sugiura, & M. Taylor (Eds.), The Proceedings of The National Conference on Computers and Composition 1993. Sullivan, K. P. H., & Lindgren, E. (2002). Self-assessment in autonomous computer-aided L2 writing. ELT Journal, 56, 258–266. 高橋改太(2012)「日本語を⺟語とする英語学習者のライティング・プロセ スにおける推敲とエッセイ評価の関係」名古屋大学大学院国際開発研究科. 修⼠論文.

×