Successfully reported this slideshow.

UniRxでMV(R)Pパターン をやってみた

24

Share

Upcoming SlideShare
はじめてのUniRx
はじめてのUniRx
Loading in …3
×
1 of 21
1 of 21

More Related Content

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

UniRxでMV(R)Pパターン をやってみた

  1. 1. UniRxでMV(R)Pパターン をやってみた @toRisouP 2015/04/16
  2. 2. 自己紹介 • とりすーぷ(@toRisouP) • 趣味でUnityいじってます
  3. 3. みくみくまうす • ニコ生の配信支援ツール • MMDモデルがニコ生のコメントを読み上げる • フリーソフトとして公開中 • Unity5製(内部でUniRx使ってる) http://mikumikumouth.net/
  4. 4. uGUI Unity GUI
  5. 5. みくみくまうす
  6. 6. uGUIに適したM-V-○パターン
  7. 7. Model View (Reactive) Presenter
  8. 8. MV(R)Pパターン • UniRxを使ったuGUIのデザインパターン • ModelとViewを「Presenter」がつなぐ • データのやり取りにObservableとReactivePropertyを使う • View/Modelの変更をReactiveに反映できる
  9. 9. Model-View-(Reactive)Presenterパターン View (uGUIコンポーネント等)) Presenter Model ModelはPresenterに依存しない ViewはPresenterに依存しない PresenterがModelとViewを参照する
  10. 10. Model-View-(Reactive)Presenterパターン View (uGUIコンポーネント等)) Presenter Model ReactiveProperty 内部状態の変化の通知 Subscribe Viewへ反映 xxxAsObservable ユーザ入力 Subscribe Modelに反映
  11. 11. みくみくまうす MV(R)Pパターンで実装してある
  12. 12. MV(R)P実装例 • 読み上げタイミング調整スライダ • Slider または InputField を調整すると値をModelに反映 • 片方のViewを変動させるともう一方のViewに反映 • InputFieldの値域は-1500~1500 • ただしSliderの値は10刻み(-150~150)
  13. 13. Model (ConfigComponent) 関係図 SpeechTimingSlider Presenter SpeechTimingReactiveProperty OnValueChangedAsObservable() SpeechTimingInputField Presenter OnEndEditAsObservable()
  14. 14. SpeechTimingSliderPresenter
  15. 15. SpeechTimingInputFieldPresenter
  16. 16. MV(R)Pで実装してみた感想 • シンプルにキレイにまとまる • ModelとViewの独立性が保たれるのがイイ! • Viewの変換ロジックにRxのオペレータがそのまま使える • Presenterの作り方は考える必要がありそう – SceneあたりPresenterは1つにして集中管理する? – 1つのUI要素あたり1つPresenterを作る?
  17. 17. まとめ • UnityでRxが使えるの本当にスバラシイ – uGUI周りがキレイに書けてとても助かる – ゲームロジックとも結構相性が良い – もっと流行らせたい • MV(R)Pは現時点ではuGUIにおける最適解かも – Rxの難しい部分が出てこないのでRx初心者でも使えるはず @toRisouP
  18. 18. PresenterをView要素毎に作るパターン View Presenter Model View Presenter View Presenter View Presenter ○ GetComponentでPresenterがViewを取得できる(スクリプト内で完結する) ○ 1Presenter当たりのコード量が少なくなって読みやすくなる × View要素の数だけPresenterが必要になる
  19. 19. みくみくまうすのPresenterの数 • 1UI要素あたり1Presenterで作ったら大変なことになった
  20. 20. Presenterを1つにまとめるパターン View Presenter Model View View View ○ 1つのPresenterで管理するのでどこで処理しているか把握しやすい ○ View要素の数の変更に対応しやすい × ViewとPresenterの紐付けがInspector Viewからになる

×