Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【簿記3級】 有形固定資産の購入と売却の仕訳

2,142 views

Published on

簿記3級の固定資産の購入と売却の仕訳の説明です。他の資料はhttp://share-wis.comへ。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

【簿記3級】 有形固定資産の購入と売却の仕訳

  1. 1. 簿記3級有形固定資産の購入と売却の仕訳
  2. 2. 今回説明すること1.買う2.売る 2-1 直接法2-2 間接法
  3. 3. 1.買う有形固定資産買うときって、だいたい付随費用がついてくる。 建物 → 土地 → 備品 → 車両運搬具 →
  4. 4. 1.買う有形固定資産買うときって、だいたい付随費用がついてくる。 建物 → 仲介手数料 土地 → 登記料 備品 → 運賃 車両運搬具 → 購入手数料
  5. 5. 1.買う有形固定資産買うときって、だいたい付随費用がついてくる。 建物 → 仲介手数料 土地 → 登記料 備品 → 運賃 車両運搬具 → 購入手数料付随費用も固定資産の取得原価、つまり固定資産の額そのものに含める!
  6. 6. 1.買う 建物3,800,000円を購入し、代金は月末に支払うこととした。 登記料150,000円と仲介手数料50,000円は現金で支払った。
  7. 7. 1.買う 建物3,800,000円を購入し、代金は月末に支払うこととした。 登記料150,000円と仲介手数料50,000円は現金で支払った。(借) (貸)
  8. 8. 1.買う 建物3,800,000円を購入し、代金は月末に支払うこととした。 登記料150,000円と仲介手数料50,000円は現金で支払った。(借) (貸)( 未払金 ) 3,800,000 ( 現 金 ) 200,000
  9. 9. 1.買う 建物3,800,000円を購入し、代金は月末に支払うこととした。 登記料150,000円と仲介手数料50,000円は現金で支払った。(借) (貸)( 未払金 ) 3,800,000 ( 現 金 ) 200,000 注意! 商品以外の支払いは、未払金!
  10. 10. 1.買う 建物3,800,000円を購入し、代金は月末に支払うこととした。 登記料150,000円と仲介手数料50,000円は現金で支払った。(借)( 建 物 ) 4,000,000 (貸)( 未払金 ) 3,800,000 ( 現 金 ) 200,000 注意! 商品以外の支払いは、未払金!
  11. 11. 1.買う 建物3,800,000円を購入し、代金は月末に支払うこととした。 登記料150,000円と仲介手数料50,000円は現金で支払った。(借)( 建 物 ) 4,000,000 (貸)( 未払金 ) 3,800,000 ( 現 金 ) 200,000 登記料、仲介手数料も 注意! 全て建物の価格に含める! 商品以外の支払いは、未払金!
  12. 12. 2-1.売る(直接法)
  13. 13. 2-1.売る(直接法) 期首に帳簿価額80,000円の備品を60,000円で売却し、 代金は月末に受け取ることとした。(借) (貸)
  14. 14. 2-1.売る(直接法) 期首に帳簿価額80,000円の備品を60,000円で売却し、 代金は月末に受け取ることとした。(借) (貸)( 備 品 )80,000 80,000円の備品を失った!
  15. 15. 2-1.売る(直接法) 期首に帳簿価額80,000円の備品を60,000円で売却し、 代金は月末に受け取ることとした。(借) ( 未収金 )60,000 (貸)( 備 品 )80,000 商品以外の代金の受け取りは 80,000円の備品を失った! 未収金!
  16. 16. 2-1.売る(直接法) 期首に帳簿価額80,000円の備品を60,000円で売却し、 代金は月末に受け取ることとした。(借) ( 未収金 )60,000 (貸)( 備 品 )80,000 (固定資産売却損)20,000 商品以外の代金の受け取りは 80,000円の備品を失った! 未収金! 売った値段の方が安いので、 差額は固定資産売却損!
  17. 17. 2-1.売る(直接法)期中に売却X1年1月1日(期首)に帳簿価額80,000円(取得原価100,000円)だった備品をX1年6月30日に79,000円で売却し、代金は現金で受け取った。(定額法、耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%)
  18. 18. 2-1.売る(直接法)期中に売却X1年1月1日(期首)に帳簿価額80,000円(取得原価100,000円)だった備品をX1年6月30日に79,000円で売却し、代金は現金で受け取った。(定額法、耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%)直前に減価償却を行ったのが1月1日で、備品を売ったのが6月30日なので、6ヶ月分減価償却する必要があります!
  19. 19. 2-1.売る(直接法)期中に売却X1年1月1日(期首)に帳簿価額80,000円(取得原価100,000円)だった備品をX1年6月30日に79,000円で売却し、代金は現金で受け取った。(定額法、耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%)直前に減価償却を行ったのが1月1日で、備品を売ったのが6月30日なので、6ヶ月分減価償却する必要があります!減価償却費は 100,000円 – 10,000円 6ヶ月 × = 4,500円次の通り! 10年 12ヶ月
  20. 20. 2-1.売る(直接法)期中に売却X1年1月1日(期首)に帳簿価額80,000円(取得原価100,000円)だった備品をX1年6月30日に79,000円で売却し、代金は現金で受け取った。(定額法、耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%)直前に減価償却を行ったのが1月1日で、備品を売ったのが6月30日なので、6ヶ月分減価償却する必要があります!減価償却費は 100,000円 – 10,000円 6ヶ月 × = 4,500円次の通り! 10年 12ヶ月(借) (貸)
  21. 21. 2-1.売る(直接法)期中に売却X1年1月1日(期首)に帳簿価額80,000円(取得原価100,000円)だった備品をX1年6月30日に79,000円で売却し、代金は現金で受け取った。(定額法、耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%)直前に減価償却を行ったのが1月1日で、備品を売ったのが6月30日なので、6ヶ月分減価償却する必要があります!減価償却費は 100,000円 – 10,000円 6ヶ月 × = 4,500円次の通り! 10年 12ヶ月(借) (貸)( 備 品 )80,000
  22. 22. 2-1.売る(直接法)期中に売却X1年1月1日(期首)に帳簿価額80,000円(取得原価100,000円)だった備品をX1年6月30日に79,000円で売却し、代金は現金で受け取った。(定額法、耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%)直前に減価償却を行ったのが1月1日で、備品を売ったのが6月30日なので、6ヶ月分減価償却する必要があります!減価償却費は 100,000円 – 10,000円 6ヶ月 × = 4,500円次の通り! 10年 12ヶ月(借)( 現 金 )79,000 (貸)( 備 品 )80,000
  23. 23. 2-1.売る(直接法)期中に売却X1年1月1日(期首)に帳簿価額80,000円(取得原価100,000円)だった備品をX1年6月30日に79,000円で売却し、代金は現金で受け取った。(定額法、耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%)直前に減価償却を行ったのが1月1日で、備品を売ったのが6月30日なので、6ヶ月分減価償却する必要があります!減価償却費は 100,000円 – 10,000円 6ヶ月 × = 4,500円次の通り! 10年 12ヶ月(借)( 現 金 )79,000 (貸)( 備 品 )80,000 (減価償却費) 4,500
  24. 24. 2-1.売る(直接法)期中に売却X1年1月1日(期首)に帳簿価額80,000円(取得原価100,000円)だった備品をX1年6月30日に79,000円で売却し、代金は現金で受け取った。(定額法、耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%)直前に減価償却を行ったのが1月1日で、備品を売ったのが6月30日なので、6ヶ月分減価償却する必要があります!減価償却費は 100,000円 – 10,000円 6ヶ月 × = 4,500円次の通り! 10年 12ヶ月(借)( 現 金 )79,000 (貸)( 備 品 )80,000 (減価償却費) 4,500 (固定資産売却益) 3,500
  25. 25. 2-1.売る(直接法)期中に売却X1年1月1日(期首)に帳簿価額80,000円(取得原価100,000円)だった備品をX1年6月30日に79,000円で売却し、代金は現金で受け取った。(定額法、耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%)直前に減価償却を行ったのが1月1日で、備品を売ったのが6月30日なので、6ヶ月分減価償却する必要があります!減価償却費は 100,000円 – 10,000円 6ヶ月 × = 4,500円次の通り! 10年 12ヶ月(借)( 現 金 )79,000 (貸)( 備 品 )80,000 (減価償却費) 4,500 (固定資産売却益) 3,500 備品の価値は期中は下げない。 固定資産売却益!実は儲かってた!
  26. 26. 2-2.売る(間接法)
  27. 27. 2-2.売る(間接法) 期首に備品(取得原価100,000円、減価償却累計額20,000円、 間接法で記帳)を85,000円で売却し、代金は月末に受け取るこ ととした。(借) (貸)
  28. 28. 2-2.売る(間接法) 期首に備品(取得原価100,000円、減価償却累計額20,000円、 間接法で記帳)を85,000円で売却し、代金は月末に受け取るこ ととした。(借)(減価償却累計額) 20,000 (貸) ( 備 品 )100,000
  29. 29. 2-2.売る(間接法) 期首に備品(取得原価100,000円、減価償却累計額20,000円、 間接法で記帳)を85,000円で売却し、代金は月末に受け取るこ ととした。(借)(減価償却累計額) 20,000 (貸) ( 備 品 )100,000 ( 未収金 )85,000
  30. 30. 2-2.売る(間接法) 期首に備品(取得原価100,000円、減価償却累計額20,000円、 間接法で記帳)を85,000円で売却し、代金は月末に受け取るこ ととした。(借)(減価償却累計額) 20,000 (貸) ( 備 品 )100,000 ( 未収金 )85,000 (固定資産売却益) 5,000
  31. 31. 2-2.売る(間接法) 期首に備品(取得原価100,000円、減価償却累計額20,000円、 間接法で記帳)を85,000円で売却し、代金は月末に受け取るこ ととした。(借)(減価償却累計額) 20,000 (貸) ( 備 品 )100,000 ( 未収金 )85,000 (固定資産売却益) 5,000 間接法の場合、貸方の固定資産の価値は取得原価のまま、 借方に減価償却累計額(資産のマイナス)を記入し、 売却した値段と減価償却累計額を足して、損したか得したかを計算する。
  32. 32. 2-2.売る(間接法)期中に売却X1年6月30日に、備品(取得原価100,000円、期首(1月1日)の減価償却累計額20,000円、間接法で記帳)を65,000円で売却し、代金は現金で受け取った。(定額法、耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%)6ヶ月分減価償却する必要がある!金額はさっきと同じ計算で4,500円!(借) (貸)
  33. 33. 2-2.売る(間接法)期中に売却X1年6月30日に、備品(取得原価100,000円、期首(1月1日)の減価償却累計額20,000円、間接法で記帳)を65,000円で売却し、代金は現金で受け取った。(定額法、耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%)6ヶ月分減価償却する必要がある!金額はさっきと同じ計算で4,500円!(借)(減価償却累計額) 20,000 (貸) ( 備 品 )100,000
  34. 34. 2-2.売る(間接法)期中に売却X1年6月30日に、備品(取得原価100,000円、期首(1月1日)の減価償却累計額20,000円、間接法で記帳)を65,000円で売却し、代金は現金で受け取った。(定額法、耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%)6ヶ月分減価償却する必要がある!金額はさっきと同じ計算で4,500円!(借)(減価償却累計額) 20,000 (貸) ( 備 品 )100,000 ( 現 金 )65,000
  35. 35. 2-2.売る(間接法)期中に売却X1年6月30日に、備品(取得原価100,000円、期首(1月1日)の減価償却累計額20,000円、間接法で記帳)を65,000円で売却し、代金は現金で受け取った。(定額法、耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%)6ヶ月分減価償却する必要がある!金額はさっきと同じ計算で4,500円!(借)(減価償却累計額) 20,000 (貸) ( 備 品 )100,000 ( 現 金 )65,000 (減価償却費) 4,500
  36. 36. 2-2.売る(間接法)期中に売却X1年6月30日に、備品(取得原価100,000円、期首(1月1日)の減価償却累計額20,000円、間接法で記帳)を65,000円で売却し、代金は現金で受け取った。(定額法、耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%)6ヶ月分減価償却する必要がある!金額はさっきと同じ計算で4,500円!(借)(減価償却累計額) 20,000 (貸) ( 備 品 )100,000 ( 現 金 )65,000 (減価償却費) 4,500 (固定資産売却損)11,000
  37. 37. 2-2.売る(間接法)期中に売却X1年6月30日に、備品(取得原価100,000円、期首(1月1日)の減価償却累計額20,000円、間接法で記帳)を65,000円で売却し、代金は現金で受け取った。(定額法、耐用年数10年、残存価額は取得原価の10%)6ヶ月分減価償却する必要がある!金額はさっきと同じ計算で4,500円!(借)(減価償却累計額) 20,000 (貸) ( 備 品 )100,000 ( 現 金 )65,000 (減価償却費) 4,500 (固定資産売却損)11,0006ヶ月分の減価償却費は減価償却費のみで処理。減価償却累計額の金額を増やす必要はない(減価償却累計額の増減は決算のときの処理なので、期中には金額をいじらない)。
  38. 38. 以上、・固定資産を買うとき付随費用を固定資産の額に含める・固定資産を期中に売却した場合、その期間の減価償却を行う必要があるに注意しましょう!

×