Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ThingScale technical_update_201710

106 views

Published on

ThingScale has been released at Oct 2017.
http://thingscale.io

Published in: Internet
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

ThingScale technical_update_201710

  1. 1. Copyright(C) 2017 Sensinics,LLC 1 ThingScale IoT Platform Technical Update(2017/10) 2017年10月30日 センシニクス合同会社 代表社員CTO 村澤徹 1
  2. 2. Copyright(C) 2017 Sensinics,LLC 2 Agenda 1. 主要な変更点 2. セッションAPIについて 3. 「タグ」の概要 4. その他アップデート 5. Developer Portalについて 6. オンラインサインアップについて
  3. 3. 主要な変更点 • MQTTブローカーを変更 – 旧来のMQTTブローカーはクラスタリングが不可能なため、スケー ルアウトが不可能だった。 – クラスタリング対応のMQTTブローカーに変更。 – キャリア交換機の制御にも使われる堅牢なミドルウェア 「Erlang/OTP」上で稼働するため、常時接続が必須なMQTTセッ ションの持続性と安定性が著しく向上。 • フラッシュストレージの採用 – 旧来の時系列ストレージはハードディスクベースのものを利用して いたため、大量データ検索時の遅延が発生した。 – インデックスにより、改善は図られるがインメモリにインデックス が格納されるため全てのデータに適用は困難。 – フラッシュストレージによりほとんどのケースにおいてインデック スを多用せず、通常利用時においてもレスポンスの向上を得た。 Copyright(C) 2017 Sensinics,LLC 3
  4. 4. セッションAPIについて Copyright(C) 2017 Sensinics,LLC 4 • ブローカーに接続しているアクティブなクライアントがリアルタイムで参照可能。 • 遠隔でコマンドを待ち受けているクライアントが正常にサブスクライブしているか 確認可能。 • MQTT及びWebSocketクライアントに対応。
  5. 5. 「タグの概要」 Copyright(C) 2017 Sensinics,LLC 5 Temp_1 Push_1 全てのデータが一つの チャネルに混在 channel channel {“temp”:20} {“offon”:1}{“temp”:20} {“offon”:1} タグによりチャネル内容を分割 旧来 ThingScale
  6. 6. タグの作り方(1/3) Copyright(C) 2017 Sensinics,LLC 6 タグなしのチャネルが存在する状態で、タグを入れたいチャネルにタ グを入れたチャネルを作成する。 結果、一つのチャネル番号にタグ無しと有りのチャネルが存在する。
  7. 7. タグの作り方(2/3) Copyright(C) 2017 Sensinics,LLC 7 チャネルが既にある状態で、タグを追加したいチャ ネル番号に「TAG_NAME」を追加してApply
  8. 8. タグの作り方(3/3) Copyright(C) 2017 Sensinics,LLC 8 「Manage Tags」を押すと、タグ付きチャネルが表示さ れる。これでstream APIからX-TAGNAMEヘッダにタ グを入れてタグ付きストリームのみ取得できる。
  9. 9. タグ付きトピック • MQTTトピックにタグを含める。 – <DEVICE_TOKEN>/json/<DEVICE_ID>/[TAG_NAME] – タグを含めない場合は、stream APIの取得結果が「”tag” : null」となる。 – タグを含めると、上記結果が「”tag” : タグ名」となる。 – タグ付きチャネルを作成していなくてもpublishは行えるが、 stream APIで参照するときにタグ付きチャネルが無いとエラー になる。 • タグの使い方 – デバイスで異常値にタグを付与して送信 – デバイスIDを持つGWが子デバイスを持つ場合にタグを付与 – GWがセンサノードを集約する場合に便利 Copyright(C) 2017 Sensinics,LLC 9
  10. 10. その他アップデート(1/3) Copyright(C) 2017 Sensinics,LLC 10 • 各テーブル表示がフィルタリング表示に対応
  11. 11. その他アップデート(2/3) Copyright(C) 2017 Sensinics,LLC 11 • ダッシュボード表示のデバイス使用数とストレージ容量にプ ログレスバー表示、アクティブクライアントの項目追加
  12. 12. その他アップデート(3/3) Copyright(C) 2017 Sensinics,LLC 12 • 要望が多かったCSVエクスポートを実装 ダウンロード後、Excelでそのまま取り込み可能。
  13. 13. Developer Portalについて Copyright(C) 2017 Sensinics,LLC 13 日本語版/英語版を旧来通り提供
  14. 14. オンラインサインアップについて Copyright(C) 2017 Sensinics,LLC 14 • 旧来通り提供 • 30日フリートライア ル • クレジット課金は12 月開始予定。
  15. 15. Thank you!! Copyright(C) 2017 Sensinics,LLC 15 センシニクス合同会社 〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-6 サガミビル2F 担当:村澤 お問い合わせ:sales@sensinics.co.jp URL: http://sensinics.co.jp/ この度はありがとうございました。お問い合わせは以下よりお願いいたします。

×