Creative flow: ソフトウェアローカリゼーションのワークフローと今後

1,075 views

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,075
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
99
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Creative flow: ソフトウェアローカリゼーションのワークフローと今後

  1. 1. ソフトウェアローカライゼーションの ワークフローと今後放浪のローカリゼーション支援者 英日ゲーム翻訳者 矢澤竜太
  2. 2. 自己紹介ローカライズ業界歴11年目 7年 IT 系 (ソフトウェア、マニュアル、ヘルプ) 4年 デジタルゲーム現在は英日翻訳者ローカリゼーション支援職
  3. 3. 目次* ワークフロー* トレンド * 多言語同時期発売 * 文字列単位のバージョン管理 * 有志による大規模翻訳* 少しだけ未来の予想
  4. 4. ワークフロー
  5. 5. 注意書き 本スライドの内容は一般的例であり実際は プロジェクトにより 異なります
  6. 6. フロー:英語→多言語 時間経過
  7. 7. フロー:日本語→多言語 時間経過
  8. 8. 開発兼パ ローカライズに関連するアセットのブ 製作チームリッシャー 顧客側窓口 総合窓口 英語翻訳担当者LSP フランス語 イタリア語 スペイン語 担当者 担当者 担当者翻訳 仏翻訳者A 仏翻訳者B 伊翻訳者A 伊翻訳者B 西翻訳者A 西翻訳者B 英翻訳者A 英翻訳者B者
  9. 9. GUI アーティスト ライター開発 開発側窓口パブリ パブリッシャー責任者ッシャー 総合窓口 英語翻訳担当者LSP フランス語 イタリア語 スペイン語 担当者 担当者 担当者翻訳 仏翻訳者A 仏翻訳者B 伊翻訳者A 伊翻訳者B 西翻訳者A 西翻訳者B 英翻訳者A 英翻訳者B者
  10. 10. トレンド多言語同時期発売
  11. 11. 一昔前との違い SimShip“多言語同時期発売の一般化”“ソフトウェアのサービス化” その結果
  12. 12. “開発とローカライズが 並行して進む” “テキストの修正が五月雨式に発生し続ける”
  13. 13. 時間経過
  14. 14. 時間経過
  15. 15. 時間経過
  16. 16. トレンド 文字列単位のバージョン管理
  17. 17. Version 管理すればいいのに? 訳文の文字 翻訳テキスト 1 列 コード 1 行 翻訳ファイル 1 つ ファイル 1 つ フォルダー 1 つ フォルダー 1 つ 翻訳文字列 = コードの書かれた 1 ファイル 翻訳ファイル 1 つ = プログラムのフォルダー1 つ
  18. 18. 文字列単位バージョン管理 このテーマだけで 1時間語った CEDEC の講演資料が公開されています 興味のある方はスライド最後のリンクから DLしてご覧ください
  19. 19. トレンド 有志による 大規模翻訳
  20. 20. 有志による大規模翻訳Unity ドキュメント(日本語事例)
  21. 21. 有志による大規模翻訳Second Life ドキュメント 欧州言語事例
  22. 22. 有志による大規模翻訳 共通点“コミュニティの盛り上がり”“プロ翻訳者じゃないが専門家”参加者にとって<チャレンジ>動機 → 外発的 内発的
  23. 23. 未来予測(短く)今日触れたトレンドはすべて 当たり前のものになる 技術的課題がクリアされたらユーザビリティが向上し始める ユーザの声が反映される 仕組みが洗練化されていく
  24. 24. 矢澤竜太 ローカライズ支援 英日ゲーム翻訳者 (フリーランス)ryazawa@ninjatranslator.net www.ninjatranslator.net/ Twitter: @lye_ >>付録
  25. 25. 付録:リンク先進的ローカリゼーションシステムを構築しているゲーム関連企業の例• スクウェア・エニックスの音声ローカライズの秘策は“MOOMLE(もう無理!)”【GDC 2012】(ファミ 通.com)• 【GDC2012】『ファイナルファンタジーXIII-2』における音声ローカリゼーションの秘訣は「MOOMLE」にあ り!(gamebusiness.jp)• 矢澤作成: GDC 2012 報告レポート(Slideshare)※この他 Game Developers Conference: Loc Summi では毎年最新の知見が共有されています。興味のある方は GDC Localization Summit で検索するとたくさん情報が出てきます!有志による大規模翻訳の例• Unity ドキュメント (Github) :翻訳ドキュメントリポジトリ• メガ Unity ユーザーミートアップ 2012 (SlideShare) 24 ページ目: 構築したシステムの解説Cedec2012 ゲームに使える翻訳支援ツールの要件• Cedec2012 ゲームに使える翻訳支援ツールの要件 (SlideShare)• [CEDEC]ゲームに使える翻訳支援ツールの要件 (CeDiL)
  26. 26. 付録:リンクソフトウェア向け翻訳支援ツール• Alchemy Catalyst• MemoQ Server• Multilizer• SDL Passoloゲーム向けローカリゼーション管理システム• LocDirect• XLOC
  27. 27. 付録:ゲームの特異性パブリッシャーの存在(特に家庭用ゲーム機)グラフィックと音声が膨大開発チームの非エンジニア率が高い

×