Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

本番稼働した IoT のツラミを乗り越えて火星まで行こう!

1,060 views

Published on

IoT縛りの勉強会!IoTLT × IoT ALGYAN(あるじゃん) 夏の大LT祭り!
2018.06.09 Sat
ABC2018S IoTトラック
@東京大学本郷キャンパス工学部2号館

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

本番稼働した IoT のツラミを乗り越えて火星まで行こう!

  1. 1. 本番稼働したIoTのツラミ を乗り越えて火星まで行こう! 2018.06.09 Sat ABC2018S IoTトラック@東京大学本郷キャンパス工学部2号館
  2. 2. 杉田知至 @tomotomobile Isaax by 株式会社XSHELL 2017年12月からIoTの仕事を始めました。 職場の公用語は英語。 Androidユーザーです。 Raspberry Pi 3 B+ 買いました! 著書 「エンジニアのためのWordPress開発入門」 自己紹介
  3. 3. ✦ 2018.2.14 - IoTLT vol.36 ✦ 2018.2.23 - isaax UG+さくらクラブ共催 IoT勉強会 ✦ 2018.2.24 - Node-RED UG Osaka 勉強会 ✦ 2018.3.3 - Raspberry Jam Big Birthday Weekend 2018 in TOKYO ✦ 2018.3.23 - SIer IoTLT vol.6 ✦ 2018.3.28 - ISID社内勉強会 ✦ 2018.4.18 - SIer IoTLT vol.7 ✦ 2018.4.24 - iret社内勉強会 ✦ 2018.5.17 - クラウディアン社内勉強会 ✦ 2018.5.22 - SIer IoTLT vol.8 ✦ 2018.5.31 - セラク みんなの情熱大学 ✦ 2018.6.7 - 情報科学専門学校 最近の登壇歴 ※ さも自分でやったかのように話すのが得意です
  4. 4. 会社紹介
  5. 5. 株式会社XSHELL(エクシェル) 設立 2014年 8月 事業 IoT向けソフトウェア/ハードウェア開発/製品デザイン 資本金 184,790,000円 従業員数 15名(非常勤メンバー含む) 所在地 東京都品川区西五反田1-26-2 308号 URL https://xshell.io/ 主要株主 グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合 株式会社電通国際情報サービス(ISID) KDDI新規事業育成2号投資事業有限責任組合 MSIVC2016V投資事業有限責任組合 我々の働きで、我々の生活を改善し世界をより自由に
  6. 6. メディア掲載実績 他
  7. 7. IoT/M2M展 春 フリービット株式会社のブースにて
  8. 8. IoT/M2M展 春 アジュールパワー株式会社のブースにて
  9. 9. アイザックス知ってる人? https://isaax.io/
  10. 10. isaaxを使うとIoTデバイスの開発が簡単 つねに、 すべてを最新に! 開発環境で上手く 動いたものをPush MQTT MQTT
  11. 11. IoT案件の商談を幾度もやって 実際に聞いたお話
  12. 12. A. これからIoTを活用したい B. もうIoTを活用している お客様のパターンは大きく2パターン こっちの話
  13. 13. 成功したIoTはわずか26% 引用:4分の3近くのIoTプロジェクトは「失敗」? しかしその先に──シスコ調査:「成功要素」とパートナーエコシステムの関係 - @IT http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1705/25/news092.html
  14. 14. 「26%の成功したお客様でも こんな悩みがあります」 ということをお話します
  15. 15. ケーススタディ:大手メーカー
  16. 16. ケーススタディ:大手メーカー 京都の山奥にネットワークカメラを数台設置しました ※イメージ
  17. 17. ケーススタディ:大手メーカー 先日、セキュリティアップデートが必要になり山の上まで登 ってアップデートしてきました。 ※イメージ
  18. 18. せめて、VPN張って リモートでログインできる ようにしよう
  19. 19. 山の上に行かなくてもSSHできるように こんなかんじ グローバルIP 1. SSH 2. アップデートコマンド実行 @オフィス @山の上
  20. 20. ケーススタディ: システムベンダー
  21. 21. ケーススタディ: システムベンダー 日本全国にIoTゲートウェイを数百台設置しました ※イメージ
  22. 22. ケーススタディ: システムベンダー グローバルIP SSH! 1台ずつSSHでログインして機能追加したり、セキュリテ ィアップデートを実行しています。ひとりの人が。 SSH! SSH! SSH!
  23. 23. ひとりの人が!
  24. 24. ケーススタディ: システムベンダー 現地に行くこともあります ※イメージ
  25. 25. グローバルIP SSH! せっかくここまで仕組み作ったのに SSH! SSH! SSH! ケーススタディ: システムベンダー
  26. 26. ケーススタディ: システムベンダー 飛ぶんですね ※イメージ
  27. 27. 本番稼働したシステムの メンテナンスは 思いのほか大変です
  28. 28. もっと楽しましょう
  29. 29. isaaxを使っていれば… オフィスから 日本中のデバイスを アップデート 開発環境で上手く 動いたものをPush
  30. 30. 山に登る替わりに
  31. 31. git pushだけで済ませよう
  32. 32. グローバルIP SSH! SSH! SSH! SSH! SSH頑張る替わりに
  33. 33. git pushで済ませましょう MQTT
  34. 34. 現地に飛ぶ変わりに ※イメージ
  35. 35. git pushで済ませましょう ※イメージ MQTT
  36. 36. Linuxで動いてTCP/IPで通信できる デバイスならどこにあっても アップデートできます
  37. 37. で? 火星の話は?
  38. 38. https://pixabay.com/ja/星-赤い惑星-惑星-満天の星空-スペース-宇宙-すべて-11012/ https://ja.wikipedia.org/wiki/マーズ・エクスプロレーション・ローバー
  39. 39. Linuxだ!
  40. 40. あ。 ダメだった
  41. 41. https://www.businessinsider.jp/post-34410
  42. 42. 現地に飛ぶ変わりに ※イメージ
  43. 43. git pushで済ませましょう ※イメージ MQTT ※TCP/IPで通信できる必要があります
  44. 44. ご清聴ありがとうございました
  45. 45. Appendix
  46. 46. たったの3ステップで実現できる 1.Gitプロジェクトとisaaxプロジェクトを紐付ける 2.デバイスにisaaxエージェントをインストール(ワンライナー) 3.開発したデバイスアプリケーションをGitにPushするだけ Gitからデバイスまではisaaxが自動でやってくれる
  47. 47. https://camp.isaax.io/ 最新情報はisaax camp(アイザックス・キャンプ)で確認 ご要望・ご質問もコミュニティに投稿いただけます
  48. 48. 参考資料 • https://ja.wikipedia.org/wiki/マーズ・エクスプロレ ーション・ローバー#宇宙船の構造 • https://ja.wikipedia.org/wiki/VxWorks • https://en.wikipedia.org/wiki/IBM_RAD6000 • https://www.businessinsider.jp/post-34410

×