Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Reject con 20180620

767 views

Published on

wakatono's presentation

Published in: Internet
  • Be the first to comment

Reject con 20180620

  1. 1. オレのRejectCon発表が そんなに面白いはずがない ~AcceptとRejectの間にある違い 選ぶ側の考えは、(多分どんな領域も)大差ない~ 2018/06/20 wakatono@Security RejectCon 1Copyright by Kunio Miyamoto
  2. 2. 私自身のRejectとの関係 • 博士課程在籍時に、主に論文誌投稿時に Rejectをたくさん?いただく – 情報処理学会論文誌×3 – 情報処理学会トランザクション×1 – 国際会議×1 • 仕事のRvリジェクトは数知れず – 今回はさすがに出しませんが… Copyright by Kunio Miyamoto 2
  3. 3. 今日のお話は? • 自分のReject履歴 – 査読コメントを読み返したら、本気で泣きたくなりました… – Accept Endもあるよ! • RejectとAcceptのはざまにあるもの • Acceptを目指すなら?&Rejectされたものの扱いは?という話 • あくまで「経験則」です – ということにしておいてください… • 「私見」山ほど含みます – 「必勝」には程遠い • スライドの写真は勘弁してくださいね – 査読コメントとかも見せます Copyright by Kunio Miyamoto 3
  4. 4. 私の(過去の)投稿論文の題名 1. 実行プログラム自身による完全仮想化環境 上の実行判別方式 2. ユーザプログラムによる仮想化環境の判別 および、その誤判定率低減に関する提案 3. 特徴データベースを用いない効率的な仮想 マシンモニタ検出方式の提案 Copyright by Kunio Miyamoto 4 Rejectされた論文はどれ?
  5. 5. 正解は… 1. 実行プログラム自身による完全仮想化環境 上の実行判別方式 2. ユーザプログラムによる仮想化環境の判別 および、その誤判定率低減に関する提案 3. 特徴データベースを用いない効率的な仮想 マシンモニタ検出方式の提案 Copyright by Kunio Miyamoto 5 実は全部(一度は)Rejectされてますw
  6. 6. Reject時代の反省 Copyright by Kunio Miyamoto 6 歴史に全く学んで ない…
  7. 7. Rejectされた時の心境 • 最初:3ヶ月何も手つかず • 2回目:1ヶ月何も手つk(ry • 3回目:3日何も手t(ry • 4回目:3分で切り替え&論文修正に Copyright by Kunio Miyamoto 7 Rejectに対するメンタルは、(少しだけ) 強くなりました
  8. 8. RejectされたものとAcceptされた ものの違い • 主張したいことに差異は「ない」 – ユーザプログラムから下位に仮想マシンモニタが存 在するかどうかを検出できる • 主張に至るストーリーができてた? – Rejectされたものは、出来てたつもりでも怪しかった • 根拠は大丈夫だった? – Rejectされたものは、怪しいという指摘複数 →論文誌の査読コメント全部読んで論文書き直し( 半年かかった)→投稿→不採録→査読コメントをさ らに反映(多分3日)→論文誌投稿→採録 Copyright by Kunio Miyamoto 8
  9. 9. 論文の採否を決める査読観点3つ • 新規性 それって、今までに見たことあったっけ? • 正確性 で、その結果って信頼できるの? • 有用性 で、その結果って役に立つの? いずれが欠けても「学術的に意義ある内容」と みなされない懸念 Copyright by Kunio Miyamoto 9
  10. 10. 「なんとなく思いついたアイデア」 であっても • 他にないことを示し • 実現に至るまでの概念を明確化し • 明確化した概念を正しく動くようにし • 役に立つユースケースを提示する までやれれば、採録される可能性は高い ※オンライン刊行の論文誌の場合は、当該論文誌が「投稿論文に対して求める条件/水準を満たして いれば」掲載される(はず) Copyright by Kunio Miyamoto 10
  11. 11. 投稿するからには通ってほしい • 査読する側は「要求事項を満たせば」通す • モノにもよるが、論文誌は比較的緩い印象 – 特に掲載論文数 • 国際会議はいろんな制約 – 時間も場所も有限 • USENIX Security ´18の場合は3日間3トラック 100程度の発表 – 著名な会議には投稿も集まる • 採択率20%割れなんてのもザラ Copyright by Kunio Miyamoto 11
  12. 12. BTW:Rejectされたネタを、理由と ともに公開するか否かの議論 • そのネタで投稿を(今後)続けるか判断要 • 学術系カンファレンスでの発表/論文誌掲載と いう形の実績が欲しい場合には、公開は少し考 えたほうがいい – 「新規性」が丸ごと損なわれる懸念 • 「旬を過ぎる」「公益を損ねる」等の理由で、世間 に何らかの役立ててほしいのであれば、公開す べき – 個人的にはこう考えるが、人それぞれ – 自分の場合は、最終的に「採録」まで持ってった Copyright by Kunio Miyamoto 12
  13. 13. Acceptされるものの共通する特徴 • 迫力と説得力のある内容(あくまで個人の感 想です) – 面白そう! – 聞いたことがない。すごい! – 発表されたことを(聴衆側に)やってみたい/発 表された技術を(聴衆に)使ってみたいと思わせ る Copyright by Kunio Miyamoto 13
  14. 14. Black Hat のReview Boardの一人が 考える「査読通過のためのポイント」 • 外部環境を意識し、テーマ、研究背景、研究目 的等がわかり易く、研究の重要性が一言で説明 できる。 • 研究の結果、わかった新事実(研究成果)が一 言で説明できる。 • 研究成果までのプロセスにおいて、技術的裏付 けの概要がしっかり説明されている。 Copyright by Kunio Miyamoto 14 新規性、正確性、有用性を明快に 説明できていることが重要
  15. 15. 巨人の肩に立つ • とあるところでAcceptされたネタを発展させて別のとこ ろでも…Rejectされた! – まぁ、ありうる話 – カンファレンスと論文誌の間のギャップをきちんと把握し ていないと、Rejectされる率が上がる • カンファレンスの場合 – 通したら確実に発表してくれる人が望ましい • 概要(abstract)のみで成否が決まるものがある • 発表の実績がある人が出す「概要」は、いろいろと担保されてい ることが多い – 同じようなテーマでたくさん投稿があると…どれを選ぶ? • 査読する立場に「なれるなら」なっておくのがベター Copyright by Kunio Miyamoto 15 相手の立場に立つ
  16. 16. 相手の立場に立ってみた例 • DICE - Deception of InterCommunication to Enemies(HITCON Community ´16) – 内容的には、セッションハイジャックを応用した防御 システムの提案 – すでに別のところ(FIRST Annual Conferenceの “Lightning Talk”で発表した実績があったので、その 時の資料も投稿時に添付 • すでに別のところで発表済みの内容だったこともあり、新規 性は怪しいが、有用性、正確性についてはすでに確認を取 っていた – タイトルも頑張った! • 少しでも「面白そう!」と思わせるように Copyright by Kunio Miyamoto 16
  17. 17. BTW:ラノベの投稿作品の査読 • 実は、編集プロダクション(編プロ)でバイトし てました(学生時代) • その時に、(今でいう)ラノベの投稿作品の審 査(査読)をしている先輩方がバイト先にw • 査読コメント(1~2秒のぼやき)で一番笑った もの 「神●一のコピー」 Copyright by Kunio Miyamoto 17
  18. 18. ●坂一とは? • 「スレイ●ーズ」シリーズ(ラノベ)の作者 – 音の大きさを、文字の大きさで表現する手法を考 案・実用化 – その後、アマチュア作品でも同様の手法で表現を 試みるもの(フォロワー)が多数出現 ぼやきには、“「プロを志す者」が、自らの表現 手法を編み出さないというのはいかがなものか …”という感情が表れていた Copyright by Kunio Miyamoto 18
  19. 19. まとめ • 投稿される内容は、Accept/Rejectに関わらず(アイデ アで見ると)面白いモノが多い • 査読者は「条件があえば通す」考え(多分) • 査読者は「面白い論文を読みたい」「面白い発表を聞 きたい」 – セキュリティも、他の学術系会議も、ラノベも (ここは)たぶんいっしょ – 通った発表や論文を読んで「よい姿勢」はパクろうw • みなさん向け:Rejectされたものを公開するかどうか は、その後ネタをどう扱うか次第 +Rejectに負けないメンタル重要! Copyright by Kunio Miyamoto 19
  20. 20. 読んどいたほうがよい情報 • 2013-02-27 FFRI-Tech-Meeting #5-1 「Black Hat Briefings」@ FFRI BLOG https://www.ffri.jp/blog/2013/02/2013-02- 27.htm – Black Hat の Review BoardでもあるFFRIの鵜飼さ んによるSpeaker参加のためのポイントが参考にな ります • 論文必勝法 http://www.ipsj.or.jp/journal/info/75NC.html – Reviewする立場の人たちの本音が結構見えてきま す Copyright by Kunio Miyamoto 20
  21. 21. Copyright by Kunio Miyamoto Danke! 21

×