Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2015年5月9日 武蔵野公会堂会議室
種、TPPの今と
アグロエコロジー
印鑰 智哉
オルター・トレード・ジャパン
政策室
本日のテーマ
❖ 「自由貿易」という名の戦争が進んでいます。
❖ それはどんな戦争なのか? 
❖ 今、どこまで進んでいるのか?
❖ その戦争を止めるために何ができるか?
考えます。
自由貿易は軍隊とともに
でも、今の戦争は昔とずいぶん違う
❖ 国による領土の略奪から企業による生命そのものの植
民地化へ
❖ その は企業の知的所有権であり、特許。
❖ その戦争に反対することは、命を守ることから始まる。
深刻化する健康被害
❖ 慢性疾患が世界中で急増しつつある。
❖ 米国では、子どもたちが親よりも長く生きることがで
きないと言われる時代に入った。
❖ その原因は多数考えられるが、その中心的な原因が私た
ちが毎日食べる「食」にある。
米国での糖尿病の動向
糖尿病患者数の割合とグリホサート、遺伝子組み換え耕作の割合の比較
米国での腎臓、腸の病気
末期腎不全[腎臓疾患]による死亡者の推移
腸内感染による年齢調整死亡率→
急性腎損傷→
肝臓、胆管、甲状腺、膀胱、胆嚢ガン
自閉症
2025年までに2人に1人が自閉症!?
認知症、パーキンソン、アルツハイマー
米国での慢性疾患、1990年代末から急上昇
❖ 1990年末からさまざまな急性疾患が米国で急上昇
❖ 1996年に遺伝子組み換え作物耕作が大規模に始まる
❖ 遺伝子組み換え作物に散布されるモンサントのラウン
ドアップ(グリホサート)の使用が急激...
グリホサートとは?
❖ グリホサートは金属キレート剤として1964年にStauffer化学会社
により特許が取られ、産業配管洗浄液として使われる( 人の腸も
一種の管といえば管だけど…?)。
❖ モンサントはグリホサートが植物やバクテリアの生命...
なぜ遺伝子組み換えが生まれた?
❖ モンサントはドル箱のグリホサートの特許が2000年に切
れてもラウンドアップを独占的に売るために遺伝子組み
換え種子を開発を考えた。
❖ モンサントの遺伝子組み換え種子を使う農民はモンサ
ントの農薬の使用が契...
グリホサートが及ぼす可能性が指摘される障害
❖ 神経系への障害
❖ 腸内細菌の障害
❖ ガン
❖ 出生障害、生殖プロセスへの障害、発達障害
❖ ホルモン系の障害
❖ DNAへの障害
❖ 呼吸器系の障害
❖ 皮膚病、アレルギー、セリアック病、自己...
グリホサートは低濃度でも危険
❖ 「グリホサートによる内分泌撹乱の影響はもっとも深
刻だ。というのはひじょうに低い濃度であっても長い期
間さらされることで病気に陥る可能性があるからだ」。
“GMO Myths and Truths”
神経関連の障害
❖ グリホサートは神経毒(神経系に毒性がある)
❖ 神経関連の障害にはパーキンソン病、アルツハイマー病、
いくつかの形態の抑鬱が含まれる。
❖ 胎児や乳児に神経毒がおよぶと、自閉症やADHD(注
意欠如・多動性障害)
腸内細菌への影響
❖ 研究によると、グリホサートは腸内の善玉菌の活動を
妨げ、悪玉菌の活動を活発にする。
❖ 過敏性腸症候群(IBS)、下痢、栄養失調、自閉症の一
部の人びとにはこの腸内細菌の乱れが見られる。多臓
器不全や結腸ガンにおいてもこの...
ガン
❖ WHOの外部研究機関国際
ガン研究機関(IARC)がグ
リホサートの危険を認める
(2Aのグループに)。非
ホドキンリンパ腫につなが
る。

「おそらく発ガン性がある」
の意味することは?
動物での発ガン性が確認された!
❖ 1は確実な発ガン性物質
❖ 2Aは実験動物での十分
な証拠があるもの。人で
の証拠が十分でないため、
1特別される。
❖ 2Bは実験動物での証拠
がまだ十分でないもの。
IARCによる発ガン性の区分
1 :ヒ...
出生障害と生殖、発達問題
❖ 人の生殖への毒性によって、
以下のような傾向が出てく
る。
❖ 流産、不妊 、死産、早産など
❖ 女性だけでなく男性の精子も
破壊する(精子の数が減る、
精子が異常になる)
ホルモン系撹乱
❖ グリホサートはホルモン系撹乱物質である。内分泌攪
乱はガン、出生障害、不妊などの生殖問題や胎児、乳児、
子どもの発育問題に関与する。
DNA損傷
❖ DNA損傷はガン、生殖問題、
男の不妊、出生障害、寿命の
減少の結果を生む可能性があ
る。
皮膚病
❖ この少女は皮膚病を持って生ま
れた。彼女の生まれた地域は遺
伝子組み換え大豆の集中的な耕
作地域。
❖ グリホサートの空中散布により
DNA損傷した可能性がある。
金属キレート効果
❖ グリホサートは人間に本質的な栄養として必要なミネラル
の栄養を結合させてしまい、植物が吸収できなくなる。マ
ンガン、マグネシウム、鉄分、亜鉛、カルシウムなど。そ
の結果、人間もその栄養分を取ることができなくなる。
❖ 栄養...
グリホサート・遺伝子組み換えは抗生物質が
効かないバクテリアの蔓延の危険を高める
❖ グリホサート、2,4-D, ジカンバにより抗生物質が効かなくなる。
❖ 遺伝子組み換えには抗生物質に耐性のある蛋白が使われる。
❖ 米国での抗生物質の80%は...
米国の母親の母乳からグリホサートが検出
http://sustainablepulse.com/2014/04/06/worlds-number-1-herbicide-discovered-u-s-mothers-breast-milk/
遺...
グリホサートがかけられる作物
出典:U.S. Geological Survey
グリホサートが噴霧される作物
が増えている。
プレハーベスト:収穫直前に作
物に噴霧させることで収穫が楽
になり、収穫も増える。
大豆やトウモロコシの他、小麦、
...
アレルギーやセリアック病が増加
❖ 右の図は小麦にかけられる
グリホサートの量とセリアッ
ク病の件数のグラフを合わ
せたもの。
❖ 小麦を通じて、グリホサー
トが体内に入っている可能
性は高い。
❖ 米国産の農作物のグリホサー
ト残留は要注意
遺伝子組み換えによる健康被害はグ
リホサート以外にも要因があります。
遺伝子組み換えの健康被害要素
❖ Bt毒素 — 遺伝子組み換え作物に埋め込まれた殺虫毒素
❖ 抗生物質耐性遺伝子マーカー
❖ 書き換えられたRNA/DNAが免疫の撹乱を引き起こす
(?)
Btとは何?
❖ バチルス・チューリンゲンシス(Bacillus thuringiensis)
といい、石渡繁胤によりカイコの病原細菌として日本で発
見。
❖ 自然界に存在するもので、生物農薬としても使われる。撒
いたらすぐ虫が死に、Bt毒素は...
Bt毒素が虫を殺す
映画 Genetic Rouletteの一シーン
だけど、哺乳類には安全?
Btコーンの植え付け面積と炎症性腸疾患
Bt毒素が引き起こすもの
❖ 小腸、肝臓、腎臓、脾臓、膵臓に有害
❖ 消化システムの機能妨害
❖ 体重の上昇、下降
❖ 男性の生殖器官に損傷
❖ 血液生化学的阻害
❖ 免疫システムの阻害
Bt毒素が妊婦と胎児の血から検出
❖ Bt毒素が妊婦の93%、胎児の80%の血液から発見された。
❖ 妊婦はBtコーンなどは直接食べていない。それは家畜の飼料。
食肉を通じてBt毒素が妊婦の体内に吸収されたと考えられる。
❖ モンサントはBt毒...
Bt毒素に耐性害虫の大量発生
❖ ブラジルなどでBt毒素に耐性にある害虫が大量発生し、
穀物が全滅に近い状態になり、大被害が発生。
❖ 対応に承認されていない殺虫剤が緊急で使われる事態に。
多数の危険が一粒の遺伝子組み換えに
❖ 現在耕作されるほとんどの遺伝子組み換え作物はマルチ
スタックといって、複数の除草剤に耐える遺伝子や複数
の虫を殺すBt毒素を生成する遺伝子を掛け合わせて持っ
ている。
❖ そのため一粒の中に多数の危険が詰...
粉ミルクに遺伝子組み換え
ドキュメンタリー“Genetic Roulette”から
なぜ、粉ミルクに遺伝子組み換え?
ミルクから作るんじゃないの?
粉ミルクは何でできている?
さまざまなものに大豆、トウモロコシが使われている
国内メーカー
粉ミルクA
乳糖、たんぱく質濃縮ホエイパウダー、脱脂粉乳、パーム油、全粉乳、
パーム核分別油、大豆白絞油、ガラクトオリゴ糖液糖、デキストリン(で
んぷん...
約75%は大豆・トウモロコシ
粉ミルクの成分表
上記の 68.1%を構成するのはトウモロコシ、大豆、砂糖で、米国のトウモロコシ、大豆、
砂糖の9割以上は遺伝子組み換え。ビタミンなどもトウモロコシから作っている可能性
お菓子も
ビールまで ……
遺伝子組み換えトウモロコシ、コーンスターチ、着色料など
Newcastle Brown Ale, Budweiser, Corona Extra, Miller
Lite, Michelob Ultra, Guinness, ...
どんな作物が遺伝子組み換え?
❖ もっとも気を付けるべきは食肉と加工食品。飼料の8割以
上は遺伝子組み換え。
❖ 食生活を工夫すれば避けることは十分可能。
❖ すでに市場に出ているもの:大豆、トウモロコシ、綿、ナタ
ネ、甜菜、アルファルファ、 ...
遺伝子組み換えの危険性は今後
さらに増すことが考えられます。
激増するグリホサートの使用量
❖ グリホサートをかけても枯れ
ない耐性を持ったスーパー雑草
がどんどん増える→グリホサー
トの使用量が増える。
❖ 米国環境庁はグリホサートの
残留許容量を2013年に引き上
げ決定(2014年から実施)

大豆...
さらに危険な枯れ葉剤!
❖ グリホサートが効かなくなってきたので、さ
らに危険な2,4-Dやジカンバを混ぜようとして
いる。どちらもベトナム戦争の枯れ葉剤作戦
で使われた枯れ葉剤。
❖ 米国で50万人以上が反対し、2年以上承認され
なかったが2...
遺伝子組み換えは農地に何をもたらす?
❖ グリホサートは土壌や植物に悪影響をもたらす。
❖ グリホサートはフザリウム菌による感染を増やし、深刻化する。フザ
リウム菌は人にも家畜にも悪影響がある。
❖ グリホサートはキレート効果で、土壌の重要なミ...
危険な話ばかりでうんざり?
でも、変える可能性が見えてきました。
拡がる遺伝子組み換えへの抵抗
❖ 2012年、アルゼンチンの遺伝子組み換え大豆への農薬空中散布
と闘った母親たちの会を率いるソフィア・ガティカさんがノー
ベル環境賞といわれるゴールドマン環境賞受賞
❖ 2013年7月4日、米国独立記念日に母親の...
限界に来た遺伝子組み換え
❖ スーパー雑草、スーパー害虫をコントロールできない。
❖ 農薬も化学肥料も化石燃料から作っているが、それは永続しない。
❖ 気候変動を激化させてしまう。
❖ このままでは世界の土壌はあと60年で終わりに→2015年は...
ピーク・オイル、ピーク・リン鉱石
❖ 工業型農業のパッケージは農薬・化学肥料・F1種子
❖ 農薬(石油)、化学肥料(天然ガス、リン鉱石など)
の原料がピークを過ぎた。
❖ 生育に不可欠なリン酸を工業型農業はリン鉱石に依存
(ちなみにリン鉱石はウ...
ピーク・フード
❖ トウモロコシ、米、魚、
酪農製品、肉、野菜、小
麦、牛乳、鶏肉、サトウ
キビ、大豆はすでに生産
限界を超えた
http://www.independent.co.uk/environment/have-we-reached-...
ピーク・ソイル
❖ 土壌に農薬や化学肥料を投入することで、土壌内の微生
物の死滅、土壌の保水力の減少、土壌流出などが起き
る。→さらに病害虫の被害→農薬の悪循環
❖ 現在の状況が続けば、世界の土壌はあと60年で終わ
る。→2015年は国際土壌年
グリホサート禁止に向けた動き
❖ エルサルバドル議会、グリホサート禁止決定、スリランカ、大統領令でグリホサー
ト禁止、オランダも規制決定
❖ ブラジル公共省、グリホサートの禁止を勧告。
❖ アルゼンチン、3万人の医師・医療従事者の連盟FESPR...
日本からもグリホサート残留チェックできます
❖ 世界の市民が体内のグリホサート残留量や使っ
ている水道水に含まれる量を測定し、グリホサー
トの世界的禁止を求めるプロジェクトが開始。
❖ 政府の規制機関にも十分通用する高精度な測定
方法が使われる...
こうした流れを変えてしまう
のがTPP
「モンサント法案」
❖ 農民が種子を保存することを犯罪とする通称「モンサン
ト法案」が米国、インドを皮切りに、メキシコ、チリ、
コロンビア、アルゼンチン、グアテマラ、ベネズエラ、
ケニアなどのアフリカで登場。EUやアジアにも影響を
及ぼす。種子...
自由貿易協定で独占
❖ 世界の種子市場の7割が6つの遺伝子
組み換え企業が握っている。急速に種
子企業を買収。モンサントとシンジェ
ンタの合併が成立すれば巨大な力を持
つ(世界最大の農薬、種子企業)
❖ 自由貿易協定や政府開発援助を道具に
世界...
バイオテクノロジー企業のTPPへの要求
❖ モンサントなどバイオテクノロジー
企業のロビー団体BIO (Biotechnology
Industry Organization)が米国通商代
表部に送った要求書。UPOV条約の
強制、特許期間の延...
バナナがあぶない!
❖ 現在、プランテーションで作られているバナナの種類、
キャベンディッシュはパナマ病(フザリウム菌)で維持
不可能。
❖ 遺伝子組み換えバナナへの移行しかない?
❖ バナナは生物多様性の中で育つ。モノカルチャーの中で
は病気...
農業生物多様性の減少
❖ 米国では80年間で
93%の種が農業生
産から消えた。
❖ 生物多様性がなく
なると変化に対応
ができなくなる
❖ 生物多様性は生命
維持の源泉
http://ngm.nationalgeographic.com/20...
アグロエコロジーへ
持続不可能な工業型農業
❖ 従来農業は太陽光を使って、無からエネルギーを生む行
為。
❖ しかし、米国では機械・肥料・加工、包装、輸送で、
270calのトウモロコシの缶詰一個を生 産するのに、
2,790calを消費(つまり10倍以上のエネル...
アグロエコロジー、多様性、民主主義
❖ 工場型農業が作り出す社会的不平等、不健康、生態系破
壊
❖ 食の権利を確保するためのさまざまな動き、農、産直、
環境保護、多様な権利を守るアグロエコロジー
❖ 民主主義の基礎としての食の権利。食べたい食を...
アグロエコロジーと有機農業
アグロエコロジー 有機農業
参加型認証

2者認証
外部投入依存
大規模企業型
第3者有機認証
小規模家族農業
地域循環
肥料、市場など
ジェンダーの問題
フェミニズムがなければアグロエコロジーはありえない
アグロエコロジーはフェミニズムの種まき
そして若者たち…
世界の最近の動向1
❖ 2010年12月 国連総会で食料への権利特別報告者のOlivier De
Schutterがアグロエコロジーへの転換を求める報告を行う。
❖ 2012年8月 ブラジル大統領令でアグロエコロジーと有機農業生産政策
確立
❖...
世界の最近の動向2
❖ 2014年 国際家族農業年
❖ 2014年2月 インド、アグロフォレストリー政策策定
❖ 2014年9月 フランス、農業未来法制定、先進国でアグロエコロジー推進を最初に規定
❖ 2014年9月ローマで国連食糧農業機関(F...
日本の問題を考えます
日本が直面する複合汚染
黒田洋一郎氏『発達障害の原因と発症メカニズム』
世界でもっとも問題な日本?
❖ 単位面積あたりの農薬使用量、世界トップレベル
❖ 遺伝子組み換え穀物輸入、世界トップレベル
❖ 深刻な放射能汚染
❖ 米国政府よりも米国企業に従順な日本政府
❖ 真実が隠される。報道しないマスメディア…世界各地で...
現在の戦争とは?
「緑の革命」と戦争
❖ 戦後世界に広げられた化学肥料と農薬を使う農業
❖ 遺伝子組み換え農業は「第2次緑の革命」とも言われる
❖ 化学肥料は戦争の爆弾から、農薬は化学兵器から作られた
❖ 核兵器が核発電(原発)へ、爆弾と化学兵器から緑の革命、
...
現在の戦争を止めるために
❖ TPPや自由貿易協定の真実を暴き、止める。
❖ 遺伝子組み換え、農薬汚染の強い農産物を避ける。まずは
自分の体を守る。食を変えることで劇的に改善する症状も
❖ 生産者を直接支援する。自分でも生産者になる。
❖ 命を...
フォローアップ
❖ オルター・トレード・ジャパン http://altertrade.jp
❖ 個人のブログ http://blog.rederio.jp/
❖ Facebook https://www.facebook.com/InyakuT...
種、TPPの今と  アグロエコロジー
種、TPPの今と  アグロエコロジー
種、TPPの今と  アグロエコロジー
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

種、TPPの今と アグロエコロジー

976 views

Published on

2015年5月9日 武蔵野公会堂会議室 アースマンシップシリーズ「知ることから始めよう」

Published in: Environment
  • Be the first to comment

種、TPPの今と アグロエコロジー

  1. 1. 2015年5月9日 武蔵野公会堂会議室 種、TPPの今と アグロエコロジー 印鑰 智哉 オルター・トレード・ジャパン 政策室
  2. 2. 本日のテーマ ❖ 「自由貿易」という名の戦争が進んでいます。 ❖ それはどんな戦争なのか?  ❖ 今、どこまで進んでいるのか? ❖ その戦争を止めるために何ができるか? 考えます。
  3. 3. 自由貿易は軍隊とともに
  4. 4. でも、今の戦争は昔とずいぶん違う ❖ 国による領土の略奪から企業による生命そのものの植 民地化へ ❖ その は企業の知的所有権であり、特許。 ❖ その戦争に反対することは、命を守ることから始まる。
  5. 5. 深刻化する健康被害 ❖ 慢性疾患が世界中で急増しつつある。 ❖ 米国では、子どもたちが親よりも長く生きることがで きないと言われる時代に入った。 ❖ その原因は多数考えられるが、その中心的な原因が私た ちが毎日食べる「食」にある。
  6. 6. 米国での糖尿病の動向 糖尿病患者数の割合とグリホサート、遺伝子組み換え耕作の割合の比較
  7. 7. 米国での腎臓、腸の病気 末期腎不全[腎臓疾患]による死亡者の推移 腸内感染による年齢調整死亡率→ 急性腎損傷→
  8. 8. 肝臓、胆管、甲状腺、膀胱、胆嚢ガン
  9. 9. 自閉症
  10. 10. 2025年までに2人に1人が自閉症!?
  11. 11. 認知症、パーキンソン、アルツハイマー
  12. 12. 米国での慢性疾患、1990年代末から急上昇 ❖ 1990年末からさまざまな急性疾患が米国で急上昇 ❖ 1996年に遺伝子組み換え作物耕作が大規模に始まる ❖ 遺伝子組み換え作物に散布されるモンサントのラウン ドアップ(グリホサート)の使用が急激に増える
  13. 13. グリホサートとは? ❖ グリホサートは金属キレート剤として1964年にStauffer化学会社 により特許が取られ、産業配管洗浄液として使われる( 人の腸も 一種の管といえば管だけど…?)。 ❖ モンサントはグリホサートが植物やバクテリアの生命を保つ上 で不可欠なシキミ酸経路をブロックすることを1970年に発見 し、1974年に農薬として特許を取得。 ❖ ラウンドアップ®はモンサントの除草剤の商品名。グリホサート にさらに有害な添加物が加えられている。モンサントのドル箱に
  14. 14. なぜ遺伝子組み換えが生まれた? ❖ モンサントはドル箱のグリホサートの特許が2000年に切 れてもラウンドアップを独占的に売るために遺伝子組み 換え種子を開発を考えた。 ❖ モンサントの遺伝子組み換え種子を使う農民はモンサ ントの農薬の使用が契約で義務付けられる。 ❖ 種子市場を独占すれば永遠にラウンドアップから独占 的利益が上げられる。
  15. 15. グリホサートが及ぼす可能性が指摘される障害 ❖ 神経系への障害 ❖ 腸内細菌の障害 ❖ ガン ❖ 出生障害、生殖プロセスへの障害、発達障害 ❖ ホルモン系の障害 ❖ DNAへの障害 ❖ 呼吸器系の障害 ❖ 皮膚病、アレルギー、セリアック病、自己免疫性疾患
  16. 16. グリホサートは低濃度でも危険 ❖ 「グリホサートによる内分泌撹乱の影響はもっとも深 刻だ。というのはひじょうに低い濃度であっても長い期 間さらされることで病気に陥る可能性があるからだ」。 “GMO Myths and Truths”
  17. 17. 神経関連の障害 ❖ グリホサートは神経毒(神経系に毒性がある) ❖ 神経関連の障害にはパーキンソン病、アルツハイマー病、 いくつかの形態の抑鬱が含まれる。 ❖ 胎児や乳児に神経毒がおよぶと、自閉症やADHD(注 意欠如・多動性障害)
  18. 18. 腸内細菌への影響 ❖ 研究によると、グリホサートは腸内の善玉菌の活動を 妨げ、悪玉菌の活動を活発にする。 ❖ 過敏性腸症候群(IBS)、下痢、栄養失調、自閉症の一 部の人びとにはこの腸内細菌の乱れが見られる。多臓 器不全や結腸ガンにおいてもこの腸内細菌の撹乱が一役 を買っている可能性がある。
  19. 19. ガン ❖ WHOの外部研究機関国際 ガン研究機関(IARC)がグ リホサートの危険を認める (2Aのグループに)。非 ホドキンリンパ腫につなが る。
 「おそらく発ガン性がある」 の意味することは?
  20. 20. 動物での発ガン性が確認された! ❖ 1は確実な発ガン性物質 ❖ 2Aは実験動物での十分 な証拠があるもの。人で の証拠が十分でないため、 1特別される。 ❖ 2Bは実験動物での証拠 がまだ十分でないもの。 IARCによる発ガン性の区分 1 :ヒトに対して発がん性がある 2A:ヒトに対しておそらく発がん性がある 2B:ヒトに対して発がん性があるかもしれ    ない。 3 :ヒトに対する発がん性については分類    できない 4 :ヒトに対しておそらく発がん性がない。
  21. 21. 出生障害と生殖、発達問題 ❖ 人の生殖への毒性によって、 以下のような傾向が出てく る。 ❖ 流産、不妊 、死産、早産など ❖ 女性だけでなく男性の精子も 破壊する(精子の数が減る、 精子が異常になる)
  22. 22. ホルモン系撹乱 ❖ グリホサートはホルモン系撹乱物質である。内分泌攪 乱はガン、出生障害、不妊などの生殖問題や胎児、乳児、 子どもの発育問題に関与する。
  23. 23. DNA損傷 ❖ DNA損傷はガン、生殖問題、 男の不妊、出生障害、寿命の 減少の結果を生む可能性があ る。
  24. 24. 皮膚病 ❖ この少女は皮膚病を持って生ま れた。彼女の生まれた地域は遺 伝子組み換え大豆の集中的な耕 作地域。 ❖ グリホサートの空中散布により DNA損傷した可能性がある。
  25. 25. 金属キレート効果 ❖ グリホサートは人間に本質的な栄養として必要なミネラル の栄養を結合させてしまい、植物が吸収できなくなる。マ ンガン、マグネシウム、鉄分、亜鉛、カルシウムなど。そ の結果、人間もその栄養分を取ることができなくなる。 ❖ 栄養失調と肥満が共存する。
  26. 26. グリホサート・遺伝子組み換えは抗生物質が 効かないバクテリアの蔓延の危険を高める ❖ グリホサート、2,4-D, ジカンバにより抗生物質が効かなくなる。 ❖ 遺伝子組み換えには抗生物質に耐性のある蛋白が使われる。 ❖ 米国での抗生物質の80%はファクトリー・ファーミング(工場型 畜産)で家畜対象に使われる(成長を促し、病気を防ぐため)。 抗生物質が効かないバクテリアが生まれる好環境 ❖ 毎年、米国で200万人が抗生物質が効かないバクテリアに感染 し、2万3000人が死亡する(米国政府CDCの情報)
  27. 27. 米国の母親の母乳からグリホサートが検出 http://sustainablepulse.com/2014/04/06/worlds-number-1-herbicide-discovered-u-s-mothers-breast-milk/ 遺伝子組み換えに反対するMoms Across Americasのお母さん たちが自身の母乳を検査したところ検出された。 遺伝子組み換えが入った食品は避けていたのになぜ、検出?
  28. 28. グリホサートがかけられる作物 出典:U.S. Geological Survey グリホサートが噴霧される作物 が増えている。 プレハーベスト:収穫直前に作 物に噴霧させることで収穫が楽 になり、収穫も増える。 大豆やトウモロコシの他、小麦、 コットン、野菜、果物、米、果 樹、ブドウ、牧草など多くの作 物にグリホサートが使われている。 農業労働者の健康被害は特に深刻。
  29. 29. アレルギーやセリアック病が増加 ❖ 右の図は小麦にかけられる グリホサートの量とセリアッ ク病の件数のグラフを合わ せたもの。 ❖ 小麦を通じて、グリホサー トが体内に入っている可能 性は高い。 ❖ 米国産の農作物のグリホサー ト残留は要注意
  30. 30. 遺伝子組み換えによる健康被害はグ リホサート以外にも要因があります。
  31. 31. 遺伝子組み換えの健康被害要素 ❖ Bt毒素 — 遺伝子組み換え作物に埋め込まれた殺虫毒素 ❖ 抗生物質耐性遺伝子マーカー ❖ 書き換えられたRNA/DNAが免疫の撹乱を引き起こす (?)
  32. 32. Btとは何? ❖ バチルス・チューリンゲンシス(Bacillus thuringiensis) といい、石渡繁胤によりカイコの病原細菌として日本で発 見。 ❖ 自然界に存在するもので、生物農薬としても使われる。撒 いたらすぐ虫が死に、Bt毒素は太陽光で分解されるため、 比較的被害の少ない殺虫剤として使われている。 ❖ そのBt菌の遺伝子を組み込んだものがBt遺伝子組み換え。
  33. 33. Bt毒素が虫を殺す 映画 Genetic Rouletteの一シーン
  34. 34. だけど、哺乳類には安全?
  35. 35. Btコーンの植え付け面積と炎症性腸疾患
  36. 36. Bt毒素が引き起こすもの ❖ 小腸、肝臓、腎臓、脾臓、膵臓に有害 ❖ 消化システムの機能妨害 ❖ 体重の上昇、下降 ❖ 男性の生殖器官に損傷 ❖ 血液生化学的阻害 ❖ 免疫システムの阻害
  37. 37. Bt毒素が妊婦と胎児の血から検出 ❖ Bt毒素が妊婦の93%、胎児の80%の血液から発見された。 ❖ 妊婦はBtコーンなどは直接食べていない。それは家畜の飼料。 食肉を通じてBt毒素が妊婦の体内に吸収されたと考えられる。 ❖ モンサントはBt毒素は哺乳類の腸で破壊されて排出されると 言っていた→ 現在ではBt毒素は自然のものだから安全だ、と。 しかしBt農薬と異なり、分解されずに血液に取りこまれる。安 全は確保されない。
  38. 38. Bt毒素に耐性害虫の大量発生 ❖ ブラジルなどでBt毒素に耐性にある害虫が大量発生し、 穀物が全滅に近い状態になり、大被害が発生。 ❖ 対応に承認されていない殺虫剤が緊急で使われる事態に。
  39. 39. 多数の危険が一粒の遺伝子組み換えに ❖ 現在耕作されるほとんどの遺伝子組み換え作物はマルチ スタックといって、複数の除草剤に耐える遺伝子や複数 の虫を殺すBt毒素を生成する遺伝子を掛け合わせて持っ ている。 ❖ そのため一粒の中に多数の危険が詰まっている。
  40. 40. 粉ミルクに遺伝子組み換え ドキュメンタリー“Genetic Roulette”から
  41. 41. なぜ、粉ミルクに遺伝子組み換え? ミルクから作るんじゃないの?
  42. 42. 粉ミルクは何でできている? さまざまなものに大豆、トウモロコシが使われている 国内メーカー 粉ミルクA 乳糖、たんぱく質濃縮ホエイパウダー、脱脂粉乳、パーム油、全粉乳、 パーム核分別油、大豆白絞油、ガラクトオリゴ糖液糖、デキストリン(で んぷん糖化物)、精製魚油、炭酸Ca、塩化K、レシチン、クエン酸Na、 塩化Mg、V.C、ピロリン酸鉄、タウリン、V.E、硫酸亜鉛、シチジル酸 Na、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.A、硫酸銅、イノシン酸Na、ウリ ジル酸Na、グアニル酸Na、5-AMP、V.B6、V.B1、V.B2、葉酸、カロ テン、V.D、V.B12 国内メーカー 粉ミルクB デキストリン(でんぷん糖化物)、分離大豆たんぱく質、ぶどう糖、大豆 白絞油、パーム油、パーム核分別油、MCTオイル、フラクトオリゴ糖、 食用シソ油、食塩、炭酸Ca、リン酸K、レシチン、リン酸Ca、塩化 Mg、海藻灰抽出物、V.C、メチオニン、クエン酸鉄Na、クエン酸Na、 タウリン、シスチン、V.E、硫酸亜鉛、ナイアシン、パントテン酸Ca、 V.A、V.B2、V.B1、V.B6、硫酸銅、葉酸、V.D、V.B12 日本の粉ミルクメーカーは非遺伝子組み換え素材を使っていると言われます。(未確認)
  43. 43. 約75%は大豆・トウモロコシ
  44. 44. 粉ミルクの成分表 上記の 68.1%を構成するのはトウモロコシ、大豆、砂糖で、米国のトウモロコシ、大豆、 砂糖の9割以上は遺伝子組み換え。ビタミンなどもトウモロコシから作っている可能性
  45. 45. お菓子も
  46. 46. ビールまで …… 遺伝子組み換えトウモロコシ、コーンスターチ、着色料など Newcastle Brown Ale, Budweiser, Corona Extra, Miller Lite, Michelob Ultra, Guinness, Coors Light, Pabst Blue Ribbon http://organics.org/8-beers-that-you-should-stop-drinking-immediately/
  47. 47. どんな作物が遺伝子組み換え? ❖ もっとも気を付けるべきは食肉と加工食品。飼料の8割以 上は遺伝子組み換え。 ❖ 食生活を工夫すれば避けることは十分可能。 ❖ すでに市場に出ているもの:大豆、トウモロコシ、綿、ナタ ネ、甜菜、アルファルファ、 パパイヤ、 ズッキーニ、イェ ロー・スクアッシュ、リンゴ(まだ市場未確認)、ナス(バ ングラデシュのみ) ❖ 今後出てきそうなもの:小麦、米、じゃがいも、 パイナッ プル、バナナ、カカオ、トマトなど
  48. 48. 遺伝子組み換えの危険性は今後 さらに増すことが考えられます。
  49. 49. 激増するグリホサートの使用量 ❖ グリホサートをかけても枯れ ない耐性を持ったスーパー雑草 がどんどん増える→グリホサー トの使用量が増える。 ❖ 米国環境庁はグリホサートの 残留許容量を2013年に引き上 げ決定(2014年から実施)
 大豆など 20ppmから40ppmへ(2倍)
 スイートポテト 0.2ppmから3ppmへ(15倍)
 人参 0.2ppmから5ppmへ(25倍) http://www.examiner.com/gmo-in-seattle/nancy-swanson
  50. 50. さらに危険な枯れ葉剤! ❖ グリホサートが効かなくなってきたので、さ らに危険な2,4-Dやジカンバを混ぜようとして いる。どちらもベトナム戦争の枯れ葉剤作戦 で使われた枯れ葉剤。 ❖ 米国で50万人以上が反対し、2年以上承認され なかったが2014年9月以降、相次いで承認。 ❖ 日本政府は2012年に米国政府に先んじてすで に承認。 ❖ 2015年、ブラジル、アルゼンチンが相次いで 承認。 ❖ 中国政府が承認すれば大規模栽培が始まる。 ベトナム戦争での悲劇
  51. 51. 遺伝子組み換えは農地に何をもたらす? ❖ グリホサートは土壌や植物に悪影響をもたらす。 ❖ グリホサートはフザリウム菌による感染を増やし、深刻化する。フザ リウム菌は人にも家畜にも悪影響がある。 ❖ グリホサートはキレート効果で、土壌の重要なミネラルを結合させて しまい、植物が栄養素を吸収できなくなり、土壌にダメージを与える。 ❖ グリホサートは植物での窒素固定を妨害し、乾燥状態の土壌に打撃を 与える。 ❖ Bt毒素は特定の虫だけを対象にしているというが実際には対象ではない 虫、特に益虫や土壌に利益をもたらす生物、動物にも悪影響を与えて しまう。
  52. 52. 危険な話ばかりでうんざり? でも、変える可能性が見えてきました。
  53. 53. 拡がる遺伝子組み換えへの抵抗 ❖ 2012年、アルゼンチンの遺伝子組み換え大豆への農薬空中散布 と闘った母親たちの会を率いるソフィア・ガティカさんがノー ベル環境賞といわれるゴールドマン環境賞受賞 ❖ 2013年7月4日、米国独立記念日に母親のネットワークMoms Across Americaが米国172箇所で遺伝子組み換え反対のデモを行 う。 ❖ 2014年5月 反モンサントデモ、世界で200万人を集める ❖ グリホサートの禁止を求める動きは世界で
  54. 54. 限界に来た遺伝子組み換え ❖ スーパー雑草、スーパー害虫をコントロールできない。 ❖ 農薬も化学肥料も化石燃料から作っているが、それは永続しない。 ❖ 気候変動を激化させてしまう。 ❖ このままでは世界の土壌はあと60年で終わりに→2015年は国際土壌年 ❖ 遺伝子組み換え技術は実は古い学説に基づいている。最新の遺伝子研究をうまく使い、もっと生 態系にも健康にもいい種子や苗が作れる ❖ 米国でも南米でも雑草や害虫対策で遺伝子組み換え農業のコストが大幅に上がり、農民たちが非 遺伝子組み換えへの転換を欲している。 ❖ 米国政府が圧力をかけても拡がらない遺伝子組み換え。ロシア、EUのフランス、ドイツ・イタリ ア、エクアドル、ベネズエラ、ペルーは遺伝子組み換え禁止、中国でも規制派が。コスタリカでは ほとんどの自治体がGMO禁止宣言、アフリカの多くの国が抵抗。いまだ世界の農地の10数パーセ ントのみ。
  55. 55. ピーク・オイル、ピーク・リン鉱石 ❖ 工業型農業のパッケージは農薬・化学肥料・F1種子 ❖ 農薬(石油)、化学肥料(天然ガス、リン鉱石など) の原料がピークを過ぎた。 ❖ 生育に不可欠なリン酸を工業型農業はリン鉱石に依存 (ちなみにリン鉱石はウラン鉱石と共存。原発を支えるウラン鉱 山が工業型農業を支えるのは象徴的か)
  56. 56. ピーク・フード ❖ トウモロコシ、米、魚、 酪農製品、肉、野菜、小 麦、牛乳、鶏肉、サトウ キビ、大豆はすでに生産 限界を超えた http://www.independent.co.uk/environment/have-we-reached-peak-food-shortages-loom-as-global-production-rates-slow-10009185.html
  57. 57. ピーク・ソイル ❖ 土壌に農薬や化学肥料を投入することで、土壌内の微生 物の死滅、土壌の保水力の減少、土壌流出などが起き る。→さらに病害虫の被害→農薬の悪循環 ❖ 現在の状況が続けば、世界の土壌はあと60年で終わ る。→2015年は国際土壌年
  58. 58. グリホサート禁止に向けた動き ❖ エルサルバドル議会、グリホサート禁止決定、スリランカ、大統領令でグリホサー ト禁止、オランダも規制決定 ❖ ブラジル公共省、グリホサートの禁止を勧告。 ❖ アルゼンチン、3万人の医師・医療従事者の連盟FESPROSAがグリホサートの禁止を 求める ❖ 米国で10月にグリホサート禁止するための法案が提出予定(The Women and Children’s Glyphosate Bill of Rights) ❖ 米国、EUでのグリホサートの承認の見直しが今年中に ❖ 全世界の市民が母乳、尿、水道水のグリホサート残留量を調べ、グリホサートの禁 止を実現するためのFeed The Worldプロジェクトが4月23日スタート
  59. 59. 日本からもグリホサート残留チェックできます ❖ 世界の市民が体内のグリホサート残留量や使っ ている水道水に含まれる量を測定し、グリホサー トの世界的禁止を求めるプロジェクトが開始。 ❖ 政府の規制機関にも十分通用する高精度な測定 方法が使われる。 ❖ 尿、水道水の検査がスタート。母乳は今年後半 から。 ❖ 一検体115ドル ❖ 申し込みは http://altertrade.jp/monsanto 通じ て可能です。日本語の詳しい説明あり
  60. 60. こうした流れを変えてしまう のがTPP
  61. 61. 「モンサント法案」 ❖ 農民が種子を保存することを犯罪とする通称「モンサン ト法案」が米国、インドを皮切りに、メキシコ、チリ、 コロンビア、アルゼンチン、グアテマラ、ベネズエラ、 ケニアなどのアフリカで登場。EUやアジアにも影響を 及ぼす。種子企業から毎年買わなければならない。 ❖ 農民の権利よりも多国籍企業の知的所有権を優先する 自由貿易協定により強制される。
  62. 62. 自由貿易協定で独占 ❖ 世界の種子市場の7割が6つの遺伝子 組み換え企業が握っている。急速に種 子企業を買収。モンサントとシンジェ ンタの合併が成立すれば巨大な力を持 つ(世界最大の農薬、種子企業) ❖ 自由貿易協定や政府開発援助を道具に 世界の農業生産への影響力を増大 ❖ 化学肥料や農薬なしには使えない農業 へ ❖ TPPでは種子だけでなく家畜も対象 に。 ❖ →「種子の自由」を求める運動
  63. 63. バイオテクノロジー企業のTPPへの要求 ❖ モンサントなどバイオテクノロジー 企業のロビー団体BIO (Biotechnology Industry Organization)が米国通商代 表部に送った要求書。UPOV条約の 強制、特許期間の延長などが書かれ ている。 ❖ TPPはグローバルな 「モンサント保護法」 ❖ 詳しくは「TPPとバイオテクノロジー企業」 http:// blog.rederio.jp/archives/2692
  64. 64. バナナがあぶない! ❖ 現在、プランテーションで作られているバナナの種類、 キャベンディッシュはパナマ病(フザリウム菌)で維持 不可能。 ❖ 遺伝子組み換えバナナへの移行しかない? ❖ バナナは生物多様性の中で育つ。モノカルチャーの中で は病気になる。カカオも、コーヒーも? ❖ 遺伝子組み換えかそれとも生物多様性を取り戻すか?
  65. 65. 農業生物多様性の減少 ❖ 米国では80年間で 93%の種が農業生 産から消えた。 ❖ 生物多様性がなく なると変化に対応 ができなくなる ❖ 生物多様性は生命 維持の源泉 http://ngm.nationalgeographic.com/2011/07/food-ark/food-variety-graphic
  66. 66. アグロエコロジーへ
  67. 67. 持続不可能な工業型農業 ❖ 従来農業は太陽光を使って、無からエネルギーを生む行 為。 ❖ しかし、米国では機械・肥料・加工、包装、輸送で、 270calのトウモロコシの缶詰一個を生 産するのに、 2,790calを消費(つまり10倍以上のエネルギーを消費) ❖ バイオ燃料は補助金がなければ続かない。
  68. 68. アグロエコロジー、多様性、民主主義 ❖ 工場型農業が作り出す社会的不平等、不健康、生態系破 壊 ❖ 食の権利を確保するためのさまざまな動き、農、産直、 環境保護、多様な権利を守るアグロエコロジー ❖ 民主主義の基礎としての食の権利。食べたい食を選ぶ権 利、作りたい食を選ぶ権利 ❖ 食を巨大多国籍企業から取り戻す=農業関係者だけの問 題ではなく、社会全体の課題
  69. 69. アグロエコロジーと有機農業 アグロエコロジー 有機農業 参加型認証
 2者認証 外部投入依存 大規模企業型 第3者有機認証 小規模家族農業 地域循環 肥料、市場など
  70. 70. ジェンダーの問題 フェミニズムがなければアグロエコロジーはありえない アグロエコロジーはフェミニズムの種まき
  71. 71. そして若者たち…
  72. 72. 世界の最近の動向1 ❖ 2010年12月 国連総会で食料への権利特別報告者のOlivier De Schutterがアグロエコロジーへの転換を求める報告を行う。 ❖ 2012年8月 ブラジル大統領令でアグロエコロジーと有機農業生産政策 確立 ❖ 2013年1月 イギリスでアグロエコロジー同盟結成 ❖ 2013年5月 フランス、農業省、アグロエコロジー推進プロジェクトを 開始 ❖ 2013年10月 国連食糧農業機関(FAO)、家族農業推進のためVia Campesina と連携を発表
  73. 73. 世界の最近の動向2 ❖ 2014年 国際家族農業年 ❖ 2014年2月 インド、アグロフォレストリー政策策定 ❖ 2014年9月 フランス、農業未来法制定、先進国でアグロエコロジー推進を最初に規定 ❖ 2014年9月ローマで国連食糧農業機関(FAO)がアグロエコロジー国際シンポジウム を開催、世界の科学者が支援表明、日本政府も代表送り支援を約束 ❖ 2014年11月 アフリカ、マダガスカルで国際アグロエコロジー・シンポジウム ❖ 2015年 国際土壌年 ❖ 2015年2月24日∼27日アフリカのマリで国際アグロエコロジー・フォーラム ❖ 2015年 EU共通農業政策にアグロエコロジーの採用を求めてNGOが活動中
  74. 74. 日本の問題を考えます
  75. 75. 日本が直面する複合汚染 黒田洋一郎氏『発達障害の原因と発症メカニズム』
  76. 76. 世界でもっとも問題な日本? ❖ 単位面積あたりの農薬使用量、世界トップレベル ❖ 遺伝子組み換え穀物輸入、世界トップレベル ❖ 深刻な放射能汚染 ❖ 米国政府よりも米国企業に従順な日本政府 ❖ 真実が隠される。報道しないマスメディア…世界各地で 遺伝子組み換え反対運動は高まるが日本では?
  77. 77. 現在の戦争とは?
  78. 78. 「緑の革命」と戦争 ❖ 戦後世界に広げられた化学肥料と農薬を使う農業 ❖ 遺伝子組み換え農業は「第2次緑の革命」とも言われる ❖ 化学肥料は戦争の爆弾から、農薬は化学兵器から作られた ❖ 核兵器が核発電(原発)へ、爆弾と化学兵器から緑の革命、 遺伝子組み換え、さらには合成生物学へ(農業の工業化) ❖ 核発電と「緑の革命」は戦争の日常化、世界化
  79. 79. 現在の戦争を止めるために ❖ TPPや自由貿易協定の真実を暴き、止める。 ❖ 遺伝子組み換え、農薬汚染の強い農産物を避ける。まずは 自分の体を守る。食を変えることで劇的に改善する症状も ❖ 生産者を直接支援する。自分でも生産者になる。 ❖ 命を支える連帯を(医療、食料、人権、領域超えた広い連 携、さらには国境を越えた連帯を) ❖ 食の政策、農の政策を変えさせる。
  80. 80. フォローアップ ❖ オルター・トレード・ジャパン http://altertrade.jp ❖ 個人のブログ http://blog.rederio.jp/ ❖ Facebook https://www.facebook.com/InyakuTomoya ❖ Twitter https://twitter.com/tomo_nada

×