2014年8月2日
シックス・アパート株式会社
長内 毅志
Movable Type クラウド版
ハンズオンセミナー
•長内毅志
–2011年~ Movable Typeプロダクトマネージャー
–2014年~ ディベロッパーリレーションマネージャー
–ダンス、ジョギング、家族が大好きです。
本資料のコピー
http://goo.gl/t5Sc7k
まず最初に
•アカウント情報を元に、アクセスできるか確
認しましょう。
–Movable Type
–FTP
•アジェンダ
–Movable Typeソフトウェア版との違い
–クラウド版のオリジナル機能について
–サンドボックス機能サービス
–購入方法
–UNIBaaSのマイページからの使用方法
Movable Type クラウド版とは
Movable Type クラウド版とは
•シックス・アパートがサーバー管理
•管理画面の動作が速く快適
•常に最新版を使用可能
•テクニカルサポート付き
•独自機能
MTクラウド版の構成
•nginx+PSGI
–管理画面、再構築ともに最適化されている
•各種機能を実装
–後述します
nginxとは
• ロシアで開発されたウェブサーバー
• Apacheに続く第二位のシェア(netcraft社、2012/03)
• 軽量、高速。メモリ使用量が少ない
• デメリットもある(.htaccessが使えないなど)
Movable Type
ソフトウェア版との違い
ソフトウェア版でできて、クラウド版でできないこと
•ブログの公開パスに制限があります
–クラウド版は「/data/file/static」以下の
み
–FTPからアクセスすると「/static」ディレク
トリのみ確認できます
ハンズオン
•FTPでアクセスして、「/static」にテスト用の
htmlを配置して確認してみましょう
–http://goo.gl/Q4MflE
•Movable Type のプログラムファイルの改
変はできません。
–alt-search、alt-tmpl などの設定は可能
•サーバーへのSSH接続は不許可
–クラウド版は許可していません
•一部環境変数は使用できない
–StaticWebPathなどのファイルシステム関連
–SQLSetNamesなど、DB関連
.htacessが使えない
•.htaccessの設定はできない
•各種の代替機能を実装
–リダイレクト
–Basic認証
クラウド版でできて、ソフトウェア版でできないこと
•サーバー配信機能
•Basic認証
•HTTPリダイレクト
•環境リストア(定期バックアップ)
•自動バージョンアップ、他
管理画面
ハンズオン
•Movable Type クラウド版の管理画面にサ
インインしましょう
•最初の「ウェブサイト」を再構築して公開し
てみましょう
Movable Typeクラウド版
オリジナル機能の説明
MTクラウドのドキュメント
•http://www.movabletype.jp/documentatio
n/cloud
ディレクトリ構成について
ハンズオン
•FTPソフトなどで Movable Type クラウドへ
アクセスしてみましょう
•ディレクトリ構成を確認してみましょう
/alt-tmpl …代替テンプレートの配置場所
/backup …バックアップファイルの保存場所
/error …エラー画面の配置場所
/import …「バックアップと復元」機能用
/logs …アクセスログ
/mt-static …MTの...
• http://www.movabletype.jp/documentation/cloud/ge
t-started/ftps-settings.html
ハンズオン
• alt-tmplに「cms」というディレクトリを作り、以下のテン
プレートをアップロードして、記事作成画面を確認して
みましょう
http://goo.gl/j0EzLF
• 終わったら削除しておきましょう
参考資料
• http://www.h-fj.com/blog/archives/2009/11/09-103804.php
ハンズオン
•以下のプラグインをインストールしてみまし
ょう
•http://goo.gl/CWN1mt
php、cgi
•phpは利用可能
–phpinfoは制限
•CGI,plファイルは利用不可能
cronの実行間隔
•5分おきに実行します
サーバー配信機能
サーバー配信機能とは
•MTクラウドで生成したコンテンツを外部の
サーバーへ配信して公開する機能
•MTクラウドをステージング環境として利用
可能
•FTP(S)で配信
サーバー配信機能
•設定=>サーバー配信
Basic認証
Basic認証でできること
•公開しているウェブサイト・ブログに対して
Basic認証の設定ができます
•ファイルに対しても設定できます
•複数設定が可能です
Basic認証
• システム=>クラウドサービス=>Basic認証
ハンズオン
•ウェブサイト・ブログにBasic認証をかけて
みましょう
•サイトパスはMTクラウドで利用しているドメ
インを基点として
「/」から相対パスで指定します
設定例
設定例 認証設定したいURL 設定内容
サイト全体に Basic
認証を設定したい
http://www.example.com/ /
一部のディレクトリに
Basic 認証を設定した
い
http://www.example.com/...
HTTPリダイレクト
HTTPリダイレクトとは
•あるディレクトリやファイルへのアクセスを
、自動的に他のURLに転送する仕組み
HTTPリダイレクト
• システム =>
クラウドサービス => HTTPリダイレクト
ハンズオン
•ウェブサイトのindex.htmlをtest.htmlへリダ
イレクトしてみましょう。
•例 www.example.com/inde.html
=>www.example.com/test.html
環境のリストア
環境のリストアでできること
•MTクラウドおよび公開済みのWebサイトの
データをすべて任意の時点の状態に戻す
機能
環境のリストア
•システム => クラウドサービス =>
環境のリストア
ハンズオン
•ウェブサイト・ブログで記事を書いた後、バ
ックアップデータからデータリストアを行っ
てみましょう
•直前に書いた記事が消え、以前の状態に
戻っていることが確認できますか?
管理画面のセキュリティ設定
管理画面のセキュリティ設定とは
•管理画面のURLを任意に変更することが
できます。
•システム => クラウドサービス =>
セキュリティ
ハンズオン
•管理画面のURLを任意に変更してみましょ
う
•変更後、一度ログアウトして再ログインしま
しょう
ハンズオン
•管理画面にBasic認証を設定してみましょ
う
•管理画面のURLを元に戻しておきましょう
MT環境変数
MT環境変数とは
•MTの環境変数を管理画面から設定するこ
とができます。
–http://www.movabletype.jp/documentation/append
ices/config-directives/
•設定不可能な環境変数も...
•システム => クラウドサービス =>
MT環境変数
ハンズオン
•環境変数
「AssetFileExtensions」にjpgと設定し、.jpg
ファイル以外のアップロードを禁止してみ
ましょう
•.jpgファイル以外がアップロードできるか試
してみましょう
参考
•AssetFileExtensions
–http://www.movabletype.jp/documentation/appendices/co
nfig-directives/assetfileextensions.html
その他の機能
ディスクの使用量
•現在利用しているディスク容量が一目でわ
かるサービス
•システム =>
クラウドサービス =>
ディスクの使用量
自動アップデート
•MTを自動的に最新版にアップデートする
機能。無効にすることも可能。
無料引越しサービス
無料引越しサービスとは
•現在運用中の Movable Type のサイトから
、Movable Type クラウド版への移行と最新
版の Movable Type へのアップグレードを
シックス・アパートが無料で行うサービス
無料引越しサービスの詳細
•http://www.sixapart.jp/movabletype/cloud
/migration-service.html
サンドボックスサービス
サンドボックスサービスとは
•MTクラウドで構築した仮想マシンデータを
複製して使えるサービス
サービス利用料金
ご契約中のプランの月額料金1カ月分(+消
費税)
サンドボックス利用可
能期間
お申し込み月の翌月末日まで
申し込み期限
毎月25日まで(25日が休業の場合は直前の
前の営業日)
※ 26日以降のお申し込みは翌月1日のお申
し...
•http://www.sixapart.jp/movabletype/cloud
/sandbox.html
ソフトウェア版からの
移行時のポイント
留意点
•DBデータレベルの移行はできない
–MTの標準機能「バックアップと復元」を基本とした移
行を
–移行後は「blogId」の変更に注意
例
•MT5のサイトデータ移行
1. MT5のバックアップデータをMT5でバージョンを合
わせて復元
1. バージョンに注意(5.13=>5.13など)
2. MT5からMT6へバージョンアップ
3. MTクラウドへ投入
コメントやトラックバックがない場合
•MTのテーマ機能+データのエクスポートに
よる移行も選択肢
移行用のテンプレート
•「バックアップと復元」や「エクスポート」が
使えない場合、テンプレートを利用したデ
ータ作成という手がある
–https://github.com/movabletype/mt-
recipes/blob/master/...
留意点
•nginx+PSGIという環境
–Apacheの機能を多用したサイトの移行には注意が
必要
–MTクラウドのリダイレクト・ベーシック認証をうまく活
用
価格
XSg S2g S4g S450g S4100g
CPU:0.5CPU
(仮想CPU)
CPU:1CPU
(仮想CPU)
準備中 準備中 準備中
メモリ:0.5GB メモリ:2GB
ディスク:10GB ディスク:10GB
5,000円(税抜)
...
•IDCフロンティアプラン
XSi プラン S2i プラン S4i プラン S450i プラン S4100i プラン
CPU:1CPU
(0.8GHz相当)
CPU:1CPU
(1.6GHz相当)
CPU:1CPU
(1.6GHz相当)
CPU...
購入方法
購入方法
1. ECバイヤーズからの購入
2. 制作会社もしくは開発会社からの購入
3. UNIBaaS参加企業(以下URL)からの購入
http://www.sixapart.jp/pronet/unibaas.html
ECバイヤーズからの購入
• http://www.ecbuyers.com/sixapart/catalog/?cPath=6_91&prmcd=mt6_
cl_sa_20131017
• ソフトバンク・テクノロジー社様が運営するECサ
イト
• 標準価格での販売
制作会社もしくは開発会社からの購入
• MT クラウドは、ソフトバンク コマース&サービス社様
を通して、一般流通しています。
• 販売価格は、購入先にご確認してください。
• ソフトバンク コマース&サービス社様からの仕入れを
希望の方は、以下URLをご確認ください。
http...
UNIBaaS参加企業からの購入
• UNIBaaS参加企業は、ProNet会員企業様で、UNIBaaSの利
用申請をしているところとなります(以下URL)。
http://www.sixapart.jp/pronet/unibaas.html
• UNIBaaSは、シックス・アパートが提供する販売支援プラットフ
ォーム
(CRM+MTクラウドのセットアップ機能)
• 利用中のバージョンを継続して利用可能
(バージョンアップの回避)
• サンドボックス機能を12時間に限り何度でも無料で...
購入経路
エンドユーザー様
UNIBaaS
参加企業
ECバイヤーズ ソフトバンクC&S
シックス・アパート
制作会社
開発会社
マイページからの使用方法
Movable Type クラウド版へアクセス
まとめ
まとめ
•Movable Type クラウド版は、快適な速度
で使用できるように環境をチューン・アップ
したサービス
•独自機能で管理画面から各種運用の支援
が可能
201407 mt cloud_handson_seminar
201407 mt cloud_handson_seminar
201407 mt cloud_handson_seminar
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

201407 mt cloud_handson_seminar

617 views

Published on

ハンズオン資料

Published in: Internet
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
617
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
8
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

201407 mt cloud_handson_seminar

  1. 1. 2014年8月2日 シックス・アパート株式会社 長内 毅志 Movable Type クラウド版 ハンズオンセミナー
  2. 2. •長内毅志 –2011年~ Movable Typeプロダクトマネージャー –2014年~ ディベロッパーリレーションマネージャー –ダンス、ジョギング、家族が大好きです。
  3. 3. 本資料のコピー http://goo.gl/t5Sc7k
  4. 4. まず最初に •アカウント情報を元に、アクセスできるか確 認しましょう。 –Movable Type –FTP
  5. 5. •アジェンダ –Movable Typeソフトウェア版との違い –クラウド版のオリジナル機能について –サンドボックス機能サービス –購入方法 –UNIBaaSのマイページからの使用方法
  6. 6. Movable Type クラウド版とは
  7. 7. Movable Type クラウド版とは •シックス・アパートがサーバー管理 •管理画面の動作が速く快適 •常に最新版を使用可能 •テクニカルサポート付き •独自機能
  8. 8. MTクラウド版の構成 •nginx+PSGI –管理画面、再構築ともに最適化されている •各種機能を実装 –後述します
  9. 9. nginxとは • ロシアで開発されたウェブサーバー • Apacheに続く第二位のシェア(netcraft社、2012/03) • 軽量、高速。メモリ使用量が少ない • デメリットもある(.htaccessが使えないなど)
  10. 10. Movable Type ソフトウェア版との違い
  11. 11. ソフトウェア版でできて、クラウド版でできないこと •ブログの公開パスに制限があります –クラウド版は「/data/file/static」以下の み –FTPからアクセスすると「/static」ディレク トリのみ確認できます
  12. 12. ハンズオン •FTPでアクセスして、「/static」にテスト用の htmlを配置して確認してみましょう –http://goo.gl/Q4MflE
  13. 13. •Movable Type のプログラムファイルの改 変はできません。 –alt-search、alt-tmpl などの設定は可能
  14. 14. •サーバーへのSSH接続は不許可 –クラウド版は許可していません
  15. 15. •一部環境変数は使用できない –StaticWebPathなどのファイルシステム関連 –SQLSetNamesなど、DB関連
  16. 16. .htacessが使えない •.htaccessの設定はできない •各種の代替機能を実装 –リダイレクト –Basic認証
  17. 17. クラウド版でできて、ソフトウェア版でできないこと •サーバー配信機能 •Basic認証 •HTTPリダイレクト •環境リストア(定期バックアップ) •自動バージョンアップ、他
  18. 18. 管理画面
  19. 19. ハンズオン •Movable Type クラウド版の管理画面にサ インインしましょう •最初の「ウェブサイト」を再構築して公開し てみましょう
  20. 20. Movable Typeクラウド版 オリジナル機能の説明
  21. 21. MTクラウドのドキュメント •http://www.movabletype.jp/documentatio n/cloud
  22. 22. ディレクトリ構成について
  23. 23. ハンズオン •FTPソフトなどで Movable Type クラウドへ アクセスしてみましょう •ディレクトリ構成を確認してみましょう
  24. 24. /alt-tmpl …代替テンプレートの配置場所 /backup …バックアップファイルの保存場所 /error …エラー画面の配置場所 /import …「バックアップと復元」機能用 /logs …アクセスログ /mt-static …MTの静的ファイル配置場所 /plugins …プラグインのインストールパス /restore …「復元」機能のデータ配置場所 /search_templates …代替検索テンプレート配置場所 /static …公開ディレクトリ /themes …テーマのインストールパス
  25. 25. • http://www.movabletype.jp/documentation/cloud/ge t-started/ftps-settings.html
  26. 26. ハンズオン • alt-tmplに「cms」というディレクトリを作り、以下のテン プレートをアップロードして、記事作成画面を確認して みましょう http://goo.gl/j0EzLF • 終わったら削除しておきましょう
  27. 27. 参考資料 • http://www.h-fj.com/blog/archives/2009/11/09-103804.php
  28. 28. ハンズオン •以下のプラグインをインストールしてみまし ょう •http://goo.gl/CWN1mt
  29. 29. php、cgi •phpは利用可能 –phpinfoは制限 •CGI,plファイルは利用不可能
  30. 30. cronの実行間隔 •5分おきに実行します
  31. 31. サーバー配信機能
  32. 32. サーバー配信機能とは •MTクラウドで生成したコンテンツを外部の サーバーへ配信して公開する機能 •MTクラウドをステージング環境として利用 可能 •FTP(S)で配信
  33. 33. サーバー配信機能 •設定=>サーバー配信
  34. 34. Basic認証
  35. 35. Basic認証でできること •公開しているウェブサイト・ブログに対して Basic認証の設定ができます •ファイルに対しても設定できます •複数設定が可能です
  36. 36. Basic認証 • システム=>クラウドサービス=>Basic認証
  37. 37. ハンズオン •ウェブサイト・ブログにBasic認証をかけて みましょう •サイトパスはMTクラウドで利用しているドメ インを基点として 「/」から相対パスで指定します
  38. 38. 設定例 設定例 認証設定したいURL 設定内容 サイト全体に Basic 認証を設定したい http://www.example.com/ / 一部のディレクトリに Basic 認証を設定した い http://www.example.com/secret/ /secret/ 一部のファイルに Basic 認証を設定した い http://www.example.com/secret/file.ht ml /secret/file.html 利用しているMTクラウドのドメインが 「www.example.com」の場合
  39. 39. HTTPリダイレクト
  40. 40. HTTPリダイレクトとは •あるディレクトリやファイルへのアクセスを 、自動的に他のURLに転送する仕組み
  41. 41. HTTPリダイレクト • システム => クラウドサービス => HTTPリダイレクト
  42. 42. ハンズオン •ウェブサイトのindex.htmlをtest.htmlへリダ イレクトしてみましょう。 •例 www.example.com/inde.html =>www.example.com/test.html
  43. 43. 環境のリストア
  44. 44. 環境のリストアでできること •MTクラウドおよび公開済みのWebサイトの データをすべて任意の時点の状態に戻す 機能
  45. 45. 環境のリストア •システム => クラウドサービス => 環境のリストア
  46. 46. ハンズオン •ウェブサイト・ブログで記事を書いた後、バ ックアップデータからデータリストアを行っ てみましょう •直前に書いた記事が消え、以前の状態に 戻っていることが確認できますか?
  47. 47. 管理画面のセキュリティ設定
  48. 48. 管理画面のセキュリティ設定とは •管理画面のURLを任意に変更することが できます。
  49. 49. •システム => クラウドサービス => セキュリティ
  50. 50. ハンズオン •管理画面のURLを任意に変更してみましょ う •変更後、一度ログアウトして再ログインしま しょう
  51. 51. ハンズオン •管理画面にBasic認証を設定してみましょ う •管理画面のURLを元に戻しておきましょう
  52. 52. MT環境変数
  53. 53. MT環境変数とは •MTの環境変数を管理画面から設定するこ とができます。 –http://www.movabletype.jp/documentation/append ices/config-directives/ •設定不可能な環境変数もあります –http://www.movabletype.jp/documentation/cloud/specific ations/config-directives.html
  54. 54. •システム => クラウドサービス => MT環境変数
  55. 55. ハンズオン •環境変数 「AssetFileExtensions」にjpgと設定し、.jpg ファイル以外のアップロードを禁止してみ ましょう •.jpgファイル以外がアップロードできるか試 してみましょう
  56. 56. 参考 •AssetFileExtensions –http://www.movabletype.jp/documentation/appendices/co nfig-directives/assetfileextensions.html
  57. 57. その他の機能
  58. 58. ディスクの使用量 •現在利用しているディスク容量が一目でわ かるサービス •システム => クラウドサービス => ディスクの使用量
  59. 59. 自動アップデート •MTを自動的に最新版にアップデートする 機能。無効にすることも可能。
  60. 60. 無料引越しサービス
  61. 61. 無料引越しサービスとは •現在運用中の Movable Type のサイトから 、Movable Type クラウド版への移行と最新 版の Movable Type へのアップグレードを シックス・アパートが無料で行うサービス
  62. 62. 無料引越しサービスの詳細 •http://www.sixapart.jp/movabletype/cloud /migration-service.html
  63. 63. サンドボックスサービス
  64. 64. サンドボックスサービスとは •MTクラウドで構築した仮想マシンデータを 複製して使えるサービス
  65. 65. サービス利用料金 ご契約中のプランの月額料金1カ月分(+消 費税) サンドボックス利用可 能期間 お申し込み月の翌月末日まで 申し込み期限 毎月25日まで(25日が休業の場合は直前の 前の営業日) ※ 26日以降のお申し込みは翌月1日のお申 し込み扱いとなります。 作成可能なサンドボッ クスの数 Movable Type クラウド版 1契約につき1つ まで お申し込み・お支払い方法
  66. 66. •http://www.sixapart.jp/movabletype/cloud /sandbox.html
  67. 67. ソフトウェア版からの 移行時のポイント
  68. 68. 留意点 •DBデータレベルの移行はできない –MTの標準機能「バックアップと復元」を基本とした移 行を –移行後は「blogId」の変更に注意
  69. 69. 例 •MT5のサイトデータ移行 1. MT5のバックアップデータをMT5でバージョンを合 わせて復元 1. バージョンに注意(5.13=>5.13など) 2. MT5からMT6へバージョンアップ 3. MTクラウドへ投入
  70. 70. コメントやトラックバックがない場合 •MTのテーマ機能+データのエクスポートに よる移行も選択肢
  71. 71. 移行用のテンプレート •「バックアップと復元」や「エクスポート」が 使えない場合、テンプレートを利用したデ ータ作成という手がある –https://github.com/movabletype/mt- recipes/blob/master/Export%20entry%20data%20in% 20MT%20format.md
  72. 72. 留意点 •nginx+PSGIという環境 –Apacheの機能を多用したサイトの移行には注意が 必要 –MTクラウドのリダイレクト・ベーシック認証をうまく活 用
  73. 73. 価格
  74. 74. XSg S2g S4g S450g S4100g CPU:0.5CPU (仮想CPU) CPU:1CPU (仮想CPU) 準備中 準備中 準備中 メモリ:0.5GB メモリ:2GB ディスク:10GB ディスク:10GB 5,000円(税抜) /月 8,000円(税抜) /月 •GMOクラウドプラン http://www.sixapart.jp/movabletype/cloud/?id=colud-top-plan
  75. 75. •IDCフロンティアプラン XSi プラン S2i プラン S4i プラン S450i プラン S4100i プラン CPU:1CPU (0.8GHz相当) CPU:1CPU (1.6GHz相当) CPU:1CPU (1.6GHz相当) CPU:1CPU (1.6GHz相当) CPU:1CPU (1.6GHz相当) メモリ:0.5GB メモリ:2.0GB メモリ:4.0GB メモリ:4.0GB メモリ:4.0GB ディスク:10GB ディスク:10GB ディスク:10GB ディスク:50GB ディスク: 100GB 9,500円(税抜) /月 14,200円(税 抜)/月 19,000円(税 抜)/月 28,000円(税 抜)/月 35,000円(税 抜)/月 http://www.sixapart.jp/movabletype/cloud/?id=colud-top-plan
  76. 76. 購入方法
  77. 77. 購入方法 1. ECバイヤーズからの購入 2. 制作会社もしくは開発会社からの購入 3. UNIBaaS参加企業(以下URL)からの購入 http://www.sixapart.jp/pronet/unibaas.html
  78. 78. ECバイヤーズからの購入 • http://www.ecbuyers.com/sixapart/catalog/?cPath=6_91&prmcd=mt6_ cl_sa_20131017
  79. 79. • ソフトバンク・テクノロジー社様が運営するECサ イト • 標準価格での販売
  80. 80. 制作会社もしくは開発会社からの購入
  81. 81. • MT クラウドは、ソフトバンク コマース&サービス社様 を通して、一般流通しています。 • 販売価格は、購入先にご確認してください。 • ソフトバンク コマース&サービス社様からの仕入れを 希望の方は、以下URLをご確認ください。 http://bbwebmarketing.jp/partner/
  82. 82. UNIBaaS参加企業からの購入 • UNIBaaS参加企業は、ProNet会員企業様で、UNIBaaSの利 用申請をしているところとなります(以下URL)。 http://www.sixapart.jp/pronet/unibaas.html
  83. 83. • UNIBaaSは、シックス・アパートが提供する販売支援プラットフ ォーム (CRM+MTクラウドのセットアップ機能) • 利用中のバージョンを継続して利用可能 (バージョンアップの回避) • サンドボックス機能を12時間に限り何度でも無料で使用可能 • 販売価格は、購入先にご確認ください
  84. 84. 購入経路 エンドユーザー様 UNIBaaS 参加企業 ECバイヤーズ ソフトバンクC&S シックス・アパート 制作会社 開発会社
  85. 85. マイページからの使用方法
  86. 86. Movable Type クラウド版へアクセス
  87. 87. まとめ
  88. 88. まとめ •Movable Type クラウド版は、快適な速度 で使用できるように環境をチューン・アップ したサービス •独自機能で管理画面から各種運用の支援 が可能

×