Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

修論(2:12 2)

430 views

Published on

動作確認

Published in: Education
  • Be the first to comment

修論(2:12 2)

  1. 1.     嶋津 恒彦 齋藤研究室 生物の移出入がもたらす パーマネンスについて について
  2. 2. ロトカ・ヴォルテラ方程式 食う食われるの関係にある2種の個体群動態 を表したモデル ただし :被食者の個体群サイズ, :捕食者の個体群サイズ
  3. 3. 解は閉曲線を描く 自然の共存状態を表現 しきれていない ロトカ・ヴォルテラ方程式の性質 閉曲線は初期値に依 存する
  4. 4. 方程式系  に組み込まれていない修 復力の源は何なのか? 何が共存状態を引き起こすのか? 生物が共存するメカニズムの解明に繋がる
  5. 5. 生物の移出入のおかげで共存している? 着眼点 自然界で行われている現象 ロトカ・ヴォルテラ方程式には組み込まれていない
  6. 6. 本研究の目的 ただし かつ とする 移出・移入を考慮したロトカ・ヴォルテラ方 程式が共存状態となる条件を求めること
  7. 7. 被食者の移出・移入を考慮した結果 発表の流れ ( i )移入が一定 ( ii )移入が時間に依存する(証明の流れ) 捕食者の移出・移入を考慮した結果 ( i )移入が一定 ( ii )移入が時間に依存する 条件の再考 共存状態の定義 被食者と捕食者の移出・移入を考慮した結果
  8. 8. 定義定義 方程式系はパーマネントである 共存状態の定義 解有界閉領域, def 第一象限内部 の 第一象限内部 の
  9. 9. 被食者の移出・移入のみを考慮した場合 ( i )移入が一定 ただし 方程式系   はパーマネント 定理1定理1 とする
  10. 10. ならば方程式系   はパーマネント ( ii )移入が時間に依存する が存在し,任意の   に対して 定理2定理2 定理1の条件定理1の条件
  11. 11. 定理2の証明の流れ すべての解は解に依存しない第一象限内部の有界 閉領域に留まる 証明したいこと証明したいこと (1)第一象限内部の有界閉領域  を作る (3)解はある時刻で  に入る (2)解は  に留まる
  12. 12. リヤプノフの方法を使う
  13. 13. (1)有界閉領域  を作る ただし , , , とする
  14. 14. は閉曲線 関数    について のとき 任意の    に対して
  15. 15. は閉曲線 関数    について 任意の    に対して のとき
  16. 16. 解は の上側から交わらない
  17. 17. (1)有界閉領域  を作る
  18. 18. (2)解は  に留まる
  19. 19. (3)解はある時刻で  に入る   に入らない解は  の周りを反 時計回りに動き続ける:詳しくは 修士論文を参照
  20. 20. 被食者の移出・移入を考慮した結果 発表の流れ ( i )移入が一定 ( ii )移入が時間に依存する(証明の流れ) 捕食者の移出・移入を考慮した結果 ( i )移入が一定 ( ii )移入が時間に依存する 条件の再考 共存状態の定義 被食者と捕食者の移出・移入を考慮した結果
  21. 21. 捕食者の移出・移入のみを考慮した場合 方程式系   はパーマネント 定理3定理3 ( i )移入が一定 ただし とする
  22. 22. ならば方程式系  はパーマネント 定理4定理4 ( ii )移入が時間に依存するとき が存在し,任意の に対して 定理3の条件定理3の条件
  23. 23. 条件の反省 定理2の条件定理2の条件 定理4の条件定理4の条件 一定量以上の移入を供給できるほど外部系が大きい 「移出入+外部系のパーマネント性」が方程式系を パーマネントにした? 外部系にパーマネント的な個体群の維持を要求する
  24. 24. 被食者と捕食者の移出・移入を考慮した場合 ならば方程式系  はパーマネント 定理5定理5 が存在し,任意の に対して
  25. 25. 課題の解決 捕食者と被食者のそれぞれにパーマネント的 な移入がなくともパーマネントとなる 定理5の条件定理5の条件 生物の移出入がパーマネントをもたらした 被食者の外部系 捕食者の外部系 内部系
  26. 26. 結論 生物の移出入がパーマネントを 引き起こす 定理5:適切な移出入は方程式系をパーマネントにさせた 生物が移出入を行っているから 生物が共存するのは と示唆できた
  27. 27. 必要十分条件を求めること ならば方程式系   はパーマネント が存在し,任意の   に対して 定理2定理2 ならば方程式系  はパーマネント 定理5定理5 が存在し,任意の に対して ならば方程式系  はパーマネント 定理4定理4 が存在し,任意の に対して

×