Movable typeseminar 20120925

1,333 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,333
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
93
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Movable typeseminar 20120925

  1. 1. 最新バージョンMovable Type 5.2のご紹介シックス・アパート株式会社 長内 毅志
  2. 2. 自己紹介 : 長内毅志2011年よりMovable Type製品企画マネージャーtwitter: Nick_smallworldblog: smallworld.west-tokyo.com
  3. 3. 11 th Anniversary2012/10/08
  4. 4. Two directions•サーバー環境の進化への対応•パブリッシング機能の進化
  5. 5. Cloud Shift
  6. 6. Increasing Market size国内パブリッククラウド市場、2016年には3412億円規模 (IDC Japan)
  7. 7. Various Cloud environment (Movable Type Advancedで正式対応)
  8. 8. Publishing
  9. 9. Social vs Owned media SNS Owned Media (CMS,ブロ グ)情報共有性(友人との情報シェア) ◎ △速報性(リアルタイムシェアリング) ○ △情報蓄積性(データストック) △ ○情報展開性(マルチプラットフォーム) △ ○デザインの柔軟性 ☓ ◎
  10. 10. MT tags<ul><MT:Entries limit="10"><li><a href="<MT:EntryPermalink>"><MT:EntryTitle></a></li></MT:Entries></ul><ul> <?php $myposts = get_posts(posts_per_page=10);foreach($myposts as $post) : setup_postdata($post); ?><li><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></li><?php endforeach; ?></ul>
  11. 11. Publishing platform• Only with Tags …タグだけで• Stable …安定• Secure …安全• Designable …自由なデザイン• Pluggable …高い拡張性
  12. 12. 思いのままのデザインを 1ピクセルレベルで実現Photo by David Salafia on “Flickr”http://www.flickr.com/photos/djs1021/101948321/sizes/z/in/photostream/
  13. 13. Movable Type 5.2
  14. 14. 5 features• Cloud Optimization – Nginx+PSGI• New rich text editor• SMTP Auth• Site Restriction• Performance up
  15. 15. Cloud Optimization• Nginx+PSGI• Windows Azure(MTA) PSGI
  16. 16. What’s nginx?• ロシアで開発されたウェブサーバー• Apacheに続く第二位のシェア(netcraft社、2012/03)• 軽量、高速。メモリ使用量が少ない
  17. 17. Why nginx+PSGI?
  18. 18. Merit of Cloud computing• クラウドのメリットは – スピーディにサーバーの構築が可能 – サーバーのスケーラビリティ変更が容易 – アプリケーションサーバーとコンテンツサーバーの分離構成 – CDNへの可用性• ウェブソリューションを考える上で外せない技術
  19. 19. Cloud for small website• クラウドを利用したシステム構成 – 最初は小さなインスタンスでサーバー構築 – CMSサーバー、公開サーバー共にVMイメージで構築 (Amazon EC2,Windows Azure のクラウドサービスなど) VMサーバー AmazonEC2など
  20. 20. Cloud for mid-size website• サイト規模の拡大、アクセスの増加に合わせて、CMSサーバーと公開サーバーを分けて運用 – CMSサーバーをVMイメージで構築(Amazon EC2など) – 公開ページはコンテンツサーバーで構築 (AmazonS3やAzureストレージなど) VMサーバー AmazonEC2など Amazon S3など
  21. 21. Cloud for Large website• CMSサーバーの冗長化、公開サーバーをCDN化 – CMSサーバーはVMイメージ x n個で冗長構成(AmazonEC2など) – 公開ページはCDN利用(AmazonCloudFrontなど) DBサーバー CDNサーバー
  22. 22. Cloud + MT• スケーラビリティ、コストメリットにとむ• MTの静的配信が最大限に効果を発揮 – CMSサーバーと公開サーバーを別管理可能• 様々なクラウドデザインパターンへの対応が容易
  23. 23. Cloud + Dynamic CMS?• VMサーバーのスケール+ロードバランスによる負荷分散• 画像や動画などの静的ファイル類はコンテンツサーバーへ分離可能• サーバー構成とメンテナンスは複雑に
  24. 24. MT on AWS• http://www.slideshare.net/c95029/cdp-katayama• http://www.ustream.tv/recorded/20842545
  25. 25. Plugin• AmazonS3にMTからサイト公開 http://tec.toi-planning.net/mt/amazon/mt-amazons3/
  26. 26. MT on Cloud VM• クラウド上のVMサーバー(Amazon EC2など)でMTを快適に動作させる必要性• さまざまなインスタンスサイズへの対応• 軽量・高速なウェブサーバーでの動作
  27. 27. Nginx pros and cons• Pros –Speedy –Light weight• Cons –Cannot use .htaccess –Cannot use CGI in initial state
  28. 28. nginxs rise within the cloud• AWS 上のウェブサイト数…680万• Apacheベース…230万• Nginxベース…290万 – Polvoreベース…41万 – MS IISベース…16.3万 クラウドサーバー上のシェアが上昇中 ウェブサイト「ITWorld」 http://www.itworld.com/cloud-computing/297943/nginxs-rise-within-cloud
  29. 29. Nginx+PSGI+MT• Nginx=高速、軽量なウェブサーバー• Nginx+PSGI – Nginx+PSGIで、nginx上でCGI(MT)を動かせる – Nginxの速度+PSGIによるCGI常駐化で、MTの高速化が期待できる – 140%のパフォーマンスアップ(弊社内部調査)• MT+NginX+PSGI – アプリサーバー、パブリッシングサーバーのパフォーマンス効果大
  30. 30. Various Cloud environment (Movable Type Advancedで正式対応)
  31. 31. New Rich Text Editor
  32. 32. Merit• TinyMCEベース• 編集機能が多い• モダンなHTMLが出力される• 生成されるHTMLがブラウザ間で同じ• カスタマイズが簡単
  33. 33. Contribution for TinyMCE
  34. 34. New Interface
  35. 35. Full Screen Mode
  36. 36. Inserting HTML
  37. 37. Adopting CSS
  38. 38. Different CSS for pages and entries
  39. 39. Including CSS within Theme
  40. 40. Editor’s APIhttps://gist.github.com/1f234647a582266c5a8b
  41. 41. Customizing Editor• No need to write JavaScript• Yaml file + α
  42. 42. Easy maintenance
  43. 43. Site-path Restriction
  44. 44. SMTP Authentication
  45. 45. Performance Improvement• カスタムフィールドのロジックを見直し – カスタムフィールド利用時の再構築時間が3倍高速化• 再構築時のSQL見直し – 再構築時間が120%高速化 (※上記いずれも参考値)
  46. 46. Tomorrow!
  47. 47. Showcasehttp://www.sixapart.jp/business/
  48. 48. New cases
  49. 49. New Case
  50. 50. New Case

×