Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

グリーンズ編集学校@関西第四期 一回目

186 views

Published on

グリーンズ編集学校@関西第四期 一回目

Published in: Entertainment & Humor
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

グリーンズ編集学校@関西第四期 一回目

  1. 1. Welcome to グリーンズ編集学校 ようこそ!さっそくですが、みなさんに3つのお願いがあります。 ① 満員御礼! 席を詰めてお座りください。   名札に呼んでほしい名前を書いてください。 ②「スクール卒業後、どんな自分になっていたいか」を   なんとなく考えておいてください。 ③ ここにいるのは同じ興味をもった仲間です。   緊張もしますが、先に自己紹介してもOKです。
  2. 2. 19:20 オリエンテーション 19:25 チェックイン ∼ 仕事モードからスクールモードへ 19:30 講義「グリーンズが目指すものって?」&「企画のつくり方」 20:15 ワールドカフェ & 個人ワーク 21:30 チェックアウト ∼ 感じたことを周りの人と共有 21:45 終了 ∼ 今日の流れ ∼
  3. 3. Welcome to グリーンズ編集学校 最初に事務連絡です。 ① Facebookグループに参加 & 自己紹介を ② 残れる人はここで乾杯しましょう(毎回) ③ 懇親会の企画をどなたか!(大阪編、京都編など) ④ 日直(撮影&感想記入)にご協力ください◎
  4. 4. 聞く 帰る × ◎ 聞く 話す 気づく カタチにする グリーンズの学校の特徴 Welcome to グリーンズ編集学校
  5. 5. ①「わたし」を主語にして語ろう! 「<世の中>は ... 」はNGワード、経験談&主観Welcome! ② それぞれ違って当たり前。 「私の日常」は「他人のオドロキ」。違いを楽しもう! ③「今感じていること」を大切に。 仲間の言葉の奥にある意味、自分の心の奥にある声に耳を傾けよう ∼ 3つのマナー ∼ ソ ー シ ャ ル デ ザ イ ン で 大 切 に し た い こ と
  6. 6. 4/8 4/9 4/22 第3回 記事の書き方 5/20 第5回 トークイベントのつくり方 5/27 第6回 最終発表 ∼ 今後のスケジュール ∼ 第1回 ウェルカム & 企画のつくり方 第2回 インタビューのしかた 第4回 オンラインMTG
  7. 7. ∼ ゴール ∼ greenz.jpに掲載される 記事を書くこと
  8. 8. ∼ 卒業発表 ∼ 「マイ企画」の取材依頼書
  9. 9. チェックイン お名前/今日はどこから?/いまのきもちは?
  10. 10. チェックイン 何してる人?/どうしてここに?
  11. 11. グリーンズが目指すものって? Lecture
  12. 12. グリーンズとは
  13. 13. 強い思い 発見 & 驚き インパクト
  14. 14. 0 100000 200000 300000 400000 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 ユニークユーザ 3 4 万 人 !
  15. 15. ほ し い 未 来 は 、 つ く ろ う 。
  16. 16. 2006 「エコスゴイ未来がやってくる」 2007 「エコスゴイ未来がやってきた」 2008 (エコメディアじゃないってば宣言) 2009 「グッドアイデア厳選マガジン」 2010 (マイプロジェクト) 2011 (ソーシャルデザイン) 2012 (NPO法人グリーンズ) 2013 「ほしい未来は、つくろう」 2014 (greenz people) 2015 (新体制へ)
  17. 17. Q. グリーンズを始めたきっかけは?
  18. 18. グリーンズをはじめたきっかけ ✓ ネ ガ テ ィ ブ な ニ ュ ー ス よ り 、   解 決 策 を 紹 介 し た い ✓ 素 敵 な 未 来 を つ く る 人 た ち の 、   理 解 者 と し て 応 援 し た い 創 刊 は 2 0 0 6 年 7 月 1 6 日 で し た
  19. 19. Q. だれが読んでいるの?
  20. 20. ほしい未来を 自分の手でつくっている つくりたいと思っている あらゆる人
  21. 21. 楽しいことを真面目にやっている あらゆる人
  22. 22. 手応えと納得感を大事にしている あらゆる人
  23. 23. 孤軍奮闘している あらゆる人
  24. 24. 新しい時代の目利きとして
  25. 25. 企画のつくり方 Lecture
  26. 26. Q. そもそも編集とは?
  27. 27. 情報発信をきっかけに、ご縁を育てること
  28. 28. Q. マイ企画とは?
  29. 29. 他の誰にも真似できない自分だけの企画
  30. 30. 企画とは「秘密を明らかにすること」
  31. 31. 不思議なこと > 面白いこと
  32. 32. わたしの興味 みんなの興味
  33. 33. 下駄で痛い思いをさせたくない。 この道49年、鼻緒すげ職人・根岸俊吉さんが「東京花緒すげ名人会」に込めた思いとは ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ キャンプの数だけ仲間ができる! 自然体験を通じて人の居場所をつくる会社「僕らの家」 ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ 写真館で写真を撮ってみませんか? 昭和4年創業、三代つづく五反田の岡崎写真館に聞く「 地域あっての写真館 ということ」 ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ 肯定感は人と対話することから生まれる。 教育の未来をつくる「コアプラス」武田緑さんに聞く「自分をつくりなおす学び方」 ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ ご近所の あの人 が先生に! 地域と子どもが一緒に成長する 小中高大社一貫 の学び場「マチナカデミアすみだ」
  34. 34. 誰でも伝説を残せる村! 村通い の仕掛け人「利賀ゼミ」伊藤悠さんに聞く 「過疎集落・利賀村に若者が通い続けるワケ」 ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ 3年以内の目標は 日本一&代表選手を3人輩出すること ! 未来のなでしこジャパンを育てる「小美玉フットボールアカデミー」の挑戦 ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ 目が見えなくたって映画を楽しみたい! 誰でもいつでもどこでも、気軽に映画を楽しむための「音声解説」って知ってる? ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ ほしい未来のヒントは 発酵 にある!? 創業340年の蔵元「寺田本家」24代目・寺田優さんに聞く 「酒づくりとまちづくりの関係」とは ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ いつもの朝 を創造的に破壊する。 エクストリーム出社・天谷窓大さんに聞く「人生のブレイクスルー に出会うまで」
  35. 35. 私の子ども から 私たちの子どもたち へ。 逗子をまるごと使って3児を育てる小野寺愛さんに聞いた「 地域ぐるみの子育て のはじめ方」 ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ 大切なのは、環境よりも大人の振る舞い方。 93%が森林の町で実践する、子どもの力を引き出す 見守り保育 「森のようちえん まるたんぼう」 ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ 目に見える物より見えない価値を残したい。 工芸家・竹俣圭清さんが食堂「NUSHISAの台所」で実験する、食文化の伝え方 ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ 世界最小の建築で、エボラ出血熱の感染拡大を防ぐ。 「ZENKON-nex」齊藤正さんに聞く、成功するまでやり続けるということ ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ ゆるい移住 が増えれば、地域はもっとクリエイティブになる。 南房総金谷の地元企業「富洋観光開発」羽山篤さんに聞く、まちの魅力のつくり方
  36. 36. 私の子どもたちに、ふるさとを。 東京を拠点に、会津のリトルプレス「oraho」を発行する山本晶子さんに聞く、 離れているからできること ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ まちなかパフォーマンス で、いつもの風景を思い出の場所に! たまプラーザのまちを盛り 上げる林月子さんに聞く、 育ちあい のレシピ ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ 2015人で乾杯しよう! 「大阪を盛り上げたい!」から始まった「OSAKA盛り上げ隊」に聞く、 手作りの夏フェスとこれからのこと ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ 「ただいま∼」と子どもたちが笑顔で 帰る 場所。 100周年に向けて学童保育「Terakoya」をはじめた、コープこうべのこれから ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ 守り、伝えながら、新しくつくる。 暮らしを旅する「SATOYAMA EXPERIENCE」の白石達史さんに聞く、里山の引き継ぎ方
  37. 37. ほしいものをつくって生きる。 100軒の本屋と1対1の関係を育む出版社「夏葉社」島田潤一郎さんに聞く、 「ほしい」と「売れる」のつなぎかた ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ 田舎暮らしは理想を叶えてくれない!? 田舎で新しいライフスタイルを実践する安達鷹矢さんに聞く、 田舎暮らしの本音とは ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ 職能×社会問題×ワクワク=ど真ん中! 富山の「ど真ん中名刺プロジェクト」山科森さんに聞く、自分だけの天職の見つけ方 ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ 出来ないこと が魅力に変わる! クラウン(道化師)を育てる白井博之さんに聞く、自分らしく自由に生きるコツ ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ 自分の手で染める 藍染めの農作業服=「ノラふく」! 服飾デザイナー・あまづつみまなみさんに聞く、未来につなげたい衣(ころも)とは
  38. 38. 「前科持ちも出所者も、すべてを包み込むから餃子やねん」 出所者のセカンドチャンスを応援する居酒屋「新宿駆け込み餃子」 ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶ ̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶̶
  39. 39. 企画の種は「わたし」の内にある
  40. 40. いい企画の条件 = 必然性
  41. 41. 「⃝⃝といえばわたし」
  42. 42. ○○と○○をつなげられるのは 自分だけだから。
  43. 43. 頼まれなくても、やってしまうから。
  44. 44. 大変なときでも、続けられたから。
  45. 45. 何から始めたら?
  46. 46. ピンときたものを頼りにすべし
  47. 47. まずは greenz.jp を読んでみる STEP1
  48. 48. ピンときた理由を深めてみる STEP2
  49. 49. 会いたい人をリストアップする STEP3
  50. 50. ネタ探しの打率を上げる STEP4
  51. 51. 企画の種が見つかったら?
  52. 52. 言葉にしてみるべし
  53. 53. 明らかにしたいことを考える STEP1
  54. 54. 読者の読後感を考える STEP2
  55. 55. 人に話す STEP3
  56. 56. 取材依頼書を書く STEP4
  57. 57. マウナケアで考える
  58. 58. いまの仕事 ? みなさんの名前
  59. 59. クリエイティブ・ディレクター ? 兼松佳宏
  60. 60. 編集長 勉強家 兼松佳宏
  61. 61. 大学教員 勉強家 兼松佳宏
  62. 62. ? お父さん 兼松佳宏
  63. 63. 私塾! お父さん 兼 勉強家 兼松佳宏
  64. 64. わたしの仕事は、兼松佳宏です。
  65. 65. 「誰がここに?」を知る時間 Workshop
  66. 66. ワールドカフェとは? 「会議室で行われている会話ではなく、カフェの ような創造的でオープンな場で行われている対話 を通じて知恵とアイデアを生み出す」というコン セプトを持った、 対話のプロセス です。 アニータ・ブラウン氏とデイビッド・アイザックス氏のによって 1995年に誕生。世界中の様々な企業、組織、コミュニティで、組 織の活性化やコミュニティの形成、創造的な会議、また地域社会の 活性化や都市開発の分野で活用されています。 ∼ ワールドカフェ ∼ 最 近 は 本 当 に 参 加 で き る 機 会 が 増 え て き ま し た ね
  67. 67. ①「わたし」を主語にして語ろう! 「<世の中>は ... 」はNGワード、経験談&主観Welcome! ② それぞれ違って当たり前。 「私の日常」は「他人のオドロキ」。違いを楽しもう! ③「今感じていること」を大切に。 仲間の言葉の奥にある意味、自分の心の奥にある声に耳を傾けよう ∼ 3つのルール ∼ ソ ー シ ャ ル デ ザ イ ン で 大 切 に し た い こ と
  68. 68. 仕組み トーキングオブジェクト 互いの話を尊重するための道具です。 話をしたい人は、オブジェクトを手にしてください。 誰かがそれを持っているときは、 他の人は話をすることができません。 また、話し手も他の人が話せるように、 自分の話が終わったら、 一度テーブルの中央に戻してください。 ∼ ワールドカフェ ∼ 今 日 は ど れ ?
  69. 69. 仕組み グループ替え ラウンドが終わったら1人がテーブルに残り、 残りはバラバラに新しいテーブルに移動します。 残った参加者は、新たに来た参加者に いままでの話をざっくり共有してみてください。 また、移動した方は、前に参加した テーブルで生まれた気づきやアイデアを、 新しいテーブルに届けてください。 ∼ ワールドカフェ ∼ 今 ま で で 質 問 は あ り ま せ ん か ?
  70. 70. マイ企画、どうしよう?
  71. 71. スクールを卒業したときに、 どんな自分になっていたいですか?
  72. 72. ∼ 個人ワーク ∼ 教 科 書 の 最 初 の ペ ー ジ に は っ て お こ う ◎ 最終回を迎えたときに、 どんな自分になっていたい? を付箋に書いてみよう!
  73. 73. 宿題 Homework
  74. 74. Welcome to グリーンズ編集学校 4/15(金)22:00まで(オンライン) ・Google Docs で企画メモをつくる ・インタビューの練習をする相手をみつける
  75. 75. チェックアウト 振り返る時間

×