HCD-net ワークショップ part2

609 views

Published on

Published in: Design
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
609
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • HCD-net ワークショップ part2

    1. 1. ストーリーを集める
    2. 2. 本日はよろしく お願いします。 酒井 洋平 Yohei Sakai Twitter: @yhsk asUser Experience Specialist Service Planner was Interaction Designer User Interface Designer
    3. 3. HCDプロセスにおける『ストーリーを集める』とは?ストーリーを集めることは 要求定義の第一歩は人々・文脈・ 目的の理解 テーマとパターンをに役立ちます 発見することですストーリーから生み出されたものが人々に役立つのかを試みる方法が デザインは『世界を変える新しい何か』ユーザビリティ評価です をストーリーとして語ります Original Illustration @ http://www.slideshare.net/StorytellingUX/storytelling-for-ux-workshop
    4. 4. HCDプロセスにおける『ストーリーを集める』とは?・ユーザーリサーチ ・カードソーティング・フィールドワーク ・親和図法・エスノグラフィ ・KJ法・文脈的質問法 ・ペルソナ・インタビュー ・シナリオ・ウォークスルー ・ストーリーボード・オズの魔法使い ・ストーリーマッピング・ユーザビリティテスト ・ワイヤーフレーム・分析 ・プロトタイピング Original Illustration @ http://www.slideshare.net/StorytellingUX/storytelling-for-ux-workshop
    5. 5. HCDプロセスにおける『ストーリーを集める』とは?ストーリーを ストーリーを 集める 選ぶストーリーを ストーリーを 使う・試す 作る Original Illustration @ http://www.slideshare.net/StorytellingUX/storytelling-for-ux-workshop
    6. 6. ストーリーのソースストーリーを集める対象 • ターゲットセグメント / ユーザー • ビジネスステークホルダー • 同僚
    7. 7. ストーリーのソースストーリーを集める対象 • サーチログ • サーバログ • オンラインフォーラム / コミュニテイ • カスタマーサービスの記録 • トレーニングとセールスデモの記録 • マーケティング部門 / 顧客満足度調査
    8. 8. ストーリーを集める わかりやすい例
    9. 9. 是枝裕和監督作品 映画ワンダフルライフ
    10. 10. HCDプロジェクトとしての「ワンダフルライフ」ゴール:インフォーマントの成仏 条件:映像により記憶を再現成果物:映像 方法:インタビュー調査
    11. 11. HCDプロジェクトとしての「ワンダフルライフ」プロセス: ・インタビュー ・ストーリー共有、レビュー ・撮影セットプロトタイピング ・撮影セット検証 ・撮影、リリース
    12. 12. インタビュー:人生で一番印象に 残ったこと
    13. 13. 「ワンダフルライフ」におけるインタビュー映像再現する=コンテクスト収集- ナラティブやアネクドートから- コンテクストの断片を集めて- イメージを引き出す、生み出す
    14. 14. 「ワンダフルライフ」におけるインタビューコンテクスト・誰が / いつ / どこで・ 何を / なぜ / どのように
    15. 15. 「ワンダフルライフ」におけるインタビュー感情 / 感覚・喜 怒 哀 楽 / 難しい / 困る・五感: 視 聴 味 触 温
    16. 16. • 半構造化インタビューが便利 ポイント• クローズドクエスチョン ・あなたが話したい• オープンクエスチョン  活動について質問 ・活動のイメージを  得るための質問 ・特定の事例に  ついて質問 ・ある状況の  ストーリー全体  について詳細を  質問
    17. 17. 構造に基づいた効率的なノートテイク ポイント• Agile UXにも有効 ・デモグラフィック • インタビュー中にメモしやすい ・アクション • キャスト化、ペルソナ化しやすい ・ニーズ ・ストーリーメモ ・いつ ・どこで ・何を ・(誰と) ・どうやって ・どうした ・その理由 ・その他の  ディティール
    18. 18. 面接のスキルを求められる全ての人へ。調査のデザインから分析、報告書の書き方まで、全プロセスを平易に解説した調査的面接法に関する体系的かつ実践的な入門書。2002年刊の第2版。単行本: 196ページ出版社: ナカニシヤ出版; 第2版 (2005/05)ISBN-10: 4888489602ISBN-13: 978-4888489607発売日: 2005/05
    19. 19. ありがとう ございました酒井 洋平 Twitter: @yhskYohei Sakai
    20. 20. ワークショップストーリーを集める & ストーリーを選ぶ
    21. 21. Timetable13:00-13:05 イントロダクション(浅野先生)13:05-13:20 ストーリーテリングとUX(脇阪)13:20-13:40 ストーリーを集める(酒井)13:40-14:10 WS:ストーリーを聞く・集める(30min)14:10-14:20 休憩14:20-14:50 ストーリーをクラフトする(前田)14:50-15:50 WS:ストーリーをクラフトする・伝える(60min)15:50-16:00 休憩16:00-16:35 ストーリーテリング(各グループ代表)16:35-16:50 プレゼンテーション(安藤先生)16:50-17:00 クロージング(浅野先生)
    22. 22. Timetable13:00-13:05 イントロダクション(浅野先生)13:05-13:20 ストーリーテリングとUX(脇阪)13:20-13:40 ストーリーを集める(酒井)13:40-14:10 WS:ストーリーを聞く・集める(30min)14:10-14:20 休憩14:20-14:50 ストーリーをクラフトする(前田)14:50-15:50 WS:ストーリーをクラフトする・伝える(60min)15:50-16:00 休憩16:00-16:35 ストーリーテリング(各グループ代表)16:35-16:50 プレゼンテーション(安藤先生)16:50-17:00 クロージング(浅野先生)
    23. 23. ワークショップの流れWS前半 •リアリーリスニングによってアネクドートを聞く ストーリーを集める •ストーリーに役立つアネクドートを選ぶ ストーリーの素材が揃うWS後半 •選んだストーリーを構造にあてはめる ストーリーをクラフトする •ストーリーにディテールを加える ストーリーが組み上がる •ストーリーを使ってアイディアを生み出す アイディアの創造 ストーリーを使う •ストーリーによってアイディアを評価する アイディアのレビュー •オーディエンスにストーリーを共有する オーディエンスへの ストーリーを共有する ストーリーの共有
    24. 24. 英雄構造を使って骨子をつくるアネクドートを抽出 ストーリーテリングワークショップ開始 (+アクティングアウト)
    25. 25. ストーリーを伝えるターゲットオーディエンス 役割:戦略やビジョン、経営の方向性を定める。 ゴール:時代の先を見据える。 目的:優れた製品を、オンタイムで予算内で、提供すること。 いらだち:昨日考えていたことにはまり込んでいるストーリー。 経営者 それは私のビジョンに合うのか? 勝つための方法:戦略に繋げる、あるいは新しいトレンドを示す。 役割:製品やサービスを利用する人。 役割:デシジョンメーカー、コーチ、スケジュールキーパー。 ゴール:その製品やサービスを利用して、目的を達成する。 ゴール:全体像を掴み、トレードオフを理解し、プロジェクトを前に進める。 目的:その製品やサービスが自分にとって価値のあるものか見極めること。 目的:優れた製品を、オンタイムで予算内で、提供すること。 いらだち:自分にとって価値がないもの、役にたたないものを使うこと。 いらだち:関連点が見いだせそうにないストーリー。 プロダクトマネージャー ユーザー ただ、結果あるのみ。 “それ私にとって必要なの?” 勝つための方法:プロダクトゴールに繋げる、チームのエンゲージメントを高め、 前進する。
    26. 26. ストーリーを集める困ったことのストーリー・交通 :: タクシー・旅行 :: プランニング、予約・医療 :: 急病・読書 :: 情報収集
    27. 27. ストーリーを集める・2人1組または3人1組でチームを組みましょう  ・これから実際にアクティブリスニングを体験   してみましょう。  ・それぞれが交代で   「リスナー (リサーチャー)」   「ストーリーテラー (インフォーマント)」   「ノートテイカー」(3人組のチームの場合)   を体験します。  ・一回のセッション時間は5分、合計15分が目安です。
    28. 28. ストーリーを集める・ストーリーのテーマは「困った経験」についてです。  ・リスナー役   リサーチシナリオに従って、ストーリーテラーに   質問し、話を聞いてください。   アクティブリスニングを心がけてみてください。   あとで整理しやすいようにリサーチメモ用紙に   メモを取ってください。枠線はあくまで構造化の   補助なので、自由にメモ書きしてもかまいません。  ・ストーリーテラー   時間配分を目安に、ご自身の困った体験について   話してください。
    29. 29. ストーリーを集める・誰が、いつ、どこで、・ 何を、 なぜ 、どのように
    30. 30. ストーリーを選ぶ・グループ内でヒアリングした内容を共有してください。  ・自分がリスナーだった時に取ったメモから、   要点をチーム内に向けてストーリーテリング。・チーム内で共有されたストーリーから、際立ったものを 一つ選んでみましょう。(会場全体に共有します)・時間があれば、他のチームにはどんなストーリーが あったのかを見て回ってください。 手の開いている人と話してみるのも良いと思います。
    31. 31. お疲れ様でした

    ×