Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

よりお手軽なBotへ 〜APIで効率的なBotを〜

Ad

よりお手軽なBotへ
〜APIで効率的なBotを〜
2019/10/10 加藤 司
JAZUG 熊本
平日夜の勉強会#3

Ad

Profile
• Tsukasa Kato / 加藤 司
• 株式会社オルターブース
テクニカルアーキテクト
• Microsoft MVP for Microsoft Azure
• https://tsukatoh.hatenablog....

Ad

Bot

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Ad

Check these out next

1 of 27 Ad
1 of 27 Ad

More Related Content

よりお手軽なBotへ 〜APIで効率的なBotを〜

  1. 1. よりお手軽なBotへ 〜APIで効率的なBotを〜 2019/10/10 加藤 司 JAZUG 熊本 平日夜の勉強会#3
  2. 2. Profile • Tsukasa Kato / 加藤 司 • 株式会社オルターブース テクニカルアーキテクト • Microsoft MVP for Microsoft Azure • https://tsukatoh.hatenablog.com/ • https://www.slideshare.net/tsukasakatou9
  3. 3. Bot
  4. 4. Botとは Bot(ボット)は、robot(ロボット)の短縮形・略称。転じて、 コンピュータやインターネットの分野においては、作業を自動化 するプログラムの総称。 参考:Wikipedia
  5. 5. Bot(ゲーム関連) • オンラインゲームなどでは自動でレベル上げをさせたり、アイテ ム収集をさせたりなどが可能。 • ただしご利用は計画的に。 (ゲームによってはアカウント停止処分を下される場合もありま す)
  6. 6. Bot(インターネット) • 検索エンジン上でのBOTはWebページ収集の役割を持っている。 • インターネット上にあるWebページをBOTが自動的にリンクを辿 りページを収集することで検索エンジンの検索結果に反映される 仕組みとなっている。
  7. 7. Bot(チャット) • 会話形式で応答するWebサービス • メッセンジャーやチャットを元にしたインターフェースを活用して提供 • 人間と会話しているような感覚で情報収集などができる • 特定範囲の要求に応答する • 特定範囲のQ&Aや命令・依頼への応答を目的とする • 自然言語の処理
  8. 8. Bot-related services
  9. 9. QnA Maker
  10. 10. QnA Maker FAQ形式のWebページやファイルから簡単にQ&A Botを生成 Cognitive ServiceのLanguage の分類に属するサービスで ナレッジベースの回答をす るBotなどを素早く作成でき る
  11. 11. QnA Maker 既存データに基づいて対話型の Q&A ナレッジベースを作成 FAQ、マニュアル、ドキュメントなどの 半構造化コンテンツから質問と回答を抽出 ユーザー行動から継続的に学習 テストや運用の結果をもとに学習 50以上の言語に対応 ナレッジベース作成時に第一言語が自動検出されアナライザーが設定される
  12. 12. QnA Makerの依存リソース App Service ランタイム用、サービスのスループットに影響 Azure Search QnAの格納用、ナレッジベースのサイズと数に影響 App Insights チャット ログとテレメトリの格納用、省略可
  13. 13. QnA Maker SKUの選び方 QNA MAKER 管理 APP SERVICE AZURE SEARCH 制限事項 実験 無料の SKU Free レベル Free レベル 発行できる KB は 2 つまで (最大サイズ 50 MB) 開発/テスト 環境 Standard SKU 共有 Basic 発行できる KB は 14 個まで (最大サイズ 2 GB) 運用環境 Standard SKU Basic Standard 発行できる KB は 49 個まで (最大サイズ 25 GB)
  14. 14. Language Understanding(LUIS)
  15. 15. Language Understanding(LUIS) 自然言語を理解する機能を提供するAPIサービス ユーザーの目標を解釈して 文章から価値のある情報を 抽出し、高品質で繊細な言 語モデルを構築。
  16. 16. Language Understanding(LUIS) 自然言語の理解をアプリへ追加 Azure Bot Serviceへシームレスに統合 常に学習して改善 強化学習機能にて継続的にモデルを更新、改善される エンタープライズ対応 国際的なコンプライアンス標準に準拠し、12言語をサポート
  17. 17. コンテナでの使用 Dockerコンテナとして動作 docker run --rm -it -p 5000:5000 ^ --memory 4g ^ --cpus 2 ^ --mount type=bind,src=c:¥input,target=/input ^ --mount type=bind,src=c:¥output¥,target=/output ^ mcr.microsoft.com/azure-cognitive-services/luis ^ Eula=accept ^ Billing={ENDPOINT_URI} ^ ApiKey={API_KEY} ※ENDPOINT_URIとAPI_KEYはCognitive Servciesリソースのエンドポイントとキー https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/cognitive-services/luis/luis-container-howto
  18. 18. Azure Bot Service
  19. 19. Azure Bot Service Bot開発向けのマネージドサービス Cognitive Service のAIサービスAPI と連携したボッ トを簡単に作成 でき、様々なク ライアントへ配 布が可能 https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/bot-service/
  20. 20. Azure Bot Service 簡単に Cognitive Services を統合 自然言語処理や画像、音声などの解釈機能をネイティブ統合 複数の通信チャネルと統合 Teams、Slack、Cortana、Facebook Messengerなどのチャネルに適用 オープンソース SDK とツールを使用してボットを構築 一般的なチャネルやデバイスにボットを簡単に接続
  21. 21. サポートチャネル https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/bot-service/
  22. 22. Case
  23. 23. Azure Bot Service + QnA Maker + LUIS https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/cognitive-services/language-understanding-intelligent-service/
  24. 24. エンタープライズ向けBot https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/architecture/reference-architectures/ai/conversational-bot
  25. 25. まとめ • Azure Bot Service + QnA Makerで数分で公開できるチャットボッ ト が作成できる • Azure Bot Serviceへ接続することでメッセージングアプリへの配 信も容易 • 音声や画像を扱いたい場合はCognitive Serivicesとの連携を • 自然言語処理を入れる場合はLUISを使って効率よく
  26. 26. ご静聴ありがとうございました
  27. 27. ハンズオン 【Microsoft Learn】QnA Maker と Azure Bot Service を使用し て FAQ チャット ボットを作成する 【チュートリアル】基本的なボットを作成してデプロイする

×