物理サーバとクラウドの運用管理の違い 2010 03 24 馬場

7,830 views

Published on

クラウド勉強会で話した内容です。

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
7,830
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
440
Actions
Shares
0
Downloads
90
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

物理サーバとクラウドの運用管理の違い 2010 03 24 馬場

  1. 1. クラウド勉強会 物理サーバとクラウドの運用管理の違い 2010.3.24 株式会社ハートビーツ 技術統括責任者 馬場 俊彰 Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  2. 2. 株式会社ハートビーツ MSP(Management Service Provider) ● OSSを活用したインターネットサービスが得意 ● ビジネスが成功すること ● システムがサービスを提供し続けられること ● 24時間有人監視+一次対応、サーバ管理 ● 障害対応エクスプレス ● インフラ診断コンサルティング ● アーキテクチャ検討 ● インフラ見直し、仮想化・クラウド活用 ● インフラ無料相談 ● フルマネージドロードバランサ Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  3. 3. 自己紹介 ● 馬場 俊彰(ばば としあき) @toshiak_netmark ● 株式会社ハートビーツ 技術統括責任者 ● 現職: インフラエンジニア 前職: Webシステム開発(Java) 前々職:インフラエンジニア ● 得意分野 ● Webシステムのアーキテクチャ全般 ● 主にWebシステムのインフラ全般の構築・設定・チューニングなど (ハードウェア、ネットワーク、OS、ミドルウェア) ● インターネットサービスに関わる技術要素全般 Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  4. 4. クラウド勉強会大好き! Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  5. 5. 物理サーバとクラウドの運用管理の違い Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  6. 6. クラウド エンドユーザ アプリケーション ユーザ アプリケーション 実行環境 ユーザ ミドルウェア OS ベンダー ベンダー ハードウェア ネットワーク ベンダー コロケーション IaaS PaaS SaaS Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  7. 7. 前提 基盤:  Amazon EC2 載せるシステム:  webスケールほどでもない  規模(数台~十数台)のシステム。  冗長化・負荷分散構成 Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  8. 8. 活用する特徴 Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  9. 9. 柔軟さ! Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  10. 10. 柔軟さ ● 起動が簡単・停止が簡単 ● マシンイメージを使える ● 課金時間単位が細かい Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  11. 11. 大事なこと Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  12. 12. 頭の切り替え! Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  13. 13. ケーススタディ1 web(AP)サーバのうちの1台で原因不明の遅延が継続 <物理サーバの対応> ● 原因箇所の特定・対応 ● デーモンやサーバの再起動 ● ハードウェアトラブルの場合、交換など… Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  14. 14. ケーススタディ1 web(AP)サーバのうちの1台で原因不明の遅延が継続 <物理サーバの対応> ● 原因箇所の特定・対応 ● デーモンやサーバの再起動 ● ハードウェアトラブルの場合、交換など… <クラウドの対応> ● 原因箇所の特定・対応 ● デーモンやサーバの再起動 ● 時間がかかりそうなら… – 別インスタンスを起動・投入 – 不調インスタンスを破棄 Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  15. 15. ケーススタディ1 web(AP)サーバのうちの1台で原因不明の遅延が継続 <物理サーバの対応> ● 原因箇所の特定・対応 ● デーモンやサーバの再起動 ● ハードウェアトラブルの場合、交換など… <クラウドの対応> ● 原因箇所の特定・対応 ● デーモンやサーバの再起動 ● 時間がかかりそうなら… 暫定状態なしで – 別インスタンスを起動・投入 本番稼働環境が復活 – 不調インスタンスを破棄 Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  16. 16. ケーススタディ2 Master DBサーバがダウン <物理サーバの対応> ● 起動をトライ ● 起動しなければ、更新遅延がないSlaveを特定 ● SlaveをMasterに昇格 ● 接続先設定変更 Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  17. 17. ケーススタディ2 Master DBサーバがダウン <物理サーバの対応> ● 起動をトライ ● 起動しなければ、更新遅延がないSlaveを特定 ● SlaveをMasterに昇格 ● 接続先設定変更 <クラウドの対応> ● 別のインスタンスにMasterDB用EBSをアタッチ ● 新Masterを稼働 ● 接続先設定変更 Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  18. 18. ケーススタディ2 Master DBサーバがダウン <物理サーバの対応> ● 起動をトライ ● 起動しなければ、更新遅延がないSlaveを特定 ● SlaveをMasterに昇格 ● 接続先設定変更 <クラウドの対応> ● 別のインスタンスにMasterDB用EBSをアタッチ ● 新Masterを稼働 ● 接続先設定変更 迷う時間が少ない Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  19. 19. ポイント Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  20. 20. まるごと捨てる! Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  21. 21. まるごと捨てる! ● 見切りをつける ● 必要なのはマシンではなくてマシンリソース ● インスタンスを捨てることを常に視野にいれる Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  22. 22. 実現するための工夫 ● AMIパターンを増やさない ● 起動パラメーターで場合分け ● 自動化する ● ○○を見て判断して、△△して■■するだけ →たいていは「だけ」が大変。そこを自動化! 例:アプリからの参照先DB切り替え、スレーブの追加をアプリに通知 ● 起動を高速化 ● 自動化・EBSからの起動 ● AMIの鮮度維持(起動後のupdateを少なく) ● リポジトリからのアプリケーションデプロイを高速化 ● EC2にリポジトリを配置 ● S3にアプリケーションを配置 Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  23. 23. アーキテクチャ 柔軟さを活かすためのアーキテクチャ ● データをロストしないしくみをつくる ● インスタンスは揮発型。S3・EBSは永続型。 ● キューイング・キャッシングを活用した非同期処理中心の構成。 ● ボトルネックを回避できるしくみを作る ● 負荷を分散 ● データを分散 Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  24. 24. Q&A Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.
  25. 25. ご清聴いただきありがとうございました Copyright (C) 2005-2009 HEARTBEATS Corporation. All Rights Reserved.

×