Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

大学の英語ライティング授業における TBLTの導入

2,386 views

Published on

2013年度LET関西支部秋季研究大会実践報告
2013.10.12. @ 関西大学

Published in: Education, Technology
  • Be the first to comment

大学の英語ライティング授業における TBLTの導入

  1. 1. 大学の英語ライティング授業における TBLTの導入 浦野 研(北海学園大学) email: urano@hgu.jp/ twitter: @uranoken 2013年度LET関西支部秋季研究大会@関西大学 2013.10.12. 本日の資料 http://bit.ly/let_kansai2013b 発表要項集 p. 18
  2. 2. English for Specific Purposes
  3. 3. English for Specific Purposes E S P
  4. 4. • 日本の大学でも導入が進んでいる • 理系(薬学・医学・工学等)が中心 教育E S P
  5. 5. • 進路の狭い分野ほど導入しやすい • 英語学習の目標が明確に定まる 教育E S P
  6. 6. • 文系学部にも導入可能 • たとえば発表者の勤務先 教育E S P
  7. 7. 北海学園大学経営学部 • 一般企業への就職を目指す学生が多い • 学部内に独自の英語プログラム • ビジネスに特化したESP教育の導入
  8. 8. ESP教育の基本
  9. 9. • 学習者のニーズに基づいた英語教育 • 「使える」英語力を身につける ESP教育の基本
  10. 10. 「使える」英語力の例 • 取引先からの英語の電話に応対できる • 英語のマニュアルを見ながら新しい機器 を使うことができる • 自社の製品パンフレットの英語版を作成 できる
  11. 11. 「使える」英語力の例 • 取引先からの英語の電話に応対できる • 英語のマニュアルを見ながら新しい機器 を使うことができる • 自社の製品パンフレットの英語版を作成 できる できる できる できる
  12. 12. • ESP では具体的な到達目標を設定する • TBLT との親和性が高い できるできるできる「できる」
  13. 13. TBLT
  14. 14. T B L T ask ased anguage eaching
  15. 15. • 意味重視 • 現実の言語使用に近い • タスクの達成を優先 • タスクの達成度で評価 TBLTの定義 Skehan (1996)
  16. 16. 1. Target Task の決定 2. Task 分析・分類 3. Pedagogic Task の作成 4. Task Sequence の決定 TBLTの実践
  17. 17. • ニーズ分析 • Target Situation Analysis の重要性 • in-service people • domain experts • target discourse 等 1. Target Task の決定 Long (2005)
  18. 18. • Pedagogic Task(後述)作成のため • Target Task の構成要素を分析する • Task Type 2. Task 分析・分類
  19. 19. • Task Difficulty, Task Complexity を調整 • 学習者の能力・年齢等に合わせる 3. Pedagogic Task の作成
  20. 20. • 易→難 • 同じタスクの繰り返し • Task Repetition(後述) • 文法指導等の活動を挟む、等 4. Task Sequence の決定
  21. 21. Task Repetition
  22. 22. Task Repetition • 同じ (Pedagogic) Task を繰り返す • 1回目は意味内容に意識が集中する • 2回目以降は言語形式にも注意が向く • Form-Meaning Mapping が起こる Bygate (2001)
  23. 23. Task Repetition • 先行研究では... • Fluency と Complexity の向上に寄与 • Accuracy はあまり高まらない • 形式への注意は高まる Bygate (2001); Gass et al. (1999); Hawkes (2012)
  24. 24. Repetition の種類
  25. 25. • Exact Repetition • まったく同じタスクを繰り返す • Procedural Repetition • 同種のタスクで中身(情報)を変える Repetition の種類 Kim & Tracy-Ventura (2013)
  26. 26. • 先行研究では... • Procedural Repetition の方が • 正確さが高まる • 言語形式への注意も高まる Repetition の種類 Kim (2013); Patanasorn (2010)
  27. 27. ここまでのまとめ
  28. 28. • Task Repetition について • 明確な効果を謳うほどの蓄積はない • 先行研究はオーラル系のものが中心 • 他のエリアで試してみてもよいかも ここまでのまとめ
  29. 29. 実践報告
  30. 30. • 経営学部生向けの英語プログラム • 3年次のライティング科目(定員15名) • 2年次ライティング科目を履修した学生 • 半期15回 実践報告
  31. 31. • TBLT の導入 • Target Task: ビジネスメールを書ける • Task Repetition を採用 • Exact & Procedural Repetition 実践報告
  32. 32. • 塩川 (2008) • 文例や定型表現の学習に留まらない • TBLT 導入に適した課題 • Business Simulations 教科書
  33. 33. 教科書 Unit 01 メールの構成要素 Unit 08 依頼・問い合わせへの応答 Unit 02 表記の基本 Unit 09 見積もり Unit 03 通知 Unit 10 発注と受注 Unit 04 アポイントメント Unit 11 発送と受領 Unit 05 依頼 Unit 12 苦情と催促 Unit 06 お礼 Unit 13 苦情への謝罪と弁明 Unit 07 問い合わせ Unit 14 社交メール
  34. 34. 教科書 Unit 01 メールの構成要素 Unit 08 依頼・問い合わせへの応答 Unit 02 表記の基本 Unit 09 見積もり Unit 03 通知 Unit 10 発注と受注 Unit 04 アポイントメント Unit 11 発送と受領 Unit 05 依頼 Unit 12 苦情と催促 Unit 06 お礼 Unit 13 苦情への謝罪と弁明 Unit 07 問い合わせ Unit 14 社交メール Business Simulations
  35. 35. • ユニットごとに Pedagogic Task を自作 • 宿題として書かせる • 授業でフィードバック(後述) • 修正の機会も用意(後述) Writing Assignments
  36. 36. 実際の提出課題(修正前) 公開資料には掲載していません 興味のある方はご連絡ください
  37. 37. 授業の流れ
  38. 38. • Business Simulation(2-3人で) • 教員によるフィードバック(全員で) • Writing Assignment(宿題) • ピア・フィードバック(2-3人で) • 教員によるフィードバック(全員で) • Writing Assignment 再提出(宿題) • 教員によるフィードバック(添削) 授業の流れ
  39. 39. • Business Simulation(2-3人で) • 教員によるフィードバック(全員で) • Writing Assignment(宿題) • ピア・フィードバック(2-3人で) • 教員によるフィードバック(全員で) • Writing Assignment 再提出(宿題) • 教員によるフィードバック(添削) 授業の流れ Pedagogic Task 1 Pedagogic Task 2 (Procedural Repetition) Pedagogic Task 3 (Exact Repetition)
  40. 40. 授業の流れ Pedagogic Task 1 Pedagogic Task 2 (Procedural Repetition) Pedagogic Task 3 (Exact Repetition) •タスクを3回繰り返す •12 Task Types • Business Simulation(2-3人で) • 教員によるフィードバック(全員で) • Writing Assignment(宿題) • ピア・フィードバック(2-3人で) • 教員によるフィードバック(全員で) • Writing Assignment 再提出(宿題) • 教員によるフィードバック(添削)
  41. 41. 課題作成
  42. 42. 課題作成 •Business Simulation と同じ Task Type に •現実に近いシチュエーションに • ESP 北海道による研究を参考に • ニーズ分析 • Target Discourse 分析
  43. 43. Outcome
  44. 44. • 最終課題(Assignment 13) • 先ほど紹介したのと同じ学生 • 添削前のもの Outcome
  45. 45. 公開資料には掲載していません 興味のある方はご連絡ください
  46. 46. まとめ
  47. 47. まとめ • ESP と TBLT は親和性が高い • Task Repetition が有効かもしれない • ビジネスメールを書く授業で TBLT • 同じ Task Type を 3 回ずつ繰り返す • 教材づくりにも工夫 Fin
  48. 48. 引用文献 • Bygate, M. (2001). Effects of task repetition on the structure and control of language. In M. Bygate, P. Skehan, & M. Swain (Eds.), Task-based learning: Language teaching, learning, and assessment(pp. 23–48). London: Longman. • ESP北海道. (2007). 『北海道の産業界における英語のニーズ』(財)北海道開発協会助成研究平 成17∼18年報告書. • Gass, S. M., Mackey, A., Fernandez, M., & Alvarez-Torres, M. (1999). The effects of task repetition on linguistic output. Language Learning, 49, 549–580. • Hawkes, M. (2012). Using task repetition to direct learner attention and focus on form. ELT Journal, 66, 327–336. • Kim, Y. (2013). Promoting attention to form through task repetition in a Korean EFL context. In K. McDonough, & A. Mackey (Eds.), Second language interaction in diverse educational settings(pp. 3– 24). Amsterdam: John Benjamins. • Kim, Y., & Tracy-Ventura, N. (2013). The role of task repetition in L2 performance development: What needs to be repeated during task-based interaction? System, 41, 829–840. • Long, M. H. (ed.) (2005a). Second language needs analysis. Cambridge: Cambridge University Press. • Patanasorn, C. (2010). Effects of procedural content and task repetition on accuracy and fluency in an EFL contexts. Unpublished PhD dissertation. Northern Arizona University, Flagstaff. • 塩川春彦. (2008). Interface: Effective business email. Tokyo: Macmillan LanguageHouse. • Skehan, P. (1996). A framework for the implementation of task-based instruction. Applied Linguistics, 17, 38–62.

×