Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

「90分で作る」EnOcean-クラウド連携による防犯システム

6,436 views

Published on

「90分で作る」EnOcean-クラウド連携による防犯システム

Published in: Devices & Hardware
  • Be the first to comment

「90分で作る」EnOcean-クラウド連携による防犯システム

  1. 1. 「90分で作る」 EnOcean-クラウド連携による 防犯システム Mar 5,2015 Sensinics,LLC エンジニア 村澤徹 Copyright(C) 2015 Sensinics,LLC 1
  2. 2. Agenda 1. システム概要図 2. 用意するもの 3. Arduinoセットアップ 4. Arduino-Xoceanクライアント設定 5. Arduinoにプログラム書き込み 6. 動作確認 7. Scalenics設定(デバイス管理) 8. Scalenics設定(チャネル作成) 9. Scalenics設定(デバイス編集) 10. データ確認 Copyright(C) 2015 Sensinics,LLC 2 11. Scalenics設定(イベント作 成) 12. ドアを開けてみる・・・ 13. ここまでで90分
  3. 3. システム概要図 Copyright(C) 2015 Sensinics,LLC 3 侵入検知! Emailで通知 マグネットセンサで 開放検知 EnOceanで親機 (Gateway)に開放通知 ScalenicsにMQTT プロトコルで通知 デバイスクラウド EnOceanなので バッテリ交換不要 デバイスクラウドとは: • デバイスとクラウドをつなぐ • デバイスを管理する • デバイスからのデータを蓄積する • データをリアルタイムで処理(通知)する
  4. 4. 用意するもの • Arduino Ethernet R3 – FTDI USBシリアル変換アダプタがプログラム書き込みに必要 • Wireless Proto Shild – 同等品でもOK。 • EnOcean RFモジュールとマグネットセンサ – ROHM XOcean TCM410J。(Xbeeのソケットにそのまま挿さります!) – STM429J(https://www.switch-science.com/catalog/1904/) • Arduino用Xoceanクライアント – Githubからダウンロード(https://github.com/tmurasawa/xocean-demo1) – MQTTライブラリ(https://github.com/knolleary/pubsubclient) • Scalenicsアカウント – Developerアカウント(https://api.scalenics.io/signup/) Copyright(C) 2015 Sensinics,LLC 4
  5. 5. Arduinoセットアップ Copyright(C) 2015 Sensinics,LLC 5 ROHM Xocean TCM410J Arduino Ethernet DHCPが動いているルータ につなぐ Wireless Proto Shield
  6. 6. Arduino-XOceanクライアント設定 Copyright(C) 2015 Sensinics,LLC 6 DEVICE_TOKEN API_TOKEN ScalenicsのAdmin Profile DEVICE_TOKEN を貼付ける
  7. 7. Arduinoにプログラム書き込み Copyright(C) 2015 Sensinics,LLC 7
  8. 8. 動作確認 Copyright(C) 2015 Sensinics,LLC 8 ドアを開ける(v=8) ドアを閉める(v=9)
  9. 9. Scalenics設定(デバイス管理ページ) Copyright(C) 2015 Sensinics,LLC 9 Auto Provisioningにより 自動認識されたマグネットセンサ
  10. 10. Scalenics設定(チャネル作成) Copyright(C) 2015 Sensinics,LLC 10 新規チャネルを作成 (今回はCH3とする) マグネットスイッチのPayload1 (08=離隔・09=接近)をCH3の Value1に設定する。Value4は RSSI値が入りますが必須では ありません
  11. 11. Scalenics設定(デバイス編集) Copyright(C) 2015 Sensinics,LLC 11 デバイス管理ページで自動認識され たマグネットセンサ (Device_ID:04001B78)を選択して以下 を変更する。 • Description(デバイスの名前) • Enable(true:有効に変更) • Mapped_ch(CH3に変更) Meta Dataは必要に応じて変更してく ださい。
  12. 12. データ確認 Copyright(C) 2015 Sensinics,LLC 12 Payload1が8:マグネット離隔 9:マグネット接近 「Stream」ページで生データを確認する 侵入!
  13. 13. Scalenics設定(イベント作成) Copyright(C) 2015 Sensinics,LLC 13 CH3に対して新規イベントを作成 Value1(Payload1)が8(ドア開放)ならメール通知
  14. 14. ドアを開けてみる・・・ Copyright(C) 2015 Sensinics,LLC 14 ドアを開けると、Admin Profileで設定したメールアド レス(Email1,Email2)に通知 が飛んできます。
  15. 15. ここまでで1時間30分 • 行った事 – デバイスを設定(認識)する。 – チャネルを作成・設定する。 – デバイスにチャネルを紐付ける。 – イベントを作成・設定する。 • まとめ – 今回はManagement ConsoleからScalenicsに設定を行った。 – 通常はAPIを経由して、今回行った作業をアプリケーションから実行す る。 – デバイスから取得したデータはAPI経由でアプリケーション側で加工・ 表示する。 Copyright(C) 2015 Sensinics,LLC 15
  16. 16. Thank You!! Copyright(C) 2015 Sensinics,LLC • Get developer acccount :https://api.scalenics.io/signup/ • Developer Portal :http://scalenics.io/dev/ • Inner Blog :http://scalenics.tumblr.com/ • Company Page :http://sensinics.co.jp

×