Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Communication Between Medical Staff And Patients

4,416 views

Published on

  • If you want to download or read this book, copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... ...................................ALL FOR EBOOKS................................................. Cookbooks, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • -- DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT -- ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... (Unlimited)
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • -- DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT -- ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... (Unlimited)
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Download or read that Ebooks here ... ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Doc Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Communication Between Medical Staff And Patients

  1. 1. 患者中心の医療における今後の医療機関のコミュニケーションのあり方 -Now is the Time to Change your Paradigm- 株式会社メディカル・オブリージュ 代表取締役・医師(医学博士) 石見 陽 Copyright 2007-2008 © All rights reserved , Medical Oblige Co., Ltd.
  2. 2. Profile <ul><li>石見 陽(いわみ よう)  34 歳 千葉県出身 </li></ul><ul><li>平成 11 年 3 月 信州大学医学部卒業 </li></ul><ul><li>平成 11 年 4 月 東京女子医科大学循環器内科入局 </li></ul><ul><li>平成 13 年 4 月 東京女子医科大学循環器内科大学院入学 </li></ul><ul><li>平成 17 年 3 月 東京女子医科大学循環器内科大学院卒業 </li></ul><ul><li>平成 17 年 4 月 メディカル・オブリージュ代表取締役就任 </li></ul><ul><li>平成 19 年 8 月 東京女子医科大学循環器内科退職 </li></ul><ul><li>平成 19 年 9 月 Next Doctors 開設 </li></ul><ul><li>現在、東海大学医学部再生医療科学研究生 </li></ul>
  3. 3. About Medical Oblige Co., Ltd. 会社名 株式会社メディカル・オブリージュ 設立 2004 年 12 月 代表取締役 石見 陽(医師・医学博士) 役職員数 6 名(臨時従業員含む) 顧問 東海大学医学部再生医療科学教授 浅原 孝之 医学顧問 名古屋大学大学院医学系研究科循環器内科学教授 室原 豊明 所在地 東京都港区北青山  1-3-3  三橋ビル 4F 電話 03-3746-0690 FAX 03-3746-0691 Mail [email_address] 業務内容 医師・医学生向けコミュニティサイト運営 医師人材紹介会社一括登録サービス運営 透析施設検索サービス運営
  4. 4. Next Doctors とは? 医師・医学生限定の質問回答コミュニティ 2007 年 9 月 open 質問・回答 2009 年 9 月に 10,000 名突破予定 2007.9 2008.3 2009.9
  5. 5. 目次 <ul><li>コミュニケーションの現実~Next Doctorsでの実例 </li></ul><ul><li>今までの患者・病院間の情報の流れ・コミュニケーションを振り返る </li></ul><ul><li>米国での患者中心の医療の流れ~Health 2.0~ </li></ul><ul><li>日本での患者間情報共有サービスの現状 </li></ul><ul><li>医療スタッフ、病院としてトレーニングに活用していくには? </li></ul>http://flickr.com/groups/changemakers/
  6. 6. 目次 <ul><li>コミュニケーションの現実~Next Doctorsでの実例 </li></ul><ul><li>今までの患者・病院間の情報の流れ・コミュニケーションを振り返る </li></ul><ul><li>米国での患者中心の医療の流れ~Health 2.0~ </li></ul><ul><li>日本での患者間情報共有サービスの現状 </li></ul><ul><li>医療スタッフ、病院としてトレーニングに活用していくには? </li></ul>http://flickr.com/groups/changemakers/
  7. 7. 参考資料  患者は感謝の気持ちを・・・  患者は不満の気持ちを・・・ ◎ 調査責任 株式会社 QLife ◎ 調査対象:診療所・歯科医院で働く医師・歯科医師(勤務医を含む) 308 人 ◎ 回収数 :242 人(回収率 79% )(有効回答率 78% )、医師:歯科医師= 65% : 35% ◎ 調査方法:インターネット調査 ◎ 調査時期: 2007/11/09 ~ 2007/11/13 医師は、患者の 50% は不満を伝えていないと考えている。
  8. 8. 参考資料  患者の口コミ情報は・・・  患者の口コミ情報は・・・ 80% の医師は、患者の口コミ情報が増えると考えている。 ◎ 調査責任 株式会社 QLife ◎ 調査対象:診療所・歯科医院で働く医師・歯科医師(勤務医を含む) 308 人 ◎ 回収数 :242 人(回収率 79% )(有効回答率 78% )、医師:歯科医師= 65% : 35% ◎ 調査方法:インターネット調査 ◎ 調査時期: 2007/11/09 ~ 2007/11/13
  9. 9. 参考資料 ◎ 調査責任 株式会社 QLife ◎ 調査対象:読売新聞社 yorimo 会員(一般国民) ◎ 回収数 :5083 人(有効回答率 93% ) ◎ 調査方法:インターネット調査 ◎ 調査時期: 2007/11/29 ~ 2007/12/09 50% の患者が医師のコミュニケーションレベルが向上したと回答
  10. 10. 参考資料 ◎ 調査責任 株式会社 QLife ◎ 調査対象:読売新聞社 yorimo 会員(一般国民) ◎ 回収数 :5083 人(有効回答率 93% ) ◎ 調査方法:インターネット調査 ◎ 調査時期: 2007/11/29 ~ 2007/12/09 70% の患者が、会話時間を増やしてほしいと回答。
  11. 11. Next Doctors 調査 ◎ 調査責任 Next Doctors (運営管理:株式会社メディカル・オブリージュ) ◎ 調査対象: Next Doctors 会員医師 ◎ 回収数 :143 人(有効回答率 100% ) ◎ 調査方法:インターネット調査 ◎ 調査時期: 2008/2/1 ~ 2008/2/15 40point の差! 医師の努力⇒患者の認知 = 40point の差 コミュニケーション・ギャップ 医師に限らず、医療従事者(病院側=サービス提供者)の努力は伝わりにくい
  12. 12. 医療サービスの向上 <ul><li>量⇒人員確保・労働時間増加・院内設備投資等 </li></ul><ul><li>質⇒ 医療従事者教育 ・院内ソフト面の充実 </li></ul>
  13. 13. 目次 <ul><li>コミュニケーションの現実~Next Doctorsでの実例 </li></ul><ul><li>今までの患者・病院間の情報の流れ・コミュニケーションを振り返る </li></ul><ul><li>米国での患者中心の医療の流れ~Health 2.0~ </li></ul><ul><li>日本での患者間情報共有サービスの現状 </li></ul><ul><li>医療スタッフ、病院としてトレーニングに活用していくには? </li></ul>http://flickr.com/groups/changemakers/
  14. 14. 今までの情報・コミュニケーションの流れ 医療従事者主導 情報・コミュニケーションの主導権は 医療サービス提供側・マスメディア 紙媒体 ランキング 情報の流れは一方通行 ウェブ媒体
  15. 15. 最近の情報・コミュニケーションの流れ 情報・コミュニケーションの流れは「均一」の方向に 双方向の流れ By ciro@tokyo 情報の発信源は消費者にも web の進化 消費者・情報のネットワーク化 闘病体験・病院の口コミ
  16. 16. 目次 <ul><li>コミュニケーションの現実~Next Doctorsでの実例 </li></ul><ul><li>今までの患者・病院間の情報の流れ・コミュニケーションを振り返る </li></ul><ul><li>米国での患者中心の医療の流れ~Health 2.0~ </li></ul><ul><li>日本での患者間情報共有サービスの現状 </li></ul><ul><li>医療スタッフ、病院としてトレーニングに活用していくには? </li></ul>http://flickr.com/groups/changemakers/
  17. 17. その前に、 web2.0 とは・・・? <ul><li>「インターネットが便利になった、ということ。」 </li></ul><ul><ul><li>(2007.1.17- 小川浩氏  Web Business Shuffle 2.0 より) </li></ul></ul>誰でもが、安く、迅速に、自分の意見を発信したり、他人の意見を集約することが可能になった。 透明性重視・フラットな社会 すごく噛み砕くと、 Tim O'Reilly; 2005 http://www.oreillynet.com/pub/a/oreilly/tim/news/2005/09/30/what-is-web-20.html
  18. 18. web 2.0 「的」サービス① You Tube: 動画共有サービス
  19. 19. web 2.0 「的」サービス② flickr: 画像共有サービス
  20. 20. web 2.0 「的」サービス③ Wikipedia: 誰もが編集できる、オンライン百科事典
  21. 21. web 2.0 「的」サービス④ ブログ
  22. 22. web 2.0 「的」サービス⑤ Amazon: オンライン書店
  23. 23. web 2.0 の特徴(抜粋) <ul><li>サービス提供者とユーザが、コントロール関係ではなく、協調関係を築いている。 </li></ul><ul><li>サービス提供者はユーザを信頼していて、ユーザが価値を付加している </li></ul><ul><li>集合的知性を活用している(利用型->参加型) </li></ul><ul><li>ネットを通じたリッチ(テキスト・画像・動画など)な体験 </li></ul><ul><li>ロングテール </li></ul><ul><li>永久にベータ版 </li></ul><ul><ul><li>(進化し続ける) </li></ul></ul>日系ビジネスオンライン: http://business.nikkeibp.co.jp/article/nmg/20071022/138239/
  24. 24. Health 2.0 とは? <ul><li>Health 2.0 とは? </li></ul><ul><ul><li>現時点では、直接的に医療システムに影響を及ぼすものではなく、 web2.0 による消費者メインの視点をヘルスケア分野に応用するものである。つまり、医療分野における web2.0 的な、 a) 検索 , b) コミュニティ , c) 個人や団体向けなどのツールを指す。(上記定義はいまだ不明確なものであり、これらツールと既存医療システムとをいかに接合していくかについての結論は得られていない。)~ Health 2.0 conference HP より </li></ul></ul><ul><ul><li>Health 2.0 is user-generated aspects of Web2.0 within health care but not directly interacting with the mainstream health care system. That means, a) search, b) communities, c) tools for individual and group consumer use. But clearly there are blurring boundaries between all these, and the question of connecting Health2.0 user-generated content to the wider health care system--which hasn‘t exactly adopted Web1.0 with a flourish yet--is still open. </li></ul></ul><ul><li>Patient Generated Healthcare (患者本位の医療) </li></ul><ul><ul><li>アメリカ発 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>http://www.health2con.com/ </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>ヨーロッパにも波及してきている考え方・行動 </li></ul></ul><ul><ul><li>Keywords </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Data portability-PHR (個人健康記録) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>Patient Generated Media-PGM </li></ul></ul></ul>
  25. 25. Health 1.0 & Health 2.0 Dr. Scott Shreeve による比較表 -TOBYO の和訳を転載 http://www.tobyo.jp/tobyoblog/2007/394.html
  26. 26. Health 2.0 「的」サービス① CNET Japan 2008/2/29: http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20368434-2,00.htm システムには患者の健康記録がすべて保存される。別の医療機関のシステムから記録をインポートできるだけでなく、医師を探したり、「 Google Scholar 」やディスカッショングループなどの情報提供元から病気の情報を得たりすることもできる。 (下記記事より抜粋) PHR
  27. 27. Health 2.0 「的」サービス② icyou: 医療関連動画共有
  28. 28. Health 2.0 「的」サービス③ Health ranker: 医療関連ニュース共有
  29. 29. Health 2.0 「的」サービス④ Vitals: 3 方面評価による医療検索
  30. 30. 最終型は・・・? 患者主導 自分(患者)の情報は自分の手に パワーシフト???
  31. 31. 協働関係に至るまで 理想的な両者の関係性は未だ不明(どちらかが優位である必要があるのか?患者としての権利を主張する人がいる一方、パターナニズムを求める人もいる事実)であり、現代は重要な移行期である。 いずれにせよ、患者本位の医療が求められている、という事実は変わらない。 医療従事者 > 患者 重(がん等) 医療従事者 < 患者 軽(風邪等) 両者の関係性 疾病重傷度
  32. 32. 目次 <ul><li>コミュニケーションの現実~Next Doctorsでの実例 </li></ul><ul><li>今までの患者・病院間の情報の流れ・コミュニケーションを振り返る </li></ul><ul><li>米国での患者中心の医療の流れ~Health 2.0~ </li></ul><ul><li>日本での患者間情報共有サービスの現状 </li></ul><ul><li>医療スタッフ、病院としてトレーニングに活用していくには? </li></ul>http://flickr.com/groups/changemakers/
  33. 33. Health 2.0 「的」サービス in Japan① http:// www.tobyo.jp / TOBYO: 闘病体験記共有
  34. 34. Health 2.0 「的」サービス in Japan② http:// www.tusinbo.com / http:// www.qlife.jp / Q Life: 病院口コミ共有 病院の通信簿 : 病院口コミ共有
  35. 35. 目次 <ul><li>コミュニケーションの現実~Next Doctorsでの実例 </li></ul><ul><li>今までの患者・病院間の情報の流れ・コミュニケーションを振り返る </li></ul><ul><li>米国での患者中心の医療の流れ~Health 2.0~ </li></ul><ul><li>日本での患者間情報共有サービスの現状 </li></ul><ul><li>医療スタッフ、病院としてトレーニングに活用していくには? </li></ul>http://flickr.com/groups/changemakers/
  36. 36. 流れの整理 医療者のコミュニケーションの変化 パワーバランスの変化 情報の流れの変化 医療サービスの変化 web2.0 health2.0
  37. 37. 医療従事者としてどうあるべきか? <ul><li>Key Words </li></ul><ul><ul><li>パラダイムが変わりつつある </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>井戸端会議はネット上へ </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>「あの病院、受付の対応が良いよね」 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>「あの病院の看護師さん、きちんと謝ってくれたよ」 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>流れは必然である </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>プロシューマーと関わる(ウィキノミクスより) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>クレーム発生時こそファン獲得のチャンス </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>透明化・フラット化 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>隠蔽からは何も生まれない </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>消費者からの情報が上部へあがる「仕組み」「教育」を </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>医療事故調査委員会等の流れ </li></ul></ul></ul>
  38. 38. どうもありがとうございました。 本講義資料に関しては、一部転載も含め、 多くの情報を TOBYO 開発ブログから得ております。 TOBYO 開発ブログ  http:// www.tobyo.jp/tobyoblog

×