Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Sapporo Developer Festa 2019

221 views

Published on

I explained how to modernize the IT System at Sapporo Developer Festa 2019.

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Sapporo Developer Festa 2019

  1. 1. グローバル企業はどこに、 そしてどうやって向かっている マイクロソフト・コーポレーション Sr. Cloud Developer Advocate 寺田 佳央
  2. 2. • GlassFish エバンジェリスト at Sun Microsystems 2001 - 2010 • Sr. Java SE/EE エバンジェリスト at Oracle Japan 2010 - 2015 • Sr. Java エバンジェリスト • Sr. Cloud Advocate at Microsoft Japan 2015 – • 多くの技術イベントで登壇 自己紹介 #てらだよしおがんばれ
  3. 3. 2019 Global IT トレンド
  4. 4. グローバル企業はどこに向かっている? どうやって向かっている?
  5. 5. ちょっとしたスタート(舵取り)を間違えるだけで 大きく引き離される世の中
  6. 6. RFI/RFP …
  7. 7. 会社が変わらなければ と思うかどうか
  8. 8. グローバル市場での日本の地位低下 (日本トップのトヨタでさえ時価総額4倍)
  9. 9. 他社の成功事例を真似ても 意味はない。 自社にとって最適な 構成を一生懸命考えるだけ
  10. 10. 自社の将来的なビジネスの成功を願って
  11. 11. Road to Modernize
  12. 12. https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1910/18/news005.html
  13. 13. どこから始める? どうやって?
  14. 14. KAIZEN 1
  15. 15. 道具ありきで 考えない !!
  16. 16. KAIZEN 2
  17. 17. 開発工程の洗い出し Value Stream Mapping
  18. 18. KAIZEN 3
  19. 19. お客様に必要な物を届けてますか?
  20. 20. Lean Startup – 正しいものをお届けするために 構築 計測学習
  21. 21. お客様に価値を提供する最小限の製品作り (素早く小さく作り、試して改善) Minimum Viable Product (MVP)
  22. 22. KAIZEN 4
  23. 23. アプリケーションのモジュール化 疎結合
  24. 24. KAIZEN 5
  25. 25. クラウド・ネィティブ 12 Factor Application
  26. 26. https://12factor.net/ja/
  27. 27. KAIZEN 6
  28. 28. Agile & DevOps Agile DevOpsAgile Infrastructure
  29. 29. DevOps 手法の一覧 • Infrastructure as Code (IaC) • 継続的インテグレーション • 自動テスト • 継続的デプロイ • リリース管理 • アプリ パフォーマンスの監視 • ロード テストと自動スケーリング • 可用性監視 • 変更/構成管理 • 機能フラグ • 環境へのプロビジョニングの自動解除 • セルフサービス環境 • 自動回復 (ロールバックとロールフォワード) • 仮説に基づく開発 • 運用環境でのテスト • フォールト挿入 • 使用状況監視/ユーザー テレメトリ http://www.itproguy.com/devops-practices/
  30. 30. 組織的にアジャイルを導入するために
  31. 31. KAIZEN 7
  32. 32. リアクティブ宣言
  33. 33. リアクティブ宣言 (Responsive) 耐障害性 (Resilient) 弾力性 (Elastic) メッセージ駆動 (Message Driven)
  34. 34. KAIZEN 8
  35. 35. ドメイン駆動設計 • ビジネスを正しく理解し言語化 • 言葉を使ったモデリング • モデルとコードを一致させる • 境界づけられたコンテキストに よる分割
  36. 36. KAIZEN 8
  37. 37. マイクロサービス化
  38. 38. • 新規構築サービス • 既存のマイグレーション
  39. 39. 唯一の正解はどこにもない !! 自社にとって最適な方法に向け改善してください !! さいごに
  40. 40. グローバル企業はどこに、 そしてどうやって向かっている マイクロソフト・コーポレーション Sr. Cloud Developer Advocate 寺田 佳央

×