Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
a-blog cmsの

インポート機能を
使いこなす
Seiko Kuchida :: ウェビングスタジオ
2016.05.21(Sat)
口田 聖子(うぇびん)
Webエンジニア
CMSアドバイザー
エバンジェリストになりました
沖縄合宿を

お休みしたので
札幌から研究発表します
インポート機能、便利ですよね
a-blog cmsのインポート
• SQLインポート
•データの完全復元
• YAMLインポート
•コンフィグのみ
•エントリー含む
• CSVインポート
•エントリー
•ユーザー
• SQLインポート
•データの完全復元
•YAMLインポート
•コンフィグのみ
•エントリー含む
• CSVインポート
•エントリー
•ユーザー
a-blog cmsのインポート
今日の話題
YAMLの
インポートって
差分インポートが
できるって
知ってましたか?
差分インポートとは
インポートデータが一部のみの場合
既存サイトのデータは
その内容のみ更新される
編集設定のみ
書かれたYAML
全般設定
編集設定
モジュールID
差分インポートとは
既存サイトに同名のデータがない場合
新規追加される
モジュールID:2-2の
設定のみ書かれたYAML
ID:1
ID:2-2
ID:2
ID:3
使いこなすとこうなる!ハズ
• 過去案件の設定を部分的に使い回し
• 編集設定を利用したいCSSフレームワークに

一瞬で対応させる
• よく使うモジュールIDだけをパッケージ化
管理画面のフォームから

都度入力する手間が省ける
膨大なYAMLから
どうやって
必要なデータだけ
抜き出せばいいのか
コンフィグの
リセットを
使うといいですよ
アップルップル
山本さん
コンフィグのリセットとは
• 新規インストール・子ブログ追加のときは

Site・Blogテーマの標準データが

自動インポートされる
• しかし

ブログのコンフィグをリセットすると

データがない状態となる
データがない状態のときは
/pr...
データがない状態だと
• まったく管理ページを更新していない状態で

エクスポート

▶ YAMLファイルがほぼ空
• 管理ページのどれかを一度でも更新して

エクスポート

▶ 更新したYAMLデータだけが追加される
ブログのエクスポートの場...
ということは…
• 子ブログを作る
• コンフィグをリセット
• 今後、使いたい設定だけ更新
• YAMLデータをエクスポート
この手順で差分データを作れる!
おおぉ
実例 ❶
「コンフィグ」内の設定の場合
新規子ブログを作る
コンフィグリセット
ユニットグループだけ更新
コンフィグをエクスポート
YAMLファイルを見ると…
「unit_group」の
設定だけ
抜き出せば
差分データが完成
差分データのテスト
• 編集設定を適当に変更する
•テキストタグの設定に「ああああ」を入れたり
•ユニットグループのクラス名に「abc」を入れたり
• 差分データをコンフィグからインポートする
• ユニットグループだけが正しいデータに

更新さ...
実例 ❷
「コンフィグ」以外の設定の場合
新規子ブログを作る
コンフィグリセット
モジュールIDをひとつだけ追加
ブログのエクスポート
YAMLファイルを見ると…
モジュールID関連の
設定だけ

抜き出せば
差分データが完成
差分データのテスト
• 差分データを /mente/bin/ に入れる
• 新規ブログを作り、メンテナンスモードから

「Site2015」をインポートする
• 続いて、差分データをインポートする
• Site2015のモジュールIDの一覧に
...
余談
YAMLファイルの構造は
データベース構造と
全く同じです
データベースの知識があれば

YAMLを参考に

SQLでもっと便利な
一括変更も可能です
enjoy
a-blog cms!
ありがとうございました
http://webbingstudio.com/
a-blog cmsのインポート機能を使いこなす
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

a-blog cmsのインポート機能を使いこなす

577 views

Published on

a-blog cmsの「インポート機能」で差分インポートデータを作成する手順です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

a-blog cmsのインポート機能を使いこなす

  1. 1. a-blog cmsの
 インポート機能を 使いこなす Seiko Kuchida :: ウェビングスタジオ 2016.05.21(Sat)
  2. 2. 口田 聖子(うぇびん) Webエンジニア CMSアドバイザー
  3. 3. エバンジェリストになりました
  4. 4. 沖縄合宿を
 お休みしたので 札幌から研究発表します
  5. 5. インポート機能、便利ですよね
  6. 6. a-blog cmsのインポート • SQLインポート •データの完全復元 • YAMLインポート •コンフィグのみ •エントリー含む • CSVインポート •エントリー •ユーザー
  7. 7. • SQLインポート •データの完全復元 •YAMLインポート •コンフィグのみ •エントリー含む • CSVインポート •エントリー •ユーザー a-blog cmsのインポート 今日の話題
  8. 8. YAMLの インポートって
  9. 9. 差分インポートが できるって 知ってましたか?
  10. 10. 差分インポートとは インポートデータが一部のみの場合 既存サイトのデータは その内容のみ更新される 編集設定のみ 書かれたYAML 全般設定 編集設定 モジュールID
  11. 11. 差分インポートとは 既存サイトに同名のデータがない場合 新規追加される モジュールID:2-2の 設定のみ書かれたYAML ID:1 ID:2-2 ID:2 ID:3
  12. 12. 使いこなすとこうなる!ハズ • 過去案件の設定を部分的に使い回し • 編集設定を利用したいCSSフレームワークに
 一瞬で対応させる • よく使うモジュールIDだけをパッケージ化 管理画面のフォームから
 都度入力する手間が省ける
  13. 13. 膨大なYAMLから どうやって 必要なデータだけ 抜き出せばいいのか
  14. 14. コンフィグの リセットを 使うといいですよ アップルップル 山本さん
  15. 15. コンフィグのリセットとは • 新規インストール・子ブログ追加のときは
 Site・Blogテーマの標準データが
 自動インポートされる • しかし
 ブログのコンフィグをリセットすると
 データがない状態となる データがない状態のときは /private/config.system.yaml に書かれた設定を参照しています
  16. 16. データがない状態だと • まったく管理ページを更新していない状態で
 エクスポート
 ▶ YAMLファイルがほぼ空 • 管理ページのどれかを一度でも更新して
 エクスポート
 ▶ 更新したYAMLデータだけが追加される ブログのエクスポートの場合は、完全に空ではなく
 レイアウトブロックに必要な、最低限のデータだけは残っています 数十行くらいなので簡単に除去できます
  17. 17. ということは… • 子ブログを作る • コンフィグをリセット • 今後、使いたい設定だけ更新 • YAMLデータをエクスポート この手順で差分データを作れる! おおぉ
  18. 18. 実例 ❶ 「コンフィグ」内の設定の場合
  19. 19. 新規子ブログを作る
  20. 20. コンフィグリセット
  21. 21. ユニットグループだけ更新
  22. 22. コンフィグをエクスポート
  23. 23. YAMLファイルを見ると…
  24. 24. 「unit_group」の 設定だけ 抜き出せば 差分データが完成
  25. 25. 差分データのテスト • 編集設定を適当に変更する •テキストタグの設定に「ああああ」を入れたり •ユニットグループのクラス名に「abc」を入れたり • 差分データをコンフィグからインポートする • ユニットグループだけが正しいデータに
 更新されれば成功
  26. 26. 実例 ❷ 「コンフィグ」以外の設定の場合
  27. 27. 新規子ブログを作る
  28. 28. コンフィグリセット
  29. 29. モジュールIDをひとつだけ追加
  30. 30. ブログのエクスポート
  31. 31. YAMLファイルを見ると…
  32. 32. モジュールID関連の 設定だけ
 抜き出せば 差分データが完成
  33. 33. 差分データのテスト • 差分データを /mente/bin/ に入れる • 新規ブログを作り、メンテナンスモードから
 「Site2015」をインポートする • 続いて、差分データをインポートする • Site2015のモジュールIDの一覧に
 新しいモジュールIDが追加されていれば成功
  34. 34. 余談
  35. 35. YAMLファイルの構造は データベース構造と 全く同じです
  36. 36. データベースの知識があれば
 YAMLを参考に
 SQLでもっと便利な 一括変更も可能です
  37. 37. enjoy a-blog cms!
  38. 38. ありがとうございました http://webbingstudio.com/

×