Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

今から始める、Windows 10&新.NETへの移行戦略

29,100 views

Published on

2014/11/29 第7回 業開中心会議 にて
https://itmedia.smartseminar.jp/public/seminar/view/663

Published in: Technology
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

今から始める、Windows 10&新.NETへの移行戦略

  1. 1. 今から始める、Windows 10&新 .NETへの移行戦略 岩永信之
  2. 2. 本日のテーマ Windows 10 & .NET 2015を見据えて  今すぐに対応できること  .NET 2015までに準備すべきこと  おすすめの開発指針
  3. 3. まずなによりも、業務系において  .NETは「変えないこと」の大切さをわかってる 既存のアプリ 既存の.NET (.NET 4.5) 既存の.NETで動いてたなら だいたい※動く .NET vNext (.NET Core 5) • 事前Native化 • SIMD演算対応 • モジュール化 • ソースコード配置 既存の.NETの 延長 (.NET 4.6) .NET 2015世代の新機能 はランタイムの内部で 頑張ってるものが多い • アプリの変更少なく • アプリの適用範囲が広がる ※ ReflectionとかInteropとかで変なことしていなければほぼ
  4. 4. あらためて、本日のテーマ Windows 10 & .NET 2015を見据えて  今すぐに対応できること  .NET 2015までに準備すべきこと  おすすめの開発指針 割と、 「何かやることあったっけ?」 と言いたいレベル • Microsoftの組織変化 • .NETチームの開発体制変化 .NETを使う側も参考にすべき指針に
  5. 5. キーワード  “One .NET” Open  Every developers  Cloud
  6. 6. 互換性 本題の前に、どう「変わってないか」の話を 「変えないこと」の大切さをわかってる
  7. 7. .NET Frameworkと.NET Core  .NET 2015 .NET Framework ASP.NET 5 ASP.NET 4.6 WPF Windows Forms .NET Core ASP.NET 5 .NET Native Innovation • モジュール化 • オープンソース • Agileリリース • エコシステム • クロスプラットフォーム ASP.NET 5 for Mac and Linux Common Runtime Next gen JIT SIMD Compilers .NET Compiler Platform Language innovation NuGet packages .NET Core 5 Libraries .NET Framework 4.6 Libraries Compatibility • 既存デスクトップ • 既存サーバー ポイント 既存のものには下 手に手を入れない ポイント 既存環境にも最新の アプリ開発モデルをポイント 可能な限り旧環境にも オープンソースの成果を pull-req 受付 back porting とはいえ、4.6どころか…
  8. 8. .NETのサポートOS OS サポート期限.NETのバージョン Windows Server 2003 2010/7/13 2.0 R2 2015/7/14 4 Windows 7 / Windows Server 2008 R2 2015/1/13 2020/1/14 3.5.1 4.6 Windows 8 / Windows Server 2012 2018/1/9 2023/1/10 4.5 4.6 上段: メインストリーム 下段: 延長 現実的に多そう なのはこいつ? 上段: 標準インストール 下段: サポートする最新バージョン 業務におかれましては、サポート期限ギリギリのOSで、標準 インストールのバージョンの.NETでないと使えないことも 多々あるかと思われます
  9. 9. VS 2015でも、2.0, 3.5開発できます 古いバージョンのVisual Studioとの共存も可能 今はクライアントOSでもHyper-V動くし 実機開発でも、Visual Studio 2015はWindows 7に入る 「Windows 7だからVisual Studio 2008で開発」とかやめて
  10. 10. .NET 2.0でもC# 6.0使えます  C# 6.0  Getter-only auto-property  Expression bodied function  Using static  Null-conditional operators  String interpolation  nameof  Index initializers  Exception filters  Await in catch/finally 割と単純な構文糖衣ばっかり ライブラリ依存の機能なし .NET 2.0で動く .NET 4.5で動く 「Windows 7だからC# 3.0」とかやめて
  11. 11. 統制 統制取りたいから新機能使わせたくないって?  Privateな部分にうるさく言ってもしょうがない  C# 6.0が影響するのはprivateなところばかり int X(int x) { return x * x; } メソッドの外から見えてる情報 はここだけ(変わってない)  ここがレビューしにくいなら、何か別の問題あり  メソッド1個1個が大きすぎるとか  変数名がちゃんとついてないとか int X(int x) => x * x;
  12. 12. まとめ 既存のものは下手に触らず、新しい試み 古い環境向けのアプリも、最新のC#, .NET, Visual Studioで
  13. 13. “One .NET” 「縦割り」の改善 1つのエコシステム
  14. 14. “One” 今年に入ってから、“One”(1つになろう)を標語にしてる  “One Microsoft”  縦割り組織の改善  PC向けOSとモバイル向けOSで社内で争ってる場合じゃない  1つのOSコアに  1つの開発モデルに  1つのストアに  .NETも“One .NET”
  15. 15. “One .NET” 以前(.NET Framework) 現状: Profileベースのフレームワーク .NET for Windows Desktop .NET for Windows Store .NET for Server BCL※ Runtime BCL WinRT Interop BCL Runtime Runtime • ターゲットごとに違うフレーム ワーク(大きな赤枠)があって • 「どのフレームワークならどの クラスが使える」みたいなルー ル(Profile)を定めてる • 1つのインストーラーで全体の インストール • 多くのクラスがmscorlib.dllの中 WPF ASP.NET ※ Base Class Library
  16. 16. 問題: Profileの種類 現状はまだそこまで多重保守になってない  Desktop = Server  Store = Desktopのものに小細工して使ってる でも、これから  .NET Native, Cloud-optimized .NET  Xamarinとももっと協業して、Mac, Linux, iOS, Android • (小細工でなく真に) 違うものになるかもしれない • バリエーションも増える • しかも、あとからどんどん追加で増える可能性も
  17. 17. 問題: 全体をまとめて アップデートが大変 mscorlib 例えば: System.Xmlに脆弱性が 見つかりました! 全部のアプリがSystem.Xml使ってるわけじゃないけど • 直接はもう使わないのに… • 間接的にも使ってない確証得られない… mscorlibを使っていることには違いないし • バージョンアップしなきゃ! • テスト全部やり直し! • 多大な工数が!
  18. 18. “One .NET” (.NET Core)  .NET Core 5 Windows Desktop Windows Store Server WinRT Interop WPF ASP.NET パッケージ管理 (Ecosystem) BCL Runtime Xamarin .iOS Xamarin .Android … • 細かい単位に分けて、NuGetベース で必要な分だけ、必要なバージョ ンを参照 • 利用者がプラットフォーム選択で あれこれ悩む必要ない • NuGetパッケージの仕 組みを拡大 • BCLとNuGetパッケージ とプロジェクトを区別 しない • 実行環境自体もパッケージ管理の 仕組みを使ってside-by-side配布 one modularity agile in control 目標: 1つのエコシステムの上で、必要とされる部分を、素早く、制御可能な形で提供
  19. 19. “One .NET” になることで  .NETを利用する側として覚えておくといいのは  ターゲット指定の改善  ライブラリ参照管理の改善  パッケージ単位のコード解析・補完
  20. 20. ターゲット指定(旧): Profile選択ベース Portable Class Library: ターゲットを自分で選ぶ 共通部分 共通部分 これだけ使える ターゲットを増やすと 使える部分が減る
  21. 21. ターゲット指定(新): 依存関係ベース パッケージ管理: 何に依存しているかでターゲットが決まる System.Runtime System.Collections.Generic System.Linq System.Net.Http System.Threading.Tasks Microsoft.Win32.Registry My App 1 My App 2 どこでもは使えなさそうな ものを参照すると… ターゲットに制限がかかる ターゲット指定は1st パーティ製ライブラリだけがやればよくなるはず
  22. 22. ライブラリ参照(旧): .csprojプロジェクト形式 参照管理の仕組みがバラバラ BCL参照プロジェクト参照 .csproj内NuGetパッケージ参照 <Reference/>タグ .csproj内 <ProjectReference/> タグ packages.config + .csproj 内 <Reference/>タグ
  23. 23. ライブラリ参照(新): .kprojプロジェクト形式  JSON (project.json)でプロジェクト設定を管理※ "dependencies": { "Newtonsoft.Json": "", "System.Console": "", "Classlibrary1": "" NuGetパッケージ参照 BCLアセンブリ参照 .sln内プロジェクト参照 } "4.0.0-beta-22231", (必要ならバージョン を明示的に指定) ※ 補完が効くし、ツールチップヒントも出る GUIでの参照設定もちゃんとできる
  24. 24. 区別がなくなることで 例えばこんな開発フローが 1. 作ったアプリの中から共通利用できそうなところ抜き出す 2. 別プロジェクト化 3. それをNuGetパッケージ化して配布 4. 他のプロジェクトでMyGet越しでパッケージ参照 5. 他のプロジェクトからソースコードに手を入れる必要でてきたら git cloneしてプロジェクト参照 プロジェクト→ NuGetパッケージ化 NuGetパッケージ参照→ プロジェクト参照
  25. 25. パッケージ単位のコード解析・補完 今までの問題: 文脈読まずにコード補完  例: コードスニペット 依存関係プロパティ • XAML系プロジェクト • プロパティが書ける文脈でしか使わないのに これから: パッケージ単位で配布可能  .NET Compiler Platformを使って作ったコード解析をNuGet配布  ライブラリにコード解析を同梱可能  例えば…  JSONライブラリに、文字列リテラル中のJSON解析を付ける 常に出る
  26. 26. パッケージ単位のコード解析・補完 NuGet配布の例 自作のコード解析 自作のコード解析 が参照されてる コード解析が結果 (警告+ 書き替え)
  27. 27. まとめ 全部入りインストーラー→ 個別パッケージ配布に  制御可能な形で、素早く提供 「パッケージ化」を意識した開発を
  28. 28. Open Source .NET全体のオープンソース化
  29. 29. .NETのオープンソース化  .NET全体をオープンソース化※  .NET Home : 各プロジェクトへのリンクとドキュメント  .NET Core  以前からオープンだったもの  .NET Compiler Platform  ASP.NET  Entity Framework  コミュニティプロジェクトへのリンクも  Mono Project  JSON.NET  … ※ といってもまだ途中。随時公開中
  30. 30. オープンソース化の理由 クロスプラットフォームを維持可能な形で実現 コミュニティの活性化 新しい顧客の取り込み  既存顧客にとってもコミュニティが広がることはメリット  「Linuxで動かせるなら.NETをもっと活かせる」という要望は多い
  31. 31. もちろんビジネス構造の変化もあって Windowsの会社→ Azureの会社  Azureのデータセンターを使っていただけるなら、その上のOSは WindowsでもLinuxでも パッケージ売り→ サービス売り  Offide 365, Share Point, Dynamicsなどや、Azure上の各種サービスを使って いただけるなら、クライアントはiOSでもAndroidでも  Visual Studio Online  VS Onlineを使っていただけるなら、クライアントはEclipseでもSublimeで も
  32. 32. 日本の業務系でも: 大手にとっても 社内フレームワークが足かせになってはいないか  同じような機能ならオープンなものに勝てない  「オープンだから使ったことある」って人の調達と、1から社内フレー ムワークを覚えてもらうのと、どっちがコスト低いか  ググって出てこないものを使えない人  自社で作ったものもOpenな方が外注調達コスト下がってトータルで見 てお得になるかも
  33. 33. 日本の業務系でも: 開発者個人にとっても 自分自身の身元保証  開発者求人とか、とりあえず「コード見せろ」 中小だと法人でも同様、身元保証  聞いたこともないような会社、中身見えなくて誰が応募するのか
  34. 34. 業務系でも現実的なレベルになってきた Control  頻繁に更新されると動作保証ができない  → バージョン管理で「変えない」こともできる Governance  誰がコードの責任を持つの?  → 統制自体はマイクロソフト、.NETチームが責任持ってやってる  Discoverability  身元のはっきりしないコードは使えない  → どこの製品かまで含めて検索できる こういうソースコード管理、 パッケージ管理、開発工程管理 の仕組みがだいぶ充実してきた
  35. 35. まとめ オープンソース化  信用の獲得  コミュニティの活性化  いろいろあったオープン化の課題は技術で解決されつつある  オープン化前提で成り立つビジネスモデルに移行
  36. 36. Every developers Every applications .NETをすべての開発者に
  37. 37. 多様なアプリケーション  .NETは元々適用範囲広いし Server Client On-premise Cloud Web Site Web Service HTTP Sockets GUI CUI Stand Alone Connected Desktop Mobile Mouse Keyboard Touch Windows Linux iOS Mac Android .NET Micro Framework 「AかBか?」→ 「AもBも!」 、これからさらに広がる
  38. 38. 過渡期 一度大きく振らないと行けないことはある A B  新しいチャレンジの際の過渡期 最終的には間に落ち着いたり、両方半々になったり A AB B A & B  成熟の証  結局、全部ほしくなる この状態に対して 「既存顧客を捨てるのか」とか 「そんなの流行らない」とか 言っちゃダメ 「ほらダメだった」とか 「やっぱり戻ってきた」とか 言っちゃダメ
  39. 39. Windows 8 → 10 Windows 10  デスクトップ回帰  エンタープライズ回帰 Mouse Keyboard Touch 制限なしWPF 審査付き セキュアWinRT エンタープライズ コンシューマー WinRT Windows 10 Windows 10 Windows 8 Windows 8
  40. 40. 今はターゲットを広げる時期 協業  Xamarin, Docker サポートOS  Linux, Mac  Android, iOS(Xamarin) Web Server  IIS 開発環境  Visual Studio, Xamarin Studio, OmniSharp
  41. 41. 選べる大事さ: 開発環境 Windows環境  これからもVisual Studioは非常に強力な開発ツール  Visual Studio Communityエディション  非商用、学術・研究向け、オープンソースへの貢献用途には無料提供 非Windows環境  Xamarin Studio そもそもIDEみたいな仰々しい仕組みがいやなら  OmniSharp - Cross platform .NET development  Sublime, Emacs, Vimなど向けのC#プラグインを提供
  42. 42. 補足: Xamarin Studio VS側最近機能が結構使える※  NuGet Package manager  Shared Project  T4 template  PCL (個人の経験で言うと) Visual Studio以外を全く想定してなくて 割かし最近の機能をふんだんに使って 仕事用のそこそこの規模のソリューションが 普通にMac上でのXamarin Studioでビルド通せた  ちなみに、C# 6.0は、公式サイトで仕様が出てくるたびに即座に対応  Discussionに情報が出た数日内にはMonoに関連コミットがあったり ※ むしろLegacyな機能の方が怪しい… フルパス指定が必要だったり、 パス中の と/ で困ったり
  43. 43. 選べる大事さ: Runtime, Webサーバー ASP.NET 5は階層化、モジュール化された構造  いろいろ差し替え、選択できる Runtime (何で.NETコードを実行するか) .NET Core 5 .NET Framework 4.6 Mono Web サーバー(何でHTTPを受け付けるか) IIS (Helios) libuv (Kestrel) 自作(Self-host) Loader (ソースコードの読み込み) C#/VB (Roslyn Loader) 自作※ 非Windows ※ 例えば、F#サポート用のLoaderのサンプルあり
  44. 44. 選べる大事さ: OWIN※ Webサーバーとアプリケーション間のインターフェイス仕様 Func<IDictionary<string, object>, Task>  環境変数、リクエスト、レスポンスをDictionaryを使ってやり取り  どのキーにどの値を入れるかを規格化†  非同期(Task)  BCL提供の型しか使わない どこででも、何ででも動く • Webサーバーが何でもいいのはもちろん HTTPである必要すらない • アプリの下にミドルウェア挟むのも楽 ※ Open Web Interface for .NET † objectのままだと使いにくいので、適切なキーで適切な型でとりだせるラッパーライブラリあり(Microsoft.OWIN)
  45. 45. 補足: 依存を減らす フレームワーク、サーバー、OSへの依存を減らす  (ASP.NET 5みたいな)差し替え可能なモジュール提供  (OWINみたいな)標準ライブラリのみへの依存  (MVC, MVVMなどの)分離しやすいアーキテクチャ  Modelの比率を増やすよう頑張るべき 依存を減らすことで  幅広いプラットフォーム対応  変化への対応 依存を減らせる技術は 積極的に取り入れるべき しなきゃいけない?
  46. 46. 補足: 依存を減らす フレームワーク、サーバー、OSへの依存を減らす  (ASP.NET 5みたいな)差し替え可能なモジュール提供  (OWINみたいな)標準ライブラリのみへの依存  (MVC, MVVMなどの)分離しやすいアーキテクチャ • 開発者は本音では新しいものを使いたい • できないのは、入れ替えのコストが高いから • そのコストが下がるのならば…  Modelの比率を増やすよう頑張るべき 依存を減らすことで  幅広いプラットフォーム対応  変化への対応してもいい!
  47. 47. 補足: Taskクラス  Taskクラス(await/async)は依存切りに使いやすい  Model中心の設計、Modelの比率向上しやすい Model ※ StatelessなWebだとこういう処理にはなりにくいものの、 WebSocket使った双方向通信とかだと同じような処理あるはず Taskクラスなし(イベント駆動) UI Click Model 処理開始 User void OnClick(sender, args) View側からのClickイベントで処理を始める UI await 処理開始 User Task AwaitClick() Model側から Clickイベント待ちをする※ Taskクラス利用
  48. 48. まとめ 今はターゲットを広げる時期 レイヤー化、モジュール化、選べる大切さ  パーツごとに差し替え可能な構成  変えたいときに、変えたい場所だけ変える
  49. 49. Cloud 自社の開発にもCloudを 自前で物理的なものを持たない世界
  50. 50. Connect()にて Connect()での発表のうち、結構な量がVisual Studio Onlineがらみ  Release Management Service  Application Insights  Sneak Peak  Web based editing  Build service  Code search
  51. 51. クラウド化 製品にCloudサービスを使うというのはもちろん  仮想マシンもAzure VMやAWSに置いたり  PaaSを使ったり: SQL Database, Service Bus, HDInsight, Media Services, etc. 自分達のインフラもCloudに  Visual Studio Online  MyGet  GitHub お客様への納品物はだいぶクラウド化したのに、 自分のことになると「医者の不摂生」してないか
  52. 52. Microsoft自身も 開発サービスを提供する側だけども  Azure, Office 365 API, OneDrive API  Visual Studio Online すべてを自社でまかなわない  GitHubでソースコード公開  BCLパッケージ配布にMyGet※ を利用 エコシステム提供  3rd パーティ製サービスもAzure StoreのAdd-onsに並べられる ※ NuGetパッケージのホスティング、CIサービス
  53. 53. まとめ 自分達のインフラもクラウド化  医者の不摂生になっていないか すべては一社で完結させない  自社の得意のところは自社で  そうでないところは外部と連携  Gitは避けて通れないかも  Git間の履歴移植は楽らしいので、一度以降してしまえば次は楽かも
  54. 54. 全体まとめ  “One .NET”  パッケージ化、制御可能な形で個別に素早く提供 Open  信用の獲得、コミュニティの形成  Every developers  広いターゲット、変えたいときに変えたいモジュールだけ変える  Cloud  自社の得意なところは自社で、そうでないところは外部と連携

×