Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ictsc4 サーバを支える技術

1,127 views

Published on

第4回 トラブルシューティングコンテスト( http://icttoracon.net/ )のLT大会で使ったスライドです!

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

ictsc4 サーバを支える技術

  1. 1. トラコンサーバを
 支える技術 2015/08/29 運営サーバチーム whywaita
  2. 2. 問題解答お疲れ様で した!!!!!!!!
  3. 3. 自己紹介 • 橘和板 (Tachibana Waita) • 電気通信大学 3年 • Dentoo.LT の中の人 • サーバ担当 • “Redmineの意図しない挙動の調査について”
 問題作成者
  4. 4. Redmine問題検証中
  5. 5. 「めっちゃ重い…」
  6. 6. 調査
  7. 7.
  8. 8. (´・ω・`)
  9. 9. 参加者の方から 頂いた意見
  10. 10. 「実行しました」
  11. 11. whywaitaが staybuzz(新入社員) を締めている写真 ※公開時削除
  12. 12. 🙇大変失礼致しました🙇
  13. 13. 本題
  14. 14. トラコンサーバを支える 技術たち
  15. 15. トラコンサーバ?
  16. 16. トラコンサーバ • Cisco UCS ラックサーバ x2 • その上に仮想ホスト約300台(Ubuntu, CentOS, VyOS, etc etc…) • 全てのサーバを設定する必要性が出てくる • しんどい
  17. 17. 300台のオペレーション?
  18. 18. 300台
 仮想ホスト
  19. 19. 300台
 仮想ホスト
  20. 20. したくない(´;ω;`)
  21. 21. 救世主
  22. 22. 動作フロー PUSH hook Test
  23. 23. 動作デモ(動画)
  24. 24. 300台にansibleを ザーッとかけている 動画 ※公開時削除
  25. 25. やった事 • 共通のパッケージインストール • 運営用パッケージインストール • Redmineのインストール • チーム毎にパスワード変えたり • 問題毎にホスト名変えたり • DHCPで降ってきたIPを固定 IPに変更したり • 踏み台サーバのセットアップ したり • 問題提出用にログを消したり • とある問題だけ設定変えたり
  26. 26. トラコンで
 ansible力がアップ
  27. 27. ありがとうございました

×