Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Rancherのストレージ
株式会社スタイルズ
矢野 哲朗
2017年1月11日
自己紹介
 経歴 : システム運用 10年・ネットワーク 6年・SI 8年
近頃はownCloud 営業、翻訳を担当
 Rancherの好きな機能 : Convoy
 その他 : 全く上達しないRubyist
一番最初のPCは、OKI i...
普段はなにしてる人?
(注:ビジネスで)
2
こんなことしてます。
3
 ownCloudというオープンソースのプロダクトで商売
しています。サポートとか構築とか。
Dropboxみたいな機能
を提供するオープンソー
スソフトウェアです。
ownCloudって?
https://own...
Rancherでのストレージについて
今日のお題は?
4
株式会社スタイルズが
Rancherの国内第1号
パートナーになりました
その前にちょっと宣伝させて
5
よろしくお願いします。
Rancherのパートナー
になった経緯について
というのも...。
6
Javaの開発をメインに
その他、運用保守をやってき
た会社です。
弊社がやっている事業
7
8
会社名 株式会社スタイルズ
所在地 東京都千代田区神田小川町1丁目2番地
TEL 03-5244-4111(代表)
URL http://www.stylez.co.jp /
設 立 平成27年11月1日
代表者 代表取締役社長 梶原稔尚
...
基本的にバキバキの
Java屋さんです。
弊社がやっている事業
9
ということで、昨年
様々なトライアルを実施
しました(実開発もやってます)
さすがに今の時代にJavaだけじゃね
10
AWSでサーバーレス開発
11
・サーバーレスで、チャットボットを開発
FAQ
AWS ElasticsearchService
AWSMachine
Learning
AWSLambda
Administrator
AWSLambda AWS...
AWSでIoTとかサーバーレス開発
12
・サーバーレスな開発!
・サーバーレスでIoT用プラットフォームを開発
Trackrr.io| IoT/GPSトラッキングプラットフォーム https://trackrr.io/
サーバーレスカンファレンスで発表したり
13
・Serverless Conf Tokyoで登壇
「IoT/GPSトラッキングプラットフォームが
サーバレスだからこそ2ヶ月で構築できた話」
http://www.slideshare.net/u...
マイクロサービスアーキテクチャな開発
サーバーレスでIoTプラットフォームを開
発
FaaSで対応出来ない機能については、
Docker+SpringBootで構築
サーバーレスで実施したチャレンジ
14
※注:FaaS=(Functio...
さまざまな気づきがありました
そのチャレンジの経緯で
15
・スケーラビリティ
・DevOps(アジャイル開発)
・変化への対応
サーバーレス開発で得られた気づき(1)
16
サーバーレスの
良かったポイント
・言語/ステートフルの問題でFaaSにできないものがあ
る
・できないところは、Docker+SpringBootで構築
・しかし、Build&Deploy&Opsに苦労した
特にOps
17
※FaaSは便利だが制約もある
サーバーレス開発で...
Rancherは、
・DevとOpsをシームレスにつなげるこ
とができる(特にOpsさんが楽に)
Rancherで解決できるのでは?
18
そんなこんなでMeetup #1から参加
Rancherで解決できるのでは?
19
Rancherのパートナー契約させていただきました
DevOpsでお困りの会社様や、Rancher導入でお困り
の会社様向けに
「開発会社だからこそできるコンサルティング」
を提供したいと考えております。
弊社がRancherのパートナーとなってやりたいこと
20
コンサルティング提供内容:
1...
Rancher でのストレージについて
今日の本題は?
21
インフラ的にDockerで困ること2つ
1. データストアであるストレージで困る
2. ネットワークで困る
今日はストレージについて
22
特にネットワークはカオス...。
Dockerは気軽に作って壊してをするの
で、永続的なデータストレージが必要で
す
なぜこのお題に?
23
1. NFSサーバーを各ホストからマウントし
て、VolumeコンテナをNFSに配置する。
2. DBだけは、オンプレにしています。
3. KubernetesのPersistentVolumeを利用
皆さんいろいろ工夫されているようです
24...
Rancherの考えるストレージとネットワーク
25
ストレージ(=データストア) ネットワーク
機会があれば、ネットワークについても
話したいですね。
Rancherは個別機能をDockerコンテナにして提供
※他にもスケジューラーや、
ヘル...
Rancherのボリュームプラグイン
26
現在、カタログから選択できるのは以下の3つ
Rancherから Docker
Volumeプラグイン経由で利用します
Rancherからだとどうなる?
27
※注:Docker v1.2 で実装(Experimental)
されているプラグインではないです。
Legacy Pluginに...
それぞれ以下のようなものです
Rancherのボリュームプラグイン
28
プラグインの種類 利用用途 備考
Rancher EBS AWSのEBSをスタック/コンテ
ナからマウントできるプラグ
イン
Ver.1.2からGAになりました
Ranc...
Dockerのストレージ
プラグインの仕組みについて
その前に
29
Dockerでのデータ永続化方法はいくつかあります
Dockerのデータ管理方法
30
保存場所 永続化の可否
Docker イメージ ホスト内 ✕
Docker ボリューム ホスト内 or ドライバー
で接続しているストレ
ージ
△
・ホスト...
Dockerホスト
Dockerのデータ管理方法
31
コンテナ
Dockerイメージ
Dockerイメージ
Dockerイメージ
Docker
ストレージ
ドライバー
参照:Dockerのボリュームプラグインとストレージドライバ
http:/...
Dockerホスト
Docker
Data ボリュームプラグインの仕組み
32
コンテナ
ファイルシステム
ボリューム
ボリュームプラグインの仕組みの詳細は以下のようになっています
外部ストレージ
Docker Daemon プラグイン Dae...
Rancherホスト
Docker
Rancherで使うのは、Data ボリュームプラグイン
33
コンテナ
ファイルシステム
ボリューム
Rancherから使う場合はこんな感じ
外部ストレージ
Docker Daemon
プラグイン Daem...
Rancherのボリュームプラグイン(復習)
34
現在、カタログから選択できるのは以下の3つ
Rancherホスト
Docker
①カタログからインフラコンテナをデプロイ
35
Rancherストレージコンテナをカタログからデプロイすると以下のように
外部ストレージ
プラグイン Daemon
Rancher ストレージ
コンテナ
Ran...
Rancherホスト
Docker
②ボリュームを作成
36
ボリューム
volume-driverを指定して、
rancher volume create NewVolume --driver rancher-nfs
やUIからボリュームを作...
Rancherホスト
Docker
③コンテナを作成
37
コンテナ
ボリューム
コンテナを作成します。
-v でボリュームをオプションで指定するか、
docker-composeに書きましょう。
外部ストレージ
プラグイン Daemon
Ra...
1. NFSなどのインフラ側を準備
2. Rancherのカタログの「ライブラリ」から必要なサービ
スを起動(例:Rancher NFS)
3. ボリュームを作成
Rancherコマンドでも、UIからでも。
4. コンテナからマウント
-v オ...
Dockerプラグイン機構を利用
Rancherでのボリューム管理はRancherから可能
39
Rancherボリュームはプラグイン管理
スタイルズは、Rancherパートナー
まとめ
40
サーバーレスでもDockerは有効
Rancherからボリューム管理
勉強会
41
Rancher もくもく勉強会 #2
開催します
 Rancher もくもく勉強会 #2
2017/1/31(火)18:30 〜
https://rancherjp.connpass.com
/event/47871/
対象者:...
ご清聴
ありがとうございました。
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Rancher Meetup Tokyo#3 Storageについて

1,705 views

Published on

Rancherのストレージ(ボリューム)について
Rancherのパートナーについて

Published in: Software
  • Be the first to comment

Rancher Meetup Tokyo#3 Storageについて

  1. 1. Rancherのストレージ 株式会社スタイルズ 矢野 哲朗 2017年1月11日
  2. 2. 自己紹介  経歴 : システム運用 10年・ネットワーク 6年・SI 8年 近頃はownCloud 営業、翻訳を担当  Rancherの好きな機能 : Convoy  その他 : 全く上達しないRubyist 一番最初のPCは、OKI if-800 でした…。 矢野 哲朗 tetsurow.yano 株式会社スタイルズ 1
  3. 3. 普段はなにしてる人? (注:ビジネスで) 2
  4. 4. こんなことしてます。 3  ownCloudというオープンソースのプロダクトで商売 しています。サポートとか構築とか。 Dropboxみたいな機能 を提供するオープンソー スソフトウェアです。 ownCloudって? https://owncloud.jp よろしくお願いします!
  5. 5. Rancherでのストレージについて 今日のお題は? 4
  6. 6. 株式会社スタイルズが Rancherの国内第1号 パートナーになりました その前にちょっと宣伝させて 5 よろしくお願いします。
  7. 7. Rancherのパートナー になった経緯について というのも...。 6
  8. 8. Javaの開発をメインに その他、運用保守をやってき た会社です。 弊社がやっている事業 7
  9. 9. 8 会社名 株式会社スタイルズ 所在地 東京都千代田区神田小川町1丁目2番地 TEL 03-5244-4111(代表) URL http://www.stylez.co.jp / 設 立 平成27年11月1日 代表者 代表取締役社長 梶原稔尚 社員数 100名(平成29年1月1日現在) 資本金 3,000万円 ITソリューションサービス提供 コンサルティング システム開発・保守 インフラ設計・構築 システム運用・保守・管理 技術者派遣 官公庁 一般財団法人 日本建設情報総合センター 一般財団法人 建設業技術者センター 東京都 東京港埠頭株式会社 ほか 民 間 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 株式会社インターネットイニシアティブ 株式会社セック ソニー株式会社 フリービット株式会社 株式会社昭文社 ownCloud, Inc ほか JQA-QM7536 ISO9001 JQA-QM7536 (システム開発) プライバシーマーク 21000092 労働者派遣事業(般 13-305944) 取得資格 7.99 8.41 8.89 9.99100.0% 105.3% 105.7% 112.4% 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 売上高推移(億円) 売上高 前年比 OSS(オープンソースシステム)を積極的に活用、コストメリット のあるシステム提案、IT技術の有効活用によるベスト・ソリュー ションの提供。 事業内容 IT ソリューション サービス システム 開発 システム 運用保守 インフラ 構築 技術者 派遣 会社方針 業績(株式会社ビーグッド・テクノロジーを含む) 主要取引先(順不同) 会社概要 会社概要 システム 開発・保守 30% インフラ 設計・構築 10% 運用・保守サービス 20% システム 運用・管理 24% コンサルティング 1% 技術者派遣 15% 売上高
  10. 10. 基本的にバキバキの Java屋さんです。 弊社がやっている事業 9
  11. 11. ということで、昨年 様々なトライアルを実施 しました(実開発もやってます) さすがに今の時代にJavaだけじゃね 10
  12. 12. AWSでサーバーレス開発 11 ・サーバーレスで、チャットボットを開発 FAQ AWS ElasticsearchService AWSMachine Learning AWSLambda Administrator AWSLambda AWS S3 AWS CloudTrail AWS S3 AWS API Gateway
  13. 13. AWSでIoTとかサーバーレス開発 12 ・サーバーレスな開発! ・サーバーレスでIoT用プラットフォームを開発 Trackrr.io| IoT/GPSトラッキングプラットフォーム https://trackrr.io/
  14. 14. サーバーレスカンファレンスで発表したり 13 ・Serverless Conf Tokyoで登壇 「IoT/GPSトラッキングプラットフォームが サーバレスだからこそ2ヶ月で構築できた話」 http://www.slideshare.net/ukitiyan/iotgps-2 http://yoshidashingo.hatenablog.com/entry/2016/10/11/145643 https://thinkit.co.jp/article/10049 ココ
  15. 15. マイクロサービスアーキテクチャな開発 サーバーレスでIoTプラットフォームを開 発 FaaSで対応出来ない機能については、 Docker+SpringBootで構築 サーバーレスで実施したチャレンジ 14 ※注:FaaS=(Function as a Service) ここでは、AWS Lambdaのこと
  16. 16. さまざまな気づきがありました そのチャレンジの経緯で 15
  17. 17. ・スケーラビリティ ・DevOps(アジャイル開発) ・変化への対応 サーバーレス開発で得られた気づき(1) 16 サーバーレスの 良かったポイント
  18. 18. ・言語/ステートフルの問題でFaaSにできないものがあ る ・できないところは、Docker+SpringBootで構築 ・しかし、Build&Deploy&Opsに苦労した 特にOps 17 ※FaaSは便利だが制約もある サーバーレス開発で得られた気づき(2) サーバーレスの 制約ポイント コンテナに乗れず 溺れる担当者そんなに簡単に乗せて やらね。
  19. 19. Rancherは、 ・DevとOpsをシームレスにつなげるこ とができる(特にOpsさんが楽に) Rancherで解決できるのでは? 18
  20. 20. そんなこんなでMeetup #1から参加 Rancherで解決できるのでは? 19 Rancherのパートナー契約させていただきました
  21. 21. DevOpsでお困りの会社様や、Rancher導入でお困り の会社様向けに 「開発会社だからこそできるコンサルティング」 を提供したいと考えております。 弊社がRancherのパートナーとなってやりたいこと 20 コンサルティング提供内容: 1. 既存の環境とコンテナ環境の接続 2. スピーディーなビジネスの変化に対応可能なDevOpsで効率 化 3. マイクロサービスアーキテクチャでの開発を推進 弊社はインフラもやっているのでインフラ面でも対応いたします。
  22. 22. Rancher でのストレージについて 今日の本題は? 21
  23. 23. インフラ的にDockerで困ること2つ 1. データストアであるストレージで困る 2. ネットワークで困る 今日はストレージについて 22 特にネットワークはカオス...。
  24. 24. Dockerは気軽に作って壊してをするの で、永続的なデータストレージが必要で す なぜこのお題に? 23
  25. 25. 1. NFSサーバーを各ホストからマウントし て、VolumeコンテナをNFSに配置する。 2. DBだけは、オンプレにしています。 3. KubernetesのPersistentVolumeを利用 皆さんいろいろ工夫されているようです 24 しかし、これらを使うとRancherの管理外 に出てしまうので痛し痒しです。 Rancherでなんとかできないでしょうか
  26. 26. Rancherの考えるストレージとネットワーク 25 ストレージ(=データストア) ネットワーク 機会があれば、ネットワークについても 話したいですね。 Rancherは個別機能をDockerコンテナにして提供 ※他にもスケジューラーや、 ヘルスチェックなどがありま す。
  27. 27. Rancherのボリュームプラグイン 26 現在、カタログから選択できるのは以下の3つ
  28. 28. Rancherから Docker Volumeプラグイン経由で利用します Rancherからだとどうなる? 27 ※注:Docker v1.2 で実装(Experimental) されているプラグインではないです。 Legacy Pluginになります。
  29. 29. それぞれ以下のようなものです Rancherのボリュームプラグイン 28 プラグインの種類 利用用途 備考 Rancher EBS AWSのEBSをスタック/コンテ ナからマウントできるプラグ イン Ver.1.2からGAになりました Rancher EFS AWSのEFSをスタック/コンテ ナからマウントできるプラグ イン Ver.1.2からGAになりました AWS東京リージョンにEFSが ない….。 Rancher NFS NFSサーバーをスタック/コン テナからマウントできるプラ グイン Ver.1.2からGAになりました Convoy ボリュームをGlusterFSでレプ リケーションして提供するプ ラグイン Ver.1.2からは廃止 使えることは使えるがメイン のメンテナンスからは外れた
  30. 30. Dockerのストレージ プラグインの仕組みについて その前に 29
  31. 31. Dockerでのデータ永続化方法はいくつかあります Dockerのデータ管理方法 30 保存場所 永続化の可否 Docker イメージ ホスト内 ✕ Docker ボリューム ホスト内 or ドライバー で接続しているストレ ージ △ ・ホスト内のディレク トリをNFS等で共有 ・ボリュームドライバ ーによる Docker コンテナボリューム ホスト内 △(コンテナボリューム をNFS等で共有する事に より可)
  32. 32. Dockerホスト Dockerのデータ管理方法 31 コンテナ Dockerイメージ Dockerイメージ Dockerイメージ Docker ストレージ ドライバー 参照:Dockerのボリュームプラグインとストレージドライバ http://knowledge.sakura.ad.jp/knowledge/5021/ Dockerホスト コンテナ ファイルシステム プラグイン ボリューム プラグイン Dockerイメージ Dockerボリューム ・Dockerイメージは、ホストに紐付けられるので コンテナを別ホストで起動しても共有されない。 内部ストレージ 外部ストレージ ・Dockerボリュームは、内部ストレージに保存し てしますとホスト内だけでの共有になる。 ・外部ストレージに共有すると外からも
  33. 33. Dockerホスト Docker Data ボリュームプラグインの仕組み 32 コンテナ ファイルシステム ボリューム ボリュームプラグインの仕組みの詳細は以下のようになっています 外部ストレージ Docker Daemon プラグイン Daemon プラグイン Client NFS S3 Flocker
  34. 34. Rancherホスト Docker Rancherで使うのは、Data ボリュームプラグイン 33 コンテナ ファイルシステム ボリューム Rancherから使う場合はこんな感じ 外部ストレージ Docker Daemon プラグイン Daemon コンテナ Rancher Client Rancherサーバー ボリューム 実データは こちらに書込み
  35. 35. Rancherのボリュームプラグイン(復習) 34 現在、カタログから選択できるのは以下の3つ
  36. 36. Rancherホスト Docker ①カタログからインフラコンテナをデプロイ 35 Rancherストレージコンテナをカタログからデプロイすると以下のように 外部ストレージ プラグイン Daemon Rancher ストレージ コンテナ Rancherサーバー Rancherホスト Docker プラグイン Daemon Rancher ストレージ コンテナ Rancher NFS/EBS/EFS Rancher NFS/EBS/EFS
  37. 37. Rancherホスト Docker ②ボリュームを作成 36 ボリューム volume-driverを指定して、 rancher volume create NewVolume --driver rancher-nfs やUIからボリュームを作成します。 外部ストレージ プラグイン Daemon Rancher ストレージ コンテナ Rancherホスト Docker ボリューム プラグイン Daemon Rancher ストレージ コンテナ
  38. 38. Rancherホスト Docker ③コンテナを作成 37 コンテナ ボリューム コンテナを作成します。 -v でボリュームをオプションで指定するか、 docker-composeに書きましょう。 外部ストレージ プラグイン Daemon Rancher ストレージ コンテナ Rancherホスト Docker コンテナ ボリューム プラグイン Daemon Rancher ストレージ コンテナ version:'2' services: foo: image: busybox volumes: - NewVolume:/var/lib/storage volumes: NewVolume: driver: rancher-nfs
  39. 39. 1. NFSなどのインフラ側を準備 2. Rancherのカタログの「ライブラリ」から必要なサービ スを起動(例:Rancher NFS) 3. ボリュームを作成 Rancherコマンドでも、UIからでも。 4. コンテナからマウント -v オプションでも、Composeでも。 Rancherでのボリューム作成手順 38
  40. 40. Dockerプラグイン機構を利用 Rancherでのボリューム管理はRancherから可能 39 Rancherボリュームはプラグイン管理
  41. 41. スタイルズは、Rancherパートナー まとめ 40 サーバーレスでもDockerは有効 Rancherからボリューム管理
  42. 42. 勉強会 41 Rancher もくもく勉強会 #2 開催します  Rancher もくもく勉強会 #2 2017/1/31(火)18:30 〜 https://rancherjp.connpass.com /event/47871/ 対象者: ・インストールしたことない人 ・もちょっと詳細が聞きたい人
  43. 43. ご清聴 ありがとうございました。

×