Ruby on Rails の規約

2,069 views

Published on

@fuminishinoによる資料です!

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,069
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
132
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Ruby on Rails の規約

  1. 1. Ruby on Railsの規約初心者でも素早くアジャイルに開発できる理由
  2. 2. 設定よりも規約アプリケーションが動作するのに必要な情報をプログラマ自身が設定するのではなく、       あらかじめフレームワーク側でルールとして用意しようという考え方
  3. 3. MVC 調整 コントローラ 状態 ビュー モデル UI DB
  4. 4. MVCのディレクトリ構造の規約app/models app/controllers app/views/コントローラ名app/views/layouts/テンプレート名
  5. 5. コントローラ名の規約 クラス名 対応するモデルやリソースの複数形PagesController  英大文字から始まる 英数字のみ ファイル名 単語区切りは単語の先頭文字を大文字app/controllers/pages_controller.rb 全て小文字 単語区切りは “_”
  6. 6. モデル名とテーブル名の規約 クラス名 単数形の名詞句Page  英大文字から始まる 英数字のみ ファイル名 単語区切りは単語の先頭文字を大文字app/models/page.rb 英大文字から始まる 英数字のみ 単語区切りは単語の先頭文字を大文字
  7. 7. モデル名とテーブル名の規約 テーブル名Pages  モデルクラスEntryに対応するテーブル モデルクラス名の複数形
  8. 8. ビューのファイル名の規約 テンプレートファイル名app/views/page/index.html.erbapp/views/page/edit.html.erbapp/views/page/show.html.erbapp/views/page/new.html.erbapp/views/page/_form.html.erb アクション名.フォーマット名.レンダリングエンジン名 全て小文字
  9. 9. ビューのファイル名の規約 テンプレートファイル名app/views/page/index.html.erbapp/views/page/edit.html.erbapp/views/page/show.html.erbapp/views/page/new.html.erbapp/views/page/_form.html.erb “_”で始まる
  10. 10. REST 全ての情報はリソース
  11. 11. REST リソースは識別子“URI”を持つ www.facebook.com/utgym www.facebook.com/utgym/infowww.facebook.com/utgym/phots www.facebook.com/utgym/events
  12. 12. REST リソースの状態は時間や条件とともに変化するかも
  13. 13. REST リソースの意味は不変
  14. 14. REST - https://www.facebook.com/utgym GET・PUT POST・DELETE リソースを操作 Pages コントローラ Page ビュー モデル Pages テーブル
  15. 15. RESTful ルーティング pages GET /pages(.:format) pages#index POST /pages(.:format) pages#create new_page GET /pages/new(.:format) pages#newedit_page GET /pages/:id/edit(.:format) pages#edit page GET /pages/:id(.:format) pages#show PUT /pages/:id(.:format) pages#update DELETE /pages/:id(.:format) pages#destroy HTTP ルート ルートパス ルートの要件 メソッド
  16. 16. 提供 UT Startup Gym Railsによるアジャイル      Webアプリケーション開発第4版 Rails3レシピブック190の技 これがやりたくて一番最初にこのページを作ったよ

×