Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20141107 rippleとはなにか?仕組みと可能性

rippleとはなにか?仕組みと可能性
第一回ビットコインスタートアップ勉強会での発表資料です。

20141107 rippleとはなにか?仕組みと可能性

  1. 1. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -0- Rippleとはなにか? その応用の可能性  2014/11/7  (社)日本デジタルマネー協会理事大石哲之
  2. 2. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -1- サマリー(rippleとは)  仮想通貨そのものではなく、金融の基幹業務を行うための一連の API群とアプリ群との理解  その中にXRPという通貨がビルトイン  XRP + 決済・送金・エクスチェンジ業務用API + アプリ  金融業務を作りたい人がrippleを使うことで、ほぼ無料で業務を立 ち上げられて、ネットワークに参加できる。  金融ネットワークのリプレイスを目指すもの。明らかに金融の基幹 業務を想定して作られている。  自行内) 勘定系システム(預金、振替、元帳) – Rippleのコンセンサスレジャーに置き換え  銀行間) Swift / 全銀ネットワーク – Rippleの送金ネットワークに置き換え
  3. 3. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -2- サマリー(現状)  Ripple Lab主体のトップダウンの動きが見られる。  ドイツの銀行および、アメリカの2つの銀行で採用が決定  今後は、金融機関を中心に、業務ソリューションの一部として 利用が進む可能性  日本では、主要なゲートウェイが2社あり顧客を集めている。ボト ムアップでの動き。  Ripple Trade Japan (1500以上のトラストライン)  Tokyo JPY (金融庁との調整をクリア、合法と謳っている)
  4. 4. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -3- サマリー(リスク)  ゲートウェイがお金を預かる仕組みであり、ゲートウェイ=銀行そ のものを想定している。  ゲートウェイのデフォルトリスクがどこまでもついて回る  安心して利用するには、資産の全額預託、リスクの管理・可視化な ど、ゲートウェイに金融機関なみのコンプライアンスとセキュリ ティが求められる  日本国内においては法律上、ダイレクトに触れそうな部分が多いと 思われる。
  5. 5. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -4- サマリー(可能性)  エンドユーザー向けではなく、BtoB業務ソリューションであると いう捉え方のほうが妥当かも。  金融業界のレガシーな仕組みを、Rippleで置き換える。  次のような顧客にとって導入メリット  銀行(リテール業務)  銀行(国際送金の会社)  両替商  事業会社(自社ポイント発行業務)  証券会社(多様な預かり資産の管理)  ポイントエクスチェンジ  財布会社
  6. 6. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -5- Stellaについて  似たような仕組であるという解説 ⇒ 間違い  似たようなものではなく、全く一緒  フォーク、コピペ  オープンソースなのでまるごとコピーしてパラメータを変えた  アルトコインと同じ  フォークした理由は、内紛ときいているが、どうでもいい話かも
  7. 7. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -6- 私見  高度にインテグレートされているため、サードパーティーは参加しずらそ う。  Ripple Labが主体の開発、導入の推進。  サードパーティーはインテグレーションや導入コンサル的役割か?  ビットコイナーにとってはあまり出る幕がない(のでみんな興味がないの だと思うのが正直なところ)  Stellaが違う方向性を目指しているようなので注目したい  金融・決済サービスを、これから立ち上げたい人にとっては、安価でセ キュアな基幹業務システムとして有用に使える可能性  (ビットコイン的な意味での興味はわかないが)ただし、レガシーな金融 システムのリプレイスを目指すという市場は、BtoBソリューションとして は、非常に野心的であり、巨大なソリューション企業に成長する可能性が ある。(その意味でのripple Labに投資したVCは賢い)  IBMやアクセンチュアがプロモートしたらいいとおもうw
  8. 8. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -7- Ripple詳細
  9. 9. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -8- Rippleとは?  Rippleとは?用語の混乱  Rippleの送金ネットワークのこと?  Ripple内通貨のXRPのこと?  Rippleのプロトコルのこと?  Rippleを運営するRipple Lab(会社)のこと?  実は、rippleはそれら全てを含む、多機能なものである。 単の通貨や、機能を指しているのではない。
  10. 10. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -9- Rippleの捉え方  Rippleとは、  XRPという通貨+ 決済・送金プロトコル+ アプリ(GWやウオレット、 エクスチェンジ)群の総体  これにより、下記のような金融業務を実現できる。  IOUの発行、清算 – IOU = I owe you =預り証  IOUの振替  IOU/XRPの交換エクスチェンジ機能  XRPというネットワーク内通貨  以上を利用した、送金 「銀行システムのアナロジー」  銀行業務を、分散型技術を用いて、低コスト、簡単にできる業務パッケージ群のように見える  Not 暗号通貨、Yes 業務アプリ(SAP説)
  11. 11. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -10- Rippleでできること  マルチカレンシー口座  JPY, USD, EUR  BTCや、GOLDなど、なんでも定義すれば扱える  国際送金  自動両替機能
  12. 12. JPY通貨圏USD通貨圏 ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -11- 全体イメージ XRP JPY GW SGD GW USD GW USER USER IOU IOU USER USER IOU EUR IOU GW XRP XRP XRP XRP
  13. 13. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -12- IOUの発行 デジマネJPY GW user user ①日本円の預入 ②デジマネJPYの発行(IOU) XRP BS デジマネIOU 1,000 日本銀行券 1,000 保管  お金や資産の預入と、その預り証(IOU)の発行
  14. 14. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -13- IOUという概念  三菱UFJ銀行の預金  =実は、これは日本円ではない  預り証=IOU  正確には、三菱UFJ銀行のJPYのIOU  帳簿内だけのもの(貸出に回っている)  預かり資産より多く貸し出せる(信用創造)  世の中のお金の取引は日本円ではなく、銀行IOUの 取引がほとんどをしめていてすでにバーチャル(野 口先生指摘)
  15. 15. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -14- IOUの振替  自行内送金は、実際には送金ではなく、IOUの付け替え  なので、正確には「振替」と呼ぶ。 デジマネJPY GW User A User B ①500円を送金したい ②システム内の残高の振替をする A: 1,000 B:0 ↓ A: 500 B:500 預かり総額は変わらない お金は外に出ていかない
  16. 16. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -15- トラストライン  銀行口座を持っている  =ゲイトウェイにトラストラインを貼っている  同じ銀行に口座を持っている人同士は振替が可能  ≒おなじゲートウェイにトラストラインを貼っているひと同士 では、IOUの振替が可能
  17. 17. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -16- IOUの清算業務 デジマネJPY GW user user XRP  預り証(IOU)を生産し、日本円を返す ①IOUの返却 ②IOUの償却 ③日本円の返却
  18. 18.  独自IOUとXRPの交換マーケットを運営できる  売り買いは、ユーザーによる市場価格 ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -17- XRPとの交換 デジマネJPY GW XRP デジマネJPY / XRP 売り 0.067203 0.062000 0.059000 0.058500 買い 0.055000 0.051000 0.047000
  19. 19. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -18- XRPの送金 user Rippleアドレス user Rippleアドレス user Rippleアドレス user Rippleアドレス アドレスを指定するだけのP2P XRP XRP XRP
  20. 20. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -19- XRPとは  XRP同士は、ビットコインのように振る舞う。  rippleネットワーク内の誰にもアドレスを指定すれば送ることが出来る  トラストラインを貼っておく必要はない(同一銀行に口座がなくても送 ることができる)  つまり、  XRPは、IOUではなく、現物  それ自体が独自の価値をもつ  価値は、変動する  それぞれのGWが発行するIOUとの交換マーケットが存在する – これにより、IOUとIOUの間をブリッジする – Ripple labによれば、XRPはブリッジ通貨と位置づけている
  21. 21. JPY通貨圏USD通貨圏 ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -20- 送金経路(振替) XRP JPY GW SGD GW USD GW USER USER JPY IOU JPY IOU USER USER IOU EUR IOU GW XRP XRP XRP XRP JPY IOU 1: IOU-A to IOU-A (振替)
  22. 22. JPY通貨圏USD通貨圏 ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -21- 送金経路(XRP経由、自動両替) XRP JPY GW USD GW USER USER JPY IOU JPY IOU USD IOU USER USER 1: IOU-A to XRP to IOU-B XRPに一旦両替してから更に両替する(2回両替) XRP XRP
  23. 23. ①TOKYO JPYからJPYを発行してもらった状態 ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -22- 大石 残高: 200 TJPY TOKYO JPY 200円貸 トラストライン 負債 -200 TJPY
  24. 24. ②大石JPYを発行して、ホンマさんに送金 残高: -200 大石JPY 200 TJPY 200大石JPY を貸した ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -23- 大石 本間 TOKYO JPY 200円貸 残高: 200 大石JPY -200 TJPY
  25. 25. ②ホンマさんは、多賀さんに送金。それは、東京JPYに大石が持つ債権があてられ、多賀さんの債 権に変わった 残高: 0 大石JPY 0 TJPY 200大石JPY を貸した ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -24- 大石 本間 TOKYO JPY 200円貸 残高: 0 大石JPY 多賀 200大石JPY貸 残高: 200 TJPY 0 200円貸 0 -200 TJPY
  26. 26. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -25- ビットコインとの比較(は、あまり意味が無い) ビットコインripple 通貨 ◎ BTC ◎ Rippleで提供 ・XRP IOU スマートプロパティに相当 ・Counter Party ・Colored Coin ◎ Rippleで提供 (GW機能に含まれる) エクスチェンジ 機能 Mt.GOX 分散Exchange ・counter party ◎ Rippleで提供 (GW機能に含まれる
  27. 27. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -26- XRP部分だけを見れば・・・ BTC XRP 供給 マイニングにより発行全額がプレマイニング (マイニングしない) Ripple Labが保有して放出 手数料 手数料としてBTCが必要で、 マイナーの報酬となる 手数料としてXRPが必要で 使ったXRPは破棄される 発行数 上限21 Million 25 BTC/ Block 28,989 Million (全額発行済) マイニング PoWによるマイニングコンセンサスによる (マイニングではない)
  28. 28. ©2014 OTETSUYUKI OISHI 本資料の無断配布、2次配布、および無断転載・転用は固く禁じます。 -27- 日本でのripple1ビジネス  リップルトレードジャパン☆☆☆ 日本で一番取引量のあるGWで売買が活発。独自IOUで資金調達、SSLセキュリティ対策無し、本人確認無し と不安感はあるが、流動性があるので利用する人が多い。ripple labとパートナーシップを結び、本人確認な ど進めていく方針らしい。問い合わせメールにも返信が無く、サポート体制は×。rippleのgateway informationに掲載されている  東京JPY発行所☆☆☆☆ 一般社団法人が運営。サイトはかなり作りこまれていて、XRPのリアルタイム情報などが表示されている。 取引量も少しずつ増えてきている。本人確認など運営は確りな感じ。最近SSL導入された。手数料10円キャン ペーン。rippleのgateway informationに掲載されている  Ripplex ☆☆☆☆ 当ブログのパートナーGW。オープン時からSSL導入、要本人確認でセキュリティ意識が高い。また早速、 rippleのgateway informationに掲載されている。手数料無料キャンペーン中。  Ripple Market Japan ☆☆ 公認会計士の監査を受けることで透明性を担保。広告など積極展開。サイト見やすいし説明は分かりやす い。独自IOUが詐欺的なものではないか?という話があったので信用性に疑念が残る。SSL非対応で×  リップルアジア☆☆ 香港法人が日本で運営するGW。取引手順など丁寧。しかし、運営は香港法人なのに資金の振込先が日本 の別会社で様々なリスクが考えられる。取引も薄い。SSLは導入は◎  リップルスカイ☆ 運営者情報も特商法の表示が無く不安が残る。取引はほとんどない。  Cyber Bank ☆ 取引方法など動画で説明している点は評価できるものの、絶対的な情報開示不足。利用規約すら見当たらな い。出金手数料が10%とかなり高いが気付きにくい、など運営が良心的とはいえない。やめたほうが無難。 出所:Ripplization リップル化する世界「リップルゲートウェイ比較」

×