Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

WebGISやデータ公開について

585 views

Published on

地形情報利用シンポジウムの発表資料です

Published in: Science
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

WebGISやデータ公開について

  1. 1. 「農研機構」は国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構のコミュニケーションネームです。 地形情報利用シンポジウム ~自治体森林系GISにおける地形情報の先進的利用例から~ WebGISやデータ公開について 農研機構農業環境変動センター OSGeo財団日本支部 岩崎 亘典
  2. 2. 地形情報利用シンポジウム 2018/01/17 #この発言は個人の見解であり 所属する組織の公式見解ではありません #この発言は技術的正当性を 保証するものではありません #この発言は多分に 個人の趣味です 2
  3. 3. /8 まず結論! • サーバー・クライアント型のWebGISは厳しい • これからはタイル+クライアントでは? – WebGIS時代のGIS • ブラウザーじゃなくDesktopもその方向を目指すべき • 検討点 – クラウド系の立ち位置は? • デスクトップをクラウドに持っていく発想ではダメだ と思う. – Googleマップ・Earthが成功した理由は? • 「データ」と「シンプル」さが重要.多機能は必要 か? 3WebGISやデータ公開について
  4. 4. /8 WebとDesktopGISの違い • DesktopはPCで,Webはサーバー上で処理 – Desktopはダウンロードして処理,Webは処 理結果を表示 4WebGISやデータ公開について ダウンロード 色々処理 データ 読み込み DesktopGISのデータフロー ←インターネット ローカル環境→ リクエスト 色々処理 データ表示 データ 出力 WebGISのデータフロー データ登録
  5. 5. /8 WebGISの短所と改良 • リクエストに対する処理に時間がかかる – タイルという形でキャッシュ • 処理が早く個人でもホスト可能 5WebGISやデータ公開について リクエスト 色々処理 データ表示 データ 出力 ←インターネット ローカル環境→ データ登録 WebGISサーバーあり リクエスト 出力 データ タイル化と登録 WebGISサーバー無し
  6. 6. /8 WebGISのさらなる進歩 • バイナリベクタの登場,APIによる連携,クラ イアント処理の高度化,etc… – 落合さん,松澤さんのご発表を参照 6WebGISやデータ公開について ←インターネット ローカル環境→ リクエスト 出力 タイル化と登録 APIによる連携 複数のサーバーへの リクエスト
  7. 7. /8 まとめ • サーバー・クライアント型のWebGISは厳しい – 処理速度,システム管理に問題 • 地図タイルの普及による相互運用性の拡大 – “WebGIS時代のGIS” • Desktopもその方向を目指すべき • 検討点 – クラウド系の立ち位置は? • たとえば,Cartoなど – デスクトップをクラウドに持っていく発想ではダメ? – Googleマップ・Earthが成功した理由は? • 「データ」と「シンプル」さでは?多機能は必要? 7WebGISやデータ公開について
  8. 8. /8 まとめ • サーバー・クライアント型のWebGISは厳しい – 処理速度,システム管理に問題 • 地図タイルの普及による相互運用性の拡大 – “WebGIS時代のGIS” • Desktopもその方向を目指すべき – こんな風な棲み分け? 8WebGISやデータ公開について ←インターネット ローカル環境→ 地図タイル クラウド系 WebGIS Webより DesktopGIS Desktop GIS タイル作成が難しい 場合等に利用? ブラウザ系 WebGIS 一般向けの本丸公開データ あまりない 高度な分析向け
  9. 9. /8 ちなみに • 公開するならタイルにしよう!!!! – https://www.slideshare.net/wata909/ss-84444906 9WebGISやデータ公開について
  10. 10. /8 ファイルベースのデータの欠点 • データが可視化されていない、使いたいデータ なのかどうか不明 • ファイル形式や座標系変換、データの結合、切 り出しなどの準備が必要 10WebGISやデータ公開について
  11. 11. /8 ファイルベースのデータの欠点→地図タイル形式の利点 • データが可視化されていない、使いたいデータ なのかどうか不明 閲覧用データなので可視化されている 用途に合うかどうか確認できる • ファイル形式や座標系変換、データの結合、切 り出しなどの準備が必要 座標系が統一されている、形式変換も容易 JPG、PNG、GeoJSONなどWebフレンドリー {z}/{x}/{y}を指定すれば、必要なデータが 入手できる ただし,原点に注意は必要 11WebGISやデータ公開について
  12. 12. /8 地図タイルへの期待 • バイナリベクトルタイルもQGISでデータを取得、表示できるようになってきました。 ベクトルタイルは、データそのものなので、編集も着色も自由にできます。WebGIS 用と思われているベクトルタイルですが、その恩恵はデスクトップGISにもありそう です。バイナリベクトルタイルの普及が進んで、県ごとのshpファイルを別々にダウ ンロードして、解凍して、結合してみたいな面倒なことをしなくて済むようになる と良いですね;-) • RでGISをするときに、色々なデータをネット経由で簡単に取得できると良いなーと 思います。ベクトルタイルの普及が進めば、それが可能になるかもしれません。 – http://d.hatena.ne.jp/tmizu23/20171209/1512787590 – http://d.hatena.ne.jp/tmizu23/20171216/1513379233 12WebGISやデータ公開について

×