Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

第5回品川Redmine勉強会の資料

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 49 Ad

More Related Content

Advertisement

第5回品川Redmine勉強会の資料

  1. 1. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーがRedmineを 使いこなすとは? 1 ∼ Redmine補完計画 ∼ 13年6月25日火曜日
  2. 2. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 今日は議論の日としたい 2 Redmineの勉強会ですが,議論に価値を置きました. なので... 既存の発想枠からはみ出す課題を出します. また... Redmineの拡張を想像しましょう. その問題意識がRedmineを進化させます. 13年6月25日火曜日
  3. 3. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 過去に無かったであろうな議論 3 例えば... No Ticket, No Commit. Scrum, Agile ...も忘れましょう. Redmineでこんなことができたら... という発想をもちましょう. 13年6月25日火曜日
  4. 4. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 参考書を片手に...いざ! 4 Redmineプラグインリスト http://www.r-labs.org/projects/r-labs/plugin_list/index Redmine用語解説 http://redmine.jp/glossary/ 13年6月25日火曜日
  5. 5. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーの役割とは? 5 本日は,典型的な中間管理職を定めて,議論をしましょう. 1. マネジャーはスタープレイヤーではない. 彼等に成果を挙げてもらう環境を作る. 2. マネジャーは経営者ではない. 成果の方向性を独自に解釈してはいけない. 3. マネジャーは組織の生産性を高めなければならない. また[生産性=顧客にとっての価値]が問われる立場でもある. ※[⽣生産性=効率を重視する]という⽴立場ではありません. 13年6月25日火曜日
  6. 6. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 顧客にとっての価値とは? 6 ※[⽣生産性=効率を重視する]という⽴立場ではありません. 13年6月25日火曜日
  7. 7. ‣ そもそも顧客自身がそれを知っているのか? 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 顧客にとっての価値とは? 6 ※[⽣生産性=効率を重視する]という⽴立場ではありません. 13年6月25日火曜日
  8. 8. ‣ そもそも顧客自身がそれを知っているのか?         アウトプット              成果 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 顧客にとっての価値とは? 6 ※[⽣生産性=効率を重視する]という⽴立場ではありません. 13年6月25日火曜日
  9. 9. ‣ そもそも顧客自身がそれを知っているのか?         アウトプット              成果 ⽣生産性  =  ─  ─  ─  ─  ─  ─  =  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─   2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 顧客にとっての価値とは? 6 ※[⽣生産性=効率を重視する]という⽴立場ではありません. 13年6月25日火曜日
  10. 10. ‣ そもそも顧客自身がそれを知っているのか?         アウトプット              成果 ⽣生産性  =  ─  ─  ─  ─  ─  ─  =  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─                 インプット          投下した労⼒力・時間 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 顧客にとっての価値とは? 6 ※[⽣生産性=効率を重視する]という⽴立場ではありません. 13年6月25日火曜日
  11. 11. ‣ そもそも顧客自身がそれを知っているのか?         アウトプット              成果 ⽣生産性  =  ─  ─  ─  ─  ─  ─  =  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─                 インプット          投下した労⼒力・時間 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 顧客にとっての価値とは? 6 ※[⽣生産性=効率を重視する]という⽴立場ではありません. 13年6月25日火曜日
  12. 12. ‣ そもそも顧客自身がそれを知っているのか?         アウトプット              成果 ⽣生産性  =  ─  ─  ─  ─  ─  ─  =  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─                 インプット          投下した労⼒力・時間 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 顧客にとっての価値とは? 6 ※[⽣生産性=効率を重視する]という⽴立場ではありません. 13年6月25日火曜日
  13. 13. ‣ そもそも顧客自身がそれを知っているのか?         アウトプット              成果 ⽣生産性  =  ─  ─  ─  ─  ─  ─  =  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─                 インプット          投下した労⼒力・時間 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 顧客にとっての価値とは? 6 ※[⽣生産性=効率を重視する]という⽴立場ではありません. これってなんですか? 13年6月25日火曜日
  14. 14. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 今日の本題 7 13年6月25日火曜日
  15. 15. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 今日の本題 7 [分母:投下コスト]を小さくすることではありません. 13年6月25日火曜日
  16. 16. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 今日の本題 7 [分母:投下コスト]を小さくすることではありません. [分子:成果]を最大にしましょう. 13年6月25日火曜日
  17. 17. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 今日の本題 7 [分母:投下コスト]を小さくすることではありません. [分子:成果]を最大にしましょう. ※⽇日経SYSTEMS最新記事によれば,ガントチャート代わりにRedmineを利⽤用してい るようですが,別に喧嘩を売っているわけではありません(*^_̲^*) 13年6月25日火曜日
  18. 18. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 今日の本題 7 [分母:投下コスト]を小さくすることではありません. [分子:成果]を最大にしましょう. ※⽇日経SYSTEMS最新記事によれば,ガントチャート代わりにRedmineを利⽤用してい るようですが,別に喧嘩を売っているわけではありません(*^_̲^*) Redmineの本質に迫るためと,ご理解ください. 13年6月25日火曜日
  19. 19. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 今日の本題 7 [分母:投下コスト]を小さくすることではありません. [分子:成果]を最大にしましょう. ※⽇日経SYSTEMS最新記事によれば,ガントチャート代わりにRedmineを利⽤用してい るようですが,別に喧嘩を売っているわけではありません(*^_̲^*) Redmineの本質に迫るためと,ご理解ください. ちなみに「チケット」をRedmine原作者は「issue」と呼んでおり,プラグインの多 作者も  ①issue  tracking  ②project  hosting  ③project  management  ④time  tracking   の利⽤用範囲を紹介しています.(※  Mastering  Redmine  Andriy  Lesyuk  (著)) 13年6月25日火曜日
  20. 20. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーの知恵とは? 8 本日は,常識を見直して, 柔軟な視点で議論をしましょう. 本日は マネジャー視点で Redmineの拡張 あるいは補完するものを発注してみて下さい. 13年6月25日火曜日
  21. 21. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーの知恵とは? 9 13年6月25日火曜日
  22. 22. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーの知恵とは? 9 1. 問題を解こうと思うあまり,ドツボ(=徹夜)にはまる.   13年6月25日火曜日
  23. 23. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーの知恵とは? 9 1. 問題を解こうと思うあまり,ドツボ(=徹夜)にはまる.   2. 解の質を上げることに膨大な時間を割く.   13年6月25日火曜日
  24. 24. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーの知恵とは? 9 1. 問題を解こうと思うあまり,ドツボ(=徹夜)にはまる.   2. 解の質を上げることに膨大な時間を割く.   3. 知れば知るほど知恵が湧く?(知ることに時間を掛ける)   13年6月25日火曜日
  25. 25. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーの知恵とは? 9 1. 問題を解こうと思うあまり,ドツボ(=徹夜)にはまる.   2. 解の質を上げることに膨大な時間を割く.   3. 知れば知るほど知恵が湧く?(知ることに時間を掛ける)   4. とにかく個々の仕事を早くやる.(仕事をした気になる)   13年6月25日火曜日
  26. 26. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーの知恵とは? 9 1. 問題を解こうと思うあまり,ドツボ(=徹夜)にはまる.   2. 解の質を上げることに膨大な時間を割く.   3. 知れば知るほど知恵が湧く?(知ることに時間を掛ける)   4. とにかく個々の仕事を早くやる.(仕事をした気になる)   5. 数字の桁数にこだわる.(精度向上に執念・時間を掛ける)   13年6月25日火曜日
  27. 27. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーの知恵とは? 9 13年6月25日火曜日
  28. 28. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーの知恵とは? 10 1. 問題を解こうと思うあまり,ドツボ(=徹夜)にはまる.  → 問題を見極める. 2. 解の質を上げることに膨大な時間を割く.   3. 知れば知るほど知恵が湧く?(そういう時間を掛ける)   4. とにかく個々の仕事を早くやる.   5. 数字の桁数にこだわる.(精度向上に時間を掛ける)   13年6月25日火曜日
  29. 29. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーの知恵とは? 11 1. 問題を解こうと思うあまり,ドツボ(=徹夜)にはまる.  → 問題を見極める. 2. 解の質を上げることに膨大な時間を割く.  → イシューの質を上げる. 3. 知れば知るほど知恵が湧く?(そういう時間を掛ける)   4. とにかく個々の仕事を早くやる.   5. 数字の桁数にこだわる.(精度向上に時間を掛ける)   13年6月25日火曜日
  30. 30. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーの知恵とは? 12 1. 問題を解こうと思うあまり,ドツボ(=徹夜)にはまる.  → 問題を見極める. 2. 解の質を上げることに膨大な時間を割く.  → イシューの質を上げる. 3. 知れば知るほど知恵が湧く?(そういう時間を掛ける)  → 知りすぎるとバカになる.(それはノイズかもしれない) 4. とにかく個々の仕事を早くやる.   5. 数字の桁数にこだわる.(精度向上に時間を掛ける)   13年6月25日火曜日
  31. 31. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーの知恵とは? 13 1. 問題を解こうと思うあまり,ドツボ(=徹夜)にはまる.  → 問題を見極める. 2. 解の質を上げることに膨大な時間を割く.  → イシューの質を上げる. 3. 知れば知るほど知恵が湧く?(そういう時間を掛ける)  → 知りすぎるとバカになる.(それはノイズかもしれない) 4. とにかく個々の仕事を早くやる.  → やることを削る. 5. 数字の桁数にこだわる.(精度向上に時間を掛ける)   13年6月25日火曜日
  32. 32. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーの知恵とは? 14 1. 問題を解こうと思うあまり,ドツボ(=徹夜)にはまる.  → 問題を見極める. 2. 解の質を上げることに膨大な時間を割く.  → イシューの質を上げる. 3. 知れば知るほど知恵が湧く?(そういう時間を掛ける)  → 知りすぎるとバカになる.(それはノイズかもしれない) 4. とにかく個々の仕事を早くやる.  → やることを削る. 5. 数字の桁数にこだわる.(精度向上に時間を掛ける)  → 答えを出せるかにこだわる. 13年6月25日火曜日
  33. 33. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 価値ある仕事とは? 15 ※出典:「イシューからはじめよ」安宅和⼈人著 解の質 イシューの粒質 13年6月25日火曜日
  34. 34. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 価値ある仕事とは? 15 ‣ 顧客の価値に結びつく仕事の成分 とは?(※) ※出典:「イシューからはじめよ」安宅和⼈人著 解の質 イシューの粒質 13年6月25日火曜日
  35. 35. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 価値ある仕事とは? 15 ‣ 顧客の価値に結びつく仕事の成分 とは?(※) 成果  =  解の質  ×  イシューの粒質 ※出典:「イシューからはじめよ」安宅和⼈人著 解の質 イシューの粒質 13年6月25日火曜日
  36. 36. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 価値ある仕事とは? 15 ‣ 顧客の価値に結びつく仕事の成分 とは?(※) 成果  =  解の質  ×  イシューの粒質 ‣ イシューの質が高いとは? ※出典:「イシューからはじめよ」安宅和⼈人著 解の質 イシューの粒質 13年6月25日火曜日
  37. 37. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 価値ある仕事とは? 15 ‣ 顧客の価値に結びつく仕事の成分 とは?(※) 成果  =  解の質  ×  イシューの粒質 ‣ イシューの質が高いとは? 1) 本質に迫るものである. ※出典:「イシューからはじめよ」安宅和⼈人著 解の質 イシューの粒質 13年6月25日火曜日
  38. 38. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 価値ある仕事とは? 15 ‣ 顧客の価値に結びつく仕事の成分 とは?(※) 成果  =  解の質  ×  イシューの粒質 ‣ イシューの質が高いとは? 1) 本質に迫るものである. 2) それなくしては最後に りつけないもの である. ※出典:「イシューからはじめよ」安宅和⼈人著 解の質 イシューの粒質 13年6月25日火曜日
  39. 39. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 価値ある仕事とは? 15 ‣ 顧客の価値に結びつく仕事の成分 とは?(※) 成果  =  解の質  ×  イシューの粒質 ‣ イシューの質が高いとは? 1) 本質に迫るものである. 2) それなくしては最後に りつけないもの である. 3) プリミティブ&根源的である. ※出典:「イシューからはじめよ」安宅和⼈人著 解の質 イシューの粒質 13年6月25日火曜日
  40. 40. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーの視点とは? 16 13年6月25日火曜日
  41. 41. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii マネジャーの視点とは? 16 自身のプロジェクトを客観的に 見つめなければならない. 13年6月25日火曜日
  42. 42. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 本日の議論点 17 あなたがマネジャーのとあるプロジェクトでは,週次で定例会議を実 施しています.そこでメンバーから各自のタスクについて,報告を受 けます.ところが,進 しないタスクが見つかりました.そのメンバ ーらと何を議論しますか?(週次定例会議はチーム皆で議論します) 13年6月25日火曜日
  43. 43. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 本日の議論点 18 あなたがマネジャーのとあるプロジェクトでは,週次で定例会議を実 施しています.そこでメンバーから各自のタスクについて,報告を受 けます.ところが,進 しないタスクが見つかりました.そのメンバ ーらと何を議論しますか?(週次定例会議はチーム皆で議論します) 13年6月25日火曜日
  44. 44. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 本日の議論点 18 良いイシューを見つける通常の方法と Redmineの使いこなし(含プラグイン拡張) あなたがマネジャーのとあるプロジェクトでは,週次で定例会議を実 施しています.そこでメンバーから各自のタスクについて,報告を受 けます.ところが,進 しないタスクが見つかりました.そのメンバ ーらと何を議論しますか?(週次定例会議はチーム皆で議論します) 13年6月25日火曜日
  45. 45. 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 本日の議論点 18 良いイシューを見つける通常の方法と Redmineの使いこなし(含プラグイン拡張) イシューがなかなか見つからない場合の別な視点と Redmineの使いこなし(含プラグイン拡張) あなたがマネジャーのとあるプロジェクトでは,週次で定例会議を実 施しています.そこでメンバーから各自のタスクについて,報告を受 けます.ところが,進 しないタスクが見つかりました.そのメンバ ーらと何を議論しますか?(週次定例会議はチーム皆で議論します) 13年6月25日火曜日
  46. 46. 1. ものづくりの場合 2. 販売の場合 3. 商品開発の場合 4. 研究の場合 5. (経済的特性を持つ)遠隔地拠点の場合 6. 生データの場合 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 本日の議論点 19 仮説づくりにRedmineをどう活かす? シチュエーションを選びましょう. 13年6月25日火曜日
  47. 47. 1. 本質的な選択肢である. 逆に「なんちゃってissue」とは? 2. 深い仮説がある. (1) 共通性の発見 (2) 関係性の発見 (3) 分類(カテゴリー)の発見 (4) ルールの発見 3. 答えを出せる. 答えを出すために,新たな手法を作る余裕はない. 良いissueの条件とは? 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 本日の議論点 20 13年6月25日火曜日
  48. 48. 良いissueの条件とは? 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 本日の議論点 21 1. 本質的な選択肢である. 逆に「なんちゃってissue」とは? 2. 深い仮説がある. (1) 共通性の発見 (2) 関係性の発見 (3) 分類(カテゴリー)の発見 (4) ルールの発見 3. 答えを出せる. 答えを出すために,新たな手法を作る余裕はない. 今日はココだけ もしかしたら担当者には「断片的な気付き」があるのかもしれないが, 組織やマネジャーから見ると発見である. 13年6月25日火曜日
  49. 49. 1. 変数を削る 2. 視覚化する 3. 最終形からたどる 4. 「だから何?」を繰り返す 【類似】トヨタの「なぜなぜ5回」,QCフィッシュボーン図の詳細化 5. 極端な事例を考える 2013年6月29日 第5回品川Redmine By @tech_machii 本日の議論点 22 イシュー発見にRedmineをどう活かす? 13年6月25日火曜日

×