Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
1 
オープンソースのGISソフトウェア 
QGISセミナー 
~QGISの使い方・基礎編~ 
Ver. 2.4版 
OSGeo財団日本支部
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
2 
本セミナーの目標 
● GISの基本的な使い方を覚えてもらうのが目標 
● 午前中はGISの基礎的な概念と、表示や凡例といっ 
た操作方法 
● 午後は画像の幾何補正や印刷方法 
...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
3 
今回使用する資料について 
● 使用する資料やデータ、ソフトは、配布したDVD 
に同じものが入っています。 
● QGIS本体も入っています。再配布可能です。 
– DVDにはそ...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
4 
午前中の内容 
● GISとは? 
● GISの概要とFOSS4G、OSGeo、QGISについて 
● GISデータに関する基礎知識 
● データの形式と測地系・座標系について 
...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
5 
GISとは?
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
6 
GISとは 
● 地理情報システム(Geographic Information 
System)の頭文字をとったもの 
● 昔は「システム」であった 
– 1967年のカナディア...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
7 
「地図」と「地理空間情報」の違い 
● 地理空間情報 → デジタル化された位置情報 
● 地図 → 地理空間情報から作られたもの 
● GIS → 地理空間情報や地図を処理するため...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
8 
GISの機能 
● 地理空間情報の作成・編集、表示、分析、公開
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
9 
研究や業務でのGIS利用の問題点 
● ソフトが高い 
● 操作が難しい 
以上の二点が大きなハードル
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
10 
FOSS4Gとは? 
● Free and Open Source Software for Geospatial 
と呼ばれるソフトウェア、略してFOSS4G 
● 「自由」に...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
11 
FOSS4Gの利用促進と普及 
● 普及と利用の促進を図るべくOSGeoという組織が 
ある 
● http://www.osgeo.org 
● OSGeo.JPという日本支部...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
12 
OSGeo.JPについて 
● メーリングリストによる広報や意見交換 
● OSGeoJapan-announce 
– http://lists.osgeo.org/mailm...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
13 
QGISについて 
● QGISもFOSS4Gの一つ(http://www.qgis.org/)
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
14 
QGISの特徴 
● グラフィカルなユーザーインターフェイス(GUI)
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
15 
QGISの特徴 
● マルチプラットフォーム 
● Windows, Mac, Linux
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
16 
多彩な機能 
● プラグインによる機能強化 
● GRASSやRなど他のソフトとの連携
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
17 
活発な開発 
● Ver. 0.1 'Moroz' 2004/02/24 
● Version 0.2 ‘Pumpkin’ 2004/04/25 Version 0.3 ‘Mad...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
18 
ユーザーによる情報発信 
● 日本でも多くのユーザーが利用 
● それぞれが独自に情報発信されている 
QGIS学習ノート 
http://na-mii.com/gis/qgis...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
19 
中級者向け 
森林土木memo 
http://koutochas.seesaa.net/ 
QGIS Dufour でレンダリング 
http://d.hatena.ne.jp...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
20 
上級者向け 
QGISとか 
http://waigani.hatenablog.jp/archive/category/QGIS 
月の杜工房・QGIS豆知識 
http://...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
21 
QGIS日本語化プロジェクト 
● GUIの日本語化はほぼ完了 
● 文部科学省のプロジェクトと 
しても実施中 
– FOSS4Gを活用した衛星 
データ利用のためのオープ 
...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
22 
GISの基礎知識 
作業手順とデータ形式
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
23 
GISに関する基礎知識 
● GISでデータを扱うにあたっては、いくつかの基 
本的概念や知識が必要 
● GISのワークフロー 
● 地理空間情報のモデル化の概念 
● GIS...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
24 
GISのワークフロー 
● GISの標準的な作業手順は以下の通り 
● まず目的を明確に 
データの準備 
自分で作成 
公開データを収集 
分析の下準備 
データの確認 
座標...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
25 
データの準備 
自分で作成 
公開データを収集 
分析の下準備 
データの確認 
座標系変換 
形式変換 
データ分析 
各種分析の実施 
結果の確認 
前に戻る 
結果の可視化...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
26 
地理空間情報のモデル化 
● 実空間は様々な事象の集合体である 
● 現実に存在するもの 
– 道路、建物、etc... 
● 現実に存在しないもの 
– 行政界、土地利用・所有...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
27 
The National Mapの場合 
● The National Map:USGSのGISデータ 
● 以下の7つのレイヤからなる 
– オルソ画像、標高、交通網、 
地名...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
28 
地理空間情報のモデル化 
実際の作業 
モデル化の方法を決定 
地名境界土地被覆 
交通網水文構造物 
オルソ画像標高 
モデル化対象の選択 
現実空間 
データ形状 
(点・面...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
29 
モデル化の基準の違い 
● ”ベクタデータ”であっても異なるデータとなる 
● 国土数値情報と植生図の違い 
○国土数値情報 
形状は四角いメッシュ 
植生は単一分類、住宅地 
...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
30 
モデル化の基準の違い 
● 基盤地図情報とOpenStreetMapの違い 
● 目的に合ったデータの選択が必要 
○基盤地図情報 
 精度は統一 
 道路は縁のみ 
 属性は無...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
31 
GISデータの形式 
● 代表的なデータ形式 
● ラスタ形式 
● ベクタ形式 
– この二つはデータの“表現方法”が違う 
● 最近では「Webデータ配信」も普及 
● これ...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
32 
データの“表現方法” 
● データを記述するための“単位”の違い 
● ラスタ形式は“セルの塗りつぶし”として表現 
– “セル”とは四角形の格子。 
● for ex. デジカ...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
33 
「橋」を表す場合 
ベクタ形式では,始点と終点,それ 
をつなぐ線として記述される 
ラスタ形式では,データの有無とし 
て記録される
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
34 
「水田」を表す場合 
ベクタ形式では点と線でかこまれ 
た“ポリゴン”として表現される 
ラスタ形式ではセルに記録された 
値により表現される 
2 2 2 
1 
2 2 2 ...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
35 
属性の表し方が異なる 
ベクタ形式では別に表が用意され、 
そこに属性が記録される 
ラスタ形式では記録されている値自 
体が属性になる 
2 
1 
ID 
属性 
1 
水田...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
36 
それに伴う特徴 
2 
1 
2 2 2 
1 
2 2 2 
2 2 2 2 2 2 
2 
2 
1 1 
2 
2 
2 
1 1 1 
2 
2 
1 
1 1 1 
2...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
37 
どちらのデータ形式を選ぶべき? 
● 複数の属性をもてるベクタ形式の方が良い? 
● そう単純ではない 
– データのサイズ、作成方法など 
● 用途と目的により使い分ける事が必...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
38 
GISデータの「構造」と「表現」 
● ベクタ形式 
● 多くの場合、構造つまり”形”についての情報だけで 
表現、つまり”色”に関する情報は持っていない 
– ソフトで表現を指...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
39 
Webデータ配信 
● データの“形式”ではなく“ある場所”が違う 
● インターネットを利用してデータを提供 
– これまではPCにファイルとして保存 
● 形式はラスタ形式も...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
40 
測地系・座標系について 
● GISデータは位置情報を持っている 
● それを記述するルールが「測地系」と「座標系」 
● GISデータの処理をおこなう場合、同じ測地系・ 
座標...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
41 
測地系と座標系 
● 測地系 
● 地球上の特定の位置を表現する際の基準のセット 
– 「ものさし」の定義(観測や実験条件の定義) 
– 準拠楕円体、測地座標系、ジオイド面 
●...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
42 
図法による歪み 
● メルカトル図法だと左図の様に高緯度と低緯度で 
面積が違う 
● UTM図法だと面積は同じだが、端の方で歪む 
日本地図センター地図のQ&Aより
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
43 
緯度経度とUTMの使い分け 
● 緯度経度座標系 
→主に表示に使う場合 
● 単位が「度」なので距離・面積の評価には不向き 
– 日本全国等の広範囲の表示には適する 
● UT...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
44 
どのようなデータが多い? 
日本地図センター地図のQ&Aより 
http://www.jmc.or.jp/faq/map2.html 
● 公表されているデータ 
● 測地系は世...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
45 
QGISのインストール
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
46 
使用するバージョン 
● QGISのVersion 2.4 32bit版を使用 
● 64it版もあるがプラグインが動かない場合も 
– 並存も可能です
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
47 
インストール 
● 配布したDVDの中の「QGIS-OSGeo4W-2.4.0-1- 
Setup-x86.exe」をデスクトップにコピー 
● ダブルクリックをして実行 
– ...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
48
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
49 
インストールの完了 
● 以下の画面が出たら完了 
● アイコンをダブルクリック起動確認
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
50 
QGISの 
操作方法について 
データの表示とGUIの使い方
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
51 
GISとデータ 
● GISはデータがないと何もできない 
● データの作成は重要だが時間がかかる 
– 調査や分析が容易でないのと同じ 
● 共通に用いられる基礎的なGISデー...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
52 
今回使用するデータ 
● 「地球地図日本」を利用してQGISの基本的使用方 
法を説明 
– http://www.gsi.go.jp/kankyochiri/gm_jpn.ht...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
53 
使用するデータ 
● 地球地図日本のデータ 
● http://www.gsi.go.jp/kankyochiri/gm_jpn.html
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
54 
Natural EarthとSRTM 
● Natural Earth 
http://www.naturalearthdata.com/ 
● SRTM 
http://www...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
55 
ダウンロードアドレス 
● Natural Earth 
● http://www.naturalearthdata.com/downloads/10 
m-raster-dat...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
56 
QGISを起動 
メニュー 
レイヤ表示領域 
各種情報 
ツールバー
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
57 
画面の説明 
● メニュー 
● 表示するファイルの選択や,表示、編集など 
● ツールバー 
● メニューをアイコン表示 
● レイヤ 
● 右側の表示領域に表示されているデー...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
58 
ツールバー 
● よく使うメニューを表示 
● 右クリックで表示するものを選択できる 
● 移動させて、順序も変えられる 
● 使わないものは消して表示領域を大きく
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
59 
座標系に関する設定 
● GISデータは位置情報を持っている 
● ただし、位置情報があっても測地系・座標系に関す 
る情報が無い場合がある 
● そうしたデータを開くときのルー...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
60
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
61 
データの表示 
● 実際にデータを表示してみる 
● ラスタデータとベクタデータの表示 
– 細かいところでは違いますが、大きくは同じ 
– 手順は同じ、描画の指定が異なる
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
62 
ラスタデータの表示 
● データを表示させる場合「レイヤの追加」を使う 
– 「ファイルを開く」ではない 
● レイヤ→ラスタレイヤの追加・・・をクリック 
● 「ラスタレイヤの...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
63 
データの表示,続き 
● 「GDALがサポートするラスタデータソースを開 
く」ダイアログから,「GIS_DATA」→  
「AFFRIT_GIS」→「Japan」フォルダを選択...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
64 
ラスタデータの表示,続き 
● 「空間参照システム選択」が出てくるので, 
「WGS 84」になっているのを確認して「OK」 
● 日本の標高データが表示される
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
65 
地図の表示と拡大・縮小・移動 
● レイヤのチェックマークをクリックすると、表示の 
ON/OFFを変えられる 
● メニューバーの虫眼鏡マークや手のマークで地図の拡 
大・縮小...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
66
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
67 
プロジェクト、ファイル、レイヤについて 
● 「ラスタレイヤ」を追加 
● 選択したのは「ファイル」 
● 多くのGISソフトでは表示された「ファイル」を 
「レイヤ」と呼んで管...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
68 
表示の細かい説明 
● 左から順番に 
– パンとズーム(タッチパネルで利用) 
– 表示されている地図の移動 
– 選択したデータを中心に表示 
– クリック(またはドラック)...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
69 
表示の調整 
● レイヤから表示を変えることができる 
● 一番上がレイヤ全体を表示 
● 三番目が最適倍率に表示 
– 一番きれいに見える倍率ということ 
● 「削除」はファイ...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
70 
属性の表示 
● 矢印に「i」がついたアイコンをクリック 
● 表示領域にマウスを持っていくと矢印に「i」がつ 
いた状態になり、ここで地図をクリック 
● クリックされた場所の...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
71 
レイヤのプロパティ 
● レイヤー上で右クリック→「プロパティ」を選択 
● レイヤの表示方法の変更や情報の確認に使用 
– よくつかいます!
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
72 
スタイル 
● 表示方法についての設定 
● ラスタの場合 
– マルチバンドカラー 
– パレットカラー 
– 単バンドグレー 
– 単バンド疑似カラー
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
73 
パレットカラー 
● ラスタデータの値毎に色を設定する方法 
● el256.tifはこの方法 
– 元のファイルに色情報が保存されている
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
74 
GTOPO30を追加 
● 「ラスタレイヤの追加」から 
「SRTM_GTOPO30.tif」を選択 
● 「プロパティ」からシンボルを確認
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
75 
単バンドグレー 
● レンダータイプが「単バンドグレー」 
● 値の情報だけで色の情報を持っていない 
– DEM、単バンドの衛星データなどはこれが多い
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
76 
透過性の選択 
● レイヤ全体の透過性を設定できる 
● 下のレイヤも見ることができる
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
77 
Natural Earthを追加 
● 「ラスタレイヤの追加」から「NaturalEarth.tif」 
を選択 
● 「プロパティ」からスタイルを確認
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
78 
マルチバンドカラー 
● レンダータイプが「マルチバンドカラー」 
● RGBの3バンド、デジカメ等の画像と同じ 
– 値を色情報(強度)として使用 
● スキャンした地図、マル...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
79 
表示順序の変更 
● レイヤの部分で表示順序を変えられる 
● 新規に追加されたレイヤは”選択レイヤの上位”に表 
示される
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
80 
レイヤの削除 
● 各レイヤの上で右クリック、「削除」を選択する 
と表示しているレイヤから消すことが出来ます 
● GTOPO30とNaturalEarthを削除して下さい 
...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
81 
ベクタデータの追加 その1 
● 今度はベクタ形式 
● レイヤ→ベクタレイヤの追加をクリック 
● または,「ベクタレイヤの追加」のアイコンをク 
リック 
– ショートカット...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
82 
ベクタデータの追加 その2 
● 「ベクタレイヤの追加」が表示されるので、ソー 
スタイプが「ファイル」、エンコーディングが 
「System」になっているのを確認し、 ソースの...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
83 
ベクタデータの追加 その3 
● 「OGRのサポートするベクタレイヤを開く」が表 
示されるので「AFFRIT_GIS」→「Japan」フォ 
ルダを選択 
● ファイルの種類を...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
84 
ベクタデータの追加 その4 
● ベクタレイヤの追加に戻るので「開く」をクリッ 
ク 
● ベクタレイヤーが表示されます。 
– 例えば茨城県周辺を拡大
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
85 
属性を知りたい場合 
● 矢印に「i」がついたアイコンをクリック 
● 地図上でクリック 
● クリックしたポリゴンの情報が表示 
– ここでは都道府県名や市町村名、そして面積
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
86 
凡例を変える その1 
● レイヤの bnda_1_1 の上で右クリック,「プロパ 
ティ」 をクリック 
● レイヤプロパティの「スタイル」を選択
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
87 
凡例を変える その2 
● 「色」の「塗りつぶし」をクリック 
● 「色選択」が出るので,好みの色を選択 
● 「OK」、「OK」で地図の色が変わる
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
88 
属性ごとに表示を変える 
● 属性ごとに色を変えることも可能 
● レイヤのbnda_1_1の上で右クリック,「プロパ 
ティ」をクリック 
● レイヤプロパティの「スタイル」を...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
89 
属性ごとに表示を変える 
● 「分類された」を選択、「カラム」で「nam」を 
選択し、「分類」をクリック 
● nam(都道府県名)毎に色が変わる
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
90 
属性ごとに表示を変える 
● OKをクリックし、表示を確認 
● 都道府県毎に凡例が変わっている
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
91 
表示の調節 
● 「スタイル」の「レイヤ透過性」を調整 
● 表示するレイヤーの透明度を変更 
– 下図は50%表示の場合。
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
92 
表示の調節 
● 項目毎に,凡例を変えることもできます。 
● 「スタイル」の都道府県名で「IBARAKI」を右ク 
リック 
● 「色変更」を選択 
● 好きな色をクリックして...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
93 
表示の調節 
● スタイルタブで「透過率」を0に戻しOKをクリッ 
ク 
● 茨城県の色が変わります。
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
94 
「プロジェクト」とは? 
● GISソフト上では表示するレイヤ、倍率、凡例等 
を変えることができる 
● 毎回同じように設定するのは手間 
● 表示されている状態を保存する 
...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
95 
プロジェクトの保存 その1 
● 「プロジェクト」の「名前をつけて保存」を選択 
● 「AFFRIT_GIS」フォルダを選択し、 
「JAPAN_GIS」と入力、「保存」をクリッ...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
96 
プロジェクトの保存 その2 
● 一度QGISを終了してから再起動 
● 「プロジェクト」の「最近利用したプロジェク 
ト」から「JAPAN_GIS.qgs」をクリック 
● 保...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
97 
注意事項 
● 日本語のファイル名、フォルダ名は避ける 
● 二バイト文字の扱いが十分じゃない場合もある 
● データを利用する場合、座標系を確認 
● 位置参照系の設定をデフォ...
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
98 
おつかれさまでした 
午前中はここまでです 
ご意見,ご質問をお願いします
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
99 
参考資料 
地球地図データの 
ダウンロード方法
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
100 
地球地図サイト 
● 地球地図日本のデータ 
● http://www.gsi.go.jp/kankyochiri/gm_jpn.html
 OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 
101 
ダウンロードするには 
● 「地球地図データのダウンロード」をクリック 
● ダウンロードしたいデータをクリック 
– ShapeまたはTIFF形式でDLしてください
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

QGISセミナー初級・基礎編(V2.4)

26,210 views

Published on

QGISセミナー初級(前半) 基礎編編(V2.4)

Published in: Education, Technology

QGISセミナー初級・基礎編(V2.4)

  1. 1.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 1 オープンソースのGISソフトウェア QGISセミナー ~QGISの使い方・基礎編~ Ver. 2.4版 OSGeo財団日本支部
  2. 2.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 2 本セミナーの目標 ● GISの基本的な使い方を覚えてもらうのが目標 ● 午前中はGISの基礎的な概念と、表示や凡例といっ た操作方法 ● 午後は画像の幾何補正や印刷方法 ● 分からないことや操作が不明なときは、遠慮せず にご質問下さい ● それが一番スムーズに進みます
  3. 3.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 3 今回使用する資料について ● 使用する資料やデータ、ソフトは、配布したDVD に同じものが入っています。 ● QGIS本体も入っています。再配布可能です。 – DVDにはその他参考資料も入っています ● 本資料の利用は、Creative Commonsの「表示 2.1 日本」でお願いします ● 出典を明示すればどのように使ってもOKです。 – http://creativecommons.org/licenses/by-nc/2.1/jp/
  4. 4.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 4 午前中の内容 ● GISとは? ● GISの概要とFOSS4G、OSGeo、QGISについて ● GISデータに関する基礎知識 ● データの形式と測地系・座標系について ● QGISのインストール ● QGISの基本的操作方法 ● データの表示とGUIの使用方法 ● 参考資料 ● 地球地図データのダウンロード方法
  5. 5.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 5 GISとは?
  6. 6.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 6 GISとは ● 地理情報システム(Geographic Information System)の頭文字をとったもの ● 昔は「システム」であった – 1967年のカナディアンGISが初めといわれている 古い時代のGIS ● デジタル化した「地理空間情報」を扱うソフト http://www.soil-net.com/dev/page.cfm?pageid=casestudies_gis&loginas=anon_casestudies
  7. 7.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 7 「地図」と「地理空間情報」の違い ● 地理空間情報 → デジタル化された位置情報 ● 地図 → 地理空間情報から作られたもの ● GIS → 地理空間情報や地図を処理するためのシステム 地理空間情報 地図
  8. 8.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 8 GISの機能 ● 地理空間情報の作成・編集、表示、分析、公開
  9. 9.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 9 研究や業務でのGIS利用の問題点 ● ソフトが高い ● 操作が難しい 以上の二点が大きなハードル
  10. 10.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 10 FOSS4Gとは? ● Free and Open Source Software for Geospatial と呼ばれるソフトウェア、略してFOSS4G ● 「自由」に利用できるGISソフトウェアのこと – 自由に入手・改良・再配布ができます。 – コピーして渡してもいい – 機能が足りない場合は改良してもよい ● いわゆる「無料」のソフトはできない ● 同じ名前の会議もある – 国際会議、国内会議ともに
  11. 11.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 11 FOSS4Gの利用促進と普及 ● 普及と利用の促進を図るべくOSGeoという組織が ある ● http://www.osgeo.org ● OSGeo.JPという日本支部もあります。 ● http://www.osgeo.jp
  12. 12.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 12 OSGeo.JPについて ● メーリングリストによる広報や意見交換 ● OSGeoJapan-announce – http://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-announce ● OSGeoJapan-discuss – http://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss ● 質問などはこちらにどうぞ ● 会員も募集しています ● http://www.osgeo.jp/about/support/ ● FOSS4G Tokyo/Osaka/Hokkaidoイベントの開催 ● 10/25~27(Osaka)、10/31~11/2(Tokyo)
  13. 13.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 13 QGISについて ● QGISもFOSS4Gの一つ(http://www.qgis.org/)
  14. 14.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 14 QGISの特徴 ● グラフィカルなユーザーインターフェイス(GUI)
  15. 15.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 15 QGISの特徴 ● マルチプラットフォーム ● Windows, Mac, Linux
  16. 16.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 16 多彩な機能 ● プラグインによる機能強化 ● GRASSやRなど他のソフトとの連携
  17. 17.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 17 活発な開発 ● Ver. 0.1 'Moroz' 2004/02/24 ● Version 0.2 ‘Pumpkin’ 2004/04/25 Version 0.3 ‘Madison’ 2004/05/25 Version 0.4 ‘Baby’ 2004/07/01 ● Version 0.5 'Bandit' 2004/10/02 Version 0.6 'Simon' 2004/12/19 Version 0.7 'Seamus' 2005/09/01 ● Version 0.8 'Joesephine' 2006/12/29 Version 0.9 'Ganymede' 2007/10/26 Version 0.10 'Io' 2008/04/25 ● Version 0.11 'Metis' 2008/07/22 ● Ver. 1.0 'Kore' 2009/01/24 ● Version 1.1 'Pan' 2009/05/13 Version 1.2 'Daphnis' 2009/09/03 ● Version 1.3 'Mimas' 2009/09/20 Version 1.4 'Enceladus' 2010/01/11 ● Version 1.5 'Tethy' 2010/07/19 Version 1.6 'Capiapo' 2010/11/27 ● Version 1.7 'Wrocław' 2011/06/19 Version 1.8 'Lisboa' 2012/06/21 ● Ver. 2.0 'Dufour' 2013/09/08 ● Ver. 2.2 "Valmiera" 2014/02/22 ● Ver. 2.4 "Chugiak" 2014/06/27 ● 今回使用するバージョン
  18. 18.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 18 ユーザーによる情報発信 ● 日本でも多くのユーザーが利用 ● それぞれが独自に情報発信されている QGIS学習ノート http://na-mii.com/gis/qgis02/ GIS自習室(2) QGISを使い倒そう http://www.gis-okinawa.jp/QGIS/
  19. 19.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 19 中級者向け 森林土木memo http://koutochas.seesaa.net/ QGIS Dufour でレンダリング http://d.hatena.ne.jp/Geo80k/20131218/1387333681
  20. 20.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 20 上級者向け QGISとか http://waigani.hatenablog.jp/archive/category/QGIS 月の杜工房・QGIS豆知識 http://mf-atelier.sakura.ne.jp/mf-atelier/modules/tips/index.php/software/qgis/
  21. 21.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 21 QGIS日本語化プロジェクト ● GUIの日本語化はほぼ完了 ● 文部科学省のプロジェクトと しても実施中 – FOSS4Gを活用した衛星 データ利用のためのオープ ン・リソースの構築 ● 作成したチュートリアルは CDに入っています – マニュアル等の日本語化も 進めています。
  22. 22.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 22 GISの基礎知識 作業手順とデータ形式
  23. 23.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 23 GISに関する基礎知識 ● GISでデータを扱うにあたっては、いくつかの基 本的概念や知識が必要 ● GISのワークフロー ● 地理空間情報のモデル化の概念 ● GISのデータ形式について ● 測地系・座標系について
  24. 24.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 24 GISのワークフロー ● GISの標準的な作業手順は以下の通り ● まず目的を明確に データの準備 自分で作成 公開データを収集 分析の下準備 データの確認 座標系変換 形式変換 データ分析 各種分析の実施 結果の確認 前に戻る 結果の可視化 PCで表示 出力作成
  25. 25.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 25 データの準備 自分で作成 公開データを収集 分析の下準備 データの確認 座標系変換 形式変換 データ分析 各種分析の実施 結果の確認 前に戻る 結果の可視化 PCで表示 出力作成 GISのワークフロー 今回の講義の範囲
  26. 26.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 26 地理空間情報のモデル化 ● 実空間は様々な事象の集合体である ● 現実に存在するもの – 道路、建物、etc... ● 現実に存在しないもの – 行政界、土地利用・所有、etc... ● 地理空間情報をGISデータにするには ● 地理空間情報にする対象を決定する ● 対象をデジタル化する方法を決定する ● これを「地理空間情報のモデル化」という ● モデル化、抽象化した情報しか扱えない
  27. 27.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 27 The National Mapの場合 ● The National Map:USGSのGISデータ ● 以下の7つのレイヤからなる – オルソ画像、標高、交通網、 地名、水文、境界、構造物、 土地被覆 ● このデータを作るためには、 どのような手順が必要? http://cegis.usgs.gov/images/national_map_layers.jpg
  28. 28.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 28 地理空間情報のモデル化 実際の作業 モデル化の方法を決定 地名境界土地被覆 交通網水文構造物 オルソ画像標高 モデル化対象の選択 現実空間 データ形状 (点・面・線) 基準 (精度、分類などなど) データ形式 (ラスタ、ベクタなど) GISデータ デジタルな空間情報 既存資料の デジタル化 調査 測量 概念的存在 現実かつ概念的存在 現実の存在
  29. 29.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 29 モデル化の基準の違い ● ”ベクタデータ”であっても異なるデータとなる ● 国土数値情報と植生図の違い ○国土数値情報 形状は四角いメッシュ 植生は単一分類、住宅地 等は細かく分類 ○植生図 形状は不定形ポリゴン 植生は詳細な情報があるが、住 宅地や道路は同一分類
  30. 30.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 30 モデル化の基準の違い ● 基盤地図情報とOpenStreetMapの違い ● 目的に合ったデータの選択が必要 ○基盤地図情報  精度は統一  道路は縁のみ  属性は無し ○OpenStreetMap  精度は不揃い  道路は中心線  種類などの属性あり ● 無ければ自分で作る
  31. 31.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 31 GISデータの形式 ● 代表的なデータ形式 ● ラスタ形式 ● ベクタ形式 – この二つはデータの“表現方法”が違う ● 最近では「Webデータ配信」も普及 ● これはデータの“供給方法”が違う
  32. 32.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 32 データの“表現方法” ● データを記述するための“単位”の違い ● ラスタ形式は“セルの塗りつぶし”として表現 – “セル”とは四角形の格子。 ● for ex. デジカメ写真など ● ベクタ形式は“点”や“線”、それらで囲まれた“面 (ポリゴン)”で表現 – 形を変えることができる ● for ex. PowerPointのオブジェクトなど
  33. 33.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 33 「橋」を表す場合 ベクタ形式では,始点と終点,それ をつなぐ線として記述される ラスタ形式では,データの有無とし て記録される
  34. 34.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 34 「水田」を表す場合 ベクタ形式では点と線でかこまれ た“ポリゴン”として表現される ラスタ形式ではセルに記録された 値により表現される 2 2 2 1 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1 2 2 2 1 1 1 2 2 1 1 1 1 2 2 1 1 1 1 2
  35. 35.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 35 属性の表し方が異なる ベクタ形式では別に表が用意され、 そこに属性が記録される ラスタ形式では記録されている値自 体が属性になる 2 1 ID 属性 1 水田 2 森林 2 2 2 1 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1 2 2 2 1 1 1 2 2 1 1 1 1 2 2 1 1 1 1 2 1は水田,2は森林
  36. 36.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 36 それに伴う特徴 2 1 2 2 2 1 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1 2 2 2 1 1 1 2 2 1 1 1 1 2 2 1 1 1 1 2 ベクタ形式では一つの点や線、ポリ ゴンに複数の属性を持てる ラスタ形式では一つのセルに一つの 属性しか持てない ID 1 2 森林 属性1 属性2 水田 14a 22a 1は水田、2は森林
  37. 37.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 37 どちらのデータ形式を選ぶべき? ● 複数の属性をもてるベクタ形式の方が良い? ● そう単純ではない – データのサイズ、作成方法など ● 用途と目的により使い分ける事が必要 ● DEM(標高データ)、衛星画像などはラスタ形式がメジャー ● 道路、河川、調査地点情報などはベクタ形式がメジャー ● 植生図、土壌図、土地利用図などはベクタ形式がメジャーだがラ スタも使われる
  38. 38.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 38 GISデータの「構造」と「表現」 ● ベクタ形式 ● 多くの場合、構造つまり”形”についての情報だけで 表現、つまり”色”に関する情報は持っていない – ソフトで表現を指定する ● ラスタ形式 ● データの値が”色”情報である場合もある – ソフトで表現を変えることも可能 ● GISでは”形(値)”の編集と”表現”の編集がある
  39. 39.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 39 Webデータ配信 ● データの“形式”ではなく“ある場所”が違う ● インターネットを利用してデータを提供 – これまではPCにファイルとして保存 ● 形式はラスタ形式もベクタ形式もある。 – 代表的なものとして基盤地図情報25000WMS配信 サービスやOpenStreetMap ● GoogleMapsなどもそうですが、利用規約に注意 – 印刷・配布は原則不可と考えたほうがいい。 ● 分析には向かないが背景地図として便利 – 上手く利用して手間を減らす
  40. 40.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 40 測地系・座標系について ● GISデータは位置情報を持っている ● それを記述するルールが「測地系」と「座標系」 ● GISデータの処理をおこなう場合、同じ測地系・ 座標系のデータ同士で行うのが基本 ● 表示は違う測地系・座標系でも出来る
  41. 41.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 41 測地系と座標系 ● 測地系 ● 地球上の特定の位置を表現する際の基準のセット – 「ものさし」の定義(観測や実験条件の定義) – 準拠楕円体、測地座標系、ジオイド面 ● 「世界測地系」平成14年以降、JGD2000 ● 「日本測地系」平成13年以前、Tokyo ● 座標系 ● 位置を示すための方法と数値の組み合わせ – 原点,単位,投影の方法 ● 緯度経度 – 大域的座標系だが、計量との連動がいまひとつ ● UTM座標系や平面直角座標系 – 計量が容易だが、局所座標系のため周辺でゆがむ 鎌田高造氏作成資料を改変
  42. 42.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 42 図法による歪み ● メルカトル図法だと左図の様に高緯度と低緯度で 面積が違う ● UTM図法だと面積は同じだが、端の方で歪む 日本地図センター地図のQ&Aより
  43. 43.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 43 緯度経度とUTMの使い分け ● 緯度経度座標系 →主に表示に使う場合 ● 単位が「度」なので距離・面積の評価には不向き – 日本全国等の広範囲の表示には適する ● UTM座標系 →面積の測定やデータの解析を行う場合 ● 単位が「m」なので面積や距離等の測定に適する – 広範囲の表示には不向き
  44. 44.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 44 どのようなデータが多い? 日本地図センター地図のQ&Aより http://www.jmc.or.jp/faq/map2.html ● 公表されているデータ ● 測地系は世界測地系 ● 座標系は緯度経度 – 市町村だと平面直角 座標系の場合も ● データを作る場合 ● 測地系は世界測地系 – 1/25,000程度なら UTM座標系, 1/5,000程度なら平面 直角座標系
  45. 45.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 45 QGISのインストール
  46. 46.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 46 使用するバージョン ● QGISのVersion 2.4 32bit版を使用 ● 64it版もあるがプラグインが動かない場合も – 並存も可能です
  47. 47.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 47 インストール ● 配布したDVDの中の「QGIS-OSGeo4W-2.4.0-1- Setup-x86.exe」をデスクトップにコピー ● ダブルクリックをして実行 – 今回はインストール済みです。
  48. 48.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 48
  49. 49.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 49 インストールの完了 ● 以下の画面が出たら完了 ● アイコンをダブルクリック起動確認
  50. 50.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 50 QGISの 操作方法について データの表示とGUIの使い方
  51. 51.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 51 GISとデータ ● GISはデータがないと何もできない ● データの作成は重要だが時間がかかる – 調査や分析が容易でないのと同じ ● 共通に用いられる基礎的なGISデータは公的機関に より整備が進んでいる – 基盤地図情報、国土数値情報、自然環境保全基礎調 査など
  52. 52.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 52 今回使用するデータ ● 「地球地図日本」を利用してQGISの基本的使用方 法を説明 – http://www.gsi.go.jp/kankyochiri/gm_jpn.html ● PCにコピー済みです – 「C:GIS_DATA」→「AFFRIT_GIS」→「Japan」 ● ダウンロードする場合は最後の資料を参考に – Natural EarthとSRTM 30も使用 ● Natural Earth http://www.naturalearthdata.com/ ● SRTM http://www2.jpl.nasa.gov/srtm/
  53. 53.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 53 使用するデータ ● 地球地図日本のデータ ● http://www.gsi.go.jp/kankyochiri/gm_jpn.html
  54. 54.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 54 Natural EarthとSRTM ● Natural Earth http://www.naturalearthdata.com/ ● SRTM http://www2.jpl.nasa.gov/srtm/
  55. 55.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 55 ダウンロードアドレス ● Natural Earth ● http://www.naturalearthdata.com/downloads/10 m-raster-data/10m-natural-earth-1/ ● SRTM ● http://dds.cr.usgs.gov/srtm/version2_1/SRTM30/ ● http://glcf.umd.edu/data/srtm/
  56. 56.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 56 QGISを起動 メニュー レイヤ表示領域 各種情報 ツールバー
  57. 57.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 57 画面の説明 ● メニュー ● 表示するファイルの選択や,表示、編集など ● ツールバー ● メニューをアイコン表示 ● レイヤ ● 右側の表示領域に表示されているデータ – 表示順なども ● 表示領域 ● データが表示される所 ● 各種情報 ● 縮尺や座標等の情報
  58. 58.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 58 ツールバー ● よく使うメニューを表示 ● 右クリックで表示するものを選択できる ● 移動させて、順序も変えられる ● 使わないものは消して表示領域を大きく
  59. 59.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 59 座標系に関する設定 ● GISデータは位置情報を持っている ● ただし、位置情報があっても測地系・座標系に関す る情報が無い場合がある ● そうしたデータを開くときのルールを決めておく – 設定しないと地図が重ならない場合もある ● メニューの「設定」→「オプション」をクリック ● 「オプション」が表示されるので、「CRS」を選 択し、「CRSを確認する」をチェックして「OK」 をクリック
  60. 60.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 60
  61. 61.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 61 データの表示 ● 実際にデータを表示してみる ● ラスタデータとベクタデータの表示 – 細かいところでは違いますが、大きくは同じ – 手順は同じ、描画の指定が異なる
  62. 62.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 62 ラスタデータの表示 ● データを表示させる場合「レイヤの追加」を使う – 「ファイルを開く」ではない ● レイヤ→ラスタレイヤの追加・・・をクリック ● 「ラスタレイヤの追加」のアイコンをクリック – ショートカットキーは「Ctr+Shift+R」
  63. 63.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 63 データの表示,続き ● 「GDALがサポートするラスタデータソースを開 く」ダイアログから,「GIS_DATA」→  「AFFRIT_GIS」→「Japan」フォルダを選択 ● ファイルの種類をGeoTIFFとし,「el256.tif」を 選択して「開く」
  64. 64.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 64 ラスタデータの表示,続き ● 「空間参照システム選択」が出てくるので, 「WGS 84」になっているのを確認して「OK」 ● 日本の標高データが表示される
  65. 65.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 65 地図の表示と拡大・縮小・移動 ● レイヤのチェックマークをクリックすると、表示の ON/OFFを変えられる ● メニューバーの虫眼鏡マークや手のマークで地図の拡 大・縮小、表示範囲の移動ができる ● 表示されているデータも「レイヤ」と呼ぶ
  66. 66.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 66
  67. 67.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 67 プロジェクト、ファイル、レイヤについて ● 「ラスタレイヤ」を追加 ● 選択したのは「ファイル」 ● 多くのGISソフトでは表示された「ファイル」を 「レイヤ」と呼んで管理する ● 表示しているだけ ● 表示されているレイヤは「プロジェクト」として 保存される ● 表示の範囲や、色づけ、倍率を保存 – 元の「ファイル」は編集されない
  68. 68.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 68 表示の細かい説明 ● 左から順番に – パンとズーム(タッチパネルで利用) – 表示されている地図の移動 – 選択したデータを中心に表示 – クリック(またはドラック)した場所を拡大 – クリック(またはドラック)した場所を縮小 – ラスタデータの場合、最適倍率で表示 – 全体を表示 – 選択したデータにズーム – 選択したレイヤーにズーム – 前の表示領域に戻る – 先の表示領域に進む – 再描画する
  69. 69.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 69 表示の調整 ● レイヤから表示を変えることができる ● 一番上がレイヤ全体を表示 ● 三番目が最適倍率に表示 – 一番きれいに見える倍率ということ ● 「削除」はファイルの削除ではなく,「レイヤ」か ら消す、つまり表示しないということ
  70. 70.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 70 属性の表示 ● 矢印に「i」がついたアイコンをクリック ● 表示領域にマウスを持っていくと矢印に「i」がつ いた状態になり、ここで地図をクリック ● クリックされた場所の情報が表示される – クリックした地点の緯度経度情報とデータの値
  71. 71.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 71 レイヤのプロパティ ● レイヤー上で右クリック→「プロパティ」を選択 ● レイヤの表示方法の変更や情報の確認に使用 – よくつかいます!
  72. 72.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 72 スタイル ● 表示方法についての設定 ● ラスタの場合 – マルチバンドカラー – パレットカラー – 単バンドグレー – 単バンド疑似カラー
  73. 73.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 73 パレットカラー ● ラスタデータの値毎に色を設定する方法 ● el256.tifはこの方法 – 元のファイルに色情報が保存されている
  74. 74.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 74 GTOPO30を追加 ● 「ラスタレイヤの追加」から 「SRTM_GTOPO30.tif」を選択 ● 「プロパティ」からシンボルを確認
  75. 75.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 75 単バンドグレー ● レンダータイプが「単バンドグレー」 ● 値の情報だけで色の情報を持っていない – DEM、単バンドの衛星データなどはこれが多い
  76. 76.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 76 透過性の選択 ● レイヤ全体の透過性を設定できる ● 下のレイヤも見ることができる
  77. 77.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 77 Natural Earthを追加 ● 「ラスタレイヤの追加」から「NaturalEarth.tif」 を選択 ● 「プロパティ」からスタイルを確認
  78. 78.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 78 マルチバンドカラー ● レンダータイプが「マルチバンドカラー」 ● RGBの3バンド、デジカメ等の画像と同じ – 値を色情報(強度)として使用 ● スキャンした地図、マルチバンドの衛星画像等に多い
  79. 79.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 79 表示順序の変更 ● レイヤの部分で表示順序を変えられる ● 新規に追加されたレイヤは”選択レイヤの上位”に表 示される
  80. 80.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 80 レイヤの削除 ● 各レイヤの上で右クリック、「削除」を選択する と表示しているレイヤから消すことが出来ます ● GTOPO30とNaturalEarthを削除して下さい – 元データは消えないのでご安心を
  81. 81.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 81 ベクタデータの追加 その1 ● 今度はベクタ形式 ● レイヤ→ベクタレイヤの追加をクリック ● または,「ベクタレイヤの追加」のアイコンをク リック – ショートカットキーは「Ctr+Shift+V」
  82. 82.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 82 ベクタデータの追加 その2 ● 「ベクタレイヤの追加」が表示されるので、ソー スタイプが「ファイル」、エンコーディングが 「System」になっているのを確認し、 ソースの 「ブラウズ」をクリック ● Systemが無い場合は「SHIFT-JIS」を選択
  83. 83.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 83 ベクタデータの追加 その3 ● 「OGRのサポートするベクタレイヤを開く」が表 示されるので「AFFRIT_GIS」→「Japan」フォ ルダを選択 ● ファイルの種類を「[OGR] ESRI Shapefiles」に し、「bnda_1_1.shp」をクリックして「開く」
  84. 84.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 84 ベクタデータの追加 その4 ● ベクタレイヤの追加に戻るので「開く」をクリッ ク ● ベクタレイヤーが表示されます。 – 例えば茨城県周辺を拡大
  85. 85.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 85 属性を知りたい場合 ● 矢印に「i」がついたアイコンをクリック ● 地図上でクリック ● クリックしたポリゴンの情報が表示 – ここでは都道府県名や市町村名、そして面積
  86. 86.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 86 凡例を変える その1 ● レイヤの bnda_1_1 の上で右クリック,「プロパ ティ」 をクリック ● レイヤプロパティの「スタイル」を選択
  87. 87.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 87 凡例を変える その2 ● 「色」の「塗りつぶし」をクリック ● 「色選択」が出るので,好みの色を選択 ● 「OK」、「OK」で地図の色が変わる
  88. 88.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 88 属性ごとに表示を変える ● 属性ごとに色を変えることも可能 ● レイヤのbnda_1_1の上で右クリック,「プロパ ティ」をクリック ● レイヤプロパティの「スタイル」をクリック
  89. 89.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 89 属性ごとに表示を変える ● 「分類された」を選択、「カラム」で「nam」を 選択し、「分類」をクリック ● nam(都道府県名)毎に色が変わる
  90. 90.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 90 属性ごとに表示を変える ● OKをクリックし、表示を確認 ● 都道府県毎に凡例が変わっている
  91. 91.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 91 表示の調節 ● 「スタイル」の「レイヤ透過性」を調整 ● 表示するレイヤーの透明度を変更 – 下図は50%表示の場合。
  92. 92.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 92 表示の調節 ● 項目毎に,凡例を変えることもできます。 ● 「スタイル」の都道府県名で「IBARAKI」を右ク リック ● 「色変更」を選択 ● 好きな色をクリックして「OK」
  93. 93.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 93 表示の調節 ● スタイルタブで「透過率」を0に戻しOKをクリッ ク ● 茨城県の色が変わります。
  94. 94.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 94 「プロジェクト」とは? ● GISソフト上では表示するレイヤ、倍率、凡例等 を変えることができる ● 毎回同じように設定するのは手間 ● 表示されている状態を保存する ● これを「プロジェクト」と呼ぶ – 保存されるのは表示だけ ● データ自体を変更(編集)した場合、別途保存する
  95. 95.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 95 プロジェクトの保存 その1 ● 「プロジェクト」の「名前をつけて保存」を選択 ● 「AFFRIT_GIS」フォルダを選択し、 「JAPAN_GIS」と入力、「保存」をクリック
  96. 96.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 96 プロジェクトの保存 その2 ● 一度QGISを終了してから再起動 ● 「プロジェクト」の「最近利用したプロジェク ト」から「JAPAN_GIS.qgs」をクリック ● 保存した状態に表示が復元されます。
  97. 97.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 97 注意事項 ● 日本語のファイル名、フォルダ名は避ける ● 二バイト文字の扱いが十分じゃない場合もある ● データを利用する場合、座標系を確認 ● 位置参照系の設定をデフォルトで開いた場合 – UTM(単位・メートル)のデータでも、経緯度座標 系(単位・度)として開くので、突拍子もない場所 に表示される ● デモ
  98. 98.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 98 おつかれさまでした 午前中はここまでです ご意見,ご質問をお願いします
  99. 99.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 99 参考資料 地球地図データの ダウンロード方法
  100. 100.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 100 地球地図サイト ● 地球地図日本のデータ ● http://www.gsi.go.jp/kankyochiri/gm_jpn.html
  101. 101.  OSGeo財団日本支部 QGISセミナー初級・基礎編 101 ダウンロードするには ● 「地球地図データのダウンロード」をクリック ● ダウンロードしたいデータをクリック – ShapeまたはTIFF形式でDLしてください

×