Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

201908 1on1実践者・実践予定者Meetup

76 views

Published on

201908 1on1実践者・実践予定者Meetupでつかう予定の資料です。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

201908 1on1実践者・実践予定者Meetup

  1. 1. 1on1実践者・実践予定者 Meet up 2nd in 名古屋 #EM_NAGOYA 2019/08/26 @warumonogakari / かとうひろし
  2. 2. 今日の進行(ざっくり) • 場づくり • 1on1のおさらい • すすめかたの説明 • やってみましょう • クロージング ※21:30前までに終了予定 その後(希望者のみ)食事しつつ座談会/近場で
  3. 3. まずはこの場をつく っていきましょう
  4. 4. そのまえに。お前誰よ。 • 妻の批判はアドバイスをモットーとす る 認定スクラムマスター(CSM)。 • 2年後によりよい開発体験を促すひとを めざして修行中。 • ふりかえり / チームビルディング / いき なり1on1 / Management3.0 / 実践LeSS 以下、スライド公開後に読めばOKな情報(あとでこの資料公開) むかしむかし(1991~2001) さる大きなSIer勤務 ・機械学習・文字認識の研究、OCR製品開発~技術移転 ・データ分析、ソフトウェアメトリックスに関する調査研究 むかし(2001~2006) 関東・関西のさる複合機メーカ子会社勤務 ・複合機・オプションプリントコントローラーの試作~製品開発 ・共通化プラットフォームアーキテクト・開発リーダー及びマネージャ いま(2006~) 名古屋のさる複合機メーカ会社勤務 ・複合機組み込み系 Network部ソフト開発リーダー、複合機コントローラ ソフトリーダー ・Network部ソフト開発チーム エンジニアリングマネージャー
  5. 5. そのまえに。お前誰よ? • 妻 臨床心理士(スクールカウンセラー) • 娘のように可愛がっている猫2ひき。 • 老後は猫や妖の置物を作ったり、歴史モノをかいた りできればと思います エラクないので、本日話する内容は所属・関 連する組織とは一切関係ありません。
  6. 6. あらためて 場つくり
  7. 7. 場つくり ラウンドロビンで • ごあいさつ • 今日呼んでほしいお名前 ふせん紙にかいて胸にはってくれるとうれしいです (すみません、名前憶えるの苦手なので) • Entry Survey 役割(CxO, Manager, Leader, Member) x 1on1(開催している側、されている側、まだこれから) • 今日の場について この場に来られたいきさつはどのようなものでしたか? この場をどのように使いたいですか?
  8. 8. 会場の注意事項 • ご厚意で飲食可です。 後で片付けに困らないように協力ねがいます • トイレ • せっかくなので簡単なフェンリルさんの 宣伝
  9. 9. 目指す本日終了後の状態 • みなさんのもやもやがチョット晴れる • みなさんが元気になる
  10. 10. 本日のお約束事 • 誰かが話しているときには、他の人は話を遮ら ず、じっくり聞く • 責めない • disらない • 行動を非難しない – 心理的安全性の確保 この場に集まったすべての人の声が聞かれ、尊重さ れる場を作ります。 それぞれの人が自分の心の中にあるさまざまな考え や経験を探索し、矛盾していることも含めて、言葉 を見つけれるように工夫します。
  11. 11. ここまでのお気持ち もやっとしてい ることはありま せんか?
  12. 12. 1on1のおさらい
  13. 13. そもそも1on1とは 上司と部下が1対1で話し合う メンバの成長のための時間でもある ヤフーが導入して成功
  14. 14. 1on1への期待 メンバーを知る メンバーの関係 性をふかめる 心理的安全性を 高める アラートに早く 気づける 業務報告 業務指示・指導 経験学習の促進 目標のすりあわ せ 出典:1on1を上達するために https://speakerdeck.com/nitt_san/1on1woshang-da-surutameni
  15. 15. とはいうものの が実情ですよね
  16. 16. で、本日は ● 1on1のことを1on1で話し合ってみ ましょう ● より話を広げ深めるためにリフレク ティングという手法を使います ● これは横で様子を聞いていた人々が また1on1をするアプローチです
  17. 17. すすめかたの説明
  18. 18. 2組にわかれます 2組目(黄色の人々) は1組目の対話を観察 1組目(青色の人々) は「1on1について頭に 思い浮かべたこと」を ネタに1on1をおこなう 2組目はStep.1の観察に もとづき対話 1組目は2組目の対話を 観察 1組目、1on1を再開 2組目は再度観察 最後全員で対話 Step.1 Step.2 Step.3 Step.4
  19. 19. 2組目が対話する際には 1組目の対話を観察する際に自らの 中の 「今この瞬間に、頭の中に浮かんだ ことや身体に起きてきた感覚」につ いて注意をむけて聞きます。 対話をはじめる際には、観察時の ・頭に浮かんだこと ・身体に起きてきた感覚 をきっかけに対話をはじめます。 自分の頭の中に浮かんだことを、「いかがでしょうか」 とさまざまな飲み物が乗っているお盆に新たに載せるイ
  20. 20. 頭の中にうかんだことは、必ずしも価値観 や信念に根ざしたものとは限りません。 価値観 頭にうかんだこと 生物としての感情 人間としての信念 信条 経験 経験や生物の感情であることも。 その場かぎりの思いとして気軽にとらえま
  21. 21. 配置 机をはさんでこんな感じ 1組目 2組目
  22. 22. やってみましょう
  23. 23. 休憩はさむ?
  24. 24. クロージング
  25. 25. しめくくり • そろそろ終わりの時間が近づいているよ うです • 今日は 1on1のことを 1on1で話し合って みました。 • それをさらに横で聞いて 1on1をしてみ ました。 • どうでしたか?
  26. 26. しめくくり • 今日やったことは、リフレクティブダイア ローグというそうです。 • フィンランド発祥のオープンダイアローグ の中の手法の一つです。 • 1on1について、なにかしらのヒントになり そうだなと実験的にとりいれてみました。 • この場を終える前に、これだけはとお話し ておきたいことはありますか? • なければ、本日の場のふりかえりへ
  27. 27. 本日のふりかえり うまくいったこと (+) よりよくすること (△)
  28. 28. 参考情報 1on1を上達するために https://speakerdeck.com/nitt_san/1on1woshang-da-surutameni 201906 1on1実践をつうじて、わかってきたこと そしてやること https://www.slideshare.net/warumonogakari/201906-1on1 オープンダイアログ・ネットワーク・ジャパン 対話実践のガイドライン https://www.opendialogue.jp/%E5%AF%BE%E8%A9%B1%E5%AE%9F%E8%B 7%B5%E3%81%AE%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9%E 3%82%A4%E3%83%B3/
  29. 29. ではでは、よい開発体験を。 どうもありがとうございました!

×