実積ゼミの説明2014

526 views

Published on

2014年度新三年生向けのゼミ説明会で使用するスライドです。

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
526
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

実積ゼミの説明2014

  1. 1. 実積ゼミの紹介(2014年度)
  2. 2. ゼミの概要 • 基本テーマ • 古典的な経済モデルとは異なる数多くの興味深い性質をもつ通信 ネットワークを巡る経済理論について学習した上で、インター ネットを中心として発展を続けているネットワーク産業と、それ に対する政策の在り方について分析します。 • 予定イベント • • • • IT関連施設の見学 専門家による特別講演 インゼミ ゼミコンパ など • 進め方 • まずは新聞記事についての報告 • 引き続いて演習形式で進行:発表→質疑→討論
  3. 3. テーマはブロードバンド環境での経済活 動
  4. 4. ネットワーク経済の主な特殊性 • ネットワーク効果 • 利用者数や補完財の種類が多いほど、価値が高い。 • 自然独占 • “Winner takes all.” • 両面市場(Two-sided market)性 • 無料モデルの合理性
  5. 5. 何が起こっているのか?
  6. 6. パラダイムシフトの時代
  7. 7. ゼミ受講生のタスク • 3年生 • プレゼン・資料作成方法の実習 • パワーポイント操作、資料検索方法、図書館利用方法 • ネットワーク経済や情報通信政策をめぐる学習 • 研修旅行 • グループ論文の作成 • ICPCyouthへの参加(5月?) • 産業分析系ゼミとの合同発表会(12月) • 論文作成・提出(2012年1月) • などなど • 4年生 • 3年生とのコラボレーション • ゼミ論文作成
  8. 8. これまでの活動内容 www.facebook.com/jitsuzumilab
  9. 9. 実積ゼミが提供できるもの • • • • ネットワーク経済、情報通信技術に関する基本的な知識 経済理論によって現実を分析する能力 必要な情報を適切なところから見つけ出すノウハウ 効果的にプレゼンテーションを行う能力 • 資料作成、発表テクニック:パワーポイントの使い方 • 質疑応答の捌き方 • 最新の通信政策等についての知識 • 総務省行政官・シンクタンク研究官などによる講演会 • などなど…
  10. 10. ゼミOB/OGの主な就職先 KDDI • ソフトバンク • NTTグループ各社 • イーモバイル • Jcom • So-net • NEC • 東芝 • DTS • スターティア • 福岡ソフトバンクホークス • マーケティング • 電通九州 • • • • • • • • • • • 三菱電機 富士通 富士通BSC 安川情報システム 九州電力 中国電力 関西電力 日本航空 東レ 三菱重工 みずほ銀行/FG             三井住友銀行 福岡銀行 肥後銀行 日本生命 住友生命 第一生命 鳥栖市役所 海上自衛隊 浜銀総合研究所 静岡大学 KDDI総合研究所 総務省
  11. 11. ゼミ生への希望 ぜひやってもらいたいこと • 学生生活を「学生として」存分に楽しむ。 • 「経済学的に考える」姿勢を常に維持すること。 • 言い出しっぺになること(勉強でも遊びの企画でも)。 決して許されないこと: • ゼミ中のひきこもり • 教員を巻き込まない私語 求められる資質 • Positive:前向きで明るいこと • Persistent:粘り強いこと • Diligent:こつこつと作業できること • Non-smoker • もつ鍋がなくても耐えられること
  12. 12. 実積ゼミに応募するに際しての注意事項 • 本年度は「内定」制度を導入します。 • 「内定」となった場合、後日のゼミ募集の際、本 ゼミへの申込を確約してもらいます。 • 事前面談を希望する学生は、本ゼミを志望する理 由と簡単な自己紹介を教員までメールしてくださ い。その際、面接時間を連絡する必要があるの で、必ず連絡がつくアドレスから送ること。 • 事前面談申し込みに期限は設けませんが内定者数 が予定に達し次第終了します。 • 教員メールアドレス • jitsuzumi@econ.kyushu-u.ac.jp

×