Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

モチベーション&イノベーション プロボノの可能性について

青森大学社会学部の講座で使った資料です。社会に向き合う人財育成の視点から「プロボノ」について講義をさせていただきました。
(内容)
・働くことの幸福感はあるか?
  昭和時代の働き方の終焉
・職能を活かすもうひとつの領域=プロボノ
  プロボノとは会社と社会をつなぐ出島
  プロボノから働く喜びの回復
・企業の経営課題と求められる人財像
  これからの成長領域、ソーシャルシフト
  社会との共創、求められる越境人財
  知恵創造時代の新たな働く動機と疎なネットワーク
  プロボノは越境人財を育む企業の出島
・ICT人財を社会に解放するプロボノネットワーク
  Code for Aomori 

モチベーション&イノベーション プロボノの可能性について

  1. 1. 社会に向き合う越境⼈財 プロボノとは NPO法⼈地域情報化モデル研究会 代表理事 ⼀般社団法⼈観光・地域データ活⽤⽀援機構 代表理事 Code for Aomori 代表理事 富⼠通株式会社 ⽶⽥ 剛 総務省地域情報化アドバイザ 内閣官房オープンデータ伝道師 2019.10.15 モチベーション&イノベーション
  2. 2. 特定⾮営利活動法⼈ 地域情報化モデル研究会 ICTの利活⽤による地域活性化モデルを創出し、 地域の課題解決と地域のICT利活⽤促進に貢献する プロボノ活動団体 設⽴ 2007年4⽉26⽇ Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 2019 地域社会のコミュニケーションモデルをデザインする 平成29年度 総務省「情報通信⽉間」東北総合通信局⻑表彰 (オープンデータ) 平成26年度 総務省「電波の⽇・情報通信⽉間」中央記念式典 情報通信⽉間推進協議会会⻑表彰 情報通信功績賞 (個⼈功績) 平成26年度 総務省「地域情報化⼤賞」特別賞 受賞 (観光クラウド) 平成24年度 オープンデータ流通推進コンソーシアム 優秀賞 平成23年度 総務省「情報通信⽉間」東北総合通信局⻑表彰 (太宰治⽣誕百年事業) 1
  3. 3. 働くことの幸福感はあるか︖ Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 20192
  4. 4. 働くことの⽇本⼈の幸福感 Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 2019 ü 幸福度ランキング 世界54位 ü 仕事に強いストレス 58.3% ü 仕事でのわくわく感 1⽇1回以上 5%未満 発展途上国より低い 世界でも圧倒的に低い⽔準 3
  5. 5. その原因 Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 2019 ü 仕事や私⽣活での⾃⼰決定権の低さ ü 仕事⼀辺倒の昭和時代の働き⽅ 背景・・・⾼度成⻑期時代 しかし・・・⾼度成⻑期が終わって 4 ・ポストなし 収⼊頭打ち → 仕事の⽬標を失う ・住宅ローンや⼦供の教育費 → 今の仕事を続けるしかない ・会社を⽣活の中⼼に置き、残業をいとわず出世と収⼊増を⽬指す ・50代になればポスト・収⼊・⽣活⽔準が獲得できた
  6. 6. 昭和の働き⽅に代わる 新たな仕事への向き合い⽅が必要 Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 2019 ü ワークライフバランスを重視せよ ü 好きを仕事にせよ 5 ・・・でも、今の職場でそれができるの︖
  7. 7. 会社と社会をつなぐ出島 プロボノ 6 職能を活かす もうひとつの領域 - 3rd Place - Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 2019
  8. 8. プロボノとは︖ 職業の専⾨能⼒を社会貢献に活かす “プロボノ”とは、ラテン語でPro Bono Publico(公共善のために)を略した⾔葉。 プロボノ 職能+時間の奉仕 ボランティア 時間の奉仕 7 Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 2019
  9. 9. プロボノは働く喜び回復の突破⼝ Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 20198 ü 得意分野をプロボノとして 社会に貢献してワクワクする ü ⾃⼰決定権のあるプロボノ領域で ⾃信と働く喜びを回復 ü 地域社会に ⾃分の存在価値や新たな可能性を⾒出す ü 家庭・仕事・⾃分・社会 4つの側⾯で健全なワークライフバランス
  10. 10. 企業の経営課題と 求められる⼈財像 Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 20199
  11. 11. これからの成⻑領域 ソーシャルシフト Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 201910 ソーシャル・ビジネス コレクティブ・インパクト Society5.0 SDGs … etc
  12. 12. イノベーション時代の企業の経営課題 顧客・社会との共創 本業の価値・価格 本業の価値・価格はそのままでは時間とともに下落していく そのため顧客や社会との共創により、それを補うべく新たな 付加価値を創造していく必要がある 社会との共創 求められる越境できる⼈財 Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 201911
  13. 13. モチベーション3.0 by ダニエル・ピンク 賞罰・損得による外発動機 利⼰の欲求が原動⼒ ルーティーン向き(枠組み内⾏動) 志・⾃律・熟達がもたらす内発動機 善意や⾃⼰実現欲求が原動⼒ ⾮ルーティーン向き(知恵・創造) ⾷うための危機的動機 ⽣存本能による原動⼒ 滅私奉公向き(何でもやる) 有志連帯 ヒエラルキー 依存 労働⽣産時代から知恵創造時代へ 知恵を⽣み出す新たな働く動機 Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 2019 1.0 2.0 3.0 12
  14. 14. ⼀⾒「全員⼀丸」となって機能的・効率的に思えるが、互いと 互いがつながっている閉鎖性は、⼀緒に何かをするだけの集団 になりやすく、情報収集⼒が弱く、新規の情報が⼊りにくい。 同質な情報だけが内部に蓄積し循環しやすいため、パフォーマ ンスを上げにくく、イノベーションも⽣まれにくい。 ⼀⾒、隙間が多く壊れやすそうに⾒えるが、冗⻑につながり満 ちた閉鎖的なネットワークより、社会的に隙間が多く開放的な ネットワークの⽅が、より広いネットワークにアクセスでき、 より多くのアイディアや機会に恵まれイノベーションがおきや すい。 Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 201913 会社組織の中 プロボノによる社会参加
  15. 15. 企業にとってプロボノとは ソーシャルビジネス領域へ お⾦のかからない⼈財開発投資 Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 201914 越境⼈財を育む 企業の出島
  16. 16. 会社の私 オープン イノベータ 越境⼈財 越境⼈財はこうして育つ 社会の私 多様な実践知 15 感謝される やりがい 内発動機 Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 2019 広い疎な ネットワーク プロボノ
  17. 17. ICT⼈財を社会に解放する プロボノネットワーク Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 201916
  18. 18. 17 https://www.cordeforaomori.org Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 2019
  19. 19. ⽇頃、地域社会との交流機会が限られる企業や学⽣等のICT ⼈財へ、プロボノ活動の枠組みを活⽤した社会参加の機会を 創り、モチベーション&イノベーションの創発につなげる プロボノネットワーキング活動 ①社会⼈と学⽣の世代を越えた交流 ②プロボノ活動を通じた 新たな働くモチベーションの発⾒ ③地域社会とのオープンな共創から 本業のビジネスや地域社会の イノベーションの誘発 2018.11.30設⽴ 学⽣ 社会⼈ 企業 NPO ⾏政 社員のプロボノ開放 社会貢献機会の提供 市⺠協働⽀援 プロボノ活動 ●ICT⼈財の社会参加の促進 ●社会⼈×学⽣などオープンな交流 ●シビックテック活動の発信 プロボノ応援企業・団体 <活動⽅針> Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 201918
  20. 20. <Code for Aomori参加条件> ・Code for Aomori 活動⽅針へ賛同し、⾃ら活動する意思があること ・プロボノ活動であること(専⾨的知⾒の無償提供) ・プログラミングやデザイン、プロモーション、ICT利活⽤などSoE分野に関する知⾒を有していること ・⻘森県をよりよくすることに想いをもっていること(⻘森県に居住している必要はありません) ・プロボノ活動の情報提供・情報発信に協⼒いただけること ü ICTを活⽤したプロボノとしての社会参加 ü ⻘森をよりよくするためCSV活動 (CSV : Create Shared Value 社会の共通善の創造) ü シビックテック活動の情報発信 Code for Aomori 活動三原則 Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 201919
  21. 21. プロボノ応援企業・団体 Copyright@NPO法⼈地域情報化モデル研究会 ⽶⽥ 2019 社員のプロボノ参加 オープンデータの開放 社会貢献機会の提供 プロボノ活動者へのサポート 場所やIT環境などの提供 認知拡⼤・情報発信等の協⼒ 団体活動への助⾔や⼈材紹介イベントの共催 ⻘森⼤学 ⼋⼾⼯業⼤学 ⻘森県 ⻘森市 富⼠通株式会社 株式会社⻘森共同計算センター NPO法⼈地域情報化モデル研究会 株式会社ソフトアカデミーあおもり ⼀般社団法⼈観光・地域データ活⽤⽀援機構 20
  22. 22. ありがとうございました

×