Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Apache jmeter

2,154 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Apache jmeter

  1. 1. APACHE Jmeter外山 寛
  2. 2. アジェンダ①JMeter とは②インストール方法③使用方法 3/25
  3. 3. ①Jmeter とは 4/25
  4. 4. Jmeter とは•JMeter とは、パフォーマンス測定および負荷テストを行うツールす。多数の機能を備えていることから、WebアプリケーションおよWebサーバの性能測定に広く利用されています。•HTTP以外にも、FTP、LDAP、JMS(Java Message Service)、TCP接続、 メール送信などの単体テストとしても使えます。メモ•2011年にApache のトップレベルプロジェクトに昇格しました。Jmeter – wikipediahttp://ja.wikipedia.org/wiki/JMeter 5/25
  5. 5. ②インストール方法 6/25
  6. 6. インストール方法Jmeter をダウンロードします。 ※バージョン2.7(2012/07/27現在)Apache JMeter – Downloadhttp://jmeter.apache.org/download_jmeter.cgi ここからダウンロード 7/25
  7. 7. インストール方法ダウンロードが完了したら、任意のフォルダにファイルを解凍してください。解凍したディレクトから、『apache-jmeter-2.7¥bin¥jmeter.bat』を実行してください。起動画面まで、確認できればインストール完了です。 起動画面 8/25 Copyright © CA ADvance .inc 2012
  8. 8. ③使用方法 9/25
  9. 9. 作業手順実際に、Webサーバーに負荷をかけて、画面表示速度の検証を行う、手順を説明します。処理の流れは、以下になります。・負荷の設定・検証用のシナリオ作成・負荷テスト・試験結果の確認 10/25
  10. 10. 起動方法『.¥apache-jmeter-2.7¥bin¥jmeter.bat』を実行してください。 起動画面 11/25
  11. 11. 計測の設定左ペインの「テスト計画」を右クリックし、「追加」 → 「Threads(Users)」 → 「スレッドグループ」を選択します。 12/25
  12. 12. 計測の設定「スレッド数」と「Ramp-Up期間(秒)」を設定してください。「スレッド数」:サイトにアクセスする回数(負荷の大きさ)Ramp-Up期間(秒):何秒かけてスレッドを作るか(負荷をかける秒数)※下記設定では10秒の間に100回のアクセスになります。 13/25
  13. 13. 計測設定左ペインの「スレッドグループ」を右クリックし、「追加」→「リスナー」→「結果を表で表示」を選択します。 14/25
  14. 14. テスト計画の作成左ペインの「ワークベンチ」を右クリックし、「追加」→ 「Non-Testエレメント」→「HTTP プロキシサーバ」を選択します。 15/25
  15. 15. テスト計画の作成左ペインの「ワークベンチ」→「HTTP プロキシサーバ」を選択し、ポートが「設定されているのを確認します。 16/25
  16. 16. テスト計画の作成ブラウザのプロキシを下記で設定します。アドレス:127.0.0.1ポート:8080 17/25
  17. 17. テスト計画の作成JMeter の画面に戻り、「開始」ボタンをクリックします。 18/25
  18. 18. テスト計画の作成ブラウザ側で、実際に画面遷移してみましょう。※社内向け管理ツールのサイ例)SearchSuiteTop→ログイン→Report Manager→QuickViewReport 19/25
  19. 19. テスト計画の作成画面遷移が完了したら、JMeter の画面に戻り、「停止」ボタンをクリックしま 20/25
  20. 20. テスト計画の実行画面上部メニューバーの「実行」→「開始」で計測を開始します。 21/25
  21. 21. テスト結果の確認「スレッドグループ」→「結果を表で表示」をクリックすると、計測結果が表示「Sample Time」や、「平均」の数値を計測の指標とし判断を行なってください 22/25
  22. 22. テスト計画の精査注意点:左ペインのアクセスを行うリクエストを確認し、計測の妨げとなりそうは消しましょう。例)GoogleAnalyticsへのデータ送信 23/25
  23. 23. データまとめ例eAccelarator導入後パフォーマンスが2倍になりました!という検証結果まとめる際、以下のように資料化してました。 24/25
  24. 24. テスト計画の保存最後に、テスト計画を保存し、計測終了です。チューニング前、チューニング後で見比べて検証するとき、テスト計画を残して捗ります。 25/25
  25. 25. 注意事項•許可なくサーバーに負荷をかけてはいけません。 •DoS攻撃と判断されアクセス禁止となる可能性が高いため、 避けましょう。 26/25 Copyright © CA ADvance .nc 2012
  26. 26. まとめ•プログラムのチューニングする際、Jmeterを使えば、性能検証をする際、可視化することができます。•楽するために使っちゃいましょう!•再検証しやすいよう、テストパターンもあらかじめ、保しておきしょう。 27/25

×