Gentoo Linuxの紹介

3,585 views

Published on

筑波大学 Linux User Group
http://www.tsukuba-linux.org/

Published in: Education
  • Be the first to comment

Gentoo Linuxの紹介

  1. 1. Introducing: Gentoo Linux -The most powerful GNU/Linux distribution known to human kind- Takayuki Horimoto opentaka[at]tsukuba-linux.org http://www.tsukuba-linux.org/
  2. 2. Gentoo Linux に関して話す前に 知ってほしい、とても重要なこと
  3. 3. Gentoo Linux はハッカーによるハッカーの為の遊び道具である。 誰も企業で使われる為に開発していない。 インストールに3日かけ、 KDE コンパイルに 4 時間かけるのが伝統。 (今はそんなにかからない)
  4. 4. ・高度なカスタマイズが可能な FreeBSD 又は GNU/Linux をベースにしたオペレーティングシステム ・ Portage という Package management system によりサーバ、ワークステーション、デスクトップ、ゲーム用、モバイル。。。等々、何でもありな メタディストリビューション Gentoo とは?
  5. 5. Portage
  6. 6. =
  7. 7. Gentoo
  8. 8. + α
  9. 9. ・ stage1 / stage 2 / stage 3 / (stage 4) インストールハンドブック : http://www.gentoo.org/doc/en/handbook/index.xml インストール
  10. 10. (stage3 の場合 ) ファイルシステムを作成 -> stage3 をダウンロード・展開 -> chroot -> portage をダウンロード・展開 -> カーネル選ぶ -> カーネル config -> ブートローダインストール -> その他必要なツール (dhclient ・ reiserfstools 等のインストール ) 超簡単インストールガイド
  11. 11. Portage
  12. 12. 「情報ファイル」を元に、 アプリケーションをコンパイルする。
  13. 13. 「情報ファイル」
  14. 14. <ul>ebuild </ul>
  15. 15. ・アプリケーションの説明 (DESCRIPTION) ・アプリケーションのウェブサイト (HOMEPAGE) ・ソースコードの場所 (SRC_URI) ・アプリケーションのライセンス(LICENSE) ・持たせる機能 (USE) ・依存関係 (DEPEND) ・src_unpack() ・src_compile() ・src_install() ebuildに記述されてる主な内容
  16. 16. 実際に使ってみる ・ emerge コマンドを使う 公式レポジトリとデータベースを同期する : # emerge --sync ( 公式レポジトリに入っている ebuild 数は 13000 を超える。 ) アプリケーションの検索 : # emerge --search < アプリケーション名 > インストール : # emerge < アプリケーション名 > アンインストール : # emerge -C < アプリケーション名 >
  17. 17. なぜ Gentoo なのか? <ul><li>自分の システム に何が入っているか 分かりやすい </li><ul><li>カーネル も自分で選べる。 </li><ul><li>vanilla カーネル を簡単に導入できる。
  18. 18. その他のパッチが適応された カーネル も即時導入可
  19. 19. どこかの気持ち悪いカーネルとは違う。 </li></ul><li>開発環境が インストール直後でも整っている
  20. 20. 全てをコンパイルするので自分の構成に最適化される </li><ul><li>gcc オプション (CFLAG) から全て指定できる </li></ul><li>ドキュメンテーションが豊富
  21. 21. USE フラグ で追加したい機能を簡単に追加できる
  22. 22. コミュニティが活発で クリーン
  23. 23. インストールするだけでも学べるものが多い。 </li></ul></ul>…
  24. 24. ご清聴ありがとうございました。

×