Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

翻訳支援ツールの紹介

19,768 views

Published on

Published in: Entertainment & Humor

翻訳支援ツールの紹介

  1. 1. 翻訳支援ツールの 紹介と比較 フリーランス英日ゲーム翻訳者 矢澤 竜太
  2. 2. 本スライドの対象読者と目的 対象読者 翻訳に関係する業務に携わる方 ➔ 翻訳支援ツールに興味がある方 ➔ 愛用ツール以外について知りたい方 ➔ すでにポスターをご覧頂いた方 ➔ 目的 翻訳支援ツールの機能概要を示す ➔ ツール運用の実用的TIPSを示す ➔ 環境に最適なツールの選定を支援 ➔ 2 / 71
  3. 3. 目次 一般的な機能の紹介 翻訳支援ツールの個別紹介 ツール導入 DOs & DONTs さいごに (Appendix: 参考リンク集) 3 / 71
  4. 4. 一般的な機能の紹介紹介する機能:機能名 ひとこと説明アライン 既存翻訳資産の再利用準備翻訳メモリ 原文と訳文の対訳データベース、翻訳資産ワード数分析 正確な作業量検出/一致・類似テキストも分析用語集 用語不統一防止/作業効率大幅向上QA 人的負荷の軽減/各種不統一防止 1/4章 一般的な機能の紹介4 / 71
  5. 5. アライン既存の翻訳資産から翻訳メモリを作成する作業●過去に翻訳したファイルの原語版と翻訳版を突き合わせ、●文単位で対訳状態にして翻訳メモリ化する 1/4章 一般的な機能の紹介5 / 71
  6. 6. アライン作業の内容: これはサンプル文 This is a sample 書です。サンプル doc. The doc● 原語版文書と訳語版文書を用意する 文書には2つの文 contains two が含まれます。 sentences.● 双方に含まれる文章を文や段落単位で区切る これはサンプ This is a sample ル文書です。 doc.● 対応するよう編集して対訳状態にする サンプル文書 The doc には2つの文 contains two が含まれます。 sentences.● 翻訳メモリを完成させる 日本語 >> << English 1/4章 一般的な機能の紹介6 / 71
  7. 7. アライン ↓ Felix のアラインツール SDLX アライン設定画面 ↓左右が対応する訳になるよう移動、統合、分割して最終的に翻訳メモリを完成させる エンコード、区切り位置、ファイル形式、 言語が選択できる 1/4章 一般的な機能の紹介7 / 71
  8. 8. 翻訳メモリ「原文:訳文ペア」と関連情報のデータベース➔翻訳時には強力な参考資料に➔一致/類似する文があると自動表示➔ワード数分析で「既訳文章の再利用率」を測定できる➔プロジェクト全体を串刺し検索できる資料に➔業界標準規格のTMX (XML規格) があるためツール間の移行は容易➔ 1/4章 一般的な機能の紹介8 / 71
  9. 9. 翻訳メモリなぜ翻訳メモリが重要?1: 担当翻訳者はいつも同じ / 1人ではない→既存訳を参照できるので一貫性のある翻訳が可能に例)パブリッシャに提出するGDD、提出するたびに「操作感」が異なる表現に訳されていたら伝わるイメージも変わってしまう2: 同じ表現が毎回異なる翻訳だと説得力低下→意味ある訳し分けは他が統一がされていて初めて可能になる 例)ツン状態が一定してツンでないとデレが活きない 1/4章 一般的な機能の紹介9 / 71
  10. 10. 翻訳メモリ Felix の 翻訳メモリ 管理画面 ↓ クリックすると作成者、文脈など が確認できる ↑ ←原文:訳文→MemoQ の翻訳メモリ管理画面 1/4章 一般的な機能の紹介10 / 71
  11. 11. ワード数分析単語/文字数を計算➔分析結果はレポートとして出力➔完全一致/類似するテキストを検出➔ ➔ ファイル間の類似/一致 ➔ 翻訳メモリとの類似/一致翻訳メモリの内容と完全一致/類似するテキスト量を計算➔翻訳中、進捗レポートを表示/出力➔ 1/4章 一般的な機能の紹介11 / 71
  12. 12. ワード数分析なぜワード数分析が重要?1: 翻訳料金は原語のワード数/文字数で算出→コストに直結 例)分析してみたら、実はテキストの3割が重複!2: スケジュールはワード数に基づき作成→翻訳者の人数 x 想定作業量 x 日数 = 必要な日数→正確なワード数=正確なスケジュール→完全一致・類似テキストの量と分布が分かるので より精度の高いスケジューリングが可能に 1/4章 一般的な機能の紹介12 / 71
  13. 13. ワード数分析 MemoQ の ワード数レポート ↓ 進捗度を示すバーツリー表示 ↑Trados Studio の 全体、完全一致数、部分一致数、文書内進捗レポート 繰り返しのワード数が表示される 1/4章 一般的な機能の紹介13 / 71
  14. 14. 用語集用語出現時に訳語と文脈情報を自動表示➔適切でない用語が使われると警告メッセージを出力➔翻訳完了後、用語集を読み込んでQAチェックを実行➔オンライン展開して外部関係者にも公開できる➔多言語を一元的に管理➔ ※ツールによって搭載機能は異なります 1/4章 一般的な機能の紹介14 / 71
  15. 15. 用語集なぜ用語集が重要?1: 担当翻訳者はいつも同じ / 1人ではない→自動検索なので検索漏れなく一貫性のある翻訳が可能に2: 同じモノに無意味に複数の名前があっては混乱を招く→意味ある訳し分けは適切な用語管理があって初めて活きる 例)○○石の訳語に○○Gemと○○Stoneが無意味に混在したら...? 1/4章 一般的な機能の紹介15 / 71
  16. 16. 用語集 TraTool の用語集 ↓ 用語の説明を 入力して翻訳者に 提供することも可能 ◆青枠の文に出てきた 登録用語が自動的に ↑ 対訳形式で表示 ◆訳文を使用しないとSDLX の用語集 赤色で警告 ◆クリックやショート(Termbase) カットで挿入可能 1/4章 一般的な機能の紹介16 / 71
  17. 17. QA➔ 指定した条件に違反する訳文を検出(タグ破損、句読点の連続など)➔ レポート出力➔ 翻訳時にリアルタイム検出して警告メッセージを出力➔ 同一原文に対して異なる訳文がついている箇所を検出➔ 正規表現で検出条件を指定➔ 条件をファイルに書き出して関係者に配布 ※ツールによって搭載機能は異なります 1/4章 一般的な機能の紹介17 / 71
  18. 18. QAなぜ QA が重要?1: 機械のほうが得意なことは任せる→人間なら1日仕事でもコンピューターなら数分例)「10日かけて翻訳した文書ですけど、タグ破損、句読点ミス、用語間違い、全部確認してください 、今日中に ^^」2: 修正が繰り返し発生しても毎回チェックが実行できる→目視では絶対に不可能 1/4章 一般的な機能の紹介18 / 71
  19. 19. QA SDLX のQA 設定 検出したエラーは赤く表示、右枠に (正規表現オプション) はエラー内容が表示される ↓ ↑SDLX のQA Report 検出条件を正規表現でカスタマイズできる 1/4章 一般的な機能の紹介19 / 71
  20. 20. 一般的な機能の紹介翻訳支援ツールの個別紹介 ツール導入 DOs & DONTs さいごに (Appendix: 参考リンク集) 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介20 / 71
  21. 21. 文書翻訳用ツール軽量・翻訳特化型ツール オープンソースソフトウェア専用ツール 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介21 / 71
  22. 22. MemoQ 特徴:  バランスのよい優等生  UIデザインが分かりやすい (矢澤主観)  リアルタイムプレビューが強力  日本代理店からは日本語版も  比較的安価  対応ファイルタイプ豊富 (MS Office 2003以降の形式も )  アライン機能の精度が高め 体験版: アリ 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介22 / 71
  23. 23. MemoQ おすすめの環境・用途:  さまざまな種類の文書を翻訳  プロジェクト/翻訳メモリが多数  翻訳メモリ化したい既存翻訳資産が大量 注意点:  翻訳者もMemoQまたはXLIFF (翻訳用XML規格) エディターが必要になる  リアルタイムプレビューは一部形式のみ 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介23 / 71
  24. 24. MemoQ ←原文:訳文→ 用語集 翻訳メモリ リアルタイムプレビュー 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介24 / 71
  25. 25. SDL Trados Studio 特徴:  翻訳支援ツールの巨大戦艦  トレーニングなしには使いこなせない  3rd パーティのアドオンマーケットが存在  日本語UIあり、リアルタイムプレビューあり  管理者向け上級バージョンは高価  対応ファイルタイプ多数  大規模プロジェクト向け 体験版: ナシ 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介25 / 71
  26. 26. SDL Trados Studio おすすめの環境・用途:  多数の翻訳者と大規模なドキュメントを翻訳する場合  用語集や翻訳メモリの効果が高い場合 注意点:  操作が難しい、要トレーニング受講  翻訳者も Trados Studio が必要  古いPCでは動作がやや遅くなる 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介26 / 71
  27. 27. SDL Trados Studio 用語集 翻訳メモリ ←原文:訳文→ 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介27 / 71
  28. 28. Alchemy Publisher 特徴:  バランス良い優等生  ソフトウェア向け同社製ツール Catalyst と使用感が同じ  対応ファイル形式 100 種以上  管理者向け上級バージョンは高価  リアルタイムプレビュー & リアルタイムQA機能  別売りプラグインが豊富  大規模プロジェクト向け 体験版: アリ 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介28 / 71
  29. 29. Alchemy Publisher おすすめの環境・用途:  多数の翻訳者と大規模なドキュメントを翻訳  用語集や翻訳メモリの効果が高い 注意点:  UI とサポートが英語  翻訳者も Alchemy Publisher が必要 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介29 / 71
  30. 30. Alchemy Publisher フィルターツリー構造 ←原文:訳文→ 作業スペース 用語集 翻訳メモリ 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介30 / 71
  31. 31. 文書翻訳用ツール軽量・翻訳特化ツール オープンソース ソフトウェア専用ツール 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介31 / 71
  32. 32. Felix 特徴:  MS Office のアドオン  「上書き翻訳」支援ツール  周辺ツールが無料で公開されている (ワード数分析、アライン 、翻訳メモリ LAN 共有)  翻訳メモリ / 用語集の作成が簡単  Excel ゲーム翻訳に最適 体験版: アリ  UI 日本語あり 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介32 / 71
  33. 33. Felix おすすめの環境・用途:  対象が MS Officeファイルでファイル変換を避けたい  翻訳メモリ/用語集の自動検索機能のみ必要  EXCEL ゲーム翻訳 注意点:  作業ファイルは対訳状態では保存できない  現在のところ QA 機能はない 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介33 / 71
  34. 34. Felix 翻訳メモリ 用語集 Microsoft Word 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介34 / 71
  35. 35. TraTool 特徴:  テキスト翻訳に特化  機能を限定したシンプルツール  開発会社は日本  ツールの拡張・カスタマイズ 相談可能  用語集/対訳集がタブ区切りテキスト  UI日本語 体験版: アリ 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介35 / 71
  36. 36. TraTool おすすめの環境・用途:  書式は不要でテキストの翻訳にのみ集中したい  使いやすさが最優先  柔軟なカスタマイズが可能な翻訳支援ツールが必要 注意点:  カスタマイズなしではTxtファイルしか翻訳できない  Txt専用のため太字やリンクなどの書式は保持できない 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介36 / 71
  37. 37. TraTool 作業スペース ←原文:訳文→ 用語集 コメント 翻訳メモリ 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介37 / 71
  38. 38. 文書翻訳用ツール軽量・翻訳特化ツールオープンソースソフトウェア専用ツール 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介38 / 71
  39. 39. OmegaT 特徴:  Open source のスタンドアロン型ツール  作業パッケージは単一ファイルでなく ディレクトリ構造で保持  Mediawiki / html / Text / OpenOffice / XLIFF 形式対応  開発言語は Java  Open Source Conference では時折セミナーも  カスタマイズしてからが本番 無料、完全版OK 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介39 / 71
  40. 40. OmegaT おすすめの環境・用途:  主な翻訳対象ファイルが Text/Html/OpenOffice/PO 形式  オープンソース系で翻訳支援環境を整備したい 注意点:  Word /Excel ファイルは翻訳できない  サポートは当然コミュニティーベース 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介40 / 71
  41. 41. OmegaT ↑原文:訳文↓ 翻訳メモリ 用語集 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介41 / 71
  42. 42. Pootle 特徴:  オンライン翻訳管理システム  POファイル、XLIFF ほか数種のファイル形式に対応  開発言語は Python  サーバーを公開すれば有志による翻訳環境として利用可能  他者の翻訳へ修正案を提示するなどバグトラッキング システムのようにも使える  内部的には Translate Toolkit ※1を使用 無料、完全版OK (※1 ja.wikipedia.org/wiki/Translate_Toolkit) 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介42 / 71
  43. 43. Pootle おすすめの環境・用途:  主な翻訳対象ファイルが XLIFF変換可能/PO 形式  オープンソース系で翻訳支援環境を整備したい  Web ベースのファン翻訳環境を作りたい 注意点:  対応ファイル形式が限定的 (XLIFFなど)  サポートは当然コミュニティーベース  サーバーを立てる必要あり 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介43 / 71
  44. 44. Pootle ←原文:訳文→ 用語集 翻訳メモリ 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介44 / 71
  45. 45. Virtaal 特徴:  Open source スタンドアロン型ツール  POファイル、XLIFF他、数種のファイル形式に対応  開発言語は Python  UI日本語、機能も一式揃っている  内部的には Translate Toolkit ※1を使用している (※末尾付録に説明リンクあり) 無料、完全版OK 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介45 / 71
  46. 46. Virtaal おすすめの環境・用途:  オープンソース系で翻訳支援環境を整備したい  無料で試せるスタンドアロン型ツールを探している 注意点:  対応ファイル形式が限定的 (XLIFFなど)  技術・サポート情報は基本的に英語 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介46 / 71
  47. 47. Virtaal ↑原文 作業スペース ↓訳文 翻訳メモリ 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介47 / 71
  48. 48. 文書翻訳用ツール 軽量・翻訳特化ツール オープンソースソフトウェア専用ツール 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介48 / 71
  49. 49. Alchemy Catalyst 特徴:  ソフトウェア多言語化支援ツール  実行ファイルを投げ込むだけでもOK  ソフトウェア向けツールの業界最大手  データベースタイプ  多機能だが高価 / UI は英語  アラインや擬似 (Pseudo) 翻訳機能あり 体験版: アリ 翻訳者版は無料  カスタマイズ応相談 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介49 / 71
  50. 50. Alchemy Catalyst おすすめの環境・用途:  多言語展開する小~中規模ゲームを翻訳したい (Facebook、iOS、Androidなど)  続編や継続的アップデートが予定されている  カスタマイズで自社要件に合わせたい 注意点:  担当者は英語読解必須  価格は高め 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介50 / 71
  51. 51. Alchemy Catalyst フィルターツリー構造 ←訳文:原文→ 作業スペース 用語集 翻訳メモリ 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介51 / 71
  52. 52. SDL Passolo 特徴:  ソフトウェア多言語化支援ツール  データベースタイプ  多機能だが高価  UI は日本語 OK  VBA互換Scriptで独自ファイルのパーサー記述可  編集環境でのマクロ機能あり 体験版: アリ 翻訳者版は無料 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介52 / 71
  53. 53. SDL Passolo おすすめの環境・用途:  多言語展開する小~中規模ゲームを翻訳したい (Facebook、iOS、Androidなど)  続編や継続的アップデートが予定されている  用語集や翻訳メモリの効果が高いゲームを翻訳する 注意点:  担当者は英語読解必須  価格は高め 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介53 / 71
  54. 54. SDL Passolo フィルターツリー構造 翻訳メモリ 作業スペース 用語集 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介54 / 71
  55. 55. LocalizeDirect 純粋な翻訳支援ツールではなくローカライズミドルウェア 翻訳支援モジュールは現在開発中 テキスト編集はEXCELに似た操作感 UI は英語 (2011/8/9 時点) テキスト・サウンド・グラフィックの紐付けが可能 翻訳→ビルドまでを大幅に高速化 SaaS モデルで安価 体験版: ライブデモ (英語、要予約) 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介55 / 71
  56. 56. LocalizeDirect おすすめの環境・用途:  多言語展開・同時期発売タイトル  ファイルをやりとりする時間を減らしたい  ローカライズ関連アセットの一元化・DB 化を目指したい  小規模タイトルの翻訳にも 注意点:  担当者は英語読解必須  開発者側の作業手順を変更する必要も 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介56 / 71
  57. 57. LocalizeDirect 71 フィルターツリー構造 ←原文:訳文→ 作業スペース 2/4章 翻訳支援ツールの個別紹介57 / 71
  58. 58. 一般的な機能の紹介 翻訳支援ツールの個別紹介ツール導入 DOs & DONTs さいごに (Appendix: 参考リンク集) 3/4章 ツール導入DOs & DONTs 58 / 71
  59. 59. ツール導入 DOs & DONTsDONT! (原文作成時) 文の途中で強制改行 ➔ 強制改行 = 強制文末 ➔ Word、PowerPoint で特に問題 ➔ 翻訳メモリの精度・効率性大幅ダウン DO! ワードラップ機能 / Shift+Enter改行を活用 ➔ ただの改行 = 修正可能 3/4章 ツール導入DOs & DONTs 59 / 71
  60. 60. ツール導入 DOs & DONTsDONT! プロジェクト途中でツールを導入 ➔ 習熟度が上がるまでは利点も活きない ➔ 付帯作業が増えるだけのおそれも DO! まずは小規模パイロットプロジェクトを ➔ 問題があっても取り返せる規模で 3/4章 ツール導入DOs & DONTs 60 / 71
  61. 61. ツール導入 DOs & DONTsDONT! 文節化ルールを毎度Ad Hocに決めちゃう ➔ ※分節=翻訳メモリに登録する1レコード DO! 基本的には句点で区切る 段落区切りは意訳の多い文書で ➔ 基本ルールは①句点 (。) ごと②段落ごと 例:「本文書はAです。必ずお読みください。」 →①2 文として処理 ②1文として処理 →次回別のルールを採用すると再利用性が実質ゼロに 3/4章 ツール導入DOs & DONTs 61 / 71
  62. 62. ツール導入 DOs & DONTsDONT! 翻訳メモリの管理者を決めてない 翻訳メモリは放っておくと... ➔ ➔ 増えます (あなたの、誰かのローカルドライブに) ➔ アップデート滞ります (みんな忙しい) DO! 責任者を割り当て、アップデートの タイミングを明示的に決める ➔ たとえベンダーさんに任せるとしても! 3/4章 ツール導入DOs & DONTs 62 / 71
  63. 63. ツール導入 DOs & DONTsDONT! サポート契約は予算もないし、いいや... 翻訳支援ツールは UI デザインがこなれてません ➔ ノウハウが貯まるまでもがくのは結構大変です ➔ DO! サポートは使い倒す ツールの営業さんとミッチリ相談を ➔ 営業さんとの相談では「こういう機能ありますか」 より「こういうことしたい」アプローチを 3/4章 ツール導入DOs & DONTs 63 / 71
  64. 64. ツール導入 DOs & DONTsDONT! 翻訳実務担当「ノートPCで作業します」 翻訳支援ツールが提示する情報量は非常に多い上 ➔ 作業スペースも確保しなければなりません ノートPCでは処理能力が充分でも解像度が不足 ➔ DO! 実務はノート PC + サブディスプレイ以上推奨 ➔ 翻訳メモリと用語集を参照しながら 快適に作業できます 3/4章 ツール導入DOs & DONTs 64 / 71
  65. 65. 一般的な機能の紹介翻訳支援ツールの個別紹介ツール導入 DOs & DONTs さいごに (Appendix: 参考リンク集) 4/4章 さいごに 65 / 71
  66. 66. さいごに大事なのは 実務との相性 (と予算)●まずは 体験版 を!!●ローカライズ ベンダー にも影響が生じます● よく相談 しましょう導入前の評価では、効率化、コスト削減だけでなく●「品質向上」の価値 も考慮してみてください 4/4章 さいごに 66 / 71
  67. 67. さいごに拙稿ですが翻訳支援ツールについてまとめた記事を記載します: イチから分かるソフトウェア向け CAT (翻訳支援) ツールの概要 d.hatena.ne.jp/LYE/20100828/1282993929 OR bit.ly/swCATdocCAT EXCELとゲーム翻訳者の仲介役! Felixノススメ d.hatena.ne.jp/LYE/20100927/1285582746 OR bit.ly/FelixSusumeご覧いただきありがとうございました連絡先: 矢澤竜太 ryazawa@ninjatranslator.net 4/4章 さいごに 67 / 71
  68. 68. 一般的な機能の紹介翻訳支援ツールの個別紹介ツール導入 DOs & DONTs さいごに (Appendix: 参考リンク集) 付録:参考リンク集 68 / 71
  69. 69. 公式サイト一覧(ダウンロードしてご覧ください) ツール名 分類 URL Alchemy Catalyst 日本代理店: http://www.xlsoft.com/jp/products/catalyst/catalyst.html 公式 (英語): http://www.alchemysoftware.ie/products/alchemy_catalyst.html Alchemy Publisher 日本代理店: http://www.xlsoft.com/jp/products/catalyst/publisher.html 公式 (英語): http://www.alchemysoftware.ie/products/alchemy_publisher.html Felix 公式 (日本語): http://jp.felix-cat.com/ 公式 (英語): http://felix-cat.com/ LocalizeDirect 公式 (英語): http://www.localizedirect.com/ OmegaT 公式 (日本語): http://www.omegat.org/ja/omegat.html Pootle 公式 (英語): http://translate.sourceforge.net/wiki/pootle/index? SDL Passolo 公式 (日本語): http://www.sdl.com/jp/language-technology/products/software-localization/sdl-passolo.asp 公式 (英語): http://www.sdl.com/en/language-technology/products/software-localization/sdl-passolo.asp SDL Trados Studio 公式 (日本語): http://www.sdl.com/jp/language-technology/products/translation-memory/sdl-trados-studio-2009/default.asp 公式 (英語): http://www.sdl.com/en/language-technology/products/translation-memory/sdl-trados-studio-2009/default.asp TraTool 公式 (日本語): http://www.tratool.com/ Virtaal 公式 (英語): http://translate.sourceforge.net/wiki/virtaal/index memoQ 日本代理店: http://www.yanasa.co.jp/articles/170/1/memoQ-aeeceaeaeaaa/aaa1.html 公式 (英語): http://kilgray.com/products/memoq 付録:参考リンク集 69 / 71
  70. 70. 翻訳支援ツール関連リンク(ダウンロードしてご覧ください) 関連用語の Wikipedia ページ トピック名 URL 備考 翻訳メモリ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA TMX http://ja.wikipedia.org/wiki/Translation_Memory_eXchange 翻訳メモリのXML標準規格 XLIFF http://ja.wikipedia.org/wiki/XLIFF 翻訳用バイリンガルファイルのXML標準規格 Get Text http://ja.wikipedia.org/wiki/Gettext ソフトウェアの多言語化に使用される (PO/MOファイル) PO ファイルを作成する GNU コマンド ソフトウェアの国際化、翻訳を行うためのソフ http://ja.wikipedia.org/wiki/Translate_Toolkit トウェアツール群。Virtaal、Pootle でも利用さ Translate Toolkit れている http://en.wikipedia.org/wiki/Computer-assisted_translation 英語 Wikipeda の翻訳支援ツールページ。 Computer Assisted Translation 充実の内容 各翻訳支援ツールの Wikipedia ページ トピック名 備考 リンク先言語 Alchemy Catalyst http://en.wikipedia.org/wiki/Alchemy_Catalyst 英語 Felix http://ja.wikipedia.org/wiki/Felix 日本語 OmegaT http://en.wikipedia.org/wiki/OmegaT 英語 http://en.wikipedia.org/wiki/Pootle Pootle 英語 SDL Passolo http://en.wikipedia.org/wiki/SDL_Passolo 英語 SDL Trados http://en.wikipedia.org/wiki/SDL_Trados 英語 TraTool http://ja.wikipedia.org/wiki/TraTool 日本語 Virtaal http://en.wikipedia.org/wiki/Virtaal 英語 付録:参考リンク集 70 / 71
  71. 71. 無料で試してみたい方へ (ダウンロードしてご覧ください) ツール ページ紹介 URL 説明Alchemy Catalyst ダウンロードページ http://www.xlsoft.com/jp/products/catalyst/download.html ◆日本代理店のダウンロードページ。要登録Alchemy Publisher ダウンロードページ http://www.xlsoft.com/jp/products/catalyst/download.html ◆日本代理店のダウンロードページ。要登録 ◆翻訳メモリが50エントリしか追加できないこと以外完全版とFelix ダウンロードページ http://jp.felix-cat.com/download/ 変わらないバージョンがダウンロードできます ◆Felix の開発者が無償公開している、翻訳支援機能を持つ http://jp.felix-cat.com/tools/ ツールの紹介ページ。アライン、ワード数分析、翻訳メモリの ダウンロードページ ネットワーク展開機能を持つツールが公開されていますLocalizeDirect ビデオ集 http://www.localizedirect.com/videos ◆機能の紹介ビデオが集まっています (英語) ライブデモ申し込み http://edumandriva.ru/pootle/ja/pootle/pootle.po?item=296&view_mode=translate ◆ライブデモを申し込みできます (英語) ◆日本代理店の日本語体験版が入手可能。45 日間完全版とMemoQ ダウンロードページ http://www.yanasa.co.jp/articles/170/5/memoQ-aeeceaeaeaaa/aaa5.html 同じ機能が使えますOmegaT ダウンロードページ http://www.omegat.org/ja/downloads.html ◆ページ下部にリンクがあります http://en.wikipedia.org/wiki/Alchemy_Catalyst ◆翻訳関連会社さんが公開している OmegaT の丁寧なチュー チュートリアル トリアルです。入門者はこちらをPootle インストール手順ガイド http://translate.sourceforge.net/wiki/pootle/index ◆インストール手順、外部サイトリンク集あり (英語) デモサーバー http://edumandriva.ru/pootle/ja/pootle/pootle.po?item=296&view_mode=translate ◆日本語環境のPootleを実際に触れますTraTool ダウンロードページ http://www.tratool.com/freelance/predownroad.html ◆公式サイトのダウンロードページ ◆Win、Mac、Linux各種ディストリビューション向けビルドがありVirtaal ダウンロードページ http://translate.sourceforge.net/wiki/virtaal/index ます 付録:参考リンク集 71 / 71

×