Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

インフラ自動構築エンジン "Ansible"の勘所を1日でつかむ ~基礎入門編~

10,242 views

Published on

2015年9月24日
ヒカラボにて講演したコンテンツです。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

インフラ自動構築エンジン "Ansible"の勘所を1日でつかむ ~基礎入門編~

  1. 1. インフラ自動構築エンジン "Ansible"の勘所を1日でつかむ ~基礎入門編~ 2015年9月24日 TIS株式会社 OSS推進室 倉持 健史
  2. 2. 本日のゴール • Ansible がどんなものかを知ってもらう • 帰ったらスグに迷わず試せる • プロダクション・開発環境どちらも十分活用
  3. 3. アジェンダ  What’s Ansible?  Design Principles  How to use Ansible  Ansible for Enterprise  Demo Movie  Demonstration  Reference
  4. 4. 自己紹介  倉持健史(くらもち たけし)  現職  TIS OSS推進室 OSSプロモーション担当  職歴・他  NetApp.KK  OpenStack/Hadoop ソリューション開発  HA クラスタウェア 保守/開発/教育/プリ/コンサル  UNIX/Linuxインテグレーション  Perl / R
  5. 5. TISエンタープライズ OSS サポートサービス  OSS プロダクトサポート  OSS 技術コンサルティング  OSS マイグレーション https://www.tis.jp/service_solution/oss/
  6. 6. きっかけは・・・
  7. 7. プレゼンテーション デモンストレーション
  8. 8. 楽をしたい!
  9. 9. Ansible is a radically simple IT automation engine that automates cloud provisioning, configuration management, application deployment, intra-service orchestration, and many other IT needs.
  10. 10. サーバ構築を 自動化する 構成管理ツール(OSS) What’s Ansible?
  11. 11. What’s Ansible? システム構築・運用で、 人が楽をできる 簡単な自動化エンジン
  12. 12. What’s Ansible? • システムコンフィグレーション • オーケストレーション • アプリケーションデプロイメント
  13. 13. アプリケーションサービス デプロイメント システムコンフィグレーション クラウド、 VM、コンテナ イメージ起動 OS インストレー ション Provisioning Activity Orchestration Configuration Bootstrapping AWS Cobbler OpenStack Kickstart VMware Capistrano Fabric Puppet Chef Azure Ansible 引用元:Provisioning Toolchain (Velocity2010) by Lee Thompson Docker
  14. 14. DevOps made Simple. Deploy apps. Manage systems. Crush complexity. Ansible is a powerful automation tool that you can learn quickly.
  15. 15. Ansible Design Principles
  16. 16. シンプル is ベスト 複雑ではない 共通“言語” スグに達人!? 習得もインストールも
  17. 17. 参考図書でみる学習コスト差 某OSS・・・400頁 or 670頁 Ansible・・・112頁
  18. 18. エージェントレス 余計な導入物不要 スグ試行 スグ本番適用
  19. 19. Agentless for UNIX/Linux  構成される側にエージェントが不要  SSH 接続  Python は必要 Ansible SSH 構成される側 UNIX/Linux
  20. 20. Agentless for Windows  構成される側にエージェントが不要  HTTP/HTTPS 接続  PowerShell 3.0以上は必要 Ansible Web Service Management プロトコル(SOAP) 構成される側 Windows
  21. 21. Batteries included 冪等性(べきとうせい) パワフル!
  22. 22. Batteries included • ファイル編集 • ファイルダウンロード • アプリケーションやサービスの起動 • クラウドイメージの管理(起動・停止など) • 通知・ジョブ設定 • ネットワーク機器設定 • コマンド・シェル実行 などなど・・・
  23. 23. Inventory Playbook YAML Module Role Galaxy
  24. 24. How to use Ansible  必要なマシン  Ansible がインストールされているマシン  必要なファイル  Inventory (インベントリ)  Playbook (プレイブック) Inventory : ansible_hosts Playbook : playbook.yml
  25. 25. Inventory 「何(対象物)に?」を示すファイル 192.168.2.200 192.168.2.200 192.168.3.200 [webservers] 192.168.2.200 192.168.3.200 http://docs.ansible.com/intro_inventory.html
  26. 26. Playbook 「何を?(最終的にどんな状態に?)」を書いたファイル (YAMLという決まったフォーマット) --- - hosts: 192.168.2.200 remote_user: root tasks: - name: install apache at the latest version yum: pkg=httpd state=latest - name: start apache service: name=httpd state=started enabled=yes http://docs.ansible.com/playbooks_intro.html 文章で書くと、「192.168.2.200 に対して、スーパーユーザで yum を使って httpd をイン ストールし、 起動(次回再起動時も起動するように同時に設定)」
  27. 27. Run ansible-playbook コマンド実行 Ansible 構成される側 SSH $ ansible-playbook -i ansible_hosts playbook.yml PLAY [192.168.2.200] ********************************************************** GATHERING FACTS *************************************************************** ok: [192.168.2.20] : : PLAY RECAP ******************************************************************** 192.168.2.20 : ok=2 changed=2 unreachable=0 failed=0 # yum install httpd # service httpd start # chkconfig httpd on (OR systemctl enabled httpd)
  28. 28. More …  台数や処理数が増えたら・・・  Playbook ファイルの分割や役割毎にまとめる (include , role)  標準で出来ないことがあったら・・・  自分で作る (module)  巨人の肩の上に立つ
  29. 29. Ansible Galaxy 6月・・・2600 9月・・・3405
  30. 30. I think any customer is not only ISV and IHV will expect for this.
  31. 31. Ansible for Enterprise • 物理サーバ、仮想サーバ • AWS、Azure、Google • Docker • OpenStack、CloudStack • SDX
  32. 32. Ansible Tower http://www.ansible.com/tower
  33. 33. Ansible が導入された “host” から Target ”blog” マシン上で WordPress を構成する (blog) VM Ubuntu14.04 (host) Ansible Target AP Web DB PHP Apache MariaDB Demo Movie
  34. 34. Configuration Create VM Install Packages 一撃 Ansible - Inventory - Playbook AP Web DB PHP Apache MariaDB Demonstration
  35. 35. Chef vs Ansible
  36. 36. The comparison of Chef and Ansible • Ansible は エージェントレス • Ansible は オーケストレーション もこなす • 学習コスト Chef > Ansible • Chef = Ruby , Ansible = Python • Chef → Ansible多い、 Ansible → Chef ? • 実績・ノウハウ Ansible < Chef
  37. 37. Google Trend …
  38. 38. Google Trend …
  39. 39. Reference  ドキュメント  http://docs.ansible.com  採用事例・WhitePaper  http://www.ansible.com/resources
  40. 40. • インフラ技術 • 機械学習 イベントサイト Connpass にて開催中
  41. 41. Let’s Try! • Tech-Circle#6 Ansible ハンズオン ~事前準備~ • Tech-Circle#6 Ansible ハンズオン ~Lesson1~ • Tech-Circle#6 Ansible ハンズオン ~Lesson2~ http://qiita.com/tksarah/
  42. 42. まとめ Ansible で楽をしよう! • Simple , Agentless , Powerful • 2パーツだけで自動化・オーケストレーション • プロダクション・開発環境どちらでも
  43. 43. 『 Ansible 』 の発音は? あえぇんしぼー
  44. 44. Thank you

×