Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
第1回Fレックス研究会
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

0

Share

Download to read offline

目的に応じたLMSプラットフォームの選択と利用: 何ができるかではなく何をすべきかを考える

Download to read offline

LMSシンポジウム@広島修道大学にて報告
2014.02.15.

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

目的に応じたLMSプラットフォームの選択と利用: 何ができるかではなく何をすべきかを考える

  1. 1. LMSシンポジウム@広島修道大学 eラーニングは教育を変えるか?—LMSとその効果の測定— 2014.02.15. 目的に応じたLMSプラットフォームの選択と利用 —何ができるかではなく何をすべきかを考える— 浦野 研(北海学園大学) email: urano@hgu.jp / twitter: @uranoken 本日の資料 http://bit.ly/lms2014
  2. 2. 自己紹介 • 札幌市にある私立大学の英語教員 • 経営学部生のための英語授業を担当 • 第二言語習得研究者 • 研究に基づく授業を志向
  3. 3. 北海学園大学経営学部 • 一般企業への就職を目指す学生が多い • 学部内に独自の英語プログラム • ビジネスに特化したESP教育の導入
  4. 4. Learning L Management S System M
  5. 5. LMS
  6. 6. L M S の選択 • よくあるパターン • 目の前にあるプラットフォームを使う • 職場にある、同僚が使っている、etc.
  7. 7. L M S に踊らされる? • 実装された機能から授業を「逆算」 • 授業内の活動が制限されるおそれ • 「存在する機能のみしか使わない」
  8. 8. 本来は 指導法に関する理論や実践の蓄積 ⇓ 取り入れるべき活動の決定 ⇓ それを実現可能なLMSの選択
  9. 9. LMSを先に決めると LMSを選択 ⇓ 利用可能な機能(のみ)で授業を計画 ⇓ 授業のやり方を正当化できない
  10. 10. “Why did you want to climb Mount Everest?” “Because it’s there.”
  11. 11. “Why did you want to do that activity?” “Because it’s there (in my LMS).”
  12. 12. これでいいの?
  13. 13. (よくない!)
  14. 14. わたしの場合 • 第二言語習得研究の観点から • インプットを増やしたい • アウトプットも増やしたい
  15. 15. わたしの場合 • 授業運営の観点から • 授業はグループワークが中心 • ひとりでできることは教室外で
  16. 16. わたしの場合 • インプット • アウトプット • ひとりでやる課題 LMSに委ねたい
  17. 17. わたしの場合 • 目的に応じた複数のLMSsの使い分け • 授業ごとに異なるLMSs • 同じ授業内でも複数のLMSs
  18. 18. インプットを増やす • Moodleを利用 • 教科書準拠の音声・ビデオの視聴 • 理解度チェックの小テスト • サマリーを書いて投稿
  19. 19. アウトプットを増やす • メールを利用 • ビジネスメールを書いて送信 浦野 (2013) http://bit.ly/let_kansai2013b
  20. 20. 実際の提出課題 公開資料には掲載していません 興味のある方はご連絡ください
  21. 21. アウトプットを増やす • WordPress(ブログ)を利用 • 毎週与えられるテーマについて300語 以上の英語で書く 浦野 (2010) http://bit.ly/urano_2010_wordpress
  22. 22. 公開資料には掲載していません 興味のある方はご連絡ください
  23. 23. アウトプットを増やす • Glexaを利用 • 教室外での学生同士の自由な意見・ 情報交換 • 英語で録音 浦野 (2013) http://bit.ly/urano_2013_glexa
  24. 24. Glexa Forum 相互評価掲示板 http://www.chieru.co.jp/products/glexa/
  25. 25. Glexa Forum 相互評価掲示板 http://www.chieru.co.jp/products/glexa/
  26. 26. 活動とLMSのマッチング • メールを書く(だけ)の授業にMoodle 等のLMSを使うのは大げさ • Gmailのようなメールサービスで十分
  27. 27. 活動とLMSのマッチング • オンラインでたくさん書く(だけの) 活動にMoodle等を使うのは大げさ • WordPressブログで十分
  28. 28. 活動とLMSのマッチング • ファイルの提出といったシンプルな課 題なら全学で導入しているLMSを選択 • 他の授業などで使い慣れている
  29. 29. 要するに
  30. 30. 適材適所の使い分け
  31. 31. ただし
  32. 32. 問題もある
  33. 33. 使い分けの問題点 • 管理の煩雑さ • 異なるUIによる使いにくさ、不便さ • その都度ログインし直す不便さ • シングルサインオンで解決できるか
  34. 34. Moodleの良さ • 機能の多さ +豊富なプラグイン • 外国語授業を1つのLMSで賄うならベス トの選択
  35. 35. まとめ • 指導法に関する理論や実践の蓄積に基 づいた授業設計が大切 • それに合わせてLMSを選択する • 場合によっては1つの授業内で複数の LMSsを組み合わせることもあり得る • ただしそれには問題もある Fin
  36. 36. 紹介した実践に関する報告 • 浦野研. (2010). Fluency 獲得を 目指した教室ライティング活動におけるブログの利 • 浦野研. (2012/02/23). NanoGong を利用した教室外英語スピーキング活動. 用. 『北海学園大学学園論集』 第145号, 15–30. http://bit.ly/urano_2010_wordpress MoodleMoot Japan 2012(三重大学). http://www.urano-ken.com/research/ • works.html#urano_2012b 浦野研. (2012/08/09). Moodle を利用した教室外スピーキング活動. 外国語教育メ • research/works.html#urano_2012e 浦野研. (2013/05/11). 大学でのオーラル系授業における Glexa の導入. 外国語教育メ • urano_2013_glexa 浦野研. (2013). NanoGongを利用して教室外でスピーキング活動を行う. 中西大輔・ ディア学会第52回全国研究大会(甲南大学). http://www.urano-ken.com/ ディア学会関西支部2013年度春季研究大会(同志社女子大学). http://bit.ly/ 大澤真也 (編著), 『Moodle事始めマニュアル: Ver.1.9および2.4対応』 (pp. 178– 180). https://sites.google.com/site/ozawashinya/elearning/moodlemanual

LMSシンポジウム@広島修道大学にて報告 2014.02.15.

Views

Total views

1,978

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

544

Actions

Downloads

8

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×