Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

サービスリニューアルからの チームの変遷

614 views

Published on

2017/7/11 Gaiax Tech Meetup エンジニア交流会発表資料です

Published in: Self Improvement
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

サービスリニューアルからの チームの変遷

  1. 1. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved サービスリニューアルからの チームの変遷 2017/7/11 Gaiax Tech Meetup エンジニア交流会
  2. 2. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 自己紹介 • 渡部幸紀 / @wantonbe • 経歴 • 2003年から受託系の会社でエンジニア • 2013/9 Gaiax 入社 → 2017/4 EDGE株式会社 転籍 • エンジニア → Manager / PO → エンジニア
  3. 3. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 今日話すこと • サービスリニューアルからのチームの変遷 • 子会社からしてからのチームの変遷
  4. 4. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 会社紹介
  5. 5. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 会社紹介 2017年4月 株式会社ガイアックス100%子会社としてスタート ガイアックス内で2006年よりSNS事業開始 人はもっと輝ける キャッチコピー 事業ミッション 人材育成 ・モチベーション向上 ・優秀人財の定着
  6. 6. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 事業紹介 内定者フォロー、新入社員研修、OJT支援 企業用SNS、コミニュケーションツール 内定辞退の防止・入社後の活躍フォロー・人事業務効率化
  7. 7. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 内定辞退者の減少割合 23% 内定者フォロー業務 26%減少 事業紹介
  8. 8. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 企業内活性化・社内共有ナレッジ 産休・育休中の情報共有、復帰サポート 事業紹介
  9. 9. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 宣伝終わり
  10. 10. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved サービスリニューアルからの チームの変遷
  11. 11. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved リニューアルプロジェクト • サービス拡大のために2012年からスタート • UIの刷新&機能のブラッシュアップ • リリース半年前くらいから結構なデスマ状態 • それでもなんとか頑張って2014年3月にリリース
  12. 12. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved リリース後の課題 • 相次ぐチームメンバーの入れ替え • たまらないノウハウ、業務の線引き • たまり続ける技術負債 • 進まない進捗 • 社内受託のチーム
  13. 13. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 課題:相次ぐチームメンバーの入れ替え • 出て入っての繰り返し • そもそもメンバーのことをよく知らないままやってる • 人を入れるだけでは何も生まれない
  14. 14. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved チームビルデイング • ロングミーティングでお互いを知る • チームで成し遂げたいことを合意 • 1回だけじゃなくて定期的に何回も実施
  15. 15. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 課題:たまらないノウハウ、業務の線引き • たまらないノウハウ • XX さんしかできない • その人がやめちゃったら誰もできない • 業務の線引き • テストはQAの仕事、運用なんてしらんっていう姿勢 • 開発がきちんと作って出してこない
  16. 16. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved すべてペア作業 • 開発 / QAという分業を廃止。全員で開発チーム • 運用もチームで持つ • バスファクターを大きくする • 品質向上は開発チームの責任(QAという職種ではできない) • その人しかできない、という状態を避ける
  17. 17. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 課題: たまり続ける技術負債 • 使われてないコード / 重複したコード • うごかないテスト • 頑張る運用 • 引き継がれる秘伝のタレ
  18. 18. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved テスト導入とリファクタリング • そもそもアプローチ方法を知らなかったので、有識者に習う • 習ったことをチームで実践していく • 改修・追加で触るときにリファクタリングする • CIで毎日テスト実行、状態を可視化 • 基本的にペア作業で実施
  19. 19. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 課題: 進まない進捗 • いつまでたっても終わらないタスク • ていうかそのタスクって具体的になにやるの? • 待ちが発生しても担当しかできない • 開発が終わってからリリースまで儀式が必要
  20. 20. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 開発プロセスの変更 • タスクの可視化 • カンバン • 終わらせることを始めよう • リリースまでの流れを視覚化&見直し • 儀式はなくしていく • Value Stream Mapping • すべてペア作業
  21. 21. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 課題: 社内受託の開発チーム • 偉い人の言う通りに動く • マネージャー • 社長 • 営業担当 • 理由不明の機能要望開発 • 機能要望だけがあがってきて、只々つくる
  22. 22. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved サービスに取り組むチームへ • 権限の再確認と委譲 • 自分たちが動けるように権限と期待を擦り合わせる • デリゲーションポーカー • 要求は機能についてではなくて実現したいことを話す • ゴールデンサークル • その要求は誰のため?を明確にする • 言われたことをやるだけではなく、チームからも提案
  23. 23. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved やってみて • チームビルディングと定期的なリフレーミングでチーム力UP • ペア作業による守備範囲の拡大と安心感を得る • テストとリファクタリングでメンテナンスしやすいコードに • タスクの明確化・可視化で状況をわかるように • 儀式の撤廃でスピードアップ • 開発チームで意思決定ができる
  24. 24. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 開発チームはよくなりました
  25. 25. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved めでたし、めでたし
  26. 26. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved で、終わりではない
  27. 27. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved • 開発チームだけよければそれでいいのか? • 会社全体を俯瞰してみるとまだできることはある
  28. 28. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 新たな課題 • メンバーがサービスのことを知らない • 競合の追い上げ • 他チームへの無関心
  29. 29. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 課題: メンバーがサービスのことを知らない • 新メンバーに機能のことが伝わってない • 昔からいるメンバーも • そもそも何でその機能があるのかわからない • そもそもどうやって活用するのかわからない • そもそも自分たちのサービスを使っていない
  30. 30. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved ドッグフーディグ • 自分たちのサービスを自分たちで本気で使ってみる • 営業チームが顧客に提案していることを実践する • 他のサービスはなんでそうなっているのか気づく • 不便だと思うことでアイディアが生まれる • ドッグフーディング中の不備・指摘はチャンス
  31. 31. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved おさわり会 • 機能の説明ではなくて、実際にユーザーが実現したいことをお題に、 どの機能をどう操作すればいいのかを発表しあう • サービスをよく知っている人だから正しい、ということもない • サービスをよく知らない人の方がユーザーに近い • 正しいことの共有、新しい視点からの気付き
  32. 32. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 課題: 競合の追い上げ • 業界No1はいつの話? • 気がついたら競合と機能の差がなくなっている • 価格勝負になって負ける
  33. 33. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 競合を意識しながらの戦略 • まず敵を知る • ピンポイントよりちょっと広く調べる • 実際に競合のサービスも使ってみる • 競合より早く出す • 出してしまった方が事業戦略的なメリットが多い • フィードバックを受けてすぐに改善 • No1 なんて一時的。先に出してもすぐに追いつかれる • 顧客の声を聞ける環境を生かす
  34. 34. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 課題:他チームへの無関心 • 開発したものを共有しても伝わってない • バグがあっても怒られない • 売り上げ数字未達でも誰も突っ込まない、手を差し伸べない • 問い合わせの内容を共有されても聞き流す • 自己防衛のための無関心さ
  35. 35. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved 全員でプロダクトを作っている意識 • 自分たちの立場からできることを考える • 営業に使える武器と使い方を渡す • サポート、営業からの指摘は一番の宝 • 忙しそうでも巻き込む • 目的を履き違えない • 自分たちだけどんなにうまくやってても儲からなければダメ • 嫌な空気になると思っても言いたいことはハッキリ伝える
  36. 36. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved やってみて • 自分たちのサービスは自分たちが一番のユーザーに • 知らない人からほど良い意見が出てくる • 開発だからこそ競合を意識する必要性 • 全員で目標達成を目指す雰囲気に
  37. 37. Copyright EDGE, Inc. All Rights Reserved まとめ • サービスをつくっていく上で開発チームがよくなることは必須 • とはいえ開発チームだけがよくまわってるだけでは事業は伸びない • 開発、営業、サポート、ステークホルダーでプロダクトを作っている意 識でやっていく

×