Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ペパボ福岡支社におけるRubyの活用事例

14,995 views

Published on

ペパボ福岡支社における
Rubyの活用事例
@Ruby・mrubyビジネスセミナーFUKUOKA2015

Published in: Technology
  • Dating direct: ♥♥♥ http://bit.ly/2Qu6Caa ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Sex in your area is here: ♥♥♥ http://bit.ly/2Qu6Caa ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

ペパボ福岡支社におけるRubyの活用事例

  1. 1. GMOペパボ株式会社 技術基盤チーム アドバンスド・シニア
 近藤宇智朗 2015/03/11 Ruby・mrubyビジネスセミナーFUKUOKA2015 ペパボ福岡支社における Rubyの活用事例
  2. 2. こんにちは
  3. 3. me
  4. 4. ❌パペボ 💮ペパボ
  5. 5. ❌うずら 💮うづら cf.
  6. 6. ! 使ってます
  7. 7. 福岡のサービス紹介
  8. 8. minne > 国内最大(当社調べ)の
 ハンドメイドマーケットサービス > Web、アプリ(iOS/Android)の展 開 > 2012年1月リリースの
 Railsサービス
  9. 9. Ruby技術要素 > Ruby on Rails(4.1.9) > Ruby (2.1.5) > Puppet (3.7系) > Serverspec (2.x) > Capistrano (3.x) > Fluentd(td-agent 2.x/Fluentd 0.10.x) > Ruboty, Thor による自作ツールなど…
  10. 10. ムームードメイン > 国内老舗の
 ドメイン取得・管理サービス > ムームーメールという
 独自ドメイン利用可能
 メールサービスも
  11. 11. Ruby技術要素 > Ruby on Rails(4.1) > Chef(開発環境構築) > Capistrano(3.x)/Webistrano > Capybara
  12. 12. ロリポップ! > こちらも国内老舗の
 レンタルサーバーサービス > 今年で14周年! > 何十台ものサーバを扱う
 社内でも最大級のサービス
  13. 13. ビジネスプラン始めました
  14. 14. Ruby技術要素 > Puppet(2系/3系アップグレード中) > Capistrano(3.x) > mod_mruby > (Serverspec) > (Ruby on Rails導入中…)
  15. 15. Ruby事例のご紹介
  16. 16. Ruby on Rails の利用
  17. 17. Ruby on Rails > 以下のサービスで利用
 (比較的大きなもの抜粋) > minne(Webアプリ、API、管理画面) > ムームードメイン(スマホ向けサイト) > ムームーメール > ロリポップ!(一部API)
  18. 18. Ruby on Rails > minne:3.0から∼
 ムームードメイン: 3.2から∼ > 継続的なアップグレードを実施
 →大きなものは4.0/4.1までキャッチアップ > 途中、Asset Pipelineの有効化など
 Yak刈りもありました…… > 引き続き4.2系のキャッチアップ予定
  19. 19. Puppetによる インフラのコード化
  20. 20. Puppet > 構成管理言語の一つ、Ruby製 > ペパボはPuppetのハードユーザ > ほぼ全社のプロジェクトで採用 > 福岡では主にロリポップ!/minne
  21. 21. Puppet or Chef > ペパボでは原則Puppetを利用 > ノウハウが社内に蓄積されている > 枯れた挙動、安定感 > 内部DSLでなく専用言語の安心感
 「やりたいことを確実にやる」 > 一部、Chef/Itamae/Ansibleも適 材適所で利用している
  22. 22. Serverspec > サーバの状態を検査するツール > 元々作者の宮下氏がペパボに在籍し ていたこともあり、社内でも普及し ている > Puppetとともに活用中
  23. 23. Puppet+ServerspecによるインフラCI > minneの事例
 Puppet + Docker/Drone.io + Serverspec
  24. 24. Puppet+ServerspecによるインフラCI Puppetの
 コードをプッシュ Drone.io のジョブで 素のDockerコンテナを作成。 そのコンテナにPuppetを適用、 Serverspecも流す ※merge後のCIが成功したら、
 Puppet masterに自動でマニフェストを配備 (Continuous Delivery)
  25. 25. Capistranoによる デプロイ
  26. 26. Capistrano以前 > 手動デプロイなんて…… > 目視チェック/Excel > あらゆるタイプのミス > 上長のチェックが云々
  27. 27. Capistrano > デプロイ(リリース)の手順を
 自動化するコマンドラインツール > Ruby製、もともとRoRに特化 > ロリ/ムー/minneで最新の
 3.x系を利用中 > WebistranoというWebラッパーもある
  28. 28. PHPのデプロイにも導入 > ディレクトリ構成さえあわせれば
 PHPでも基本問題なし > 結果的にただの自動化以上のメリット > 秘伝のタレ化していた手順の形式知化 > stagingなどの環境導入、整備 > デプロイと言うフロー自体の見える化
  29. 29. デプロイの記録 > capistrano-github-release
 プラグインの
 開発
 (OSSです) > ワークフロー
 の高速化
  30. 30. CMによる 高負荷対応
  31. 31. minneのCM対応 > おかげさまで好評のTV CM > 技術的には=負荷のスーパー急増
  32. 32. 行った対応 > よりRailsらしくする!
 アプリケーションを12factor対応 > ログのFluentd化 > サーバのOSアップグレードと構成のリファイン > Rubyによるサーバ操作の
 ラッパーツールを作成(Thor) > などなど……
  33. 33. 期間 > 基盤改善チームは3名(!!) > @hsbt
 @udzura(発表者)
 @yano3 > 期間は11月末∼2月半ば(CM放映 日)
 さ、、3ヶ月(他にも業務が……)
  34. 34. その結果
  35. 35. 結果 > CM前後のテレビ(全国ネット含む)特 集や、CM自体の放映にも関わらずサーバ ダウンはなかった > 特別なことは少なく、
 「Railsらしく」していっただけ > Rubyと、そのエコシステムの力で
 アクセス増を乗り切ることができた
  36. 36. その他のRuby導入 事例
  37. 37. CapybaraによるE2Eテスト自動化 > ムームードメインのE2Eテストを
 Capybara + Phantomjsで作成 > 既存のPHPアプリケーションの
 E2Eテストも書くことができる
  38. 38. mod_mruby/ngx_mruby > ロリポップ!:
 ホスティングのリソース制御で
 mod_mrubyを検証中 > minne:
 ngx_mrubyを用いた動的な
 画像変換サーバの導入予定
 →もともとカラメルで使われていたものの進化版
 →複数のサイズの画像、WebPなどへの対応
  39. 39. rubotyによるChatOps > minneその他でrubotyを利用した
 Slack(かつてIRC)ボットを運用 > 定期的なJobの登録 > 言及を拾ってくれる > 文化作り
  40. 40. 研修での活用
  41. 41. 研修におけるRubyの活用 > Rails Tutorial
  42. 42. Rails Tutorialの活用 > 新卒研修での利用 > 一部第二新卒研修でも > 非常にまとまった && 更新され続ける
 リソース > Railsを通じて、Web開発の基本を身 につけられる
  43. 43. 総括
  44. 44. Rubyは不可欠な技術 > 自社でサービスを開発、運営することに必要な > スピードの向上 > 柔軟な仕様変更への対応 > 技術的ブランディング > などの維持のために、Ruby on Railsの存在と豊 富なRuby製ミドルウェアは非常に力になっている > エンジニアもRubyに触れられるとモチベーショ ンが高まる
  45. 45. 参考サイト > GMOペパボ攻勢の裏側にあった「技術的負債を抱えない開発 体制づくり」3つの布石 > http://engineer.typemag.jp/article/pepabo-dev
  46. 46. Rubyを全力で使える仕事あります > GMOペパボは
 福岡/東京ともにエンジニアを
 募集中です。 > アプリケーション/インフラ両方です! > 詳細は:
 http://pepabo.com/recruit/ career/
  47. 47. ペパランチョン > カジュアルにエンジニアの話を聞ける制度です
 福岡ではガレリア様のご協力のもと開催中! http://pepabo.com/recruit/pepaluncheon/
  48. 48. ご清聴 ありがとうございました!

×