Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

20180321 sapid_fan_meeting

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Upcoming SlideShare
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 12 Ad

More Related Content

Slideshows for you (8)

Similar to 20180321 sapid_fan_meeting (20)

Advertisement

More from Toshiyuki Manabe (16)

Recently uploaded (20)

Advertisement

20180321 sapid_fan_meeting

  1. 1. ファシリテーションに効く 問いかける技術 2018/3/21 SaPIDファンミーティング @ToshiManaPlus1
  2. 2. はじめに • 対象 ▫ SaPIDの問題構造図作成(STAGE1)の支援をする ときに、上手く実践者の問題を引き出せない人 • 目的 ▫ 実践者との良好な関係を築き、 実践者が抱える本質的な問題を引き出す助けが できるようになること またはそのヒントを得ること
  3. 3. もくじ • はじめに • ファシリテーターの問題構造図 ▫ 何を聞けばよいか分からない ▫ 同じような回答が続いてしまう ▫ 実践者の理解が深まっている感じがしない • 掘り下げる質問 ▫ 案1:A か B か それ以外か ▫ 案2:予想から外れた質問をする
  4. 4. もくじ • はじめに • ファシリテーターの問題構造図 ▫ 何を聞けばよいか分からない ▫ 同じような回答が続いてしまう ▫ 実践者の理解が深まっている感じがしない • 掘り下げる質問 ▫ 案1:A か B か それ以外か ▫ 案2:予想から外れた質問をする
  5. 5. ファシリテーターの問題構造図
  6. 6. 何を聞けばよいか分からない • 状況 ▫ 問題構造図作成初期 • 分析 ▫ 関係不足  相手が悩みを打ち明けにくい状態  相手に関心が持てていない状態 • 対策 ▫ 謙虚に問いかける  「相手に対して興味や好奇心を抱くという態度」 から質問する
  7. 7. 同じような回答が続いてしまう • 状況 ▫ 問題の掘り下げ時 • 分析 ▫ 問題構造図の整合性が取れた状態  支援者から荒く見えても、実践者からは 整合性が取れている。掘り下げる必要がない • 対策 ▫ 整合性を崩す  具体例を出して選択させる  不整合を起こす例を出す
  8. 8. 実践者の理解が深まっている感じが しない • 状況 ▫ いつでも • 分析 ▫ 実践者への過負荷  掘り下げる問いかけは負荷が高い  ストレスによる回避行動 • 対策 ▫ 観察による実践者のストレス状況の把握 ▫ 実践者のモチベーション管理  ストレス状況による質問方法の切り替え
  9. 9. もくじ • はじめに • ファシリテーターの問題構造図 ▫ 何を聞けばよいか分からない ▫ 同じような回答が続いてしまう ▫ 実践者の理解が深まっている感じがしない • 掘り下げる質問 ▫ 案1:A か B か それ以外か ▫ 案2:予想から外れた質問をする
  10. 10. 掘り下げる質問 • オープンな質問では、実践者がより深い問題を 出しきれない場合がある ▫ 「〇〇は本当に問題なんですか?」 • 対策(具体例) ▫ NG:予想した実践者の“本当の問題”を問う  「〇〇って××ってことですか?」 ▫ 案1:A か B か それ以外か ▫ 案2:予想から外れた質問をする
  11. 11. 案1:A か B か それ以外か • 問題「コミュニケーションが少ない」 • 質問 それって、会社の愚痴が言えなくてストレスを 発散できないってことですか? それとも、連絡が円滑に行かなくて情報交換に 無駄が多いってことですか? それとも、今言ったこと以外の問題があるって ことですか?
  12. 12. 案2:予想から外れた質問をする • 問題「情報交換に無駄がある」 • 質問 情報交換の無駄がなくなるって、 「進捗どう?」「OK!」ってくらい 単純なコミュニケーションが取れれば良い ということですか?

×